«  2018年6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2018年6月 4日

作ってもらった被せモノが
何度も外れてくる場合には、
それなりの理由があります。

 
今回対応させてもらった方は
奥歯の欠損を放置してしまったため、
噛み合わせの位置が低下しているため
修復のスペースが不足していて、
歯が短いことが理由でした。

 
そのため、歯肉の位置の調整を行い、
被せモノが維持され安定できるように
いたしました。

 
術前の状況がこのような感じです。

 
PICT4626.jpg

 
これでは取れて当たり前と思います。
そのため歯肉の位置を変えてあげると・・・

 
PICT4628.jpg

 
このようになります。
これならば修復物も安定し、
簡単に取れるなんてことは
ないでしょう(^_-)-☆

 
最小限の介入で
最大限の効果を。

 
医療法人社団Rheb おがわ歯科医院
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央1-21-1
043-291-6555

 
#歯周外科#歯周病#APF
#クラウンレングスニング#セラミック
#審美修復#精密治療#マイクロスコープ
#インプラント#噛み合わせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年6月 2日

理由はたくさんあるのですが
歯が所定のポジションまで
萌出できずに埋もれていることがあります。

 
そういう場合、
そのまま虫歯の処置すらも
完全に出来ないことがあります。

 
PICT5158.jpg

 
oot2.jpg

 
これでは被せることすら出来ない状態で、
歯医者がよく言う
『なんとかします』
っていう場合の多くが、
この不完全な状態のまま、
なんとなく治している、
そう考えるべきです(笑)( ̄▽ ̄)

 
簡単な歯周外科処置をすれば、
予知性を持って治すことが可能です。

 
oot3.jpg

 
oot4.jpg

 
ここまで歯肉の位置をコントロールしたら、
ついでにですが奥の歯の歯肉の下に隠れていた
修復物周囲の問題も露になりました。

 
ここまで歯肉の環境を整えてあげたら、
あとは普通に修復が可能になりますね(^_-)-☆

 
最小限の介入で
最大限の効果を。

 
医療法人社団Rheb おがわ歯科医院
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央1-21-1
043-291-6555

 
#歯周外科#歯の保存#歯を抜かない歯科医院
#クラウンレングスニング#APF

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年6月 1日

成長期の矯正治療と
成人の矯正治療では
何が違うかというと、
骨格が完成しているか未完成か、
その違いが大きいです。

 
成人の場合、骨も成熟し硬いですから
歯の移動にも時間が必要ですし、
歯周病の要素も考慮に入れる
必要があります。

 
また、上顎骨と下顎骨の対向関係も
もはや決定されていますので、
大きく噛み合わせを変えることが
出来なくなっています。

 
つまりイジることが出来る範囲が
とても狭いのです( ̄▽ ̄)

 

 
成人の反対咬合の治療ですが、
コルチコトミーという骨にひびを入れるオペを
併用するとその限界がちょっとだけ
変ってきます(´-`*)

 
初診時の正面観です。

 
kzm1.jpg

 
治療終了後3年経過時の
メインテナンスでの正面観です(^_-)-☆

 
kzm2.jpg

 
噛み合わせは安定していて
矯正後の後戻りもなく、
順調です。

 
最小限の介入で
最大限の効果を。

 
医療法人社団Rheb おがわ歯科医院
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央1-21-1
043-291-6555

 
#矯正治療#コルチコトミー#成人矯正
#精密治療#ジャンピングプレート
#骨切り#矯正期間の短縮

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年5月31日

僕たちの矯正という仕事って、
成長期に介入出来たら
『ちゃんと成長するお手伝い』
なんです。

 
ちょっとしたことで、
ゴルフでいうところの
フェアウェイを外すことになります。

 
乳歯が少しだけ早く抜けた、
とか
頬杖を突いていたから、
とか
舌の変なクセがあった
とか。

 
今日見ていく子も
乳歯が抜けるタイミングが
少しだけ早かったので、
永久歯の出てくる場所が
なくなっちゃったんですね。

 
放置したら確実に歯が重なって
ガタガタの歯並びになっているはず。
事前にそれを予防している、
僕はそう考えています。

 
治療前の状態から
見ていきましょう。

 
nmr1.jpg

 
向かって右側の歯が
中途半端な隙間を持って出てしまい
次の歯が出てくる場所がありません。

 
放置したら次の歯が内側か
もしくは外側にズレて出てきてしまいます。

 
ということで矯正治療により
バンカーもしくはラフから救出します(´-`*)

 
nmr2.jpg

 
装置を付けて動かしていきます。

 
nmr4.jpg

 
そして終了時です。

 
nmr3.jpg

 
ココまで整えてあげたら
あとは自然にまかせます。

 
最小限の介入で
最大限の効果を。

 
医療法人社団Rheb おがわ歯科医院
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央1-21-1
043-291-6555

 
#小児矯正#矯正#矯正治療
#インプラント#マイクロスコープ
#精密治療#咬合

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年5月30日

前歯部分のインプラントは
奥歯のインプラントを50本経験してから
やった方がいいよと、
師匠に言われたことがあります。

 
そのくらい抜歯となる歯の扱いや、
抜歯後の歯肉と骨のコントロールが
正しく行われないと、
患者様に迷惑をおかけしてしまう、
そういうことなのです。

 
抜歯する歯であっても
可能な限り歯根膜を利用して、
歯肉と骨のボリュームを増やし、
術後の安定のために工夫をしておくことが
大事です。

 
PICT1787.JPG

 
これまで入っていたセラミックの
周辺が虫歯で著しいダメージを負っています。

 
ただし、レントゲンでは
歯根周囲に感染は拡がっておらず、
抜歯即時インプラントを前提とした
根の移動を開始することとしました。

 
PICT1789.JPG

 
歯を移動する仕組みを組み込んだ
仮の歯を装着して2~3か月待ちます。
裏側から見ると・・・

 
PICT1913.JPG

 
こんな感じになっています。
2~3か月もすると・・・

 
PICT1912.JPG

 
歯肉と骨(これはレントゲンを見ないとわかりません)が
ボリュームアップしていることがわかると思います。
インプラントを正しいポジションに設置して、
外側には上皮下結合組織移植を行います。

※外科の写真が出ます。









   
PICT3550.JPG

 
このような工夫をして、
最終的なセラミックを装着したところ。

 
PICT4691.JPG

 
そして5年後がコチラ(´-`*)

 
PICT5637.jpg
 
 
安定していてますますイイ感じですね。
インプラント治療は正しく行えば、
良い結果をもたらしてくれる
強い味方です。

 
にもかかわらず、
インプラント失敗
インプラント怖い
インプラント訴訟
などという、ネガなイメージを
お持ちになっている方が多いことが、
とても悲しいです。

 
そのようなイメージを
少しでも払拭していきたいものです。

 
最小限の介入で
最大限の効果を。

 
医療法人社団Rheb おがわ歯科医院
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央1-21-1
043-291-6555

 
#インプラント#上皮下結合組織移植
#CTG#抜歯即時インプラント#抜歯即時
#エクストルージョン#術前矯正
#審美治療#精密治療

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年5月26日

口の中の頬と歯肉を結ぶ頬小帯という
いわゆる『スジ』があります。

 
これが人によってはじゃまをして、
日ごろの清掃が行き届かない場合があります。

 
PICT3963.jpg

 
奥から2番目の歯を抜歯して、
おそらくですが周囲の歯肉を
強く引っ張って縫合した、
その後欠損をそのまま放置した。
そのように見えます。

 
そして小帯の影響から
患者さんご自身での清掃が不充分になり、
何度か虫歯にってしまい
白いプラスチック(CRといいます)を
詰め治す治療をしているようです。

 
根本からしっかり改善するには、
『小帯』の問題を解決してあげる
必要があります。

 
PICT4015.jpg

 
オペが終わり周囲の環境を
キチンと整えてあげると、
ご自身での清掃もしやすくなります。

 
ここだけ頑張ってしまえば、
僕らの世話になることは不要になります。
これが本当に治癒でしょう(´-`*)?

 
最小限の介入で
最大限の効果を。

 
医療法人社団Rheb おがわ歯科医院
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央1-21-1
043-291-6555

 
#歯周病#ペリオ#フリーグラフト
#小帯#頬小帯#角化歯肉#歯肉移植
#精密治療#インプラント#歯の保存

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年5月22日

審美障害とその治療を希望されて
治療がスタートしたんですが、
僕らの使命は『歯を残すこと』です。

 
その使命を全うしようと
まずは徹底して根管治療を行い、
虫歯のダメージが大きかった歯を、
エクストルージョンして救出します。

 
まずは初見時の状況。

 
PICT3269.JPG

 
これらを外してみると・・・

 
PICT3275.JPG

 
しかも根の先に感染(感染根管)があり、
治療途中のモノですがレントゲンを見ると・・・

 
before1.jpg

 
と、予後に不安を覚える状況です。
根管治療を進めてみるも・・・

 
ENDO.jpg
 
 
なかなか治癒して来てくれません。
そこで、外科的に解決することを提案します。
それが『歯根端切除術』です。

 
並行して・・・
歯の移動を伴う救出も行います。

 
PICT0452.JPG

 
向かって左の埋もれている
歯を引っ張り出すわけです。

 
PICT0460.JPG

 
このようなプロビジョナルを用いながら、
2~3か月かけてゆっくりいどうして、
そして固定します。

 
PICT3119.JPG

 
これは外科も済んだ後ですが
引っ張ってきた歯は無事機能しています。

 
しかし、根管治療を施した歯は、
予後に強い不安があったため、
前歯部分のブリッジの支えとして
組み込むと再治療の際に、
より複雑になってしまう。

 
そこで、根は残すけれども、
歯肉の中に埋まってもらい、
根はあくまで
『歯肉のボリュームを維持』
するためだけに利用することと、
しました。

 
そして苦労の末仕上がった前歯は・・・

 
PICT0319 (2).jpg

 
そしてレントゲンは・・・

 
after1.jpg

 
ブリッジの下に根が埋まっていることが
わかると思います。
これがあることで歯肉のボリュームが
なんとか維持できているわけです。

 
そして4年経過しますが、
埋まった歯の周囲は安定しているようです。

 
after2.jpg

 
もしもの時はブリッジはそのままに、
根だけを抜歯しましょうと術前にお話ししましたが、
まだ、もしもの時はきていません。

 
最小限の介入で
最大限の効果を。

 
医療法人社団Rheb おがわ歯科医院
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央1-21-1
043-291-6555

 
#根管治療#感染根管#歯根端切除
#根切#ブリッジ#ジルコニア
#精密治療#マイクロスコープ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年5月19日

およそ三歳前に
乳歯の歯並びが完成します。
その段階でもし反対咬合があったとき、
治すかどうかというのは
意見が分かれるところでしょう。

 
歯の問題だけに限れば、
そのまま永久歯との交換期まで
経過観察を続けていって、
解消されたら良しと考えるのもアリですが。

 
僕はそれまでの3~4年間、
『上顎骨の成長を抑制する』
ことに強い違和感を感じるため、
積極的に治療介入したい、
そのように考えます。

 
上顎骨の成長は12歳前後に止まります。
その後にいくら力をかけたり、
何かをしても、
歯は動くけど骨はそれほど変化しない、
ということです。

 
自然な成長をしていってもらうために、
最小限の介入を行います。

 
before.jpg

 
着脱可能な装置を使ってもらって、
半年ほど経過したところです。

 
after.jpg

 
その状態にしてから
自然の力に任せた方が、
僕は良いと思っています。

 
最小限の介入で
最大限の効果を。

 
医療法人社団Rheb おがわ歯科医院
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央1-21-1
043-291-6555

 
#反対咬合#小児矯正#矯正
#矯正治療#可撤式装置#インプラント
#精密治療

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年5月16日

本氣で治したい人を
本氣で治療する、
これが僕のコンセプトです。

 
そして最小限の介入で
最大限の効果を、
これも信念です。

 
最善を尽くして治療を終え、
メインテナンスに移行して、
片道1時間半の道のりを通って
くださっています。

 
たまたま、ちょっとしたことがあり
近所の歯科医院に診てもらったようで。

 
その歯科医院の代診の先生から
院長にスイッチして、
『これ、どこで治されたんですか?』
と、質問攻めだったそうな(´-`*)

 
そして一言、
『しっかり治されていますね』
と言われたと、先日伺いました。

 
この時その患者様は
とても嬉しかったと申されておりました。

 
そしてそれを聞いた僕たちも、
とても嬉しかったです(^_-)-☆

 
PICT0489 (2).jpg

 
人工物ですから一生モノではないかもしれない。
でも、大掛かりな治療にならないように、
見守らせていただきます(^_-)-☆

 
最小限の介入で
最大限の効果を。

 
医療法人社団Rheb おがわ歯科医院
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央1-21-1
043-291-6555

 
#インプラント#成人矯正治療#結合組織移植
#セラミック#審美修復#ラミネートべニア
#精密治療

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年5月15日

歯を一本でも多く残すことが
我々歯科医師の使命だと思います。

 
そのためには
その手前に位置する
『歯髄の保存』を
強く意識しなければ
ならないと思います。

 
抜髄(ばつずい)した歯は
割れたり、かけたりしやすく、
どうしても歯の寿命を縮めることが
多いように思います。

 
もちろん症例にもよりますが
可能であれば抜髄を回避することを
考えるようにしています。

 
RD1.jpg

 
このように、虫歯は深かったとしても、
強い自発痛がなく、歯髄もしっかりしている、
そう思われる場合であって、かつ、
『若年者』であれば積極的に、
歯髄の保存を試みます。

 
なお、中高年以降である場合は、
ターミナルを意識して判断をすることに
しています。

 
RD2.jpg

 
歯髄の保護をラバーダム防湿下で行い、
コンポジットレジンを用いて、
仮修復を行います。

 
このまま症状が出ないか見守り、
一定期間観察をして最終修復を行います。

 
最小限の介入で
最大限の効果を。

 
医療法人社団Rheb おがわ歯科医院
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央1-21-1
043-291-6555

 
#ラバーダム防湿#ラバーダム#歯髄#保存
#精密治療#インプラント#最後の最後まで諦めない歯科医師

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

Archives

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医