トップへ » 院長紹介・経歴 » 過去の記事一覧 » 一般歯科 » 修復

修復

修復幸い神経を取ることが必要なく処置が可能と判断されれば、歯と歯の間が大きく破壊されていなければなるべく白いプラスティックを用いて修復を行ないます。侵襲が大きい場合は金属を用いることが多いです。

白い修復物をご希望の場合はスタッフにご相談ください。
 


トップへ » 院長紹介・経歴 » 過去の記事一覧 » 一般歯科 » 修復


コールバック予約