«  2016年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2016年12月20日

僕にとっての楽しみの一つであり、
そして、かなり多くの部分を占めるのは、

『楽しい食事』

だったりします。


そしてお付き合いのある僕より先輩の方々、
親の世代においても、これは共通の楽しみであることが
わかります。


これは、もちろん『誰』と行くのか、
そして『安心できる食材』なのかとか、
『シェフとの人間関係』もまた大事なファクターとなります。


でもそれは、ちゃんと噛めるってことが、
当たり前になっている人の特権です。


それ、健康であるうちはつい忘れがちですね。


ymut1.jpg


こちらの方は入れ歯が合わなくて噛めない、
ということで私どものところへいらっしゃいました。


やはりお食事がおいしく召し上がれないのでしょう。
なんとかして普段の生活の質を上げて、
もっと素敵な笑顔になってほしいよね。
それが僕たちの楽しみですから(*^_^*)


ymut2.jpg


インプラントと義歯を応用して、
上顎は固定式、下顎は磁石で固定する義歯にて、
対応させていただきました。


術後3年ほど経過しますが、義歯の磁石が取れて付け直す程度の、
マイナートラブルのみで過ごしていただいています(*^_^*)


僕たちスタッフ一同まで豊かな氣持ちにさせていただきます。
いつもありがとうございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年12月 7日

一般的に矯正というと、
『歯を抜くもの』
って患者さんが思われることが、
意外とあるんですね。


もちろんその方が治療として妥当なこともある。
でもね、成長期から見守らせていただけると、
案外そうならないことがある。


ってか、


抜かないで済むことの方が多いくらい。


例えばこんな場合でもそれは可能なんですよ(*^_^*)

tdkr111.jpg


けっこう隙間もなく重なっているけれど、
成長期だったら歯を抜く前に出来ることがある。


そういう下準備的な矯正治療を、
第一期矯正とか呼ぶんだけど、
けっこう助かることが多いんだよね~。


でね、

tdkr112.jpg


こんな感じで仕上がるんだけど、
永久歯は一本も抜歯していません。


噛むときの力が一定だとすると、
歯を並べた後もそれがほぼ同じだとすると、
支える歯の本数が多い方が、一本当たりの
負担は少なくなるからいいよね(*^_^*)


最小限の介入で、最大限の効果を。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年12月 6日

人にはいろんな癖があります。
自分では氣付いていないだけで、
他人から見たらあることあること(笑)


貧乏ゆすりだったり、
爪を噛むだったり(これ、歯並び悪くなるよ)
ウソつくと鼻を触るだったり(浮気バレるよw)
無意識に唇をかんでいるだったり、

ね。

なんかご自身もありますでしょ。


僕らが問診でチェックして、
将来歯並び崩すよなあ~というものが
いくつかあります。


今回は成長期のお子さんの、
『下唇を巻き込む癖』
への対応です。


下唇を巻き込むとどうなるか?
ですが、出っ歯を産みます(笑)
ホントに。


子どもは無意識になんでもします。
道路にも飛び出します。
危険とか、怪我する、とかカンケーなし。


それが子どもだから。


クセもそうです。
それが将来出っ歯になるとか、
それもカンケーないの。


だから、その危険性を理解している、
我々大人が正しい方向に、
『こっちだよ~』
『それはやめようね~』
とかって、導いてあげるのが、
お役目じゃないですか(*^_^*)


リップバンパー.JPG


多くは自分で取り外しができるものを選びます。


僕はゴルフやらないけど、
バンカーに入ったらフェアウェイに出して、
池に落としたら出してあげて、
なんてことを繰り返しながら、

『健全な大人=グリーン』

を、目指していくカンジですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年12月 5日

初めてクリニックでお会いした時に、

『あちゃ・・・』

とか

『うわ・・・』

と、思わず言葉に詰まることって、
実はたまにあるんですね。


szk1.jpg


きっとね、この患者様にお会いした過去の歯科医師の先生も、
そう思ったんじゃないかなと、察するわけです。


歯周病の治療もしました。
矯正治療もしました。
根管治療もしました。
補綴治療もしました。
インプラント治療もしました。
コルチコトミーという外科処置もしました。


僕なんかよりも患者さんご自身が、
とても大変だったと思います。


その努力の結果、そして、
メインテナンスを欠かさなかった結果、
それがこちらです。


治療終了から4年後ね。


szk2.jpg


僕の力不足は患者さんの真面目さに助けられています。


インプラントは正しく用いれば、
そんな簡単に問題など起こしません。


俺なんて・・・
私なんて・・・

と、諦めていたりしませんか?
僕は最後の最後まで諦めません、
それが信条です。


人生を変えるお手伝い、大好きです(*^_^*)
ご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年12月 2日

仕事とは直接関係ありませんが、
休診日の木曜日に品川神社に行ってきました。

私が神様のこと、古神道のこと、古事記のこと、
それらを教わっている師匠の案内でお参りしてきました。

sngw.JPG

僕にかかわるすべての人の幸せをお願いしてまいりました。
ということですので、おがわ歯科医院に来て下さるみなさま、
うちで働いてくれるスタッフちゃんたち、すべてが
幸せになりますように(*^_^*)

この場に身を置けばわかると思いますが、
とても素晴らしい場所でした。
ご縁に心より感謝いたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年11月29日

もう、多くの人が氣付いていること、
それを知り手放した(禁煙した)人や手放せずにいる人、
ホントはいったいどれだけ影響があるのか?

それをリアルに示してくれているケースです。

正確には同じ個体で同一条件下で・・・・とか意識して、
比較しないとタバコの影響とは断定できない、
とか言われそうだね。

たしかにね。

でも、そんなことどうでも良くて、
ほぼほぼタバコは良くないって、
吸っている本人でも自覚しているわけだしね。

素直な氣持ちで見てください(笑)


では


きれいな状態の歯肉にインプラントのオペを
丁寧に行います。

azm1.jpg

オペ中の写真割愛。

azm3.jpg

これが縫合後の状態。
自分で言うのも手前味噌ですが、
丁寧な処置ですよ。

でもね・・・

azm5.jpg

僕だけ頑張っても治らないんですよ・・・
それだけ、ご自身の治癒能力って、
とても大切なの。

僕らが出来ることなんか、ただの、
『治癒へのお手伝い』
なんですから。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年11月28日

『前々から前歯の色が氣になってて・・・』
ということで、メインテナンスを行っている今回、
改善することとなりました。


まずは、どこを治したのか?


htr1.jpg


上の真ん中の歯、2本です。
術前の写真がクリアではありませんが、
少し黒みがかっていたんですね。


htr2.jpg


丁寧に治せばこうなりますよ。
自分の笑顔に自信を持つことで、
これからの人生を変えてしまう。


そのための自己投資です。
最小限の介入で最大限の効果を(*^_^*)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年11月26日

嬉しくありませんが歯を失ってしまったとします。
そして移植の材料となる歯(親知らずとか)が存在すれば、
迷うことなくそれを活用して移植の提案をします。

もし、それがない場合や、あるけれども妥当なサイズではない場合、
インプラントの提案をします。

TM0.jpg

まずは移植後の写真です。
根のカタチを考慮して安定の良い、
少し捻じれた位置づけをしました。

TM1111.JPG

左下に割れちゃっている歯があるので、
抜歯が必要なんですね。そこで、移植の提案をしました。

また、左上の小さい歯も同様な状態です。
この2か所を比較しながら見てくださいね。

TM2222.JPG

移植直後にみんなが氣を付けなきゃならないのは、
『うっかり、噛んだらダメ!』
ってことね(笑)

努力が水の泡になるよ~。

TM3333.JPG

左上には歯じゃないモノがあるでしょう?
それがインプラントなんだけど、このケースでは、
抜歯即時インプラント
を応用いたしました。

感染がないことが条件になりますので、
出来ることの方が少ない治療だね。

よく見ると移植した歯の周囲は
なんだから骨の支えがしっかりしてきたように、
見えるでしょ?

こうやって人の體って自然に任せた方が、
絶対にうまく治るんだよね~。

我々の介入は最小限。
これがいいんだって。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年11月24日

インプラントには機能性、それとも審美性(美しさ重視)
どちらを求めますか?

それが前歯の治療であれば両方求められますね。

それを高いレベルで達成させるには、
ノウハウとテクニックの融合が必要です。

t2.jpg

術後3年経ちますがメインテナンスにて
フォローしています。

こちらが治療前ですが、外傷(けが)にて1か所喪失し、
両隣は欠けてしまいました。

t1.jpg

インプラントとラミネートべニア、セラミック修復にて
対応しており、上下顎に対して矯正治療も
行っています。

お時間とコストをかけて今後はメインテナンスで過ごすか、
手間をかけずにてっとり早く治して再治療に追われるか、
選ぶのはみなさんなので、僕はどちらでもお付き合いします(*^_^*)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年11月23日

13238986_1136133319783570_4542162336749496183_n.jpg

これはクリニックの外で患者様ではなく一般の方に、
コーチングの現場やお茶会、食事会を通して、
お伝えしている内容をシェアしたものです。

成功出来る人は他人がくれる助言を
素直に聞き入れて行動に移します。
 
普通の人は他人がくれる助言を
どういうものなのか、これまでの
自分の経験と照らし合わせ、頭で
内容を検討して、自分が納得しないと
行動に移すことが出来ないのです。
 
だから、絶好のチャンスを
逃すことがある(笑)
 
特にですが大きな成功が出来るはずの
助言ほど、一般的には納得し難いモノ
であることが多いようです。そして、
有益な情報ほど理解しにくいモノです。
 
それはね、すぐにわかる内容であれば、
多くの人がすでに成功しているはず
でしょ?(笑)
 
ではなぜ、成功出来る人はそんな
話を聞いてすぐに行動に移せるのか?
 
それは自分自身の能力の秀でた部分を
キチンと認め、一方、そうでない部分を
謙虚に受け止めて、自分にはない能力を
持つ人の助言を素直に受け入れているので
詳細を理解せずとも行動に移せるのです。
 
上手くいかない人の共通点は
『まず頭で考えてしまう』
ということ。
 
無意識のうちに自分のこれまでの
経験の中から納得出来る答えを探し
当てはめます。
 
でもまだいいの、言われた事しか
出来なくても、普通には生きられる。
 
で救われないのが、
言われたことすら出来ない人
です。
 
何も言うまいて(笑)
 
あなたはどれだろう?
言われなくても出来る人?
言われた事しか出来ない人?
言われた事も出来ない人?
 
まずは今の自分正しくを知ろう。
スタートはそれからだ(*^▽^*)
 
今の自分を知る方法、そう、
価値観の序列を理解するワークを
お茶会や食事会でお話ししています。

患者様向けにもクリニックそばのスタバや、
僕のお氣に入りのカフェで行いますよ。

もちろん治療の相談でもいいですよ(*^_^*)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医