トップへ » 院長紹介・経歴 » 過去の記事一覧 » 小児歯科 » フッ素の種類

フッ素の種類

フッ素小さいお子さまの場合歯にしっかりフッ素を塗ることよりも、歯科医院に慣れてもらうことに重きを置いています。可能であればしっかりすべきですが、しなかったからといって痛みが出る治療ではありませんので急ぐことはないのではないでしょうか?嫌な思いをしてトラウマとなってしまったら、2度と歯科医院に行きたがらないと思います。徐々に慣れていきましょうね。お兄ちゃん、お姉ちゃんになってきたらきちんと歯を機械で奇麗にしてからフッ素塗布をしましょう。

これは、歯に汚れが残っていたら、いくらフッ素を塗ってもフッ素は汚れに触れるだけで歯まで届かないからです。痛い事はないからがんばってみようね。
 


トップへ » 院長紹介・経歴 » 過去の記事一覧 » 小児歯科 » フッ素の種類


コールバック予約