«  2008年11月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2008年11月30日

こんにちは。今日は顎の痛みを主訴に来院された、顎関節症をお持ちの歯列不正の患者さまの、成人矯正のケースの紹介です。では、まず矯正治療前に行なったスプリント治療を始めた時の状態です。


supurinto.JPG

 このプレートを使用しながら顎が自然な位置に誘導されます。上下の顎のお互いの位置関係は「歯」によって制限を受け、決定されます。それを解除してあげて、上下の顎が何の規制も受けないリラックスしたポジションを見つけます。


reberingusuta-to.JPG


reberingusuta%5Etokougoumen.JPG


 下の歯にフラットなプレートがあるため動かす上の歯の移動は非常にスムースです。邪魔なものが何もないですからね。
 しかし訳あって装着から半年来院が途絶えました。どうしても仕事の都合がつかず、時間が開いてしまったこと、生活習慣からきっと強い力を受けて装置などは取れまくっているのだろうと想像していました。


hantoigo.JPG


hantosigokougoumen.JPG

 しかし、私が何もせずとも歯はしかっり並んできています。最初に装置を着けたポジションが正しかったのでしょうか。一番奥の部分だけまだキレイに 並んでいないので、下の奥歯の舌側に装置を追加してそこを改善します。下にも装置の装着をするのですが、今日は困るとのことで見送りましたが、下の方が動 きが遅いから大変だよ、Y君。次は着けますからね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年11月29日

こんにちは。今日はこれから新潟まで行ってまいります。残すはあと2回。がんばってきま~す。しかし、今週は勉強会・講習会の予定が3つあり、土曜日はお休みをいただきまして、患者さまにはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解お願いします。

 クイズです。これわかりますか?


careraGTS.JPG

 あっ、わかっているでしょうから水川先生と神尾先生は答えなくていーです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年11月28日

こんにちは。今日もまた抜歯をして長時間そのままにしていた場所にインプラントを設置するさいに、GBRを合わせて行なったちょっと困難なケースの 報告です。ただし、一大決心をされてインプラント治療を望まれたのですから、あのまま放置しなくて良かったですね、と僕は思っていますよ、Sさん。

 ただし写真を見ればわかりますがインプラントの設置はそのままできると思いますよ、設置するだけならね。でも周囲の環境が天然の口の中と違えば、やはり清掃性が劣り余計な気遣いやメインテナンスが必要になります。
 
 普通歯ブラシに費やす時間とは5分くらいではないでしょうか。それでも清掃ができるお口の中をプロデュースするのが我々の仕事なので、こういった追加の 処置が必要になるのです。痛くない、オペが早い、安い・・・いろいろ患者様の迷いを増長するような文言が見受けられますが、悪くなったものを治す、しっか り治すには患者さまも我々もがんばらないと、なかなか良い結果を長く維持させることは不可能ではないでしょうか。


 さて、術前の写真から見ていきましょう。なるべくオペの痛々しい写真は少なめに進めますが、苦手な方は細目で見てください(笑)。


 いいですか?

opemaekougoumen.JPG


opemaesokuhoumen.JPG

黄色い線の部分で横幅が不足していて、青い線の部分が骨の一番高い峰に当たる部分です。かなり外側に骨がないですねー。


 dekoruti.JPG
 
 これはインプラント設置前の「デコルティフィケーション」と呼ばれる処置になりますが、皮質骨の表面が非常に滑沢で出血が少ない場合などに行ないます。 これを行なう事で傷が治る能力を高めると言われています。また、GBRする際に骨補填材を置くことがありますが、その部分への血液供給を増やすことができ ます。傷が治るには血液が必要ですからね。


gbr.JPG

 骨補填材を周囲に調和させるようなボリュームで置きます。


menburen.JPG

 吸収性のメンブレンを置いて、先に置いた骨補填材がどこかへ流れてしまわないように、ここに留めるように設置します。


hougougo.JPG

 傷を閉じたところです。


sp.JPG

 糸を除去したところです。今後も複雑でデリケートな処置をしているので、トラブルがないか慎重に確認をしていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年11月27日

こんにちは。昨日は診療後に千葉市歯科医師会主催の症例発表会に参加して、矯正治療についての話を聞いてまいりました。そして今日は休診日ですが銀座のJIADS研修会場まで行って、症例検討会に参加してまいります。

okinawa.JPG


 ああ、綺麗な海を見ながらのんびりしたいな~。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年11月26日

こんにちは。今日はホームブリーチングを行なったケースの報告です。初診時の写真がピンぼけですみません。以前一度ホワイトニングをされていて、今回は再着色が起こり再度ホワイトニングを行ないました。


whiteningmaeue.JPG


whiteningmaesita.JPG


 そして開始から2週間経過した状態です。


nishuukangoue.JPG


nishuukangosita.JPG


 さらに2週間経過し、スタートから1か月経過した状態です。


ikkagetugoue.JPG

ikkagetugosita.JPG


 ホワイトニングの結果には満足いただけたようですし、術中の凍みるような不快感はなかったとのことでした。ただし、ホワイトニングをしているともっと白 く、もっと白くと皆さん思うようで、色が明らかに変わっていても「まだ変わってない」となりがち。現状でもかなり白いのですが、やはりお話ししてみると 「変わったようだけど、まだ白くならないかしら」とおっしゃいます。

 僕もまだ白くならないかなー、と漠然と思っていましたが昨日のブログでの写真でも、「私、歯白かったのですね」と、改めて思いました。客観的に見てみると白いもんですよ。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年11月25日

こんにちは。11月22日に日本歯科大学歯学部85回卒の同窓会がありました。参加された皆様、お疲れ様でした。顔見てもわかんない人はいないし(いました?)、みな元気そうですね、良かった。

IMG_1096.JPG

 一番左が私。その他は・・・個人情報の問題もあるので了解取ってないから、取れれば公表するかも(笑)。

IMG_1097.JPG

 もっとたくさんで。


IMG_1099.JPG

 あれ?良くこのブログ上で見る人がいますね(笑)。来週も会うもんねえ。


IMG_1100.JPG

 とこんなふうに夜中まで飲みましたが、やっぱり気の合う人と会うのは楽しくて、ついつい。深夜2時に赤坂ラーメン食べるのなんて何年振りだ???やっぱりうまいし、懐かしかったね。
 この日会えたみんな、最高!!です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年11月24日

こんにちは。歯ぎしりについても今までブログでお話ししてきたことってあると思いますが、これは自覚がなくされていることって多いんです。歯ぎしり をする人の3/4に自覚がないというデータがあります。つまり大部分の方が知らず知らずに歯ぎしりをしている可能性があるということです。また、歯ぎしり のうちで食いしばり(クレンチング)はまったく音がせず、同じ部屋で休まれているご家族であっても気づくことはないと思います。

 そんな状況を放置(といいますか治療的な介入をせずにいた場合)したら、ここまで歯が形を変えるんですよ、という一例をご紹介します。


hagisirishoumen.JPG


hagisiriuekougoumn.JPG


hagisirisitakougoumen.JPG


 下の歯の奥歯の多くが金属で修復されていますが、これが天然の歯より硬い材質であれば当然、相手の歯を傷めますよね。それによって上の歯の大部分がこういう状態にまで削れているわけです。ちなみに患者さまは女性で28歳です。今後がとても心配ですよね。

 もっと早いタイミングで治療的な介入ができれば、ここまでの状態にはならなかったと思われます。しかし、程度が軽いと患者さまの意識も当然低く 「マウスガード」を製作しても、なかなかきちんと毎晩就寝時に装着してもらえないんですよね・・・。でも、ここまで進行した咬耗についてはなかなか治療は 困難です。

 業務連絡。上さん、インプラントしつつ1500枚って!!!どゆこと??

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年11月22日

こんにちは。今日はまじめに歯の事を書きます。若い子の矯正についてですが、若いっていいね~、歯が早く動くし、融通効くもんね~。では初診時の状態です。


nakazakishosinnji.JPG


nakazakishosinnkougoumenn.JPG


 ちょっと、抜かないとならない歯があったり、問題はありますが当院は虫歯の治療も、抜歯治療も私ができますから、そういう前準備も手際よく進め、装置を付けたところです。


nakazakikyouseisuta-to.JPG


nakazakisuta-tokououmen.JPG


 けっこう装着したワイヤーが歪んでいますね。これがまっすぐに復元する力で歯列を整えます。器具を装着して3ヶ月後の状態です。


nakazaki3tuki.JPG


nakazaki3tukikougoumen.JPG


 早いですね~、若いっていいな~。矯正するこちらも安心。受験生だから大変だよね、でもがんばろうね、Nさん。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年11月21日

こんにちは。今日でおがわ歯科医院のブログもおかげ様で200回を数えました。パチパチ・・・。ということで、記念すべき200回、テーマを考えま した。きっとこれを読んでくれて八千代、銚子、君津、錦糸町、市川、松戸、大網白里、竜ヶ崎・・・といった遠方の患者さまにも知ってもらえたのかなと思 い、インプラント?歯周病?根管治療?何について書こうかな?と悩んでしまいます。
 
 読まれる患者さまによっては、それ興味ないんすけど・・・というテーマかもしれず、仕事の話は今回はやめてしまおう。そうだ、ここのところ何回か書いて いた泡盛ネタにしちゃおう、と決めました。僕が勝手に決めた『「歯のブログ」を楽しく書ける泡盛ベスト3』を写真付きで載せてしまうという、遊び心満点の 200回目!

 先日、泡盛ネタを書いていたら「先生の好きな泡盛ネットで買えますよ!」とまりちゃんママが教えてくれました(笑)。ありがとうございます。お返 事書いたのですが、アドレスが違ってたみたいで(画面上バグってました・・・)お礼メールができませんでしたので、ブログ画面上で感謝です!

 3位!宮の華酒造の「宮の華」です。普通の泡盛に見えますよね。いただいた時もそう思ったんです。しかし、なんとも一般酒とは思えない、まるで古 酒を思わせるまろやかさ。他にはないおいしさです。その秘密は1年寝かせてから市場に出回るからなんですね~。グッジョブです。

 IMG_1083.JPG


 2位!『10年熟成古酒おもろ』です。おもろだけに3位にもしちゃおうかと思いましたが、時代ネタは風化するのでやめました。これも角がなくおいしい飲み口ですね~。いいです。


IMG_1087.JPG

 では、1位です。おめでとう。圧倒的な人気(僕だけの?)でこちら。
IMG_1085.JPG

 華翁で~す!!初めて口にした時の衝撃。「嘘だろ?なんで?あるわけない」、「アルコール35度って書いてあったよなぁ?」など色々思いました。 すごくまろやかだけどそんなにないんじゃない?す~っと体になじむお酒、とでも言うのかな、ホント、初めての感覚でした。宮古島に旅行に行った友人にも らったのですが、これを知っているとは恐れ入りました、あなたの舌には負けました。というか、いただいたことに感謝です。新たな発見、新たな出会いに感謝 です。

 その後いろんな物を飲んでいますが、ベスト泡盛です。好みという部分が大きいので「へ~、小川わかってないじゃん」という方もいらっしゃるでしょう。これを超えるものを教えてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年11月20日

こんにちは。いっつも骨がないインプラント治療をしている(望んではないのですが、重症の患者様がなぜか多いのです・・・。いいんですよ、僕ががんばればいいんですから)のですが、今回もえらい大変な治療でした(患者さまが一番大変なのは、充分心得ている心算であります。

 これまでにGBRの話やプロビジョナルの段階で何度かブログでご紹介させていただいたケースですが、ようやっとファイナルが入りましたので報告させていただきます!!

 では初診時のレントゲンから見ていきましょう。
 
PICT1135.JPG

 手前の5の遠心の骨も「ヤバい」かもしれませんよね。抜歯させてもらったら、こんな状態・・・。


bassigokotunodame-ji.JPG

 そしてGBRという骨の造成をするオペをさせてもらった状態です。

PICT0826.JPG

 骨補填材を置いてメンブレンを置きました。今の自分なら発言、可能ですか?今ならもっとメンブレンの角度に気を使って5の遠心の骨レベルも上げることを考慮したと思います。そして、充分な治癒期間を待ってもらい骨が十分できたところです。


PICT0262.JPG

 そして埋入したところです。

PICT0350.JPG

 プロビジョナルが入ったところです。

PICT0313.JPG


 3ヶ月くらい一通りのものを召しあがったもらい、不自然な感じがないか確認してもらいました。問題がなければ仕上げへ。

PICT0520.JPG


PICT0522zzzzz.JPG


 こんなじょうたいで仕上がりました。ながかったですが、もうなんでも食べてください!!!食べ物ならね。お疲れ様でしたTさん。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年11月19日

こんにちは。タイトルにもありますが、充分骨があってインプラントを埋入できることって年に数回しかありません。だいたいがなんらかの問題を持っていることがほとんどです。

 では抜歯以前の状態から見ていきましょう。

PICT05441111.JPG

 一見、なんで抜いちゃったの~っ!って言われそうですが、頬側と口蓋側に11ミリのポケットがありました。レントゲンです。


%E8%B6%8A%E6%99%BA%E3%81%95%E3%82%93%E6%8A%9C%E6%AD%AF%E5%89%8D.bmp


 周囲の骨はまったくありません。抜歯後の状態です。

PICT0413.JPG


 写真では歯肉の下に骨がありそうですがまったくありません。レントゲンです。


 %E8%B6%8A%E6%99%BA%E3%81%95%E3%82%93%E6%8A%9C%E6%AD%AF%E5%BE%8C.bmp

 抜歯時には上顎洞の粘膜であるシュナイダー膜がなく上顎洞との交通が認められましたので、長めに投薬して経過を見ましたが傷は無事に治癒しました。
 そして充分な治癒期間をおいてから、インプラントの埋入を行ないました。術前にはもしかしたら45部分に2本埋入して、周囲の骨が不足する部分があれば 同時にGBR(骨の造成)を行なって、ソケットリフトして・・・とシュミレーションしていました。しかし4部分は問題なく歯肉の剥離から5分後には埋入終 了でしたが、5部分は頬側から口蓋側が見えてしまうくらいのダメージで、一応目黒の山口先生に借りている「サージボーン」でソケットリフトしてシュナイ ダー膜の治癒を確認して、挙上を試みたのですがインプラントの初期固定がまったくえられないこと、上顎洞にインプラントが迷入(埋入と一文字違うだけで我 々の緊張は一気に上昇します!)してしまったらとんでもないことになるので、今回は勇気を持って撤退して、GBR手術のみに切り替えました。

 その術後のレントゲンです。

%E8%B6%8A%E6%99%BA%E3%81%95%E3%82%934%E5%9F%8B%E5%85%A55GBR.bmp


 骨のなかった5部分にGBRをしているため、骨様組織がありますね。これで治癒を待って、4の部分の2次オペの際に5の埋入をと考えています。なるべく患者さまの負担の少ないようにと配慮しています。Oさん、お疲れ様でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年11月18日

こんにちは。連日のお酒紹介のコーナーですが、今日は焼酎。僕が以前勤務していたクリニックは長崎大学歯学部出身の先生が多かったので、飲む酒も焼 酎が多かったです。今のような焼酎ブームではなかったので、お店にもそんなに種類が置いてあったりはしませんでした。今は豊富ですよね!


IMG_1080111.JPG


 さてこれは「晴耕雨読」の原酒と言うことですが、芋なので苦手な方もいるかもしれませんね。おいしいですよ。でも、でも泡盛の方が味わい深く感じます ね。お店で飲む時は最初の方の味ってわかるんですが、特に楽しい仲間と飲んでいる時なんか最後の方のオーダーは「足に来るヤツ、持って来て」とか言ってる 仲間がいますからね(笑)。それは誰かな?
 ちなみに「晴耕雨読」の意味ですが読んで字の如く、「晴れた日は畑を耕し、雨の日は本を読む」と。きままに生きると解釈していますが、いいなあ、こういうの。それもあって好きなんですね、コレ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年11月17日

こんにちは。アルコールネタでいいですかね?こんなの飲んでます。

 IMG_1079.JPG

 僕ってイジワルな人なんですね。この「ぶれんど2003」はソムリエの田崎真也(字あってる?)さんがブレンドしたらしいんですよ。おいおい餅は 餅屋だろうがよ、って思っていたんですね。しかし、飲んでみたらなかなか(これはブログで話したかな・・・)で、おいしいんですよ。やはり「1つを極めた 人」って何やってもいいところまではあっと言う間に到達するんですね。これは僕らの仕事でも思います。

 まあ、泡盛については友人からレクチャー受けてますからね。ある程度は知ってますよ。これは好みもあるでしょうけど、おいしいですよ、ホント。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年11月16日

こんにちは。近くの歯科医院で半年くらい根管治療をしていたのに、毎回治療のあと腫れて痛みが出ていたとのことで(よく我慢しましたね・・・)、なんとかならないかとのことでおがわ歯科医院に来院されました。当院にいらした時の状態です。

PICT0439.JPG

PICT0441.JPG

 正しい根管治療をしていればありえない、毎回腫れるなんてまずあり得ない話ではないかと思いますが・・・。僕もここ2年くらいなかったのですが、 最近自分が原因で根管治療で痛みが出てしまったケースがありました。本当に細心の注意を払っていても起こってしまいます。本当に根管治療は難しいですが、 それでも毎回は腫れないでしょ・・・。

 時間があったことが幸いして当日に原因の確定と、問題の除去のためにオペをしました。病巣を取り除き左上の6番のMB根(近心頬側根)が原因とわかりました。
 後日根管治療を「おがわ歯科医院」のクォリティで進めました。

%E5%8E%9F%E4%BD%B3%E5%AD%9D%E6%A0%B9%E6%B2%BB%E4%B8%AD.bmp

 MB根からは多量の水酸化カルシウムが根尖から出ています。これは歯根の外側が炎症によってかなり破壊されていることを示します。根管内が無菌化が達成されれば自然と根尖の外側は治癒します。2ヶ月後のレントゲンの状態です。

%E5%8E%9F%E4%BD%B3%E5%AD%9D%E6%A0%B9%E6%B2%BB2.bmp


 根尖からは水酸化カルシウムが出ていません。ということは根尖部分の骨組織が正常に治癒していることを示します。そして根管充填後のレントゲンです。

%E5%8E%9F%E4%BD%B3%E5%AD%9D%E6%A0%B9%E5%85%85%E5%BE%8C.bmp

 これでおしまいです。当院にいらしてからかかった回数は5回目くらいだったと思います。当院を選んでいただいて良かったのかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年11月15日

こんにちは。昨日に引き続き小出先生のセミナーで習って実践していることの一つ、顎関節症についての治療を報告します。顎関節症の治療には根本的な 噛み合わせを治す矯正治療(ただし上下顎が正しい位置関係にあるところに、上下の歯を正しく並べることは非常に難しく、その理論的なものは現在確立されて いないと思います)と、対症療法的(歯が痛いから痛み止めを飲むのと一緒)なスプリント治療です。

 根本的な治療と書きましたがこれは「上下の顎の位置が正しく、かつ上下の歯と歯の位置関係が正常なこと」ですから、健康な噛み合わせを持っていると思われる人の中でもごく一部の人だけがもつ、そんな状態を矯正治療で作るというのは容易なことではありません。
 
 
 さて今回は後者の「スプリント治療」の一例を見ていきましょう。まず初診から2回目です。初診時は応急的な対応をしました。

PICT0470.JPG

PICT0471.JPG

PICT0472.JPG

PICT0474.JPG

PICT0475.JPG

 色々顎関節を傷めてしまう原因はありますが、就寝時の姿勢はだいたいの方が上向きか横向きですよね?まず上向きだと下顎の重さ自体の働きで後ろに 押し込まれますね。これに筋の収縮が加わると(クレンチングなどのパラファンクションと一緒の理由ですね)下顎は後上方に押し込まれます。そうすると顎関 節症で多い関節円盤の変位を起こしやすいんです。
 この患者さまは復位を伴うⅢaの状態が悪化して痛みを訴えていましたので、それを緩和させて後日スプリントの製作をしました。

PICT0478.JPG

PICT0476.JPG

PICT0477.JPG

 下顎が夜に寝る時に後方に押し込まれないように、ストップを付けてあるのがわかると思います。ただし、数日経過すると顎の位置が変わるので、その変化を逃してはいけないとか、ずっとつけっぱなしではいけないとか、使用上の注意もあるのです。

 御相談いただければお力になります。難症例では大学病院にご紹介することもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年11月14日

こんにちは。今日は初めて義歯についてのブログを書きます。いささか緊張します。実はこの方の義歯をお作りするのは2度目です。平成17年5月にお 作りしたのですが人工歯が一度脱離して修理し、その後順調だったのですが、今度は義歯の床にあたるピンク色の部分にわずかに亀裂が入り心配されて来院され ました。

 まず初診時の状態です。

PICT0035.JPG

 比較的顎堤はありますので、困難ではありますが歯肉の調整や骨隆起の処置などはせずに、義歯の型取りを進めました(いいんだよね?仁君)。日本歯 科大学の補綴講座の小出馨先生の義歯・顎関節セミナーを3年かけて受講したとおり(1年では理解しきれなかったので、オブザーバーとして2年間参加しまし た)、フェイスボー・トランスファーを行ない咬合器に生体とほぼ同じ動きを再現するための位置決めをする、咬合採得(噛み合わせをきめること)を行ない、 ゴシックアーチを採取して左右の軌道上でチェックバイトという機能時の噛み合わせを採取して、人工の歯を並べて、口腔内に試適して、OKなら仕上げる、 と。言葉で書くと簡単ですが、とっても複雑な工程なんです。そんな複雑な工程を経て仕上がった義歯です。


PICT045911111.JPG

PICT0464.JPG

PICT0460.JPG

PICT0463.JPG

 こんな感じです。人工歯には「e-HAクアトロブレード」というブレードティースというものを使用します。これはリンガライズド・オクルージョン (噛んだ力で義歯が不安定にならないように力のかかるポイントを内側寄りにすること)を前提に小出先生がお作りになったもので、非常に裁断性が高いので擦 り合わせる運動が必要ないので義歯を不安定にする要素がとても減少します。

 口腔内に合わせた状態です。

PICT0466.JPG

 さてあとは使ってもらってお話を聞かせてくださいね、Mさん。いきなり無理はしちゃだめですよ。せんべいくらいならどうぞ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年11月13日

こんにちは。昨日に続いて食べ物ネタで。僕はたしなむ程度にお酒を飲みますが(そうは言わない量だと?・・・誰です?)、ビールは1杯しか飲まない ですね、おなかがいっぱいになっちゃうんで。一杯目の喉越しだけかな、ビールは。次からは、泡盛か焼酎ですね、ロックの。味がなくなるので水で割ったりは しません。
 どうしてか日本酒はダメです・・・、あの匂い・・・うぇっ、てなります。経験上、寝かせるお酒は次の日にダメージを持ち越しにくいような気がします。暖かい地方のお酒が体に合っているのかな。

 これは先日ご紹介した和菓子屋の若旦那が下さったものです。

IMG_0890.JPG

 いや~、最高!おいしくいただきました。今読者の方でこのお酒をお持ち(いるかな?)の方がいれば、それは幸せなことですね~、うらやましい。僕 はこれを飲んでしまって今は・・・、請福酒造のぶれんど2003というものを飲んでいます。これはワインのソムリエ田崎さんがブレンドしたものですが、舌 が肥えた方はいいものを作りますね。いいと思います。好みとしてはもう少し寝かせた感があるような、まろやかなものがいいです。
 でもいいや、楽しい仲間や友人とおいしく飲めれば、なんでも。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年11月12日

こんにちは。今日は僕が学生時代から(20歳くらいですかね?)よく食べに行っていた練馬区にある「梁山泊」という店の「肉あんかけチャーハン」と「肉ニラ炒め」を食べてきた話。うんちくはいらねー、見ればわかる、ですよね?どうぞ。

IMG_1077.JPG

IMG_1076.JPG

 食べかけですいません。だって5年ぶりくらいでガっつきたくなっちゃって。学生時代は毎晩のように飲んで、夜中腹が減るとどっかしらラーメンやこういったものを食べに出歩いてました。この店は練馬区関町にありますが社会人になってからも良く通いました。


IMG_1078.JPG

 残念なのはオヤジさんのチャーハンに付いてくるスープを持ってくる時に「はい、燃えてま~す」っていうベタなオヤジギャグが聞けなくなったこと。今日は言いませんでした・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年11月11日

こんにちは。なんじゃ、このタイトル?と思ったでしょ?仁君。今回の話はブリッジを作る前の前処置としての矯正です。ではまず術前です。

mtmmae.JPG

 このまま欠損部分にブリッジを入れても長持ちは期待できないですよね?ならばできるだけ自然なポジションに戻してあげてからブリッジを作りたいですよね?だから動かしちゃいましょう。

mtmgo.JPG
 
 ここまで並べばいいんじゃないでしょうか?ただ移動後は歯が不安定ですからしばらく待ってもらってからブリッジの製作に入ります。今日もグッジョブ!ちなみにここまで2か月です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年11月10日

こんにちは。歯をがんばって残すステージを超えて、歯を早期に抜歯して歯の周囲組織を保存しなければという場面に我々はよく遭遇します。ですが患者 さまにとっては歯の保存がまず目に浮かぶため、なかなか理解していただくことは難しいです。このような場合でタイミングが遅いとこうなるよ、というケース に遭遇したので報告しようと思います。

 歯根破折で頬側に炎症が拡がっていて抜歯に至った右下6のケースです。術前の写真から見ていきましょう。

matuurajutuzen.JPG


matuurajuuzenyoko.JPG

 まあ、骨は細いけどなんとかなるかな、と思えなくもない状態です。しかし、抜歯に至った経緯を考えると容易ではないことが予測できました。案の定こんなカンジ。

matuuraope1.JPG

 骨が頬側にまったくないんです。ここに骨がないことには予知性がないので、GBRにてインプラント頬側に2ミリの骨を確保することにしました。


matuuramainyuGBR.JPG

 インプラント窩形成で得られた自家骨と骨補填材を半分半分で混ぜて使用しました。その後吸収性メンブレン(Ossix Plus)にて覆い縫合しました。


matuuraOssix.JPG


 抜糸時の状態です。

matuurajutugo.JPG


matuurajutugo2.JPG

 このようにきれいに治っていますね。侵襲の大きなオペでしたが不快症状は少なかったですね。あとは所定期間待っていただいてから進めましょう。Mさん仕上がりが楽しみですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年11月 9日

こんにちは。今日はピエゾ・サージェリー(商品名:サージボーン オーナー:兄貴)を用いて行なったソケットリフトとGBRを併用した左上6のケー スです。術前の口腔内を見ると「ああ、これならフラップレスで侵襲小さく・・・」と考えちゃうかもしれませんが、このままそんなことはしちゃダメです。今 回はCTを撮影していませんので、術前に麻酔し終えた段階でボーンサウンディングにて骨の状態を探りました。あるはずのモノがない・・・?今日は久々に痛 々しい写真ありです。ダメな人は見ちゃダメ(笑)。

nakajimajutuzen.JPG

nakajimajuuen2.JPG


 ちなみにこれが術前の状態ですね。


 そう、ないんですよ。なのでGBRが必要なのはわかりましたが、ソケットリフトもしないとならないくらい骨の厚みもないのです。これは大変です。オペ時の状態ですが骨がないですよね。

nakajimakotukessonn.JPG

 徹底的に掻爬といって悪い部分が残らないようにします。そしてピエゾを用いてソケットリフトです。ちなみにピエゾの写真は別の患者さまのオペ時のものです。

piezo.JPG

 そして、垂直的に不足する部分に骨補填材を置いて、メンブレンを置いて閉じます。


GBRgo.JPG


 術後のレントゲンです。

nakajimarenogenn.JPG

 インプラントの上と下に顆粒状のものが見えると思います。この部分に骨を増やしています。そして傷の確認時の状態です。

nakajimasp.JPG

 これだけの侵襲があったのですが、患者さまは痛みについてはさほどでもなかったとおっしゃっていました。これにはコツが・・・。言えません、企業秘密ですから。よかったですね、Nさま。歯が入るのが楽しみですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年11月 8日

こんにちは。今日はインプラント治療中のプロビジョナル・レストレーションの一例をご紹介します。インプラント治療の最大のメリットの1つに「隣の歯を削らないですむ」というものがありますが、ではこういう場合はどうしますかねえ?

mainyuugo.JPG

 こんな感じで2本埋入しました。しかし、両隣の歯は削ったらもったいない状態ですよね。これにプロビジョナル・レストレーション(仮の歯)を入れるには削らないと入りませんかね???

nijiopemae.JPG

 余談ですが破いてしまった歯肉も丁寧にスーチャーすることで傷も目立たないですね。これは2次オペ前ですがこれまでもちゃんとプロビジョナル・レストレーションが入っていたんですよ。じらすなって?すみません。

purobi.JPG

 こんな風にね。歯肉の位置が変わってきているのでもちろん調整なんかはしなければなりませんが、それでもたった1~2か月の仮の歯のために一生使 える健全な歯を削っちゃいますか?もったいないですよ、それは。万全とは言い難いですがこの程度のものならば作って差し上げます。作ってくれている「D- SPEC」の安部さん、いつもありがとうございます。頼りにしてま~す。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年11月 7日

こんにちは。今日も歯周病の話もインプラントの話もありません。僕が36歳になって初めて知った野菜の話です。ブロッコリーってこういう風にできるんですね。

IMG_1072.JPG

IMG_1073.JPG

IMG_1074.JPG

 「知らなかったの?」って言われるかもしれませんが、味しか知りませんでした。知るって楽しいですね~。いい悪いってどうやって見分けるんでしょうね???わかる方いらっしゃいますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年11月 6日

こんにちは。今日はインプラントの話でも矯正の話でもありません。私の飲み仲間のご紹介です。市原市若宮にある老舗和菓子屋さんの「月廻舎」の若旦 那さんです。仕事熱心でどうやったら「おいしい、お客様に喜んでもらえる和菓子を作れるか」を日々考えておられる方です。飲むお酒の種類も好みが近いので 楽しいんです。

 さて、そんな一コマ。
IMG_1021.JPG

 持っているお酒はこの店にあったもので、別段気に入っているわけではありません。二人のお気に入りは(男同士でこの表現、気持ち悪いですか?笑) 宮古島の宮の華酒造の泡盛です。あまり置いている店はないのかな。僕らも沖縄に行った時に買うか、行く人に頼んで買ってきてもらうかすることが多いです。 わかってくると華翁やとぅゆみゃ、なんかの古酒よりも普通の宮の華がおいしいそうです。その秘密は・・・皆さんも飲んで自分で理解しましょうね。かんぱ~ い。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年11月 5日

こんにちは。今日のケースはインプラントで右上の奥歯を抜歯と同時にインプラントの埋入を行ない、しかも垂直的に骨の量が不足しているためソケットリフトという上顎洞内に骨を作る処置も合わせて行っています。
 ここで先日ご紹介した「サージボーン」という機械を使ってオペを行ないました。これは骨は削れるけれども軟組織は損傷しにくいというスグレモノ!ソケットリフトについても何回かブログ上でお伝えしてきているのですが、簡単におさらいしましょう。
 
 上顎のインプラントで問題になってくることがある「上顎洞」という骨の中の空洞があります。これは副鼻腔の一部で蓄膿症になると膿がたまる場所ですね。 その空洞の口腔寄りにシュナイダー膜と呼ばれる骨膜がありますが、これを骨面より剥離して骨の造成を行なうし処置を一般に「サイナスリフト」と言います。
 サイナスリフトの中で大きく歯肉を剥離して行なう「ラテラルアプローチ」は、見えるなかで処置を行なうので器具の操作はしやすいですが患者さまへの侵襲が大きいです。
 一方、抜歯窩・インプラント窩などからアプローチする「ソケットリフト」という方法が今回行なったオペなのですが、患者さまへの侵襲はラテラルアプロー チに比べてとても小さく、オペ時間も短いです。さらに抜歯即時インプラント埋入という侵襲の少ないオペとの組み合わせなのでメリットも非常に大きいと思い ます!

 さて、術前の写真から見ていきましょう。

PICT0221.JPG

 矢印の歯は1年前位に切除療法(歯周ポケットをなくす歯周外科処置)を行なって、様子を見てきたのですが動揺が止まらず患者さま自身も気にされて いたのですが、今回保存は不向きであるとお伝えし(患者さまの事情で日本にいられる時間が短いという理由から)抜歯してインプラントをすることになりまし た。
 上記の事情から補綴までの時間も最短で進めなくてはならないので抜歯即時インプラント埋入でのオペとなりました。

PICT04191.JPG

PICT04221.JPG

%E5%B2%A9%E6%9D%91%E3%82%BD%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%95%E3%83%88%E5%8F%B3%E4%B8%8A6.bmp


 臼歯部の抜歯即時インプラントの設置ポジションで多いのが、口蓋根方向にドリルが流れて意図しているより内側になってしまうケースです。インプラントの 安定には影響ないでしょうが補綴物が入った後が気になります。正しい方向で噛み合わせた力が働かずインプラントを倒すような外力になっていないか。これも インプラントを長持ちさせるには必要な配慮ではないかと思います。やや近心寄り、やや舌側(口蓋側)寄りを意識しています。

 切開をしていないのでオペ時間も短縮でき患者さまの負担も少ないです。おつかれさまでした、Iさま。明日傷の確認をさせてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年11月 4日

こんにちは。父の法事で群馬県吾妻郡まで行ってきました。意識してこの時期を選んだわけではなかったのですが、結果的には紅葉を見に来る観光客と重なってしまい高速道路などはかなり混雑していました。場所は吾妻渓谷なのですがこんな感じに。

IMG_1033.JPG

 ちなみにこっちは僕が親父と遊んでいた時に聞いた30年くらい前の記憶ですが、日本一短い鉄道のトンネルと聞きました。本当かどうかの検証はして いませんが、たしかに本当に短くて5メーターくらい(電車で通過した記憶では)しかなかったと思います。JR吾妻線の川原湯温泉駅と岩島駅の間に存在しま す。
 詳しい方でこれをお読みであれば、間違いがあれば訂正しますので教えてください。

tonnneru.JPG

 そして、3日の月曜日は上の子が牧場で遊びたいという事で渋川のとある牧場に連れて行ってあげて、馬に乗ったり、生まれて1か月の子牛にミルクを あげたり、ヤギに触れたりして夕方まで遊びました。が、乗馬場の前にあるコレ!近くにいた子供が「怖いよぅ」と言ってましたが、うちの子は「何これ~」っ て笑ってましたが。

IMG_1057.JPG

 ちょっと気持ち悪いですよねぇ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年11月 3日

こんにちは。この連休私は、本当に私ごとですが父の7回忌で群馬県吾妻町まで行ってきます。
 僕は父を尊敬し、彼の生き方に憧れます。僕は将来子供にどう思われる父親になるのだろう。
 『他人と過去は変えられない、自分と未来は変えられる』、それを信じてこれから生きていきたいです。まだ天国の親父に「俺どうだ、がんばったろ?」とは言えないな。「まだまだだな」と言われるのはわかりますもん。どうやら大事なことを忘れているような気がします。
 生を受けた事に感謝、様々な出会いに感謝、未来への希望をくれた人に感謝。みなさまありがとうございます。

 父の命日は過ぎましたが毎日位牌に向って手を合わせ、父に心を読まれていると思ったり、今日は胸晴れるっていう日もあったり、とにかく毎日思い出 します。孫の顔を見せてやれなかったのが心残りです。いるうちはなかなか感謝の言葉を伝えられませんが、いなくなってからでは絶対伝わりませんので、親が 健在である方などはとくに感謝して言葉にしたいものですね。なまいき言ってすみません、いろんな境遇の方がいるのはわかっています。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年11月 2日

こんにちは。インプラントの話ですが、インプラントって歯肉の下にある骨にフィクスチャーという歯根の役割をすう部分を埋めるオペをします。当然痛いし腫れるとお考えでしょ?けっこうケースは限られますがこんな方法もあるんですよ。

 まずはオペ前の状態です。水色の○のところを狙って埋入します。
PICT0387.JPG

 その部分の歯肉に小さな傷を着けますが、これだけ。ここからオペをします。また別の機会にご紹介しますがソケットリフトを合わせて行ないました。

PICT0387.JPG

 埋入が終わりましたが、ここまでオペが始まってから15分くらいでしょうか?

PICT0390.JPG


 実は痛みは「歯肉を切って剥離」することがほとんどの場合原因となります。骨を削ってフィクスチャーを埋入するのはそんなに痛みの原因とはならないよう です。というのは骨の中より歯肉の中の方が神経や血管が豊富で、それを傷付けてオペ(通法では)をしなければならないからです。
 その歯肉の損傷を最小限にすることで痛みを最小限にし、オペを安全に終えることができれば非常に楽ですよね?ただし欠点は内視鏡の手術もそうですが熟練 していないと難しく、骨の形が見えないのでアクシデント的な事故の可能性が高くなります。術前にCTを撮るか、ボーンサウンディングと言って麻酔した上で 骨の形態を触って確認する、などしなければならないと思います。

 歯肉の傷付けることもないので治癒も早いです。腫れません。手術は怖いな~という方、全員にできるわけではありませんがご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年11月 1日

こんにちは。今日はオールセラミックスが入るまでの流れを写真と合わせて説明していきます。まず初診時の口腔内の状態です。

shosinnjiuekusa.JPG

 今まで使っていた歯が脱離したとのことで来院されました。この時は問題点についてお話しして取れた歯を仮着けしてお帰りになりました。それで終っ てしまう患者さまも実は非常に多いです。こちらの患者さまは問題点を充分理解し、そしてこちらの提示した治療計画についても充分ご理解いただき治療がス タートしました。
 まず根管治療が終わりファイバーコアにて支台築造をしたところです。

migiue1sidaiikuzou.JPG

 歯の移動を行ない、周囲歯肉の調整をしてセラミックの色を合わせているところです。
shadetake.JPG


 そしてできあがったオール・セラミックスです。
allseramics1.JPG

allseramics2.JPG

 これだけじゃわかりにくいですよね。でも金属を使ってないのはわかりますでしょ?これを口腔内にセットした状態です。

settogoshoumenn.JPG

settogokurobakku.JPG

 もっと上手に治す先生もたくさんいらっしゃると思うのですが、当院のベストを尽くして治療にあたりました。僕も患者さまも満足(ですよね、Uさん??)しております。今お使いの歯が傷んできたなとか、満足いかないんだけど、という方はご相談ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2008年10月 | メイン | 2008年12月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医