トップへ » 院長紹介・経歴 » 過去の記事一覧 » 一般歯科

虫歯の治療

歯というのは神経を取ってしまうと非常に脆くなってしまいます。ヒビが入ったり割れたりしやすくなるということです。ということはなるべく歯の神経は保存したいと我々は考えています。虫歯を染めだす薬を使って虫歯に感染している歯質だけを切削して、必要以上に健全な歯質を取らない配慮をしています。

それでも神経の保存ができない場合は残念ですが抜髄という感染した神経を取る処置が必要です。特に乳歯は歯質が薄いですから進行が早く、簡単に神経の部屋まで虫歯菌が感染してしまいますので注意が必要です。
 

修復

修復幸い神経を取ることが必要なく処置が可能と判断されれば、歯と歯の間が大きく破壊されていなければなるべく白いプラスティックを用いて修復を行ないます。侵襲が大きい場合は金属を用いることが多いです。

白い修復物をご希望の場合はスタッフにご相談ください。
 

根管治療

根管治療不幸にして抜髄処置となった場合でも、しっかり歯の内部の根管を無菌化してあげて、再度感染が起こらないように治してあげれば長く歯をもたすことは可能です。それには根管治療についてのコンテンツをご覧下さい。
 

根管処置後の補綴(被せ物)

根管処置後の補綴(被せ物)しっかりした、しかも歯を壊しにくい土台を用いて補強したら次は仕上げの被せ物です。これは場所や噛み合わせにより材質を考えないとなりません。まずは、我々にご希望を伝えて下さい。
 

歯周病

歯周病歯石を取ったことがないという人は少数派ではないでしょうか。

だいたいの皆さんは歯石除去の経験があるとは思いますが、歯から歯石を除去することを初期治療と呼びます。それでメインテナンスに移れる軽度な患者さまもいれば、その後歯周ポケットが残る方はそのポケットを除去するオペが必要な場合もあります。歯周病を完治させることは可能ですが、なかなか大変です。

詳細に関しましては歯周病についてのコンテンツをご覧下さい。
 

予防

歯周病の予防として定期的なメインテナンスやポケット内の細菌培養検査などが可能です。患者さまそれぞれお口の中に存在する細菌の種類が違いリスクも違います。そのリスクの高さに応じてプログラムを組んで歯周病を悪化させないための取り組みをします。また、虫歯の予防としてこれも定期的なメインテナンスと虫歯菌の検査、唾液の質の検査、などが可能です。

歯周病と同じでリスクに応じて検診やフッ素塗布の間隔を決めたり予防のプログラムを考えます。


トップへ » 院長紹介・経歴 » 過去の記事一覧 » 一般歯科


コールバック予約