2010年10月27日 « トップへ » 2010年10月29日

2010年10月28日

審美歯科症例一覧

症例1 審美歯科
症例2 審美歯科
症例3 審美歯科
症例4 ラミネートベニア:金属を使用しない【メタルフリー治療】
症例5 オールセラミック:金属を使用しない【メタルフリー治療】
症例6 最高のラボで仕上げるオールセラミック
症例7 セレックによる治療例
症例8 セレックを用いて修復したケース
症例9 多数歯の前歯部分の審美修復
症例10 左上2オールセラミック修復
症例11 ブリッジの審美的修復
症例11-2 ブリッジの審美的修復 2
症例12 前歯4本オールセラミック修復
症例13 コンポジット・レジン修復
症例13-2 コンポジット・レジン修復 2

 

審美歯科症例1

女性前歯4本のセラミック治療症例です。
これまでもコンポジットレジン修復をしてきましたが、材質の限界などをお話してセラミック修復を選択されました。では術前の状態から見ていきましょう。

審美歯科症例1かなり、前歯の歯と歯の間の部分の変色が目立ちますよね。それを「カリエスチェック」という虫歯の部分(感染している歯の部分)を染めだす薬を使いながら、除去していきます。
下へ

審美歯科症例1言葉が悪いかもしれませんが、食べ終わったリンゴのようになってしまっています。そして、形態を整えた後プロビジョナル・レストレーションを作ります。

これまでの歯の形などでご不満がある場合などは、この段階で煮詰めていって満足できる形を見つけ出します。
下へ

審美歯科症例1歯肉の位置の調整はできますが、オペまでは・・・しませんでした。
下へ

審美歯科症例1最終的な型取りをする時に歯の周囲に糸を巻く操作をします。これによって歯と歯肉の境目がはっきり技工士さんにも伝えられるわけですね。自由診療でセラミック治療をするのならば欠かせない行程です。
下へ

審美歯科症例1そして、いろいろな苦労があった末、ようやく最終的なセラミックが入ったところです。長いことお疲れ様でした。今後は正しいブラッシングとメインテナンスでいい状態を長く維持していきましょう。

 

歯周病症例一覧

症例1 再生療法 左下7
症例2 再生療法 右上6分岐部
症例3 再生療法 右上4部
症例4 歯肉縁下カリエス処置
症例5 痩せた歯肉の回復とクラウンレングスニング
症例6 歯肉縁下カリエスの対応
症例7 オープンフラップ・キュレッタージ
症例8 角化歯肉の獲得

 

歯周病症例

<術中1>
歯周病症例1左下7番(一番奥の歯)の頬側の中央部分に、10ミリの歯周ポケットが存在しました。

オペをしたところ骨の頂上からでも5ミリの骨吸収がありました。
下へ

<術中2>
歯周病症例1骨縁下ポケットの内部を徹底的に掻爬(そうは:掻き出して汚れを除去すること)してから、エムドゲインと骨の材料を置いてゴアテックスの膜を設置したところです。
下へ

<術中3>
歯周病症例1膜除去時の状態ですが、骨様組織(これから骨になる組織)によってポケットがあった部分が満たされています。
下へ

<術後>
歯周病症例1歯肉の治癒後。引き締まった歯肉で問題はありません。

歯周病の症例一覧を見る
 

歯周病症例:再生療法 左下7

<術中1>
歯周病症例1左下7番(一番奥の歯)の頬側の中央部分に、10ミリの歯周ポケットが存在しました。

オペをしたところ骨の頂上からでも5ミリの骨吸収がありました。
下へ

<術中2>
歯周病症例1骨縁下ポケットの内部を徹底的に掻爬(そうは:掻き出して汚れを除去すること)してから、エムドゲインと骨の材料を置いてゴアテックスの膜を設置したところです。
下へ

<術中3>
歯周病症例1膜除去時の状態ですが、骨様組織(これから骨になる組織)によってポケットがあった部分が満たされています。
下へ

<術後>
歯周病症例1歯肉の治癒後。引き締まった歯肉で問題はありません。
 

歯周病症例:再生療法 右上6分岐部

歯周病症例230代女性。
歯肉が腫れることを繰り返すとのことで来院。前医でセラミック治療をして間もないので外さずになんとかしてほしいとのオファーです。
下へ

歯周病症例2

治療を終えてのコメント
再生療法の術後の状態(下画像)。骨が再生されている様子が確認できる。オペ後は腫れはまったくなくなり安定しています。新宿に転居されてからもメインテナンスに通われています。
 

審美歯科症例

女性前歯4本のセラミック治療症例です。
これまでもコンポジットレジン修復をしてきましたが、材質の限界などをお話してセラミック修復を選択されました。では術前の状態から見ていきましょう。

審美歯科症例1かなり、前歯の歯と歯の間の部分の変色が目立ちますよね。それを「カリエスチェック」という虫歯の部分(感染している歯の部分)を染めだす薬を使いながら、除去していきます。
下へ

審美歯科症例1言葉が悪いかもしれませんが、食べ終わったリンゴのようになってしまっています。そして、形態を整えた後プロビジョナル・レストレーションを作ります。

これまでの歯の形などでご不満がある場合などは、この段階で煮詰めていって満足できる形を見つけ出します。
下へ

審美歯科症例1歯肉の位置の調整はできますが、オペまでは・・・しませんでした。
下へ

審美歯科症例1最終的な型取りをする時に歯の周囲に糸を巻く操作をします。これによって歯と歯肉の境目がはっきり技工士さんにも伝えられるわけですね。自由診療でセラミック治療をするのならば欠かせない行程です。
下へ

審美歯科症例1そして、いろいろな苦労があった末、ようやく最終的なセラミックが入ったところです。長いことお疲れ様でした。今後は正しいブラッシングとメインテナンスでいい状態を長く維持していきましょう。

審美歯科の症例一覧を見る
 

審美歯科症例2

審美歯科症例230代女性。
セラミックを用いて治療させていただきました。
下へ

審美歯科症例2

治療を終えてのコメント
左側は今回はこのままでとのご希望で触っていません。
 

インプラント症例14:左上456欠損

歯周病により高度の骨吸収があり、GBR(骨造成)、ソケットリフト(上顎洞底挙上術)、有頸弁移植術を行いました。

<途中経過>
インプラント症例

下へ

<術後>
インプラント症例

 

審美歯科症例3

審美歯科症例350代女性。
破折(かけること)を繰り返すとのことでセラミックを用いて修復をしました。
下へ

審美歯科症例3
 

ラミネートベニア:金属を使用しない【メタルフリー治療】

歯肉が非常に薄いため術前に上皮下結合組織移植術を行い、その後修復したケース。

<治療前>
メタルフリー治療
下へ

<治療中>
メタルフリー治療
下へ

<治療後>
メタルフリー治療
 

オールセラミック:金属を使用しない【メタルフリー治療】

<治療前>
メタルフリー治療
下へ

<治療中>
メタルフリー治療
下へ

<治療後>
メタルフリー治療
 

最高のラボで仕上げるオールセラミック

<治療前>
最高のラボで仕上げるオールセラミック
下へ

<治療後>
最高のラボで仕上げるオールセラミック

<使用したオールセラミック>
最高のラボで仕上げるオールセラミック
 

セレックによる治療例

<治療前>
セレックによる治療例

下へ

<治療後>
セレックによる治療例
 

セレックを用いて修復したケース

<治療前>
セレックを用いて修復したケース

下へ

<治療後>
セレックを用いて修復したケース
 

矯正治療症例5:2級上顎3.3埋伏症例

出ては来ないのではと思われた上顎両側犬歯ですが、上下左右第一小臼歯を抜歯して萌出させて並べたケースです。

<術前>
矯正治療症例
下へ
<術後>
矯正治療症例

 

ようこそ、おがわ歯科医院へ

ようこそ、おがわ歯科医院へ

数ある歯科医院の中から、当院を選んでいただき、ありがとうございます。当院は平成14年に、現在の千葉県千葉市緑区に開院して以来、地域に根ざした歯科医院を目指してきました。

これからも地域のみなさまの"歯の主治医"として、慢心することなく、緊張感を持って患者さま一人ひとりと接していくことをお約束いたします。

<当院が選ばれる7つの理由>
できるだけ削らない、痛みの少ないむし歯治療
【根管治療】進行してしまったむし歯でも残せる可能性が高まる
【歯周病治療】歯ぐきの腫れ・出血でお悩みの方へ
【審美歯科治療】いわば「口元の美容整形」。白く美しい歯を手に入れる
【矯正治療】噛み合わせ認定医によるハイレベルな矯正治療
【インプラント治療】年間約100症例のインプラント治療実績
【入れ歯治療】患者さまに合わせた精密な入れ歯作り

 

できるだけ削らない、痛みの少ないむし歯治療

むし歯治療当院は、できるだけ歯の神経を保存する治療を心がけています。そこで歯を削る前にむし歯を染めだす薬を使い、むし歯菌に感染している部分だけを削っていきます。こうすることで健康な歯にダメージを与える心配がありません。

また、表面麻酔を用いることで「痛みの少ない治療」を心がけています。

当院のむし歯治療について詳しく知る
 

【根管治療】進行してしまったむし歯でも残せる可能性が高まる

根管治療根管治療を行うことで、むし歯によってダメージを受けた歯でも、抜かずに残せる可能性が高くなります。

当院ではマイクロスコープで拡大することで、より正確でより緻密な根管治療を行っています。さらにラバーダムとよばれるゴム製のシートを用い、根管内に汚れや細菌が侵入しないよう保護し、清潔な環境をつくっています。

当院の根管治療について詳しく知る
 

【歯周病治療】歯ぐきの腫れ・出血でお悩みの方へ

歯周病治療当院の歯周病治療は、歯周病完治が目標です。「再発しない。清掃性がよく長持ちする」をテーマに、安全・安心な歯周病治療を行っています。

また院長は、日本最大級のスタディーズ・グループ『JIADS』(ジアズ)に所属。勉強会などに参加し、世界トップレベルの歯周病治療を学び、最先端医療を身につけています。

当院の歯周病治療について詳しく知る
 

【審美歯科治療】いわば「口元の美容整形」。白く美しい歯を手に入れる

セレック審美歯科とは歯の見た目をきれいにする治療方法です。当院では歯のホワイトニングやラミネート・ベニア(歯の表面に貼る付歯)、セラミック製のクラウン(被せ物)による審美治療を行っています。

さらに、当院では「セレック」と呼ばれる最新装置を用いることで、型取から仕上げまでたった1日というスピーディーなセラミック治療が可能です。

当院の審美歯科治療について詳しく知る
 

【矯正治療】噛み合わせ認定医によるハイレベルな矯正治療

矯正治療当院では「正しい噛み合わせをつくる」をモットーに、ハイレベルな矯正治療を行っております。噛み合わせが悪いと、むし歯だけでなく顎関節症、頭痛、肩こり、不定愁訴(ふていしゅうそ)など心身の不調まで引き起こしてしまいます。

当院院長は日本額咬合学会の噛み合わせ認定医の資格を持っています。お子様からご高齢者まで、あらゆる症例に合わせた矯正治療を行うことができます。

当院の矯正治療について詳しく知る
 

【インプラント治療】年間約100症例のインプラント治療実績

インプラント治療当院の院長は、インプラント専門医の元で長年勤務してきました。そこでの治療経験をもとに、現在、年間約100症例のインプラント治療を行っています。

また、院長はヨーロッパで最も歴史が古い学会であるDGZI(国際インプラント学会)に所属しています。学会認定に相応しい、高水準のインプラント治療を提供いたしますので、どうぞ安心して治療をお受けください。

当院のインプラント治療について詳しく知る
 

【入れ歯治療】患者さまに合わせた精密な入れ歯作り

入れ歯治療ぴったりフィットした入れ歯を作るためには、口腔内の形状や噛み合わせ状態を正確に把握する必要があります。さらに当院では、仮入歯を実際に使っていただきながら、少しでも違和感があったら、ご納得いただけるまで調整いたします。

このように患者さまに合わせた精密な入れ歯をお作りしていますので、入れ歯にまつわるトラブルはほとんど解消できます。

当院の入れ歯治療について詳しく知る

矯正治療症例

矯正治療症例20代前半女性。
歯並びを治したいとのことだが、成人の症例であり抜歯をして治療させてもらいました。
下へ

矯正治療症例矯正治療途中。
当院では目立ちにくい装置を用います。
下へ

矯正治療症例治療終了までおよそ1年半。

治療を終えてのコメント
その後は3ヶ月に一回クリーニングにいらいしいただき、その時に歯並びの確認もしております。いつもいい笑顔で来院され、こちらもにこにこさせてもらっています。

矯正治療の症例一覧を見る
 

インプラント症例

<術前>
インプラント症例

下へ

<術後>
インプラント症例

<レントゲン写真術前>
インプラント症例

下へ

<レントゲン写真術後>
インプラント症例

インプラントの症例一覧を見る
 


2010年10月27日 « トップへ » 2010年10月29日


コールバック予約