«  2014年7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 矯正と抜歯 | メイン | セラミック修復 »

2008年6月19日

こんにちは。インプラントをお考えの方にとって、術後の不快感や費用の問題に次いで御心配なことは「インプラントの保証制度」についてではないでしょうか?
 一般的に言って、かかられている医院自体が何かあったら保証しますというところもあれば、第三者機関が保証をするところと、大きく2つに分かれるのでは ないでしょうか。以前はおがわ歯科医院も「メインテナンスを受けているにも関わらず、何かあった場合は私の責任で治しますよ」という2者間でのお約束だっ たのですが、平成20年1月より「IGS」という会社の保証制度を取り入れました。これは第三者機関が保証をするというもので、もし「転勤したらどうなる の?」ということでインプラント治療を躊躇していた患者さまも、日本国内に200件ほど(私が加盟させていただいた時点で)登録クリニックがありますの で、その歯科医院にて保障を受けることが可能ですから、安心して治療を受けていただくことが可能になりました。また、私にもしもの事があった場合も同様、 登録クリニックで保証を受けることができます。まあ、そうならないように体力維持のため体を動かし、29歳でタバコも止め、年に一回の人間ドックも受けて おります。これは私の家族のためというのもありますが、自分の行なった治療を長くフォローすることも自分の責任と考えますので、なるべく長生きできるよう 心がけております(笑)。もちろんホンキですよ。
 
 保証制度には一定の条件があります。これは今まで患者さまにお伝えしていたことと同じですが、必ず『メインテナンス』を受けていただくことです。メイン テナンスの期間は患者さまによって違います。歯周病のリスクが高い方の場合は2ヶ月に一回、清掃も良く歯周病のリスクが低い場合は6ヶ月に一回とかこちら で指定させていただきます。
 清掃の部分以外にも「噛み合わせの調整」が必要になります。歯と銀歯、セラミック、CRというプラスティックなど色々な異物が口の中にあると思います。 それぞれ「耐摩耗性」が異なりますから擦り減る速度が違いますから、修復をすれば必ず段差ができるのです。この中で硬いもの、例えばお口の中に一本だけイ ンプラントの修復がセラミックでされており、他が天然の歯であれば普通に食事をしているだけでセラミックの部分が相対的に高くなります。そうすればインプ ラントの場所にだけ強い力がかかり、長くその力が加われば「上部構造」という作った歯が取れたり、壊れたりします。
 
 保証制度スタート前に当院でインプラント治療をされた方で、まったくメインテナンスにいらっしゃらない方がおられます。まずは現状を正しく知っていただいて今からでもできるメインテナンスを受けてください。

メインテナンスを正しく受けていただいている方の術前と術後の比較です。若干前歯の歯肉の位置に変化が出ておりますが、右上23部分のインプラントは問題なく維持できております。

%E8%A1%93%E5%89%8D.JPG


%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%82%B9%E6%99%82.JPG

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ogawado.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1099

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医