«  2009年6月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2009年6月30日

こんにちは。今日は歯肉の状態も良く、骨の状態も良く、歯肉の移植や、骨の移植などのいわゆるグラフトすることなく治療が進んだケース、左下5部分のシングルのケースです。

 まず、術前の口腔内の状態です。歯肉の状態から非常に条件がよく余計なGBRとか歯肉の移植などは必要なさそうですね。

Ama1.jpg

 欠損部分の適正なポジションにインプラントを埋入します。

Ama2.jpg

 そして、二次オペが終わり、プロビジョナル・レストレーションの型取りの時の歯肉の状態です。炎症もなく良好な状態ですね。

Ama3.jpg

 プロビジョナル・レストレーションが入って昨日の回復ができたところですね。この状態で歯の形、幅が広かったり、歯の山がとんがっていたりしない か、それを使ってもらって確認します。この段階で気に入らないことを見つけてもらって、妥協のない形を仕上げていきます。問題なく受け入れられるように なったら、それを仕上げの歯にコピーします。そうすれば違和感もなく仕上がった歯を受け入れられますよね。それがおがわ歯科医院で行う「オーダーメイド」 歯科治療ですね。

Ama4.jpg

 当然ですが、型取りの変形を少なくするため、型取りをするトレーすらオーダーメイドです(あえて言わなくていいかもしれませんが。自費治療に関しては普通はやっていると思われるないようですからね。)から、あなただけの特別な「歯」ができあがるわけですね。

Ama5.jpg

 あとは使ってみてなんでも言ってね、Aさん。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年6月29日

こんにちは。最近歯の話から遠ざかってますか?でももう一日ラーメンの話(笑)。


 僕の家から車で15分くらいの所に、鰻で有名な「八幡屋」さんがあります。こちらはいろんな方たちがきますし、メディアにも取り上げられますので知っている方がいらっしゃると思います。そこの道路を挟んで向かい側に「和風鰻麺 八幡屋」があります。

yawataya.jpg

 おいしい。からあげなんかもとてもおいしい。見学にいらしたT先生も行ったよね?なかなかでしょ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年6月28日

こんにちは。あるもんですね、こんなものが。


%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E3%81%AE%E3%81%84%E3%82%82.jpg

 友人の和菓子屋のご主人からいただきました「小川のいも」です。芋焼酎好きの僕なら一度は飲まないとというこの名前。では、いただきます。「おうっ!直球のイモじゃないですかぁ!」と申しております。

DIJ.jpg


 これダレ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年6月27日

こんにちは。今日は重症な歯周病の患者さまの治療が始まりましたので、そのケースについてお話します。患者さまの自覚症状として「歯が揺れるんだ よ」とか「腫れを繰り返している」とか「「歯の周りから膿が出る」というものがあると思います。でも、これって僕ら(歯周病を理解している者)の目から見 ると、結構重症で抜歯になる歯がちらほら・・・というタイミングなんです。


 今日お話しする患者さまも「グラグラになった歯があって噛めないから抜いてほしい」ということでおがわ歯科医院に来院されました。ちょっとわかりにくいですが初診時のレントゲン写真と口腔内写真です。

ISI1.jpg

ISI2.jpg

ISI3.jpg

ISI4.jpg

ISI5.jpg

ISI6.jpg


 上下とも予知性をもって治療して保存できる歯はほぼ皆無です・・・、残念ですが。レントゲンではわかりにくいかもしれないですが、上下の前歯部分は揺れ がひどい状態なんです。元は下に入っている義歯にあるクラスプという金具が折れて、義歯が沈下して咬合高径が低下したため、上の前歯に負担が大きくかかり がグラグラとしているんですね。
 

 まずは上の治療を優先して、ホープレス(残せる見込みが0の歯をこう表現します)の歯を抜歯して、抜歯予定ではあるがプロビジョナル・レストレーションの支えとして一時的に機能できる歯を残し、症状が出ないように抜髄処置をした状態です。

ISI7.jpg

ISI8.jpg


 その支えを元にプロビジョナル・レストレーションを入れた様子です。ちなみに正確にはSP時(傷の消毒のため、翌日にいらっしゃった時の写真です)にお撮りした写真です。

ISI99999.jpg

 この状態であれば、一応食事もできますし、人とも会えますよね。歯肉が治癒するのを待ちながらインプラントの設置を行いましょう。ちなみに、こち らの患者さまの術前のプランニングの時にちょうど見学に来ていたK先生。歯周病認定医である彼のお知恵をお借りしましたが、どのくらい時間取る?という話 もしたよね。2時間で抜髄、抜歯、支台歯の仮形成、プロビジョナルの調整とセット、下の義歯のバイトアップ、終わりました。大変参考になりました、K先 生、また来てくださいね!

 そうそう、S先生のスクランブル発進の時です(笑)!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年6月26日

こんにちは。いきなりですが、戸田君ありがとう!!!先日教わった〇秘テクにて予想外に早い結果が出ました。下顎の拡大が必要な成長期あたる中学生の矯正のケースでしたが、戸田君にちょっとしたアドバイスをいただきました。


 おがわ歯科医院では、「なるべく抜歯は回避したい」、これを第一に考えていますので、歯列を拡大してスペースを稼ぐということが必要になることが多いで す。その場合、下であれば「Bi Helix」という装置を使うことがありますが、ちょっとひと工夫してあります。見た目ではわかりませんが。

ISkun1.jpg

 そして1ヶ月後に来院された時の状態です。もう?

ISkun2.jpg

 違いがわかりますか?下の前歯のところにもう隙間が!1か月でこんなに?と僕は思いました。通常の「Bi Helix」だけでは数か月かかっていたはずですが、これはうれしい。何でも「無理なく」早いのはいいね。矯正の調整料金だって毎月かかるわけだから、早 ければ懐にやさしいですもん。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年6月25日

こんにちは。今日は左下6番目のシングル・インプラントのケースです。同部について「歯肉が腫れた。痛みはない」とのことで来院されました。はい、 原因は「失活歯の歯根破折」ですね。抜歯に至る歯固有の問題として一番多いのではないでしょうか(歯周病は歯とその周囲の問題が複合して起こります)?抜 歯後1か月程度お待ちいただいて、オペを行う前の口腔内の状態です。

YAMA1.jpg

 正しいポジションに向かっているか、確認を行ってインプラントの埋入を行いました。

YAMA2.jpg

 埋入後は丁寧に傷を合わせます。大きな傷を作っていないので、腫れなどの強い症状は出ていません。

YAMA3.jpg

 術後のレントゲン写真ですが、欠損部分中央に位置しているのがわかります。

YAMA4.jpg

 2か月後に2次オペを行ったところです。できるだけ角化歯肉を獲得できるように歯槽頂にあった角化歯肉をスライドさせて位置づけます。

YAMA5.jpg


 
そうするときれいな歯肉に治りましたね。これならメインテナンスをする上でこちらも安心です。アンデス・インプラント(笑)?

YAMA666.jpg

 ファイナルの歯が入った様子です。

YAMA7.jpg

YAMA8.jpg

 さてこれからがメインテナンスですから、長いお付き合いになりそうですね。Yさん、がんばっていい状態を保っていきましょうね!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年6月24日

こんにちは。今日はおがわ歯科医院のスタッフのお友達で来院された20代の女性のケースです。まず僕が最初に見た時の状態ですが、腫れているんです。


KITA1.jpg

 これの原因はCTを撮ってあきらかになりました。メタルコアという歯の土台になっている部分が歯根から突き出していました・・・。これって人為的なミスですよね・・・。若いのにお気の毒に、心が痛みます。
こうなると抜歯させていただくしかないんです。抜歯した部分はインプラントでの修復を希望されましたので、周囲組織を傷つけないように抜歯します。

KITA2.jpg


 
 歯肉にくぼみができないように工夫します。そして女性でここにプロビジョナル・レストレーション(仮の歯)が入らないのはありえないことなのですが、かといって両隣の歯を削るのはナンセンスです。そこでこんなんどうでしょう?

KITA3.jpg

 食事はできませんが、見かけは改善できます。お出かけ用に使っていただいてます。

KITA4.jpg


 
 もうちょっと傷が治ったらインプラントの設置ですね。がんばってね、Kさん。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年6月23日

こんにちは。患者さまからのプレゼント!おいしそうなケーキ、しかも手作り、を頂きました。すぐに写真撮って直後には空箱という状態でした。いつもありがとうございますH様。

wao%21.jpg

 ココア味がちょうどしつこくなく、ちゃんと甘さもあって絶妙でした!また食べたいです(笑)。これはスタッフ一同のお願いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年6月22日

こんにちは。いよいよ、左上欠損部分にBuが入って、本当の治療終了がやってきましたね!初診から1年8か月、長かったですねえ。こちらの患者さまは段階を踏んでご紹介させていただいておりますので、重複する写真もあると思います。ではまず初診の状態から。

YRsan666.jpg

YRsan444.jpg

YRsan555.jpg


 ここから色々な苦労を重ねて、ようやくここまでたどり着いたんですよね、Yさん。

YRsan11111.jpg

YRsan222222.jpg

YRsan333333333333.jpg


 これまで長かったのはたしかにそうなんです。ただ、これから先のメインテナンスではこれまでより長いお付き合いになると思います。今後ともよろしくお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年6月21日

ごんにじわぁ。昨日はしゃぎすぎたせいか、みんなこんなんなってま・・・。いちお、顎咬合学会2日目(俺は三日目・・・)がんばるぞぉぉぉ~。


ago12.jpg


 あはは、元気ねぇ~、こいつら(笑)。昨日の最後の写真と比較してみてください。笑えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年6月20日

こんにちは。すみません、いきなり解説を加えるとですね、やましょうとは人形町にあるもつ鍋屋さんです。やましょう鍋が人気でTVで見た方もいらっ しゃるかもしれませんね。今日のメンバーは大学の同窓ばかりで、顎咬合学会に参加したメンバー、仕事後かけつけたメンバーです。


ago1.jpg


 この4人は顎咬合学会に参加したメンバーで、ちなみに右から2番目が私です。そして、


ago2.jpg


 100点の笑顔の方が我らがボス、目黒「KEN DENTAL OFFICE」の山口先生です。右側はもう一人の目黒のKENです。真中はYSGには初参加ですが会津の神尾先生です。みんなまだアルコールが入ってないから緊張してるね、ちょっと。そしてこれが・・・

ago3.jpg


 モツ鍋ね、いつもはやましょう鍋を食べるあなた、初めて見たでしょう?おいしかったよ、これも。オガワも初めてでした。


 でも飲んでいくとこんなになり


ago4.jpg


 こうなって


ago5.jpg


 なぜ?こうなる・・・


ago6.jpg


 店内にある井田万力がなくなるころ・・・

ago7.jpg


 こうなって

ago8.jpg


 こうなったか・・・


ago9.jpg


ago10.jpg


 そんでもって

ago11.jpg


 超、楽しかったね、みんな!!いいねえ、やっぱ、日歯って。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年6月19日

こんにちは。本日19日午後と20日は終日、顎咬合学会出席のため休診となります。患者さま各位、ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解くださいますようお願いいたします。

%E7%94%BB%E5%83%8F%20178.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年6月18日

こんにちは。気がついたらこのブログ、もう400回も書いているんですね~。正しい歯科治療とはこういうもの、ということをお伝えしたくて始めたわけですが、大変だったとは一度も思いませんでした。むしろ楽しかったくらいです。


 さていつも通り日常の仕事について報告していきます。2006年に当院にてインプラント治療をさせていただいた患者さまのメインテナンスです。では、抜歯に至った理由ですが歯根破折でした。その当時のレントゲン写真です。

MZ.bmp


 根の周囲まで破壊が進行しています。ただこの状態で周囲組織を可及的に傷つけないように抜歯をします。インプラント前提の抜歯はインプラントをするドク ターが行うか、歯周病を理解した先生が行うべきですね。そしてインプラントが埋入された状態です。ドクター向けに一言、コレ、初期固定ゼロです。穴の中に 置いただけ、そんな感じなんです。


MZ2.bmp

 本日3年半経過した状態でのレントゲン写真です。

MZ3.bmp

 周囲は骨に満たされた状態で(あくまでレントゲン上の判断にはなりますが)安定しているようです。清掃状態も良好でこちらの心配もない方です。これからも一緒にメインテナンスがんばっていきましょうね。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年6月17日

こんにちは。今日は抜歯のお話です。まずおがわ歯科医院にいらした時の状態から見ていきましょう。

Hsan1111.jpg


 よく見て下さいね。親知らずではないんですよ、その一つ手前の歯なのです。ということは、抜歯をしたあとになんらか歯を作らねばならないわけです。患者 さまは21歳の大学生の男性ですから、今後社会人になって時間が取れなくなってしまうでしょうから、今の時期に完璧に治しておきたいものです。

 歯肉の下で折れている状態だったため、歯肉を剥離させてもらって悪い部分は徹底的に掻爬しました。そして抜歯して縫合が終わったところです。


Hsan22222.jpg


 これであとは歯肉が治癒するのを待って・・・どうしようか?まだご本人の希望が決まってないのでこれからコンサルです。きっとインプラントのできない歯 科医院では、最悪の延長ブリッジを勧められちゃうんだろうなあ。手前の大事な歯を2本も削って5~7年でダメになるというデータのあるブリッジを作 る・・・ナンセンスな気がします。


 インプラントなら万全?そんなことはありません。平均余命と照らし合わせてもこの方、あと60年近くもメインテナンスをしなければならないわけなので、 インプラントを入れたから安心かというとこれまた大変な仕事(60年もたすなんて、という意味)なわけです。安易にインプラントを設置してはならず、最大 限の効果が発揮できるような配慮が絶対に必要なんです。歯科に関する深い理解と知識を持って、総合的に判断できる歯科医院にかからないとおそろしい結果が 起こりうるので注意が必要です。

 不安を煽って(あおって)締めくくるわけにはいきません。ご不安なことなどありましたらおがわ歯科医院にご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年6月16日

こんにちは。今日のインプラントオペの話ですが、右上の歯を抜いてからそのままになっていた患者さまで、左上も同様抜歯して放置しておられたようで す。左側は残念ながら対合歯(この場合左下7)は挺出と歯周病により抜歯せざるをせないこととなり、6までの短縮歯列となりました。
 右側も同じ変化が起きたら困りますし、幸い右下7は位置の変化がなかったので今なら左のように歯を失わずに機能の回復が可能であることを説明し、インプ ラント治療をご希望されました。しかし、レントゲンを見ると残存骨が5~6ミリと思われ、上顎洞底の挙上が必要です。今回は侵襲の少ないソケットリフトに て対応しました。

 では、術前のレントゲン写真からですが、今回はCTを撮っていませんのでおそらくこの辺であろうという部分よりも、若干短めにドリリングするつもりで骨頂をイメージした部分に線を引いています。

ONI1.jpg


 
 そして埋入後のレントゲンです。フィクスチャーの先端周囲に骨補填材が確認できます。術前の予想よりも骨はあったようですね。

ONI2.jpg

 初期固定も充分と思われますので、2~3か月(太田さん、いいよね?)で歯を作るステップに入ります。がんばりましょう、Oさん。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年6月15日

こんにちは。当院では当たり前なんですが、自費のセラミック・インレーの治療はオーダーメイドの個人トレーというものを作ります。その上で型取り (印象)を行っていきますがその意味は、型取り材であるシリコン印象材(寒天+アルギン酸では・・・)などの変形の少ない材質の特性を最大限生かすべく、 さらに変形がなくなるようにシリコン自体の厚みを薄くすることにあります。ですから、ある程度の厚みが個人トレーには必要で、僕の指の力で撓む(たわむ) ようではお話になりません。割って返したこともあります(そんなに力いっぱいやってないよ、宮﨑先生・・・)けど、その辺D-SPECに依頼すればそんな ことはないね、ちゃ~んとした物を安部さんと宮野君が作ってくれます。


 部分的には削ったところが歯肉の淵の部分よりも下にくることもありますが、そんな時は糸巻きですね、圧排糸と言いますが歯肉と歯の隙間に巻いてあげてきちんと隙間を明確にしてから型取りです。これをしない自費治療なんて考えられませんが・・・。


IW1.jpg


 手前と奥の歯との隣接する場所に圧排糸を巻いたところです。数分待ちます。


IW2.jpg


 このように型取りできました。模型を作るにも気泡が混入しないようにラボで石膏をついでもらいます。
とまあ、手間がかかります、とっても。もちろん、歯の色を合わせるための写真なども数枚お撮りして、ラボにメールします。次回が楽しみですね、Iさん。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年6月14日

こんにちは。実はおがわ歯科医院のホームページを作ってから、いつか載せよう、そう思っていたネタがありました。でも、彼らの人気に便乗するようで どうしても気が退けるというか、イヤだったんですね。デビュー当初から人気は出ていましたし、アルバムもシングルも売れまくり、CMソングやドラマの歌と して全国区になりました。
 そのバンドのメンバーの一人の兄貴夫婦とは親しくさせていただいていた関係で、デビュー前に「愛唄」を聞かせてもらったり、これもいただいていたんです。


Greeeen.jpg

 はい、そのバンド名は「GReeeeN」です。たぶん、一般に顔を見せていない彼らですから、サインはほとんどといっていいくらいないはずです。 ずっと隠し持っていたんです。I君(君付けで呼んだことないから不思議なカンジ)、ずっと出していなかったモノ、とうとう公開してしまいました!


 なんで今なん?と言われそうですが、そうそう、「塩、コショウ」が出ましたね!一昨日itunesで買いました。今とある試験の勉強で毎晩2時くらいま で診療室にこもっておりますが、その時コレ聞いて頑張っていますよ!宣伝してもなんもありませんし、そんなこと必要ないくらい彼らは実力があるわけです。 僕はただ一ファンとして聞いているだけですが、詩がグッと来ますね、いいよ、ホント。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年6月13日

こんにちは。今日は歯周病治療で行われる歯周外科処置についてお話します。お若い方(20代後半)なのですがこれまでの歯周病に対する認識が不足し ておられ、深い歯周ポケットを作ってしまったわけです。今日の内容は歯周外科ですのでオペ中の写真も含まれますので、あらかじめご理解ください。苦手な方 は見ないようにしましょうか。

OOsan1.jpg

OOsan2.jpg

 このように6~7ミリの歯周ポケットがありますが、これは歯肉を除けて見るとわかりますが結構重症です。内部はこうです。


OOsan3.jpg


 歯肉を除けるとこんなに歯石が歯肉の中に付着していたんですね。不良肉芽と呼ばれる感染した歯肉を除去してみるともっと見やすいですね。

OOsan4.jpg


 緑の→のところが歯石です。これをすべて取り除きます(デブライドメントといいます)。続いてその歯の歯根の表面処理をしたところです。

OOsan5.jpg

 ここまで「歯と歯の間の骨がない」ケースでは再生療法によって骨を回復させることは不可能です。したがって歯周病の再発のリスクを考えると切除療 法によって(APF)ポケットをなくし、浅い歯肉溝(サルカス)を作る方がいいのですが、審美領域(見える部分)ということもありフラップオペを行いまし た。歯と歯の間の部分はここまで進行した歯周病ですと、どうしても窪んでしまうものです。

OOsan6.jpg

 これであとは歯肉の治癒を待って行きます。お疲れ様でしたOさん。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年6月12日

こんにちは。先日眠っていた下書きブログにもありますが、床型の矯正装置、今回は拡大床という着脱可能な装置です。顎の大きさと歯の大きさで変更可能なのはどっちでしょう?
 歯の大きさは持って生まれたものですから、削ることなしには大きさを変えられないですし、削る量にも決まりがあってそんなに大きくは調整できません。し かし、成長期にあるお子様であれば骨格を拡大して歯を受け入れる受け皿を大きくしてあげて、永久歯の抜歯を回避することが可能となります。


 初診時の口腔内の状態がこんな感じでした。まず上。


SK1.jpg


 上の拡大後がこんな感じですね。


SK3.jpg


 では、術前の下顎はこんな感じ。


SK2.jpg


 そして拡大後がこんな感じ。


SK4.jpg


 まずは抜歯せず、永久歯を並べることから考えましょう。どうしてもプロファイルが気に入らないならば抜歯も「後で」検討しましょう。大事な永久歯を抜い てしまったらもう戻せませんから、まずどうするか迷うケースでは抜歯せずに矯正をスタートさせて、途中で再評価してプランの変更をするかどうか考えればい いんですよ。ご相談ください。T先生、OKでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年6月11日

こんにちは。僕の元気の源、卵です。今日生まれたばかりの卵がこんなに・・・。

%E5%8D%B51.jpg


 いやいやまだまだ・・・

%E5%8D%B52.jpg

 これでいただいた全部。縁あってその日に生まれた新鮮な卵を時々手にする機会に恵まれて、こうしてトレーニング後に一気に飲み・・・干しません (笑)。ロッキーじゃないから。一番好きなのは卵かけごはんだな~。おいしいものはシンプルがいいですよ。知ってます?卵かけごはん専用の醤油があるこ と。知り合いから教わって今はそれを使っています。今日はアローカナはなしです。またいつか食べたいな。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年6月10日

こんにちは。そう、やっとなんですよ、コレを写真に収めるの。長かったな~、ここまで。月廼舎のご主人に勧められて行き出したうなぎ屋さんで「磯屋 さん」というところなのですが、表面の照りと中身のふわっ、がおいしいんです。それで、いつも目の前に出てくるとガっついてしまって、後になって 「アッ・・・」今日も写真撮ってないジャン・・・、を数回繰り返してようやく撮った写真なんです。


%E3%81%86%E3%81%AA%E3%81%8E1.jpg

 写真じゃあ伝わらないかなあ。それと、ドジョウのから揚げ。

%E3%81%A9%E3%81%98%E3%82%87%E3%81%861.jpg

 これも臭みがなくてサクサクでおいしく、酒のつまみにもいいですね。この地区で鰻と言えば「八幡屋さん」が超有名です。なんてったって「特ダネ」 の小倉さんがテレビで言っちゃってるから、週末の食事時なんて並ばなきゃ(予約すれば別)入れないし、ゴルフ帰りの東京の人までいるからねえ。ここで修業 された職人さんが磯屋さんのご主人だそうです。僕の個人的な好みはこちら、磯屋さんですね。もちろん、混んでますから予約して行くのですが、これ以上行き にくくなっても嫌だから大事な人にしか教えないようにしよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

こんにちは。ちょっとちょっと、何コレ?このフレーズ?いくつかの歯科医院のサイトで出てくるのですが、歯周病が一日で治ると本気で先生方は考えて いるのでしょうか?しかも自費治療のようなんですね。まあ、歯周病の病気の進行具合によっては「一回の処置で改善」をすることはありますね。でもさあ、 だったら保険診療の中のスケーリングで充分なんじゃないの?


 重症度が高く、本当に自費治療である再生療法や歯周外科処置が必要な患者さまが、こういう広告を出している先生のところにいらっしゃって、「私の歯周病治りますか?」と言われたらどうされるんですか?こんな状態でもできるんですかね?


P3P4.jpg


 こちらの患者さまがどこでどういう治療を受けてきたのかは、ここでは申し上げませんが昭和50年代生まれのこちらの患者さま、もしかしたら「ワンデーイ ンプラント」のようなことはできるかもしれませんが(この名前は銀座の某先生しか使えないので、のようなと表現しました)、歯周病のワンデートリートメン トは無理でしょう・・・。骨の吸収も進行していて義歯、もしくはインプラント無しには機能の回復は不可能な状態にまでなっていらっしゃいます。


 できないことをあたかもできるように標榜して、症状がなくなったことを「治癒」と偽り、病状を悪化させてはいませんかね?歯周病はとくに「病状と症状は 一致しません」から、こういう事が起こりえますよね。それとも治らないということを知らないのでしょうか?歯周病でお悩みの患者さま、自分には何が必要な のか、しっかり見極めて歯科医院を選びましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年6月 9日

こんにちは。僕が今自分自身で試している床型矯正装置の一つである「Tアライナー」ですが、自分の感触でもかなり変わってきましたし、写真を撮っても違いがわかるようになってきました。


 術前の正面観です。


me1.jpg


 術後3週間です。ちなみにソフトという柔らかい(・・・でも可愛げのない痛みを2日ほど感じましたが)アライナーを1週間装着後、ハードという中間の固さのものを2週間装着したあとの様子となります。

me3.jpg


 並べるとちょっと違うのがわかりませんか?そして、術前の咬合面観です。

me2.jpg


 そして術後の状態。


me4.jpg


 毎日20時間以上の装着が必要なので、肌身離さず持ち歩いています。外食事も濯いでまた装着と苦労はあります。ですが、着脱可能なのでブラケットを装着 するタイプの矯正に比べたら、はるかに楽ですししていても目立たない、これはアリですねえ。ただし、症例を選びます。抜歯ケースや移動が大きいケースには 不向きなんです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年6月 8日

こんにちは。平成20年10月にスポーツジムからボディ・ビルダーのたくさんいる「ビッグ・ベアー・ジム」に移って7か月経過しました。ずっと写真を撮ってなかったのでコーチにお願いして写真を撮ってもらいました。


sooo1.2.jpg


sooo1.3.jpg


sooo1.4.jpg


sooo1.5.jpg


 ってな具合。ボート部でしたから背中が意識しやすく効果が出ているのかな。というか、この日は背中のメニューの日。日本歯科大学漕艇部の現役部員さんの皆さんに参考になるかな?
①ベントオーバーロー:40㌔×10回、50㌔×10、60㌔×10を3セット、そしてクールダウンで50㌔×7、40㌔×6・・・くらいかな。
②フロント・プルダウン:40㌔×10、60㌔×10、80㌔×9、80㌔×6、80㌔×4、そしてクールダウンで60㌔×7、40㌔×6・・・
③チンニング(懸垂ね。腕を120度くらいに開きます):+5㌔で5~7回、+2.5㌔で5~7回、自重で6~8回かな。
④マシン・リアレイズ:36㌔~45.5㌔くらいで適当に6セットくらい(書くのが面倒になってきた。笑)
⑤バック・プレス:20~40㌔で6セットくらい
⑥カール&トライセップス・プレスダウンのスーパーセット:カール25~27.5㌔を10回やったら休まずトライセップス・・・36㌔で10回、を3セット。
⑦腹筋:2種目(レッグ・レイズかアブべンチかアブドミナル・アイソレーターの中から2つ)これは毎回。


 以上がアラフォーの小川の背筋の日のメニューです。重さは自分の成長に合わせて徐々に重くなりますよ、もちろん。今の僕の限界はこんなもんてことです。 週に3回通ってますが、スクワット主体の足の日、ベンチプレス主体の胸の日があるということですね。また面倒にならなければいつか書こうかな。これもま た、ブログネタが尽きた時の非常食にしよう(笑)。
 このトレーニングを9時まで診療した日に行くのです。なかなか時間なくてねえ。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年6月 7日

こんにちは。今日は矯正歯科についてのお話です。矯正歯科といってもやるべきことはたくさんありますので、まずはわかりやすいようにアタマを整理しましょう。
矯正には成長期にアプローチする1期矯正、永久歯が並んでから行なう2期矯正にわかれます。まだ骨格が完成していない成長期に矯正を始めるメリットは、将 来歯の大きさと顎の大きさの不調和が予想されるお子さんの場合に、受け皿となる顎の大きさを大きくしてあげることで抜歯を回避する可能性を大きく高めるこ とです。成長の後押しをしてあげる感じですね。アクチバトール・バイオネーター・などの機能矯正装置を用いて行なうことが多いです。バイオネーターという 装置は上顎と下顎の位置の補正を行なうことが可能で、放置してしまい成人してから矯正を行なえば難症例となっているであろうお子さんを、未然にイージー ケースにすることが可能であると思います。ただし、個々の歯の位置のコントロールまではできませんから、歯の重なり(叢生といいます)や捻転が残る場合は 引き続き2期矯正が必要になります。


PICT0289.JPG


これが上唇の力を排除しながら上顎の横方向への拡大をする装置です。


PICT0603.JPG


これは、舌をもてあそぶ癖のあるお子様で開口(前歯が噛み合わずソバなどが噛み切れない状態)の場合に使用したものです。舌が前方に行かないようにブロックします。


PICT0154.JPG


これは、噛み合わせを持ち上げて、さらに横に拡大する装置で「バイオネーター」と呼びます。この他にも様々なバリエーションがあります。


次に2期矯正についてですが、これはいわゆる「ワイヤーとブラケット」を使用する矯正で、永久歯列が完成する12歳前後から成人までを含みます。歯の表面に「ブラケット」というワイヤーを固定する装置を着けて、ブラケットの溝にワイヤーを通して、ゴムで固定します。


PICT0860.JPGPICT1786.JPG
a>


このようなカンジですね。当院では前歯の部分は透明な装置を使います。金属の装置は奥では使いますが見えるところには使わないですね。一般に細いワイヤー から順に使用して、少し歯の並びが改善したら1サイズ太いワイヤーを、というように交換していきます。歯の並びが整ったらオシマイではなくて、その後はお よそ歯の移動にかかった時間と同じかそれより長くリテーナーという「保定装置」を使用します。これをしっかりやらないと、歯並びが後戻りを起こしやすくな ります。


注:このブログも2008年4月に下書きして放置されていたものです。気づいたのでアップします。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年6月 6日

こんにちは。歯科治療ではやはり「痛いこと」ってできるだけ避けたいですよね?でも、虫歯の治療が遅れそのまま治療を進めれば痛みを伴いますから、 そういう時に痛くないように麻酔をするんですよね。よく「麻酔がイヤだ」という声を聞きますが、麻酔なしではできない治療が必要だから麻酔をするんです。 麻酔が嫌いな方はなるべく事が大きくなる前に受診してほしいなと思います。
それでも、こちらとしては患者さまに(これ以上?)嫌われないように麻酔の時も「表面麻酔」をしますし、極力痛くないようにゆっくり麻酔をしています。なので、どうか治療上必要な場合は麻酔しますが御協力くださいね。お願いします。


さて、今日のテーマ「インプラントの抜歯即時埋入」ですが、インプラントについてお調べの方はご存知かもしれませんが、まずどのようなもので、どのような メリット・デメリットがあるかを理解しましょう。読んで字の如く抜歯をした日にその場でインプラントの設置を行なう手術です。抜歯した日は歯が埋まってい た部分に穴があきますよね?そこからインプラントの設置をするので歯肉を傷付けることなくオペができるわけです。「痛み」はほとんどないです。これが最大 のメリットです。
デメリットは肉眼で抜歯した部分の骨の状態を確認できないこと(する方法もあります)と、感染の除去が完全に行えたか確認できないことです。インプラン ト、特に審美領域において抜歯即時埋入のオペをする場合、大事な事は「頬側に皮質骨が残っていること」なんですが、それを正しく判断し適応症を見極めない とうまくいきません。抜歯即時埋入インプラントは、JIADS(ジアズ)では頬側の骨がしっかり残っていなければ、治療結果を受け入れられても最高の状態 とは呼べないものとなるだろうと考えられています。要するに術者に求められることは、「適応症を正しく判断し、手術法を選択すること」ではないかと思いま す。


 では、症例ですが、出血している写真などもあるのでお嫌いな方は飛ばして下さい。これは左右の3番(犬歯を3番と言います)を支えに入れておいた仮の歯 を外した状態です。この4本の歯は歯周病で保存ができない状態でした。実は噛み合わないようにして「エクストルージョン」というテクニックも併用していま す。

PICT0935.JPG


2112という4本の抜歯を行ないインプラントの埋入場所角度をチェックします。


PICT0937.JPG


 問題がないので埋入しました。


PICT0939.JPG


 埋入部位の頬側の隙間には骨補填材という骨の材料(この時はβ‐TCP)を入れて、頬側の骨が痩せてしまうのを防ぎます。また、抜歯してインプラントを 設置しない中央の2カ所は、同じく頬側の骨が痩せないようにリッジ・プリザベーション(抜歯をすると歯槽骨という歯を支えている骨が、頬側からだんだん痩 せていきます。それを防ぐための方法をリッジ・プリザベーションといいます。骨補填材などを歯を抜いたくぼみに入れて骨の形の維持を狙います)という処置 をします。


PICT0943.JPG


 その後、覆うように吸収性の材料を置いて6-0の縫合糸を用いて縫合します。その3ヶ月後にインプラントから立ち上がる仮歯を入れた状態です。この時は 左右の33もグラグラで抜歯(術前の計画通りで、患者さまにはすべて了解をもらっています)しました。この仮歯がはいるまでなんとか33にがんばっても らっていたわけですね。


PICT0422.JPG


このように、歯が抜けた状態で患者さまをお帰ししないこともできます。もちろん、初診でいらしていきなり「なんとか今日中に仮の歯を入れてくれ」と言われ ても、それは無理な場合があります。歯が一本だけかけちゃったとか、作った歯がはずれたというものならばなんとかできますが、大がかりなものはいろいろ準 備をしたうえでできることですからね。

注:このブログは2008年4月に下書きをしておいてそのままになっていたものです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年6月 5日

こんにちは。今日は左下5部分の抜歯即時インプラント埋入のケースです。これまで多少動揺がありましたが痛みもなく、プラークコントロールも良好 だったためメインテナンスしてきましたが、いよいよ動揺が激しくなり抜歯することになりました。周囲の感染もなく骨の幅も充分なので、抜歯即時インプラン ト埋入を計画しました。


MHsan1.jpg


 抜歯をしてみたら歯がこんな状態に・・・。アブフラクションといいますが、力によって揺さぶられた結果生じると言われています。削れていますでしょ?歯 の頭の部分は力の影響で動こうとします。一方、根の部分は骨に支えられていて動かないように抵抗します。その境目に応力が集中してこのように形態的な変化 がでるようです。一般には頬側にできることが多いですが、こちらの患者さまは舌側にできていました。


MHsan2.jpg


 抜歯してインプラントを埋入したところです。歯肉の切開もしていないので、術後の痛みや腫れはほとんどないですね。


MHsan3.jpg


 初期固定も良好だったので2か月~3か月待ってもらったら歯が入りますからね。お疲れ様です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年6月 4日

こんにちは。今日はお勉強の話じゃありません。ゴールデンウィークに仲良しの後輩がタイに旅行に行って来そうで(いろいろあってキャンセルが続いて た時期)、そのおみやげにもらったTシャツです。・・・アホでしょう?後輩のS君、愛すべき馬鹿野郎といったとこでしょうか?いつもありがとう!
 一つだけ解説しておくと7インチは17.7センチ・・・ご立派!!!


7777.jpg


 iphoneで撮影したから画像がいつもより荒いかな?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年6月 3日

こんばんは。今日はJIADSで浦野先生がいらしゃってお話があるはずでしたが、診療が終わるのが遅くなってしまい(アポイントの調整をするのを忘 れただけです・・・)、7時のJIADSのスタートには間に合わないだろうと思いまして、いつもお世話になっている日本橋蠣殻町にある『D-SPEC』に 寄って模型を渡して。打ち合わせをして・・・ってやっていたらあっという間に9時でして・・・。

 ちなみにD-SPECが混んでしまって自分の技工物が納期が延びたりしたら困るので、ホントは教えたくないんですが今回だけ、電話は 03-3664-2187、〒103-0014東京都中央区日本橋蠣殻町1-39-1です。今のラボでみんな満足してください、充分ですから、それで。も し、依頼する場合はダメ出しがあることをお忘れなく。いいものは作ってくれますが我々に対するチェックも厳しいですよ!!!


 では、職人を紹介します。


DS2.jpg


 彼が安部さん、マイクロスコープを覗きながらいい仕事をします。今は僕のパーマネント・トラベラーの患者さまのワックスアップをしてもらっているところです。Iさん、見てる?こうやってIさんの歯は作っているんですよ。


 そして職人2人目!奥が宮野さんです。彼もD-SPECに入社して2年以上経ちましたかね???まじめで優しい青年(アラフォーから見たら青年ですね、 失礼宮野君)です。今、僕の「兄貴」のところで矯正治療をしていますが、術前の状態を見たらすごいうまくいってますね!大変だけどがんばって矯正し切ろう ね!担当医は「KEN DENTAL OFFICE」の山口先生です。


DS3.jpg


 そして最後にみんなでパチッ!


DS4.jpg


 真中が私、左が安部さん、右が宮野さんです。おがわ歯科医院の技工物(セラミックやインプラントなどの自費治療分のみ)はこの3人が作っています。今後ともおがわ歯科医院、及びD-SPECをよろしくお願いします。マジでやります!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年6月 2日

こんにちは。今日は三十代女性の前から5番目の歯のインプラント治療の一部抜粋。見える場所でもあり機能的な回復だけではなく審美性も大事な場所。 いいポジションに埋入して充分な量の軟組織(結合組織)に支えられきれいな歯肉形態ができました。ちなみに複雑な骨の移植や結合組織の移植はしていません ので、複雑なオペはしていませんし、オペも2回法ですから2回だけ。まあ、見えないような場所は1回法の方が楽ですもんね、そうすることもあります。


SHIO1.jpg


 秋津の三上先生、今朝はブログの誤字のご指摘ありがとうございます。放送コードぎりぎりの活字が先日のブログに含まれていました、アブナイ・・・。感謝です。コレ、OKいただけますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年6月 1日

こんにちは。今日のケースは右下6のシングルインプラントのプロビジョナルが入った報告なんですが、実はこちらの患者さま年末の12月に左上の ちょっと難しいインプラントのオペだったんですね。患者さまが「無理のないようにでいいのですが、できれば年内にオペをしてほしいんです。今年は運気がい いので。」とおっしゃっていたんですね。
 たまたま、僕もそう(運気が強かった)だったので「僕もそうなんです。では、今年中にオペしましょう」ということになって、いつもなら簡単なオペから進 めるのですが、順序を変えて左上のGBR&ソケットリフト同時埋入を行いました。オペ自体はうまくいって、現在「インテグレーション待ち」の状態ですが、 これまで2回レントゲンの確認をしましたが、感染を疑うような異常所見はありません。良好です。


 後日、なんで運気がいいと言っていたんだろう?と気になって、ちょっと本を開いてみてびっくり。僕と同じ「火星人プラス」だったんですね。それを患者さ まご本人にも話して、「運を味方にしましたね、僕たち!」と笑ったわけです。なんにせよ、すべてがうまく運んでよかった、よかった。


 では、今回は右下奥のインプラント治療の術前とい術後(途中ですけど・・・)の報告ですね。


Hsan0.5.jpg


Hsan0.7.jpg


 顎の骨の幅も細めで、MGJという頬粘膜と歯肉の境目もかなり上の方にありますね。この状態でインプラントの設置だけしたら清掃がしにくくインプラント周囲炎になってしまう可能性があります。そこはうまくやりましょう。


Hsan1.jpg


Hsan2.jpg


 これで右下の噛み合わせが確保されました。これでいよいよ頑張った左上を進められますね・・・。あ、今年は無理なさらないとのことでしたね。お疲れ様です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2009年5月 | メイン | 2009年7月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医