トップへ » 院長紹介・経歴 » 過去の記事一覧 » 小児歯科

小児歯科とは

小児の治療は我々にとっても非常に大変ですし、お父さまお母さまも付き添うだけでも大変ですよね。だから、一番は予防なのです。

お子さんの口の中は元々無菌の状態なんですが、我々大人と接するうちに細菌に接触し感染していきます。大人が自分の箸で子供に食事を与えたり、小皿に取ってあげたらそれで大人の口に存在する細菌は子供さんの口の中に移ります。それが歯周病のお母さまやお父さまだったら、考えただけで怖いことですよね。本当は直箸で物を取るのは礼儀作法からも問題ですが、お子さまの口の中の衛生状態を考えても良いことではありません。
そういったことから小児歯科の予防は始まるのです。
 

小児歯科の予防

具体的にはこまめなチェックとフッ素塗布になります。2歳半までに子供の口の中の細菌のバランスが決定されるといいます。つまり9割悪玉菌で1割だけ善玉菌が存在するお口の子と、9割善玉菌で1割だけ悪玉菌が存在する子では、結果に違いがでるのはおわかりいただけると思います。
これが、2歳半の段階でほぼ決定されるということです。なるべく早い段階で歯科医院を訪れ、まずは歯科医院にお子さんが慣れること、口の中を触られることに慣れることなどから始めるべきでしょう。

積極的な予防が重要です
お口の中に出てきた永久歯は、我々大人の永久歯とは堅さが違います。石灰化度が低いと表現しますが、そんな状態でもし虫歯になったらどうなると思いますか?あっという間に歯の内部にまで虫歯が進行して神経の部屋まで進んでしまって、一生使うはずの歯がその時点でそんなダメージを受けてしまったらいずれは抜歯となることがデータとしてわかっています。

そうならないために、シーラント処置をして虫歯から守ってあげましょう。基本的に歯は削らず深い溝の部分を機械的に清掃して、フッ素をじわじわ出してくれるプラスティックで埋める方法です。痛いこともなく効果は絶大。4〜5年かけて歯は充分な強度まで石灰化しますので、せめてその間は保護してあげましょう。
 

フッ素の種類

フッ素小さいお子さまの場合歯にしっかりフッ素を塗ることよりも、歯科医院に慣れてもらうことに重きを置いています。可能であればしっかりすべきですが、しなかったからといって痛みが出る治療ではありませんので急ぐことはないのではないでしょうか?嫌な思いをしてトラウマとなってしまったら、2度と歯科医院に行きたがらないと思います。徐々に慣れていきましょうね。お兄ちゃん、お姉ちゃんになってきたらきちんと歯を機械で奇麗にしてからフッ素塗布をしましょう。

これは、歯に汚れが残っていたら、いくらフッ素を塗ってもフッ素は汚れに触れるだけで歯まで届かないからです。痛い事はないからがんばってみようね。
 

ご両親に注意して頂きたいこと

お子さんに言ってはいけないこと
お子さまをしかる時に「言う事を聞かないと歯医者さんに行って歯を削ってもらおうね」というお母さんがいました。実は僕の従姉が甥っ子(彼女の長男)をしかる時のことなんですが、これには困りました。それを言われたら子供は素直ですから「歯医者は痛い事をするところ」「楽しいところではないな」と思ってしまいます。
そんなことを言わないでくださいね、我々がお子さまの治療をできなくなっちゃいます。

悪い癖
ちょっとしたことですが

* 寝るときに手を頬に当てて寝る子
* 頬杖を突く子
* 前歯で舌を噛む子
* 唇を噛む子
* 指しゃぶりが治らない子

みんな歯並びの問題が出てしまう良くない癖を持った子たちです。そのままにしておけば大きな顎のズレや歯の位置のズレを生じますので、見つけたら早めに対応すべきです。
 

乳歯について

乳歯の役割
もちろん大人と同じで食事をするためにあるわけですが、成長という視点から考えると永久歯が生えてくるまでのスペースを確保する役割も大きいです。早期に脱落してしまうと歯というのは近心(前)に向かって傾斜していますから、近心に倒れてきます。隙間が埋まれば顎のアーチが小さくなります。そうなれば永久歯が出てくる場所がなくなります。それは虫歯の予防で回避できることですね。

生え換わりの次期で
乳歯があるのに永久歯が生えてくることはよくある相談なのですが、同じ個所の歯が2本同時に生えているのは正常なことではありません。やはりここは乳歯にいなくなってもらいましょう。乳歯の抜歯をしてあげれば自然に定位置に並ぶことが多いです。これは唇の押す力と舌の押す力の中間地点に歯は並ぶものです。ただしスペースが不足する場合はそうならないことがあるので、慎重に経過観察すべきです。
 

虫歯になったら

最善の努力をつくしても不幸にして虫歯を作ってしまうことがあります。非常に残念なことですが奥の歯と歯の間など清掃しにくい場所では、起きることですね。がんばっていてもお母さまが悪いのではないですから落ち込まないで、次善の策を考えましょう。そうです、早期治療です。

侵襲が小さければ治療も小さく済みますし、今の私どもの考えでは小さな虫歯は積極的に介入することは避けています。これは一度治療をしたら必ずと言っていいほど再治療になるからです。乳歯はその前に脱落することもありますが、できるだけ最初に介入するタイミングを遅らせてあげたいのです。放っておくわけではないですよ。定期的に経過観察をして、進行がないか確認して、問題なければそのまま経過観察を続ければいいでしょう。まずは気になることがあったら見せてください。勘違いで虫歯でなければ安心して帰ってくれればいいわけですから。
 

歯並び

お子さまの歯並びはお父さまとお母さまの遺伝的な要素の影響を必ず受けます。ただ、それですべてが決まるのではなくその後の生活環境が関わってきます。
いくら歯並びの良いご両親を持っていても柔らかいものしか食べなかったり、歯ブラシがうまくできなくて虫歯ができてしまう、そんなことが積み重なると歯並びは悪くなります。つまり、お子さまの歯並びは遺伝の要素半分環境の要素半分で決まると考えてください。


トップへ » 院長紹介・経歴 » 過去の記事一覧 » 小児歯科


コールバック予約