«  2009年5月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2009年5月31日

こんにちは。今日は僕の仕事靴の紹介です。これまでは医院でよく先生が履いているような、白いシューズを履いていました。去年から動きやすく軽い靴を買ってきて履いていました。それの夏バージョン。


sandaru.jpg


 靴というよりサンダルですね。履いていて疲れないし、オペ時のペダルも踏みやすいですからお気に入りです。ちょっとクリニックっぽくないですよ ね・・・。まあ、僕の風貌もドクターっぽくないから調度いいかな?そう、今回は靴編です。近々白衣も変える予定で「衣替え(白衣編)」があります。そう、 ブログのネタに詰まった時用の保存食です(笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年5月30日

こんにちは。さかのぼっての更新になります。それはPCの不調が原因。昨日分のブログでも書きましたが、HDDの交換になったわけです。ようやく物が届きさっき交換を済ませました。


 そう、そして日本歯科大学漕艇部のみなさん、お待たせしました。当日の酔っぱらいどもの写真をアップだ!いいのか?ではどうぞ。


BOAT1.jpg


BOAT2.jpg


BOAT3.jpg


BOAT4.jpg


BOAT5.jpg


BOAT6.jpg


BOAT7.jpg


 なんだか、今年は我漕艇部、おめでたいことが続いて、結婚した者が4人!他に予定者はいませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年5月29日

こんにちは。まだ買って2か月たらずの僕のエプソンのエンデバー。もうハードディスクが不調でハードディスクごと交換ですって。なんか買って間もな くケチがついたようで気分が悪い・・・。ただし、サポートの方の丁寧な対応に救われたのかな、エプソンさん。俺はモニターじゃねーよ、言っとくけど。ユー ザーでありオーナーだからね。
 という二度とゴメン、な話。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年5月28日

こんばんは。今日はJIADSの勉強会に行ってきました。収穫は下顎舌側の減張切開についてです。おそろしい場所ですからどうもなるべくしないで済む方法で安全に・・・なんて思っていましたが、一つの基準が見えました。
 また、必要なオペとそれをすべき順番というんでしょうか、それにも整理がついたようです。今日も有意義な時間が過ごせました。


DSC02721.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年5月27日

こんにちは。昨日は久しぶりの友人に会いました。それで今僕が通っているビッグベアージムに連れて行って一緒にトレーニングをしてきました。けっこう応えたようです(笑)。

 
 さて、明日は休診日ですがいつものJIADSの勉強会に参加してきます。いくつか症例を持参します。よろしくお願いします。ただ、僕の壊れかけのVAIOでは皆さんにご迷惑をかけそうで・・・。


 その前にカットに行きます。伸び伸びだった髪の毛を少しさっぱりさせてきます。ここのところ友人の紹介で美容室を転々としています。自分に合った場所を探している、そんなとこですね。楽しみ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年5月26日

こんにちは。PCのハードディスクの不調で新しい写真を取り込めないので、写真を使ってのブログの更新ができないため先日あった患者さまとのちょっとしたトラブルについて書いてみます。


 受診されているのはお子様でお母さんと一緒にいつもお見えになります。これまでも無断キャンセルや30分程度の遅刻があり気にはなっていましたが、いろ んな事情があれば起こりうることと思っていました。前の回のアポイントでも30分遅れられ、「遅刻したことで他の患者さまの治療時間を短縮することはでき ない」ため、気を付けてくださいねというお話をしました。その日はアポイントに余裕があったので、少々お待ちいただいた後に治療をさせていただきました。


 数日後、次のアポイントですがアポイントの時間になってもお見えになりません・・・。次のアポイントの患者さまはオペの予定で時間になったのでオペを開 始しました。オペが始まってから来院されたのですが、こういう時はどうしても1時間くらいは僕の手が空かないんですね。そういった事情を説明するようス タッフに言って説明してもらったのですが、「診てもらえないんですか?」、「どうしてもダメなんですか?」とのやり取りがあったあと、怒って帰られてしま いました。僕はオペ中で手が離せないのでそのやり取りに加わることもできず、事後の報告を受けたわけです。


 僕が理想とする歯科治療は、「コンビニでお買い物」するような感覚でいらっしゃる方にはけして受け入れられないと思います。時間もかかりますし、回数も 必要ですし、妥協しないと型の取り直しをさせていただくこともしばしば・・・。そういった手間を理解していただいて、毎日来ていただける患者さまのために 全力で、スタッフ一同取り組んでいます。そんな中、今回のようなことは今後も起こることだろうと考えます。しかし「本気で治療したい患者さまを、本気で治 療する」とはそういうことです。なにとぞ患者さまのご理解をお願いしたいと思います。


 生意気言ってすみません。

DSC02734.jpg


 写真との関係はありません。たまたま、従姉と友人が同じタイミングでエジプトに行ったらしく、それだけです。行きたいねえ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年5月25日

こんにちは。今日は重度の歯周病で抜歯となり、ソケットプリザベーションしてインプラントの埋入を行ったケースです。まずは術前の状態です。ブリッジが入っているのですがグラグラです。


RI1.jpg


 周囲歯肉をなるべく傷付けないようにして抜歯です。そして上皮の落ち込みが起こらないようにソケット・プリザベーションを行って治癒を待ちます。


RI2.jpg

 
 3ヵ月半後の歯肉の状態です。歯肉の垂直的なロス(減少)は防げたのかなと思います。幅は・・・、どうだろう。


RI3.jpg


 充分とは言えませんね・・・。これは。ただ、ご本人の希望で複雑なGBRのOPEはしたくない、歯肉部分も補綴的に解決しても問題ない、とのことでしたので既存骨(もともとあるご自身の骨、人工的に作られた骨でない部分のこと)に埋入する予定です。


RI4.jpg


 定位置に埋入が終わった様子です。初期固定は充分でしたので・・・、か月後にはインプラント上のプロビジョナルでお食事できますね。太田さん、答は3か月?


RI5.jpg


 安全な期間待ってもらってから補綴処置に入りましょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年5月24日

こんにちは。先週の筒井塾で「Tアライナー」を自分に作って、矯正治療(筒井塾では、修復的歯牙移動と言います)を開始しましたが、装置を入れて1週間が経過しました。
 まず、装置は透明なマウスピースですが、3種類あって①ソフト②ハード③スーパーハードの順で装着していきます。「ソフト」という言葉から「痛み」を連想する人はいないと思いますが、ええ、痛いんです・・・。付けて30分くらいはジンジンを歯がしていました。


 装着直後の感想は「ソフトでこれじゃあ、とてもハードなんて・・・、いやスーパーハードっておいおい、無理だよ・・・」と思いました。2.3日は正直少しだけ痛みが残りましたが、その後は問題なく熟睡もできましたし、普通に仕事中も装着していました。
 当院に通院中の患者さまで「ああ、だからアイツ滑舌悪かったんだ」とお思いの方もおられるでしょう。コイツのせいなんです。ものはついでに下はホワイトニングしています(再度)。


 では、術前の状態ですがこんなカンジ。
 

ORE1.jpg


 ホワイトニングの前に撮った写真で噛んだ状態ではありませんが、結構前歯出てますし長いですね・・・。それで次の写真の右が術前で、左が治療目標となります。ここまで5週間を予定しています。


ORE2.jpg


 長かった右上1は先端(切端)を1ミリ程度削ってあります。これは歯肉の圧下によりガムラインがこれ以上崩れてしまわないようにそうしました。


ORE3.jpg


 下から覗くと、術前とはちょっと違いますかね???削ったせい?おそらくそうでしょうね。


ORE4.jpg


 そして先ほどから「②ハード」が僕の口の中に入っていますが、最初の20分くらいはソフトにも増して痛かったですが、もう慣れました。Mではありませんが、なんとか受け入れられますので、あと2週間これでがんばってみます。また報告します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年5月23日

こんにちは。先日ペントロン・ジャパンの方が営業にいらした際に、接着の話になりました。以前受講した西川先生の審美修復・歯冠形成のセミナーで、 ファイバーコアを使った実習がありましたが、その時に接着に関して昭和大学の伊藤先生の開発したプライマーの話があり、一部の先生は医局に電話して手にし ていたようです。
 ここ最近はぺリオとインプラント、矯正に重きを置いていて、それが「E‐Lize」という製品になっているとは知らず・・・。恥ずかしい。で、接着にど れだけ差があるかねえ、みたいな話を担当のFさんと話していて、「西川先生はエクストルージョンして、フェルールを確保していますから・・・」とおっ しゃっていました。
 ええ、たしかにそうです。必要な処置ですね、それは。おがわ歯科医院ではルーティンな治療としてやってます。コツコツとね。


EXTR1.jpg


 このままやっても、意味ないよってことですもんね。移動してみましょう。


EXTR2.jpg


 2週間後の状態です。まだ移動途中であと2ミリ移動してからクラウンレングスニングという歯肉の調整をしたら、ファイバーコアを築造して歯を作りましょうね。患者さまの協力があって初めていい治療が成り立ちます。みなさま、ありがとうございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年5月22日

こんにちは。15歳の女の子の矯正治療の1経過観察です。ひどいクラウド(叢生)だったのですが、僕の考えはまず非抜歯ですからなんとか歯列を拡大して歯の移動スペースを稼げないか、考えました。では20年12月に下顎をレべリングし始めた時の様子です。


12%E6%9C%8813%E6%97%A5%E3%81%AE%E7%8A%B6%E6%85%8B.jpg


 2か所ほどディスキングをしていますが抜歯は回避できました。5ヶ月後の状態を見ていきましょう。

5%E6%9C%8819%E6%97%A5%E3%81%AE%E7%8A%B6%E6%85%8B.jpg


 もうほとんどはいいですね・・・。一番奥の歯をこれから起こしていきますが、これからの方が時間かかりそうだなあ。こっからがな~。追って、報告します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年5月21日

こんばんは。近場の焼鳥屋さんでの絵。いつも僕が写真撮影可能な学会でフラッシュなしに設定したままのカメラで、撮ってしまったみたい・・・。でも飲んでるから光ったのか光ってないのかわかんないね、酔っぱらいには(笑)。


IMG_1540.jpg


 今日も楽しく飲めました。焦がし芋の焼酎ですが、風味は黒瀬に似ている部分がありましたね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年5月20日

こんにちは。初診でおがわ歯科医院にいらしてから早いもので1年半。ようやくインプラント部分上下、ファイナルが入りましたね。もっと手っ取り早く修復する方法もあります。しかし、それが長持ちする保障がない場合、採用するわけにはいきませんよね
 ですから、とても丁寧に時間をかけてJIADSのコンセプトに従って(技術的に未熟な部分はありますが)、予知性の高い状態になるように治療を進めてきました。


 このような状態でいらっしゃいましたよね。


YRsan1.jpg


 こんな状態だったので、


YRsan2.jpg


 こんなふうにしなければならず、

YRsan3.jpg


 それが終わってようやくこうなりました。


YRsan4.jpg


 上も骨が不足しているので、骨補填材を置いて


YRsan5.jpg

 
 吸収性メンブレンを置いて


YRsan6.jpg


 インプラントの外側に2ミリ以上の骨があるので安心ですね。


YRsan7.jpg


 あとは歯が入ったらこんなカンジ。あっ、せっかちなんでインプラント部分が終わったから、左上Br予定部分はまだプロビジョナル・レストレーションです、アップしちゃいました。


YRsan8.jpg


YRsan9.jpg


 ちょっと意識して前で噛んじゃったかな???


YRsan.jpg


 次回から左上のセラミック・ブリッジの製作をして、ホントの治療終了になりますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年5月19日

こんにちは。今日のケースは右側についてはすでにブログ上で報告しているものですが、左右埋入が終わりプロビジョナル・レストレーションで最終確認に入ったので、両側について報告していきます。


 まず、それぞれ上顎の見えにくい大臼歯部であることから、審美性は重要視されないと思われます。上の前歯のような場所は見た目が非常に大事になってきますから、オペの回数がどうしても多くなる傾向にありますが奥歯であれば患者さまの負担の少ない方法を第一選択とします。
 左上は67抜歯で6に抜歯即時インプラント埋入、右上は6抜歯で抜歯即時インプラント埋入(サージボーンというピエゾを用いてのソケットリフト併用)を行いました。


Iwa1.jpg


Iwa2.jpg


 そして、インテグレーションを待ってからプロビジョナルをセットしたところです。5445はすでに埋入して1年以上経過しているので、ここは問題ないですね。


Iwa3.jpg


 前歯のガイド(前歯の機能とお考えください)も決まっているので、清掃状況などを確認して仕上げに向かいます。今回は日本に長く滞在なさるようで、一気に上は仕上げられそうですね!


 ちなみにレントゲンです。

Iwa4.jpg


 いろいろありましたね~。お孫さんと遊んでぶつかって、プロビジョナルを壊してしまって修復したり、海外でプロビジョナルが一度だけ壊れてしまったり・・・。苦労の積み重ねですね、これは。あとちょっとです、がんばりましょ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年5月18日

こんにちは。土曜日の筒井塾が終わってから神楽坂まで移動して御夕飯です。実は一緒にいつも勉強している戸田先生が年内に開業予定で、今後一緒に研修会に参加できる機会も減ってしまうのではないかと思います。
 ということもあって、神楽坂といえばボート部の集まりでよく利用した「鳥茶屋」があります。僕に近い人は一緒に行ったこともあるかもしれませんが、とても落ち着いておいしいお店です。東京にいるうちに連れて行ってあげたいなと思い行きました。


IMG_1523.jpg


 赤が私、左が戸田先生です。


%E9%B3%A5%E8%8C%B6%E5%B1%8B2.jpg


 左は同級の宮崎先生、右はボート部の後輩佐藤先生です。みんなまじめにワイヤー曲げて、セファロとにらめっこしてましたね(笑)。僕はケースの治療計画 をセファロをじ~っと見て長いこと考えていたら、休んでいる(脳が???)と思われたらしいです。ま、ホントに脳が止まることも食後などにありますケ ド・・・。


 さて、おいしいものの写真ですが


%E9%B3%A5%E8%8C%B6%E5%B1%8B3.jpg


%E9%B3%A5%E8%8C%B6%E5%B1%8B1.jpg


 「うどんすき」ですね。ボート部で何回も来ているのですが、いつもは味わうことができないので(理由は体育会系クラブだから、です)こういう時こそおいしくね。また行こうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年5月17日

こんにちは。今日も昨日に引き続き筒井塾修復的歯牙移動コースです。しかし、朝からローになるひどい雨に降られましたが、今日は楽しみにしていた「Tアライナー」の実習や、ジャンピングプレートの調整などを行いました。

 この実習では友人の宮崎先生とコンビになりまして、イタタ・・・とか言いながら楽しく学んできました。今ブログを書いている今も「Tアライナー」を装着しています。そうです、僕は今日から矯正を始めたんです!!!結果についてはブログ上で公開していきます。


 術前と歯の移動後の状態を示す模型の写真です。かなり出っ歯が引っ込むようですね、5週間頑張ると。


%E6%A8%A1%E5%9E%8B.jpg

 そしてわかりにくいですが、技工指示書です。


T%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BC1.jpg


 このような歯をどの方向に何ミリ動かすのか、どこの歯は動かさないのか、ディスキングの有無などを技工士に伝えて制作します。そして出来上がったのがこの透明で、着脱が自由な矯正装置です。


T%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BC2.jpg


 この3種類で1クールです。1ヶ月半ほどこれを使用して、次のクールです。およそ3クールくらいで私は仕上がるようですが、その後下ですから時間はかか ります。また、装置の製作は認定技工士がまだ少ない上に、煩雑な製作工程(僕にはできないと思いました。その工程はすべて見てきました。)を経てわれわれ の手元に来るため、一般の装置の矯正治療と同じくらいのコストがかかること、政策までに時間がかかること、抜歯ケースには向いていないため適応症の見極め により不可能な場合があること、などがあります。

 でも、見えない装置で矯正ができて、しかも勝負の日にははずすことができるなんて、画期的ですね!我々歯科医師の目から見たら、移動する歯としない歯をなっきり区別できるのはすごいことだと思います。ね?S先生。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年5月16日

こんにちは。今日と明日は筒井塾の矯正コース出席のため、おがわ歯科医院は休診となります。ご迷惑をおかけしますがよろしくおねがいします。

%E7%94%BB%E5%83%8F%20211.jpg

  ちなみに写真と話の内容は関係ないよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年5月15日

こんにちは。行ってきました、毎度の銀座詣で。今回のメインスピーカーは京都の四条烏丸ぺリオインプラントセンターの宮本先生です。JIADSのぺ リオコースやぺリオ・インプラントアドバンスコースではどちらかというと再生療法や根面被覆など歯周病の治療について講義されていた印象が強かったのです が、今日はこういったテーマでお話しされました。

IMG_151JIADS.jpg


 非常にコンベンショナルな内容で、基本に忠実にやりなさいよ、という内容でしたがまさにそのとおりです。チャレンジして痛い目見るのは結局患者さまです から。痛くないからフラップレス(歯肉を切らない)で埋入、そして数年後の歯肉のリセッション(退縮)という悲しい結末をたどるケース、あるはずです。こ れだけインプラントをみんながやるようになっているのですから。
 早くて痛くない、そりゃ結果が同じならそれがいいですよ、僕がオペを受けるんだったらそっちを選びますよ。でもね、よく考えてくださいね、結果がいいか ら基本に忠実に骨を作って、正しいポジションに埋入して、歯肉の移植も必要に応じてやって・・・と長い道のりを進むのです。基本を忘れたトレンドに流され て、結局つらい思いをするのは患者さまです。いっしょにどちらがメリットが大きいのか考えて治療計画を立てましょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年5月14日

こんにちは。まずはいきなり、初診時の状態を見てみましょう。

MHR0.5.jpg


 なんだか、いろんな力が右から、左から、前から加わってそうな歯並びですね。「態癖」と言って普段何気なく行っている「癖」が大きく影響している、不正咬合をホントによく見ます。
 親御さんも、ぜひ注意深くお子さんのしぐさに目を配ってみてください。歯並びに異常がある場合、かなりの頻度で癖が見つかります。


MHR3.jpg


 この装置を使用して、できるだけ「骨ごと」前方に成長させるように力をかけました。そして・・・


MHR2.5.jpg


 前歯の叢生を治してから、さらに前方へ前歯群たちを送ります。今は前歯部分のレべリングまできました。途中なのですが、これまでの苦労(患者さまの苦労に比べたら、屁のようなもんですね・・・)があったもので、ついブログに紹介してしまいました。


MHR2.jpg


 Mちゃん、先生応援してるからがんばろうね、一緒に!!!


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年5月13日

こんにちは。今日は午後を早めに終了させていただいて、JIADSに行ってきます。今日は京都府開業でJIADS理事長の宮本先生の講演と、会員の 寺尾先生の講演です。宮本先生は「世界の・・・」ですから、説明は同業者には必要ないかもしれませんが、いっぱんの方にはどう説明しようか・・・、わかり やすく言うと神の手です。実際にオペを見学させていただいたわけではありませんが、スライドで写真を拝見するとものすごく丁寧で繊細なことが伝わり、かつ きれいな写真で非常にわかりやすいです。

 一方、寺尾先生の発表は月末にある元文献勉強会の方で一度見せてもらいましたが、丁寧で繊細であることがよくわかるものでした。今日も楽しみにしています。

pi1.jpg


 宮本先生がこの三角形の頂点にいらっしゃるとすれば、僕はまだ2段目くらいでひ~ひ~言っているくらいのものでしょう。毎日続けて努力することが大事ですね、高い山を目指すなら。がんばります。

こんにちは。今日は午後を早めに終了させていただいて、JIADSに行ってきます。今日は京都府開業でJIADS理事長の宮本先生の講演と、会員の 寺尾先生の講演です。宮本先生は「世界の・・・」ですから、説明は同業者には必要ないかもしれませんが、いっぱんの方にはどう説明しようか・・・、わかり やすく言うと神の手です。実際にオペを見学させていただいたわけではありませんが、スライドで写真を拝見するとものすごく丁寧で繊細なことが伝わり、かつ きれいな写真で非常にわかりやすいです。

 一方、寺尾先生の発表は月末にある元文献勉強会の方で一度見せてもらいましたが、丁寧で繊細であることがよくわかるものでした。今日も楽しみにしています。

pi1.jpg


 宮本先生がこの三角形の頂点にいらっしゃるとすれば、僕はまだ2段目くらいでひ~ひ~言っているくらいのものでしょう。毎日続けて努力することが大事ですね、高い山を目指すなら。がんばります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年5月12日

こんにちは。今日のご紹介するケースは抜歯に至る段階で、すでに周囲の骨が破壊されており重度の骨欠損が生じています。まずは抜歯後のレントゲン写真から見ていきましょう。


Nsan1.bmp


 上顎洞底部分付近まで骨がありません。このままでは医院によっては「インプラントは無理」と言われるかもしれませんね。当院ではこういうケースでは 「サージボーン」という超音波による骨切削を可能とする機械を用いてオペを行います。サージボーンを用いて安全にソケットリフトを行い、不足するインプラ ント周囲にはGBR法にて骨を作りました。同時に行っておりますので、患者さまの負担はなるべく小さいものにさせてもらっています。


Nsan2.bmp


 5か月待ってもらい、二次オペをしてプロビジョナルで2ヶ月ほど様子を見ました。神奈川県海老名市からいらっしゃっており、来院回数を少なくするよう二次オペと同時にプロビジョナル・レストレーションの型取りも行いました。
 そして苦労の末、ファイナル・レストレーションが入った状態です。

Nsan3.bmp


 いい状態で安定しています。もちろんぺリオテストにて-6.-7.-5と安定を確認しています。あとは正しいメインテナンスですね。


 ちなみに術後の口腔内の写真を。

Nsan4.jpg

Nsan5.jpg


 アンテリオールガイダンスという前歯の機能が弱く、奥歯の負担が大きいので咬合面はハイブリッド・セラミックスとなっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年5月11日

こんにちは。左下の奥歯が2本欠損している患者さまのインプラント治療のケースです。当院にいらした時は⑤6⑦のブリッジが入っていましたが、7が歯根破折を起こしており保存が不可能となり67欠損となったわけです。


 オペの前の状態から見ていきましょう。まず咬合面から。

TWsan1.jpg


 続いて側面からです。

TWsan2.jpg


 ちゃんとそ~っと麻酔をしたんですが、このように内出血を起こしてしまうのです。ということは術後にも皮下出血のあと、つまり「アザ」ができる可能性が 高いですよね。そういった情報をあらかじめ患者さまにお伝えしないとびっくりされちゃいますからね。僕らも注意しないといけませんね。


 そして、本日プロビジョナル・レストレーションにて機能の回復がなされました。

TWsan3.jpg


TWsan4.jpg


 これで左右均等に噛むことができますね。しばらくこのまま使ってもらって、周囲組織との調和が図れているか確認をしてもらい、問題がなければファイナルへ移行します。長かったですね、Wさん。歯周組織の問題からオペもちょっと大変でしたね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年5月10日

こんにちは。今日はめちゃくちゃ鍵になってくる大事な大事な犬歯の矯正移動の話。話は左下の犬歯の移動なのですが、これがないと保険でブリッジがで きない状況です。しかし、初診時の状態では支台歯(ブリッジの支えになる歯をいいます)として利用できるポジションにありません。


 しかし修復的な歯の移動を行ってあげればまだ抜歯を回避して、ブリッジの支台歯として利用できるのではない、と考えました。話がズレますがこれ(当ブログ)をお読みの矯正専門医の先生がいらっしゃると聞きましたが、拙い手技で恥ずかしいです・・・。


 移動開始時の口腔内写真です。抜歯と同時に装置を付けて移動を開始しました。その時の様子です。

HHHsan1.jpg


 40日後の時点です。

HHHsan2.jpg


 対合歯との関係からもう少し舌側(内側)に入ったら移動は終了です。おそらく次回の経過観察で装置は撤去しようかと考えています。大変だけど「やって良かった」と言っていただいた時、めちゃくちゃうれしかったです!
 実はご主人も当院の患者さまですが、わかる人だけわかってください、RR仲間です。海外でも公演なさる、その道ではスゴイ御仁です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年5月 9日

こんにちは。本日より矯正をスタートした男の子の治療の話。正面から見るとクラウド(叢生)があって、左上2には反対咬合がありますので、矯正治療を始めました。初診時の状態です。

Okun0.5.jpg


 そして、矯正治療を開始した本日ですが、本人の希望と僕の好きな色が一致してこの色のモジュールでスタート!矯正治療は長くつらい部分も多いですが、少 しでも楽しく治療を受けてもらえるように、皆様には次に使いたい色を選んでもらうようにしています。いわば、宿題ですね(笑)。

Okun1.jpg


 下から覗くとこんなカンジね。結構歯並びが、正面から見るよりゆがんでいるでしょう?

Okun2.jpg


 歯ブラシが今まで通りはいかなかったり、食事したら装置が取れた!とかのトラブルは最初は多いです。気を付けて食事をしましょうね。もし取れても怒られませんからね、早めに教えてね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年5月 7日

こんにちは。私、先日から携帯電話を10年以上使っていたdocomoからsoftbankに変えたんです。使ってみたかったiphoneが手ごろになってきたので、そろそろ使ってみようかなって。
 でも、落したわけでもなく、水に濡らしたわけでもないのに、10日も経ってないのに画面が映りません・・・。どうしたことでしょう?故障ですか?早すぎでしょう!いくらなんでも。

 さっき、販売店に行ってみましたが、1時間~1時間半待ちです・・・。こっちの問題じゃないのに・・・と思いますが、こんなこともあるってことですかね。ユーザーさん、何か知っていたらコメントで教えてくださ~い。
itunesへのiphoneの登録画面でも、iphoneの番号のところに「電話番号」を入れても受け付けないし。なにかコレ、問題ないのかねえ???



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年5月 6日

こんにちは。以前もよく立ち寄るため、このブログ上で紹介させてもらった「瑞穂蔵」さんです。


E7%91%9E%E7%A9%82%E8%94%B5%EF%BC%91.jpg


ちなみに中はこんなカンジです。

%E7%91%9E%E7%A9%82%E8%94%B52.jpg


ここでよくこんな昼ごはんを食べます。朝でもいいと思います。まさにひらがな主食ですね、兄貴の薦める。実践してますよ~。


%E7%91%9E%E7%A9%82%E8%94%B53.jpg


 おいしくてね、ご飯のおこげなんか独り占めです(笑)。ごっさん!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年5月 5日

こんにちは。そこには(那須どうぶつ王国)意外にも、水の中の生き物もいるんですね。知りませんでした。


尻尾がかわいいビーバーです。

%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC.jpg


ペンギンがいるとは思いませんでした。水族館専門かと思っていたもので。

%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%82%AE%E3%83%B3.jpg


 そうそう、リフトに乗って移動もしました。
%E3%83%AA%E3%83%95%E3%83%88.jpg


 下りのリフトって意外と怖いよね、塚ちゃん。


 あと、こんな子もいましたよ。

%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%83%BC.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年5月 4日

こんにちは。連休は遠方から患者さまがいらっしゃる予定だったため、遠出の予定は立てずにいましたが、急遽ご都合がつかなくなられたようで時間がで きました。ある意味残念で、ある意味休めるのでうれしくもあり、じゃあどうするかということで、急遽行けるところと言ったら・・・ここですかね。


 さてどこでしょ?


%E9%82%A3%E9%A0%88%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%B6%E3%81%A4%E7%8E%8B%E5%9B%BD.jpg


 べつにクイズでもないんですが、わかりやすいですよね、那須です。高速道路が1000円になる割引の影響でか、車が異常に多かったですね。こんなの見たことないってくらい・・・。

%E6%B8%8B%E6%BB%9E.jpg


 こんなくらいです。御用邸のある上の方から池田の交差点に向かう(わかる人もいるでしょ?)道の途中です。ここは抜け道がないからガマンの子です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年5月 3日

こんにちは。今日のケースは、また小児矯正の拡大の症例です。口腔内を見ると左右4番目の歯同士の間が狭いように見えますね。ここを拡大して前歯部分の永久歯が萌出できるスペースを作ります。


SA1.jpg


 そしてこの日、急速拡大装置を用いて拡大を開始したところです。ピンク色の床が付いていて、これがあることで、より口蓋部分の骨から拡大するようになっています。

SA2.jpg


 これをご家庭で拡大するように装置の調整をしてもらいます。大丈夫ですよ!簡単です。できなかった方はいませんから。するとですね、20日間でこのくらい拡大してきます。

SA3.jpg


 まだ拡大量が充分ではないので、もう少しこのままですががんばりましょうね、Aちゃん。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年5月 2日

こんにちは。今日は先日上顎フルマウス(すべての歯の治療を行うこと)治療で型取りまでさせてもらい、技工士の安部さんに立ち会ってもらって咬合採得をしてその日に咬合器に再マウントしたケースです。


一本のインプラントに一本の歯を作るには必要ない行程ですが、多数のインプラントを連結するインプラントの補綴に関しては一切の妥協が許されません。これ はインプラントは骨の中で揺れがないため、少しの誤差も見逃すとせっかく作った技工物(いわゆる作った歯ですね)が入らないという結果になります。かと いって、ブカブカのゆる~い技工物でいいいのかって言うと、それはダメでしょう・・・。外してみたら接着剤の厚みが1ミリ(!)くらいあるものも良く見ま すが・・・。


 では、口腔内の状態ですが、左上はブリッジを作りますが、マージン(歯と歯肉の意境目)部分に鮮明ではない部分があり、これは後日再度型取りをし直させ ていただきます。このようにインプラントが飛び飛びで設置されていますが、前歯のブロック、奥歯のブロックをそれぞれ制作して、このようにアバットメント を装着して、それぞれの適合状態を確かめます。


yoshino5.jpg


 そして、アバットメント上にそれぞれのフレームが入ったところです。ブレもなければ、きつ過ぎもしない、最高のフィット具合です。

yoshino4.jpg


 フレームにズレがなければ、この上にセラミックを焼き付けてもらって仕上げです。ここまで長かったですが、次回で仕上げの歯がはいります。おめでとう、Yさん!そしてありがとう、D-SPECの安部さん!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年5月 1日

こんにちは。今日は乳歯と永久歯が混在する、いわゆる「混合歯列期」に骨格を拡大して「非抜歯」で矯正を進めている患者さまの症例です。今回はたま たま装置の作り替えが必要になり、型取りをしたのでノギスという装置を使ってどれだけ拡大ができているのか、確認をしてみました。

HH1.jpg


 これで見ると乳犬歯間の距離は18ミリくらいでしょうか、極端に狭くて2112の永久歯が大きく重なっていますね。これでは間違いなく正常には並びませんし、永久歯を抜歯して間引きして矯正をするというプランを立てられかねない状態ではないでしょうか?

HH2.jpg


 今では乳犬歯間の距離も24ミリまで拡がっており、2112のい永久歯のクラウド(叢生・重なり)も解消されていますね。ここまではワイヤーなどは使っていません。拡大というのはこれほど効果が大きいものなのですね。

HH3.jpg


 ちなみに上は同時に撮った写真で勘弁してください。拡大の効果はあるようですね。おがわ歯科医院では抜歯矯正はセカンドチョイス、なるべく抜歯しないで矯正治療をすることを第一に提案しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2009年4月 | メイン | 2009年6月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医