«  2018年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年1月20日

色々な要素が絡み合って
歯がおかしな方向を向いてしまうことが
たまにですがあります。

 
見過ごしていたら
病んだ歯列(歯並び)になってしまいますが、
成長段階で見せていただければ、
ちょっとした介入だけで
治ります(´-`*)

 
PICT3362.jpg

 
明後日の方向を向いている奥歯を
内側に軌道修正するわけですね。

 
あとは、しばらく見守るだけ。

 
最小限の介入で
最大限の効果を。

 
医療法人社団Rhebおがわ歯科医院
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央1-21-1
043-291-6555

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年1月13日

奥歯を失ってしまった時の解決方法として
①ブリッジ
②インプラント
③入れ歯
④移植
⑤放置・・・←ダメだけど(笑)
があります。

 
今回はそれ以外の方法として
MIA(マイクロ・インプラント・アンカレジ)という
まあ、矯正用のインプラントを使って、
親知らずを移動してくるという選択をしました。

 
いろんな条件が重ならないと
適応症とはなりませんが、
一つの方法として(^_-)-☆

 
PICT2566 (2).jpg

 
まずはおやしらずが埋まっていたので、
電氣メスを用いて露出させます。

 
その後おやしらずにひっかける
『でっぱり』を付けます。

 
移動したい方向にMIAを設置します。
あとは、引っ張るだけ。

 
①~⑤の選択肢のどれをも上回る結果になります。

 
最小限の介入で
最大限の効果を。

 
医療法人社団Rhebおがわ歯科医院
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央1-21-1
043-291-6555

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2017年12月27日

歯並びの惡い人で、
舌側に歯が倒れていることって、
ありませんか?

 
そして並びが惡いために、
隣の歯が虫歯になってしまって、
欠損となることも
ありませんか?

 
PICT1665.jpg

 
そんな場合は
矯正用のインプラントを使って、
起こしてあげればいいじゃないですか。

 
まあ、
欠損部分に安易にインプラントを提案した方が、
歯医者は儲かりますからね。

 
そんな提案をされる金の亡者が
どっかにいるかもしれません。

 
インプラントもとても良いものですが、
所詮は異物なのです。

 
使わないで済むのなら、
それに越したことはありません。

 
最小限の介入で
最大限の効果を(^_-)-☆

 
医療法人社団Rhebおがわ歯科医院
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央1-21-1
043-291-6555

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2017年12月21日

歯を失うことになるには
必ず理由があります。

 
そして歯の並びに異常をきたし、
欠損となることも少なくありません。

 
そしてその病んだ歯列を放置したまま
欠損のみの対応をしても、
神様がお創りになった最強であるはずの
歯を失ってしまった原因を残しているため、
おそらくですがその作り物は
失われる運命にあると僕は考えます。

 
そんな病んだ歯列を考慮して治療を行った
1症例です。

 
tj1.jpg

 
このような欠損があります。
そして向かって右側の金属の入っている歯は、
舌側に大きく傾斜しています。

 
歯列の前方部分を拡大した状況を想定し、
欠損部分にインプラントを設置します。
その後、矯正治療をスタートします。

 
tj2.jpg

 
その上でそれぞれの歯の安定を待って、
仕上げていきます。
もちろん、時間は必要です。

 
tj3.jpg

 
このような状態になれば、
多くの歯を失った根本的な原因から解放され、
長期にわたって安定が得られることが、
想像できるのではないでしょうか。

 
最小限の介入で
最大限の効果を(´-`*)

 
医療法人社団Rhebおがわ歯科医院
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央1-21-1
043-291-6555

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2017年12月20日

好き勝手に伸び放題に伸びた
庭の樹のお手入れって、
けっこう大変だったりしますよね。

 
同じではありませんが、
頬杖やうつ伏せで寝るとか、
おかしな外力が加わりまくった、
骨格の中で矯正することって、
難しいのです。

 
ゴルフはしませんが(笑)、
たとえると、
バンカーにハマったらフェアウェーに出して、
池ポチャしたらそっから出して、
ラフに行っちゃったら、そっから出して、
みたいにね、
ちょこちょこ危険な変化を察知して、
修正できると難症例にはなりにくい。

 
だから、成長期から観察させてもらえると、
ほぼ100%に近く抜歯せずに矯正が
可能となります。

 
今日は成人矯正の1例を(´-`*)

 
tkk1.jpg

 
tkk2.jpg

 
tkk3.jpg

 
tkk4.jpg

 
tkk5.jpg

 
この状態でスタートしました。
やはり成人矯正は時間がかかりますし、
抜歯を必要とすることが多くなります。

 
この症例でも抜歯は必要となりました。

 
tkk6.jpg

 
tkk7.jpg

 
tkk8.jpg

 
tkk9.jpg

 
tkk10.jpg

 
お疲れ様でした(´-`*)
頑張った甲斐がありますね~。

 
大きくお口を開けて笑えますし、
お手入れもしやすいし、
美人になりましたね(^_-)-☆

 
最小限の介入で
最大限の効果を(´-`*)

 
医療法人社団Rhebおがわ歯科医院
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央1-21-1
043-291-6555

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2017年12月19日

最後の最後まであきらめない
けっこう好きなフレーズで、
昔アメブロをやっていた時に、
そのタイトルにもしていたんですね。

 
『歯を保存することを諦めない』
我々歯科医師の使命はこれに尽きると思います。

 
では、そんな1症例を(´-`*)

 
PICT3052.jpg

 
このように歯肉の下深くまで
虫歯でやられていたら、
抜歯・・・というキーワードが、
患者さん側も我々も
ちらつきますよね。

 
でもね、
簡単な矯正のテクニックが使えれば、
残すことが出来るんですね。

 
移動終了後がコチラ(^^)/

 
PICT4246.jpg

 
また、一本の歯を救うことが出来ました( *´艸`)
彌榮~。

 
医療法人社団Rhebおがわ歯科医院
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央1-21-1
043-291-6555

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2017年12月16日

前回のブログの反対のことなですが
長い間歯の欠損を放置していた場合、
噛み合う相手の歯が挺出といって、
伸びてしまうんですね。

 
正確に言えば歯は伸びません(笑)
長さは変わらないんですが、
『抜ける方向へ移動する』
ことを言います。

 
この場合従来の歯科治療では
それを元の方向に戻すことは
ほぼ、不可能でした。

 
しかし、矯正用のインプラント(最後は撤去)が
世に登場してから、かなり、
治療の幅が広がりました。

 
ありがたいことです(´-`*)

 
PICT2131 (2).jpg

 
奥の二つの歯の位置を修正しています。
歯の移動に関して一番動きにくい方向なので、
時間はかかりますが歯にやさしい方法なので、
アリかなって思ってます(^_-)-☆

 
最小限の介入で
最大限の効果を!!!

 
医療法人社団Rhebおがわ歯科医院
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央1-21-1
043-291-6555

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2017年12月 2日

このまま放置したら
確実に問題が起きるよな~、
という状況を未然に防ぐのが
予防です。

 
虫歯だけじゃなくて、
歯並びの惡化だって未然に
防げるものなのです。

 
まあ、あとで治せばいいと
お考えの方々もいるかもしれませんが、
歯並びを治すために
抜歯することになってもいいですか?

 
イヤですよね。

 
成長期から介入させてもらえたら、
抜歯は100%に近く回避できます。

 
PICT2175 (2).jpg

 
乳歯から永久歯に交換される前から
見守って、適切なタイミングで、
最小限の介入をします。

 
PICT3294 (2).jpg

 
こういう取り外し可能な
装置を半年くらい付けてもらいます。

 
PICT1964.jpg

 
きれいな左右対称な
歯並びになってきていますね。

 
ここまできたら
まず抜歯は必要ないし
きれいに並んだ大人の歯に
なることがわかりますね。

 
最小限の介入で
最大限の効果を(´-`*)

 
医療法人社団Rhebおがわ歯科医院
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央1-21-1
043-291-6555

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2017年11月30日

上の歯と下の歯が
キチンと噛み合っていて
力を支えあうのが
理想的な状態です。

 
なかでも奥歯が噛んでいないと
家でたとえて言うなら、
柱が折れて少なくなった状態、
とでも言いましょうか。

 
二階とか屋根の重みを
支えきれずに落ちてくる、
そんな感じになってしまいます。

 
下の奥歯が舌側に倒れて
上の奥歯とはすれ違っている
ケースを見てみます。

 
PICT0191 (2).jpg

 
PICT0194 (2).jpg

 
PICT0196 (2).jpg

 
PICT0199 (2).jpg

 
PICT0202 (2).jpg

 
このまま大人になってしまうと、
磨きにくいのでムシバと歯周病のリスクは高い、
さらに奥歯は倒れていくのでより噛めない、
口腔内の容積が小さいため苦しい、
不定愁訴が出てくる、
など問題が起きてくることが
容易に想像できます。

 
抜歯はせずに
倒れた奥歯を起こして
矯正治療をしました。

 
PICT2496.jpg

 
PICT2498.jpg

 
PICT2502.jpg

 
PICT2504.jpg

 
PICT2507.jpg

 
このように治療を終えました。
この状態であれば、
食事で困ることはないですし、
見た目も美しいですし、
噛み合わせる力も正しく受け止められます。

 
最小限の介入で
最大限の効果を(´-`*)

 
当院では小川が診断から治療まで
一貫して行っております(´-`*)
お互い顔の見える距離って
いいと思いますので。

 
医療法人社団Rhebおがわ歯科医院
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央1-21-1
043-291-6555

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2017年11月29日

誰だって歯を抜いてまで
矯正したくないけどな~、
でも出来ないっていうし・・・
と、抜歯しての矯正を、
しぶしぶ受け入れているんでは
ないのかな、と。

 
たしかに、
好き勝手に(変な力とかがかかってという意味)
育ってしまった成人では、
抜歯が必要になることが、
多い氣がします。

 
でも、小児期から関われれば、
多くの場合抜歯を回避できると、
思っています(´-`*)

 
この子とか。
抜歯をせずに矯正治療を
行った1例です。

 
PICT0668.JPG

 
歯がでこぼこに並んでいるし、
上顎と下顎の真ん中がズレている、
などの問題がありました。

 
横から見ると出っ歯です(´・・`)

 
PICT2135.JPG

 
そして治療終了後4年時がコチラ。

 
PICT0801.jpg

 
ちょっと、歯磨きがヘタなんですが(笑)、
歯並びについては良い状態を
キープ出来ているよね(^_-)-☆

 
ということで、必要な歯を抜歯せず、
きちんと矯正して整えてあげれば、
噛む力を支える『柱』を失わず、
良い状態を維持しやすいんですね~。

 
医療法人社団Rhebおがわ歯科医院
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央1-21-1
043-291-6555

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

矯正

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医