«  2014年7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« お稽古 | メイン | 新潟ラーメン »

2008年6月 6日

こんばんは。明日からまた新潟に行ってまいります。その用意をしていたら遅くなってしまいましたが、これからホワイトニングのお話をしようと思いま す。僕自身もホワイトニング経験者ですが、やってみたのは「ホームブリーチング」というヤツですね。マウスピースを作ってその内部に薬を入れて夜中にはめ ておく方法ですが比較的お手軽です。ただめんどくさがりの人には時間がかかる(見てわかる変化は2週間くらいでしょうか)ので、辛いかもしれませんが不快 症状が少なくていいですよ。
 
 不快症状はなぜ出るのでしょうか?これは、歯の内部の脱水が原因であるため、「ホームブリーチング」用のトレーさえあればその中に水分補給させるものを 入れて湿潤状態を保ってあげれば落ち着きます。ホームブリーチングにはいいことが多いでしょう?焦らないことですよ。ただルールはいくつかあって、歯の表 面の汚れを落としてからホームブリーチングすること、終わったあと4時間くらい物を食べない、などです。特に色素の強いものはダメですよ。ちなみにこれか らお話しする「オフィスブリーチング」の不快症状も原因は同じです。
 
 さて、「オフィスブリーチング」ですがこれは「ホームブリーチング」を各駅停車とするなら、オフィスは特急です。終点は一緒なんですが結果は早く手に入 ります。しかし、術後24時間は色素の強いものを食べてはいけません。これは薬品に含まれる「フリーラジカル」が色の濃い部分の色素分子の結合を壊すので すが、そこに再沈着してしまうからなんです。白いシャツに着いてしまったら困るようなもの、例えば「カレー・コーヒー・ソース・赤ワイン・焼きそ ば・・・・」などはやめて、「ホワイトシチュー・牛乳・水・食パン・ご飯・・・」みたいな色の強くないものを召し上がるとかね。
 
 あと、「歯の質」によっても効果が出やすい、出にくいタイプがあるんです。歯の表面はエナメル質が覆っているのが普通ですが、その表面が渇沢でツヤがある方は向いています、効果が大きいのです。逆にツヤがなくザラついている歯の場合時間がかかったり効果が小さいです。
 
 どちらのホワイトニングでも、再着色はいつか必ずすると思ってください。ただしメインテナンス次第では長持ちさせることは可能ですから、適正なメインテ ナンスを適正な間隔で受けてください。間隔についてはスタッフに確認してみてください。まあ、よほどほったらかしにしなければ元の色にまで戻ることは少な いと言えるでしょう。メインテナンスすると言ってもパーマやカラーを美容院でするより楽ですよ、3~4ヶ月に一回ですから。カラーなんか一度やったら 1~2ヶ月に一度はやるでしょう?それよりはるかにリーズナブルじゃありませんか?大きくイメージ変わりますよ。御相談下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ogawado.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1108

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医