«  2009年8月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2009年8月31日

こんにちは。趣味?そうです、実は車好きでして、たまにこういうこともするんですよ。つなぎも着てないですし、たまたま遊びに行った先にこういうイベントがあってね。遊んじゃいました。行ってきま~す!

kt0.5.jpg

 そうです。カートです。解説を簡単にしますと、1周700メートルでアップダウンなし、ホームストレートが200メーター弱でしょうか、その後左 の複合コーナーにアクセル我慢で突っ込みます。ズルズルいいながらクリアすると鬼門の3コーナー左ヘアピン、続いて右ヘアピン、その後右、左を全開で抜け ると左ヘアピン、右ヘアピンです。その後右、左をリズムよくこなしながらパーシャルで開けて行き、最終コーナーを膨らみすぎず踏んで行くと、はい、1周と いうコースです。ほら、あくまでカートコースだから、タイトですよ!

 本日のベストラップに40.57秒とあります。しかも男性45秒、女性48秒が目標タイムです!とか書かれているんですよ。ちょっとぉ~、萌 え・・・違う、燃えちゃうじゃないですか~!20代前半のころは〇都高速環状線のタイムアタックをしていましたから(5分〇〇秒・・・)、いやいや負けた くないですね!・・・不適切???

kt1.jpg

この日、2回アタックしてココを仕切っているオーナーに「見本見せてもらえると、もっとタイムが伸びるかなあ!見たいなあ!」なんてお願いしてみる と、お願いしてみるもんですね!見せてくれました、コツとやらを。なんと39.04秒というタイムを刻んで帰って来ましたよ・・・。マジじゃん。でも盗む ことはたくさんあったので吸収すべく色々考えて次にの日に再度トライしに来ました(笑)。

kt2.jpg

でも42.06までしかタイムが縮みませんでした・・・。悔しい・・・。マジ、悔しい。カート買っちゃおうかな?!なんかまた、太さんと走りたくなっちゃいました(笑)。レン・シュポルトはまだ勝負できるほど乗り込んでませんが、こういうので遊びませんか???

ちなみにタイム表ね。会津のK先生!行ってみて!マジ、楽しいから。

kt3.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年8月30日

ぶたれたことないのに。

g1.jpg

G3.jpg

 有名なフレーズですね。我々アラフォー世代は小学校が終わったら、ガンプラ求めて走ったものです。1/144量産ザクがちょうどなくてね、駆けず り回っていたのを思い出しました。あと、ドムの足をジオングに付けたりしませんでした?わかんねーか、今のガンダム世代には・・・。だって、今のガンダム はガンダムじゃねーし。そう思ってる37歳でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年8月29日

こんにちは。左下5の抜歯即時インプラント埋入のケースをご紹介します。まず抜歯後の状態から見ていきましょう。

mtmz1.jpg

 抜歯してその場所にインプラントを埋入していきますが、新たに歯肉を切開したり、骨を削ったりする必要がないため、痛みは皆無(ほぼ、ですよ。痛がりの人は何しても痛いって言いますから(笑))です。


mtmz2.jpg

 定位置にインプラントが埋入された様子です。そして3ヶ月後の状態ですが、ファイナル・レストレーションがこのように。


mtmz3.jpg

 一般の方ならば、どれだかわからないくらいにはできあがっていませんか?ちなみに、その奥は?とお思いでしょ?上の歯がインプラントを固定源とした総義歯なんですね。だから短縮歯列で終わっています。患者さまはご不自由を訴えておりませんので。


mtmz4.jpg

 おがわ歯科医院ではきれいに仕上げて「なんぼ」と考えます(手前のCR充填はこれからね・・・)。早ければいい、安ければいい、牛丼じゃないんだから、そんなの論外。体の一部となるインプラント。しっかりいい仕事しますよ!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年8月28日

こんにちは。先日納品されたセレックというセラミック削り出しの機械ですが、慣れるように毎日触っています。患者さまのセラミックを作りつつ、模型 をスキャニングして(これがなかなか難しい・・・)コンピューター上で制作するセラミックの設計です。「慣れれば15分もあればできすよ」と戸田先生も 言ってましたが、早くそうならないといけません。今度はインプラントの上部構造がねじの緩みから、どうしても撤去せざるを得ずセレックの出番となります。
 

 今日はそんな日常のセレックでの製作画面を紹介します。

serec1.jpg

serec2.jpg

235354457535.jpg

 こんなふうに、画面上どんな角度にも動かして適合状態などを確認できるんです。最初はだいぶイライラしましたが、正しくスキャンできればそんなにイライラしませんね。むしろ楽しいです。先着10名の方のみ33%OFFでお引き受けします。早い者勝ち!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年8月27日

こんにちは。これって矯正なのかな?たとえば一番奥の歯がなくなったらどうしましょうか?義歯?インプラント?延長ブリッジ?歯牙移植?選択肢はい ろいろありますよね。今回は一つ奥にある「親知らず」を利用する方法を患者さまが選択されました。おっと、左上7が抜歯に至った経緯ですが、二次的に虫歯 ができてしまい抜歯になったのですね。


 抜歯も困難でした。パキッって割れてくるし。なんとか抜歯を終えて歯肉の治癒を待ちました。そうすると引っ張り出そうと思っていた親知らずがすこ~し顔を出してくれています。

888.jpg

 矢印のところ、歯っぽい物が見えませんか?これが親知らずです。これを動かすのですが大がかりな矯正装置を付けるのはイヤだとのオーダーなんで、矯正用のインプラントを用いて移動を行うことにしました。設置は抜歯より簡単!5分で終わり。

8881.jpg
   

 矢印のところに2つ突起が見えますでしょ?これが矯正用インプラントです。直径1ミリちょっと、長さは10~13ミリくらいの小さなもの。これを固定源に親知らずを引っ張ってきます。設置してから負荷をかけるまで少し待ちましょう。そして安定してから一気にGO!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年8月26日

こんにちは。メインテナンスでいらした患者さまです。さてどれがインプラントだかわかりますか?

ar1.jpg


 天然の歯と違うのは・・・。周囲とちょっと違うのは・・・。ど~れだ?ヒント。レントゲンをどうぞ。


arr.bmp


 大きい歯と小さい歯の間にインプラントが埋入されていますね。わかりますか?正解はココ!


ar2.jpg

 違いは「きれいすぎ」ませんか?周囲に合わせてセラミックにあえて着色を入れたり(ステインを入れるといいます)、ヒビのような線を入れたりもで きます。なんでも言ってください。ただしセレックではそこまでの再現はできません。D‐SPECの安部さんの力を借りないとね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年8月25日

こんにちは。矯正歯科治療が終了するとほとんどのケースでリテーナーという「歯並びの後戻りを防ぐ装置」を装着します。着脱式の物もあれば前歯の裏側に接着させておくものまでいろいろあると思います。当院でもいろんな色の物をお作りしますが、こんなのどうです?

20090505014723.jpg

 せっかくがんばってきれいな歯並びを手に入れたんだから、このくらいハメを外してみたら???

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年8月24日

こんにちは。なぜこのブログが「お知らせ」なのか???この写真を見ればわかるはずです。これは公園にある子供向けの「小さな電車」ですよ、念のため。

hsnm1.jpg

 早そうだし、どこ走ってんだよ!って思いませんか?僕は千葉在住まだ7年足らずなので知らないことが多いだけかもしれませんが、これはどう考えても「大人のいたずら」ですよね(笑)、いい意味で。こんなの見たことない。

hsnm2.jpg

 大人が乗っても興奮しました(笑)。これは子供が乗ったら楽しくてたまらないでしょうね!ご存じない方はおススメです!というお知らせ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年8月23日

こんにちは。22日の土曜日はここおゆみ野の隣の街であるちはら台でお祭りがあって、ちはら台に住む和菓子屋のご主人に誘われて花火を見ながらビー ルを飲んできました。まさかこんなに?というくらいの人がいてびっくりしました。もっとこじんまりしたお祭りを想像していたものですから。2万人くらい人 がいたらしいです、あの場所(伝えにくい・・・)に。その時に上がった花火の写真です。iphoneで撮影したのでピンボケのものもありますが。

fw1.jpg

fw2.jpg

fw3.jpg

fw4.jpg

fw5.jpg

fw6.jpg

 伝わらないですよね、臨場感が。ちなみに先日の「ひつまぶし」を食べに行った八幡屋さんの近くの公園ですね。ちょっとオペやらセレックでの疲れが出ており、当日にアップできませんでした・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年8月22日

こんにちは。スカイツリーってわかります?東京タワーに代わる新しい電波塔。今現在でも105メートルまで出来上がっているようですね。完成が 600メートルだから、まだ小さく感じますけど100メーターの建物って千葉じゃないですからね、土地あるし(笑)横に伸ばせばいいわけだし。

http://www.tokyo-skytree.jp/


 友人が携帯で写真を送ってくれました。

IMG_0253.JPG

 完成が待ち遠しいですが、その前に我が家の「アナログ」って右上に出ているTV・・・なんとかせねば。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年8月21日

こんにちは。さて第一弾の新しいメカである「ellmanの電気メス」ですが、見学にいらした先生には目の前のヤオコーでお肉を買ってきてもらって 「試し切り」してもらいます。みな、一様に「おー!!!」だの、「すげー!!!」といった歓声をあげられます。ご興味のある先生方はどうぞ見に来て下さ い。

 さて、今日はその第二弾ですが「セレック」です。物を作る時に削り出す方法がありますよね。たとえば、アルミブロックを削り出して車のタイヤのホ イールを作るとか、シルバーの塊を削り出してジュエリーにしたクロムハ―ツだったりね。それと同じことを歯科に応用した機械がセレックなんです。
 要領はですね、患者さまの歯を削ったらその状態をセレックのカメラでスキャンします。CAD/CAMですね。それを我々がコンピューターで処理して、待つこと10分(大きさや複雑さで多少前後しますよ)、仕上げの歯ができてくるわけです!!!

 やはり機械はちゃんと説明を聞かないと使えませんからね。レクチャーの様子から。

IMG_1718.jpg

 ちなみにOSはVISTAでした。フリーズしたりしたら、セキュリティで・・・なんてこと起きませんか・・・?このエンデバー(今ブログを書いて いるPC)も少々そういった問題があったりしますからね。後輩のO君に「小川さ~ん、だから言ったじゃないですか~」って言われそうだけど、何がいけない か知りたかったんだよねえ、天の邪鬼だからさ、俺。


IMG_1721.jpg

IMG_1719.jpg

 こっちが「ミリングマシーン」と言って実際にセラミックブロックを削り出しする機械です。どアップです。

IMG_1720.jpg

 どうしても、熱の発生の問題などから注水(水をかけながら)して作業を行うので見にくいですね。いずれ内覧会をやろうかと思っていますが、それまでに「ガラコ」しておきますね(笑)。

 そして、最後にセレックのユーザーである戸田先生に事前情報を頂きつつ、水川先生は今後おがわ歯科医院にセレックで作る技工物を出す上で話を聞いておきたい、ということでまた集まりました、この3人。

IMG_1723.jpg


 さて、新しいメカその3も予定していますが、なんでしょう?お楽しみに!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年8月20日

こんにちは。男として生まれたからには、こうでありたいよね。

lion.jpg

 そう、ライオンね。野生のライオンはいつもシマウマを倒して食べていたりするイメージありませんか?困ることなく食事が与えられるのは動物園のラ イオンだけ(それでも毎日の食事は野生から考えると多すぎるため、数日に一度らしい)。実は彼らの狩りは命がけであり、相手が大きな動物では逆襲をされる こともあると聞きます。狩りの成功率は20%で4日に1回しか食事にありつけない。

 いつも「マジ」に生きていてもそうなんです。では自分はどうだろう、一瞬一瞬「マジ」にやっているか?どこかで楽をしていないだろうか?手を抜い ていないだろうか?世界に羽ばたく石川遼君がこんな事を言っています。「自分は弱い人間だから、今日はいいやと言い訳をしたらまた次もそういう甘えが出 る。だから毎日続けるんです」と。これは世界に向けてという自分の明確な目標を持っているから、英語を毎日の通学の2時間の間に行うことへのインタビュー への答えだったかなと思います。

 僕もこの若者からエネルギーをもらった気がします。僕の持論ですが「昨日の自分を信じない。なぜなら、昨日よりも進歩があるはずだから、昨日の自 分は今日の自分以下であるから。」そうなっていなければいけないと、常に自分を追い込んできました。はたして、それはどういったレベルでの話なのか?

 こういったことを考える休暇でした。まだまだ、俺は小さいな。年はとっているけどまだこっちかな?

lion2.jpg

 え?こんなにかわいくはない?でしょうね(笑)。檻の中の・・・、まだガキ・・・そういう意味です。こうでありたい、そう百獣の王ね、当然。それも海千山千のね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年8月19日

・・・波!!!

kame1.jpg

 ん?見えない?じゃ、波!!!!!


kame2.jpg

 問題。ここはど~こだ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年8月18日

こんにちは。先日受験しました「日本顎咬合学会」の噛み合わせ認定医試験、結果が出るまで1ヵ月半に及ぶ放置プレー(不適切な表現?)を経て、合格 通知が届きました。これで今のところ「国際インプラント学会(DGZI)インプラント認定医」に加え「日本顎咬合学会認定医」を取得しました。


 まあ、ただ「肩書き」が仕事をするわけではありませんが、前向きであるかどうかの指標とされる患者さまもおられるようですから、一つの目安にはなるのでしょうか。

 インプラントの認定医がインプラントオペを行ない、噛み合わせ認定医が補綴(かぶせ物を作ること)を行えば理想的な「インプラント補綴」が可能だと思いますが、おがわ歯科医院では私が一人で責任を持って、その両方を行うことができます。

 インプラントでお悩みの方、噛み合わせでお悩みの方、両方同時に解決したい方、ぜひご相談ください。お力になれると思います!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年8月17日

こんにちは。夏期休暇中は那須におりました。夜はエアコンなしで眠れるくらい涼しかったですが、昼間は普通に暑い日が続きました。さてそんな中、何 も考えずに車で流しているとやけに警察官が多いのです。普段からシートベルトもしていますし、スピードも安全な範囲ですし、けして「苦手なモノ」ではあり ませんが(K先生とM先生、笑ったね?)ちょっと気になります。


 車を止めて周囲の様子を確認すると「国旗」を持って列をなす人々。これはもしや?皇室関係者の那須御用邸入り?と思って警察官のいる場所に車を止めま す。すると「皇太子さまがお見えになるので、車両は通行止めになります」とのことで、すぐに車を移動しないと身動きが取れなくなるようです。


 車を移動可能な、駐車禁止以外の場所に停めて「見てもいい」という場所に並んで立っていると、盗み聞きしたわけじゃないですが警察官の無線から「あと3分くらいで目の前を通過する」ということがわかりました。まずは周囲の写真から押さえておこう。

masa1.jpg

 お名前は伺いませんでしたが、警備に当たっていた左に写っている方、とても優しく「このへんだったら大丈夫ですよ~」とか「ここからは出ないでく ださいね~」と、屈強な肉体からは想像しにくいやさしい声で(笑)誘導してくれました。ありがとうございました、そしてお疲れ様です。そして・・・

masa2.jpg

 いよいよやってきました。二代目のミニバンだそうです。シャッターチャンスは一回のみ、そして一瞬です!!!


masa3.jpg

 なんとか雅子さまだということはわかる写真が撮れましたが、やはり微笑んでいらっしゃる。公務、頑張っておられるんだなと、感じるとともにパワーをいただきました。俺もがんばれ!ってね。だって雅子さまの周囲には後光が射して見えましたからね。

 先日年長さん(6歳2か月)になる僕の子供に「天皇って何?」と聞かれた時にこう答えました。「天皇陛下は日本の代表で世界の人たちに日本を知っ てもらうためのお仕事をたくさんしているの。天皇陛下は辞めたくても辞められないし、他の人が代りをやりたくてもできないの。とっても特別なお仕事なんだ よ。」と話したら「ふ~ん」と言われました。何か他に良いお答をお持ちの方いらっしゃいませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年8月16日

こんにちは。前にも書いたかもしれませんが、フェルールの話です。治療とは本来、歯が何の問題もなく口腔内に存在しているのと同じ環境にしてあげることですが、歯肉の下まで虫歯になっていたり侵襲が大きかったケースではなかなかそう治すのは難しいこともあります。

 今回のお話のケースではコンポジット・レジンを用いて簡易的に壁を作って、根管治療に必要なラバーダムをかけて行いました。その後『歯肉の高さまでしか歯が残っていない場合』はどうするんだ?という疑問の、一つの答えになるかと思います。

 まあ、いつもやっている「エクストルージョン」です。歯肉の上まで歯を引っ張り出してあげて、歯肉の上に健全な歯の部分を確保する、つまりフェルールを確保してあげてから歯冠修復をしてあげれば、可能な限り自然の状態の歯と同じ環境を作ってあげたことになります。

 では、エンド後の状態から見ていきましょう。

Hsan11111111111122222222.jpg

Hsan1213145665789465.jpg

 これは見せかけの壁なので、利用して歯を作ることはできないんですね。CR(コンポジット・レジン)で作った壁を撤去して歯の移動を開始します。

Hsan3.jpg
  


 どうなっているかわかりにくいでしょ?もちろんなるべく目立たないように工夫はしてあります。裏から見るとこんなカンジですね。

Hsan4.jpg
   


 両側の歯に接着させた装置で引っ張り上げる様子ですね。だいたい1か月半くらいで移動は終了かな。しっかり治しますから一緒に頑張りましょうね、Hさん。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年8月15日

こんにちは。大きな銀杏(いちょう)の葉を娘が見つけて僕にくれました。いや、ホントおっきいね!

happa.jpg

 小さい500円玉選んで横に置いたわけじゃないよ(笑)。ありがとね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年8月14日

こんにちは。FKO、エフケーオー?いやいや、なんでだろう、エフカーオーって読むんです、変ですよね。これって何する道具かって言うと、横顔のレ ントゲンを撮って「下顎が頭に対して後方にある」場合にですね、まだ成長の要素が残っている成長期の子、特に下顎骨は背が伸びるころに大きくなるので、そ の頃に下顎を前方に成長させる装置ですね。

FKO.jpg

 こういうものです。装着した写真が、すみません、筒井塾の講義のスライドになってしまいますが、こうなります。

FKO2.jpg

 このスライドでは、外側に来る針金が歯に着いたブラケットの溝(スロットといいます)に収まるようになっていて、しっかり上の前歯の根の位置のコ ントロールができるようになっています(これは症例によって選択するようになります)。こういう努力を重ねることで「永久歯の抜歯」を回避できる可能性を 高くします。

 大人になってから本人が気にしたら矯正させればいいかな、ではお子さんが困ります。成長の要素を利用できないのは本当にもったいないことなんです。成長を考慮に入れたらできれば12歳くらいまでにはご相談いただけたらなと思っています。
 しかし、成人であっても矯正はもちろん可能ですから、手遅れ!っていうことはないんですよ、いつでもご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年8月13日

こんにちは。おがわ歯科医院 ちばみなみ歯周病・インプラントセンターの夏期休暇についてお知らせいたします。アサパルというものに誤った休暇期間 が掲載されております。これは、私の確認ミスでして・・・。学会等で時間がなく確認を怠ったため、ご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。
 

 夏期休暇期間は8月14日~8月18日となります。休み近くに外科処置をさせていただきました一部の患者さまには、私の携帯電話の番号をお伝えし ていると思いますが、一応圏外にはならない場所におりますので、緊急の際はまず私にお電話いただけたらと思います。フォローできる施設をお伝えします。

 知り合いのお店の売り物です。Fはやはりこの時代まででしょう。今のは、プラ〇デルみたいに感じちゃいます・・・。早いのは認めますけど・・・。

FE.jpg

 こういうので、夜風を感じてみたいですね~。ちなみにコレ屋根取れます。GTSだからね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年8月12日

こんにちは。連日になりますが筒井塾ネタです。3月から通っているのですが、なぜか今頃(?)懇親会をやります、ということで参加してきました。

 咬合と矯正歯科って関わりがとても深いのに、これを絡めて語られることが今まで受講した矯正セミナーではなかったので、どうにも理解できずにいま した。それを筒井先生は顆頭の位置ありきではなく、顎関節や咀嚼筋のリラックスできるポジションを基準にかみ合わせの位置を決めていくということをお話に なり、とてもすっきりしました。もちろん、明日からできるというものではないのですが、とりあえず出口が見えたようなスッキリさを感じました。筒井先生、 筒井歯科のスタッフの先生方、インストラクターの先生方、どうもありがとうございます。

 ではまず、筒井照子先生と僕。お忙しい中、快く写真撮影に応じていただきました。

tutui4.jpg

 そして「筒井塾修復的歯牙移動コース」に参加した日本歯科大学グループのみんなと。あれ、一名いませんね・・・帰ったね?そうそう、筒井先生はこの時、僕たちに熱くご自身の歯科道を語ってくれていたのですが、カメラさん(誰だったかな?)、タイミング良くないよぉ~。

tutui1.jpg

 筒井先生が女性ですから、やはり他のセミナーに比べると参加者に女性が多かった気がします。受講生の皆様と。

tutui7.jpg

 僕がいるA班担当のインストラクターの森田先生と。実は日本歯科大学の先輩でした。しかも大将の同級生だったとは・・・。忘れ物が多くてスミマセン・・・。

tutui5.jpg

 筒井歯科医院の廣田先生と。実習のデモもなさいますが、説明がわかりやすいです。それに加えて、セミナー中の筒井先生の無茶振り「あの、メガネの 男の子の写真でる?」・・・、「えっ・・わかんねーだろ、それじゃ」と受講生の僕は思うのですが、廣田先生と山崎先生は把握していて、出てくるんですよ、 スライドが!!!

tutui6.jpg

 二人ともいい笑顔ですね。皆様、9月の一回で終了となりますが、よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年8月11日

こんにちは。私が今勉強させていただいている「筒井塾」ですが、明確なコンセプトといいますか背骨の部分があります。それはこれです。

tutui2.jpg

 その通りですよね、なぜ壊れた(歯や噛み合わせなど)のかを考えずに治療に入って、原因の除去・解決ができていなければ、壊したリスクファクター が残っているわけですから、また壊れます。これはインプラントでもそう、ブリッジであってもそう、噛み合わせについてもそうなんです。
 また、患者さまが今「崩壊の過程にあるのか」、または「治癒の過程にあるのか」を考えることも大切です。何か術者が手を加えたとして「改善傾向」を認め ることができれば、術者の行った治療行為が正しかったと考えていいだろうし、メインテナンス期間の中でもなんらかの原因によって落ち着いていたものが「崩 壊の過程」に入り込むことがあります。そういう「崩壊の過程に」入り込んでいる場合は、ただちに原因を探り「治癒の過程」に戻してあげなければなりません からね。

 そうそう、おがわ歯科医院でも矯正治療を行いますが、やってはならないことを常に意識しながら行っています。意識していてもこうなってしまうことがあり、その場合は別の手段を考慮したりします。

tutui3.jpg

 こうなってきたら、「崩壊の過程」に入り込んでいるわけですから、危険と判断します。矯正治療上こうしなければならないケース、例えば上下の前歯 が出ているいわゆる「上下とも出っ歯」でありしかも咬合力が大きくて、しかも患者さまの審美的な要望から抜歯が必要だが余計にFMAが小さくなっていく (噛みこみが深くなること)であろうという患者さまは、おがわ歯科医院では治療が非常に困難であるため「矯正歯科専門」のクリニックをご紹介させていただ きます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年8月10日

こんにちは。今日ご紹介する矯正治療の写真を使って、昨日はあーだ、こーだ、言いたかったのですが、つい別の部分に力が入ってしまって・・・。

そうそう、ではさっそく矯正治療開始時の写真から見ていきましょう。

owk1.jpg

owk2.jpg

 これが装着時です。今年の5月11日。それほどひどい叢生(ガチャガチャの歯並び)ではありませんが(ひどい?)、2か月経過して上がある程度整ってきて、下の矯正治療を開始した状態がこれです。


owk3.jpg

owk4.jpg

owk5.jpg

 このペースで動いていくのであれば、わざわざ新しいシステムを入れるのはバカバカしいかなと思いまして・・・。もっと叢生がひどくて、思うように動かなければ「コルトコトミー」を用いればいいわけですから。

  ところで、いい色ってなんでかわかる人が日本に5人いるはず!わかる人がわかればいい話なので、引っ張ってもね。はい、おしまい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年8月 9日

こんにちは。やっぱりデーモンは必要ないかな、当院には。またそれかい、って?だってそう思います。結果が出るものでね。矯正で言えば「デーモンシ ステム」、インプラントで言えば「グラフトレスコンセプト」、歯周病で言えば「非外科」これってすべて「メーカーやある一部の先生主導」のコンセプトをそ のまま一般の歯科医師側が受け入れてしまって、鵜呑みにしているような気がします。

 デーモン使えばそれで万全かというと、それは違う。咬頭嵌合位とRPが一致しているのか、大臼歯という奥歯のポジションを何を基準に考えるのか、 それがもっとも大事なことだと思います。次いでそれをどう「動かさないか」が大事です。その判断は・・・企業秘密ですから来院されてご相談された患者さま だけにはお話しますけど。でもこれらは筒井塾(すみません、誤解のないように、筒井先生はデーモン批判はされていませんよ)に参加することでとてもよく理 解できました。霧が晴れたような気持ちです。

 
 そう、グラフトレスってことは、骨のある場所にインプラントを設置するわけですから当然「傾斜」してインプラントを設置することがあるわけです。我々が 歯科臨床を行う際に「この歯は斜めに向いているから、矯正しましょう」とか「矯正しないなら長持ちしないから、いずれは抜歯なるでしょう」」などとこれま で言ってきたのではありませんか?それがインプラントだったら「傾斜」していていいのですか?あまり「エビデンス(医学的根拠)」の乏しい方法に踊らされ るのは・・・いかがなものでしょうか???ノーベ〇社の独占に近い状況だった状況が、他メーカーが売上を伸ばしてきたためそういう部分で生き残ることに なった会社の方針は否定しませんが、それに乗っかった先生の治療を受けた患者さまが10年後~20年後にどうなっているのかを考えると心配です。

 やべーかな、こんなこと書いて。僕・・・???

 最後に歯周病。外科すればOK、と言うつもりはありません。必要ない患者さまに無用の苦痛を与えることは本意ではありませんから。でも「本当は歯 周外科が必要だけれども、患者がイヤだって言うし・・・」で外科をためらうのは、「財源のわからない減税」とか、「子育て支援給付金(正確な名前はわすれ た・・・)」などと同じような、人気取りマニフェストと同じでしょう!
 これは再生療法でリエントリーしないことも同じですよね。骨がどの部分がどの程度再生していくか、これは生体しかわからないことで、コントロールできな いことです。つまり「デコボコ」に骨が増えていって、それの「トリミング」をしないわけですから歯周病によってできた「骨のデコボコ」をそのまま放置する のと一緒ですから。これもどこぞのマニフェストとおんなじかなあ。
 


 非外科で行く場合、細菌のコントロールをどうするのか、これは難しいですよ・・・。「細菌の住処(すみか)を残して、そこに細菌が住まないようにパト ロールをする」わけですからねえ。抗生物質で叩く?それはいいアイディアです。しかし、マフィアなどと同じで、前のグループがいなくなれば別の勢力が侵入 してきます。つまり別の細菌が増える「菌交代現象」ですよ、ダメダメ、一時的でしかないでしょうね~。バイオイオナース?これも使用しているクリニックな ら可能性はありますけど、あんまないでしょ?


 歯周ポケットがあったら「必ず再発の可能性がある」という前提で患者まにはご理解いただけないと、僕らにはメインテナンスをしていく自信がありません。 歯周ポケットの除去を完璧にして、失敗のない歯周病治療をして、歯周病の再発を防ぎましょう。おがわ歯科医院ならばお力になれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年8月 8日

こんにちは。今回のケースは僕ならば第一選択とはしないので、なかなか巡り合わないケースをご紹介します。しかもいろいろ問題が起きてからの転院(よそ→おがわ歯科医院)なわけです。患者さまはいっさい悪くないんです。

 初診でおがわ歯科医院にいらした時にまずおっしゃっていたことは、「4が残せない状態になり、お任せしていたら⑤4③のブリッジに削られていた」 「他の方法についてはなんの説明もなかった」「インプラントというものを予め知っていればそれにしたかった」「しかも削って型取りしても(2~3回)高す ぎて合わなくて、そのうち痛みが出てきた」・・・・。


 医療ってこれでいいんですか?自分ができないからって、その方法(この場合はインプラント治療のことです)を説明しないで自分の手のうちだけで問題を解 決するなんて?ちなみにこの前後の歯は「一切手を加えられたことのないバージンティース」だったんですよ。これを見ましょう。

kwkm0.5.jpg

 これを素人の方が見ても「2本の歯が平行である」と思いますか?歯と歯肉の境目の部分がはっきりこの角度から確認できれば、この2本は平行以上に 削ってあってブリッジが製作できると思いますが、そうではなく削りが足らないですよね。おまけに奥の方の歯は下の歯とのクリアランス(人工の歯を作ること ができるスペース)が1ミリもなく、とてもじゃないがセラミックの歯などは作れません。これでは何度型取りをし直しても・・・、それ以前の問題があるわけ だから・・・。

 さらにね、手前の歯は歯髄腔(神経の部屋)が露出しているんですよ、つまり削りすぎです。レントゲンで歯髄腔の大きさを確認していれば、対応が可 能なのにそれすらしていないってことでしょうか???結局は私が「ラバーダムをして、マイクロスコープをい覗いて可能な限り完璧に」根管治療を行いまし た。5は凍みる症状が緩和されてきたので、なんとか抜髄(神経を取ること)せずに済みました。

 人の体に手を加えて、治療を行うことが許されている「医療」という職業ですが、「侵襲を加えてなお、結果が出せずに破壊する」ことは許されないと 思います。最大限の配慮と努力の結果、どうしても結果が伴わないことは私にもあります。しかし、今回のケースはそれらを考慮に入れても、到底許されるもの ではないように感じます・・・。その程度の配慮しかしていないクリニックではきっと、圧排糸など巻いてもらってないでしょうね。

kwkm1.jpg

 こういうものね。ちなみにミラーの角度で「平行に見えない」かもしれませんが、マイクロスコープを用いて形成していますから、そんな初歩的な失 敗、医療ミスはするわけがありません。ちなみに「D‐SPEC」でブリッジを製作していますが、彼らも「マイクロスコープ」を使って技工作業をしている 「マイスター」ですから、平行になってなかったら「先生、削れてないから、模型お返ししますね・・・」って言われちゃうもん。すみません、半分は愚痴でし たね。でも、患者さまに「正しい歯科治療」を知ってもらうために毎日こうして書いています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年8月 7日

こんにちは。明日は筒井塾の修復的歯牙移動コース(一般的には矯正セミナーです)に参加するため、混みあう土曜日ですが申し訳ありません、お休みを いただいております。そして、えっ?今頃ですか?とも思うのですが、懇親会が土曜日のセミナー終了後にあるようです。お酒は、ね、嫌いじゃないから参加し てみま~す。

%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%A2.JPG

 こういうお花が咲いているところでのんびりしたいな~。これなんだ?簡単?


 答え:プルメリア

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年8月 6日

こんにちは。今日のケースはセラミックを用いた審美治療の中でも一番難しい「周囲に色を合わせる1本だけの治療」のケースです。


 
  じゃ、まず結果から。どれでしょう?画像クリックすれば大きな画面が出ますよ。

krkw1.jpg

 わからない?じゃ、少しひいた絵で。

krkw2.jpg

 どうでしょう?同業の方はわかります?口唇を戻してみます。

krkw3.jpg

 当然、光の透過具合が自然になるように、コアという土台の部分はグラスファイバーを用いています。その上にオールセラミックですね、金属を使わないかぶせ物。こんなふうな。

krkw5.jpg

 セット前はというと・・・

krkw4.jpg

 正解はココね。わかった?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年8月 5日

こんにちは。さて、昨日までで歯の移動が終わっていますよね。では抜歯即時インプラント埋入の話になります。抜歯即時インプラントではどうしても元 々歯の埋まっていた骨の穴の形に沿ってドリルが進みやすく、術者の思ってもみない方向にインプラントが位置づけられることがありイージーではないです。正 しいアイテムの選択とスキルが要求される処置ですね。

 そして、インプラントの埋入が終わったところです。やや内側よりに深めに埋入します。

ts4.jpg

 上皮がインプラント上を覆うような処置をしてテンションがかからないように縫合します。

ts5.jpg
  


 基本的に歯肉を切開したりすると痛みをおこしますが、抜歯即時インプラント埋入は歯肉を切開しませんので痛みは少ない治療です。正しく行えば患者さまのメリットは大きいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年8月 4日

こんにちは。本日は抜歯即時インプラント埋入の話です。何度かお話ししましたがなんでもかんでも抜歯即時インプラント埋入ができるわけではないんで すよ。『ちゃんと症例を選んで適切な前処置があって、初めて失敗なくできるインプラント処置』なんです。では術前の状態から、前処置を経てインプラントの 埋入まで見ていきましょう。後半にちょっとしたオペの写真がありますからね。

ts1.jpg

ts2.jpg

ts3.jpg
  


 というようにエクストルージョンという歯の簡単な移動を行います。この移動によって歯の周囲の「歯肉と骨をより高い位置にまで引き上げておく」ことが目 的になります。抜歯したら歯肉や骨は吸収(量が減るという意味です)してしまいますから、きれいに仕上げるのは困難になってしまいます。だから「抜いてか らインプラント」では困ってしまうことがあるんですね。

 エクストルージョンは今では垂直的に上げることが良しとされているようですね。一時は頬側に寄せながら骨のリモデリング(吸収と添加)を起こし、 頬側に骨を作りながら移動することも試みましたが生理的な場所(元々人間の持っている骨の大きさやサイズ)でないところには安定して骨は存在してくれない ような気がします。歯を簡単に移動するといっても、こういったことを考慮しながら行っています。

 明日は続きのインプラント埋入編で。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年8月 3日

こんにちは。週刊朝日別冊『Q&Aでわかる「いい歯医者」』にほんのちょっと、小さく掲載されました。たいしたことは書かれていませんから、このサイトをご覧の方には目新しいことは書かれておりませんので、あしからず。

%E6%9C%AC.jpg

 余談ですが、私の友人、知人も多数掲載されていました。みな、がんばっている連中です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年8月 2日

こんにちは。今日は右上4、及び左上67にインプラント治療を行った患者さまの最終的な歯が入りましたのでその症例を見ていきましょう。こちらの患 者さまはお付き合いが長く、よく「自分のところで獲れたから・・・」ということでお野菜を持ってきてくれる、うちの上の子に言わせると「野菜のおじちゃん (ごめんなさいIさん)」だったりするんです。

 さて術前の状態から見ていきましょう。

isbs1.jpg

isbs3.jpg

 右上4は力の影響も少なくセラミックにて製作しました。こんな感じ。


isbs2.jpg

 左右一緒の写真ではこうですね。


isbs4.jpg

 左上は力の影響を受けることから咬合面はメタル、10ミリのインプラントをソケットリフとして埋入しているため2本は連結としました。感想は「普 通に噛める」ということですが、そう、それを目指していたんですよ。またメインテナンスで3ヶ月後にお会いしましょうね、Iさん。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年8月 1日

こんにちは。まずはダンベルって聞いたことありますか?一般に片手で持って上げ下げするトレーニングのアイテムね。種目によっても持つ重さは違いますが、胸のプレス系の種目で僕が持つ一番重いダンベルがこれです。

 これを左右の手に持って上げ下げします。もちろん最初は20キロくらいのものしか持てなかったわけですが、ダンベルの種目を始めてから6か月くら いでここまでたどり着きました。ちなみに僕が通う「ビッグベアージム」には90キロのダンベルまであります。そういう場所なんです、ココ。
 でも、女性会員もいらっしゃいますし、実際おがわ歯科医院の女性スタッフも通ってます。女性であっても理想的な体を作るにはある程度の筋肉が必要です。 極端な話ですが「しゃべる」にも、「鉛筆で文字を書く」にもすべては筋肉があって初めてできることでしょ?筋肉落とせば「体重自体」は減らせますが、それ はとても怖いことでリバウンドしやすいということです。基礎代謝が落ちてしまっているから、ただ息をしているだけの一日を過ごした場合でもエネルギーの消 費が違うわけですからね。

リンクから飛べますので興味のある方は服部コーチにいろいろ問い合わせてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2009年7月 | メイン | 2009年9月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医