«  2009年10月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2009年10月31日

こんにちは。今日(書いているのは29日木曜日の深夜です)は休診日ですが、JIADSでしたので銀座まで出ました。そのついでにちょっと収まりが 付きにくくなってた髪の毛もカットしてきました。それと、原宿にあるアディダスとナイキ、パタゴニアの各ショップを覗いて、トレーニングのアイテムを探し てきました。ナイキではいろんな生地を選んで、オリジナルの文字の刺繍を入れたりできる「世界で自分だけ」のシューズをオーダーできるんですね。


 ちょうど、今履いている靴が普通の運動用の、かかとにエアが入っているものなんです。しかし、スクワットで100キロ以上上げるようになると、そのエア が邪魔をしてフラフラするんです。友人はスクワット中に「パン!!!」という音をさせ「エア」部分を割りました・・・(事実)。という経緯から靴探しをし ていたのですが、ナイキショップ(ストア?どっちだったかな?)で確認するとネットでオーダー可能とのこと・・・。じゃ、来なくてよかったじゃん・・・。


 パタゴニアのシャツも汗を乾きやすくしており、変に肌に密着しないのでとても腕回りを動かすメニューの日など重宝しています。が、季節がらないんです ね・・・。スキーウェアや保温ものばかり。路面店なのに、ないのかなあ、とも思いますが仕方ない、出直しますか。・・・、なんの中身もないブログでスミマ セン。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年10月30日

こんにちは。今日はインプラント治療を受けられて3年半経過しますが、きちんと3~4カ月おきにメインテナンスに来られている患者さまの、口腔内の状態、インプラント周囲組織の状態を確認していきましょう。


htr111.jpg


htr112.jpg

 どうでしょう?なんら変化はなく、安定しています。だから当院のインプラントの治療費は高いのです。安かろう、悪かろうでご自身の大事な体、任せられますか?


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年10月29日

こんにちは。数日前に書いた話の続きではないですが、たまたま抜歯を依頼せざるを得ないケースが続きましたので、今日もこんなタイトルです。

 まずは画像から。

CT1.bmp

CT2.bmp

 上の奥歯2本の動揺が大きく保存不可能であることを説明するためにCTの撮影をさせていただいて、偶然発見したのですがさらのその奥に親知らずが 埋まっていました。いろいろアイディアは浮かんだのですが、678を抜歯することとなりJFE健康保険組合千葉病院口腔外科に依頼することとしました。親 知らずのすぐ上の白い線、この薄い骨の向こうは上顎洞です。もしそこに親知らずを押しこんだら困ったことに(患者さまにとって)なりますので、依頼するこ ととしました。ここには口腔外科専門医を育てる指導医の花澤先生という大ベテランがおりますので、僕はいつも安心して難しい外科処置に関してはお願いして おります。患者さまの安全・安心を第一に「無理」はしません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年10月28日

こんにちは。保険ておかしいですよね。ここって見える場所じゃないですか。なのになんで保険で治療すると「超目立つ銀歯」か、「超プラークが付きま くるプラッチック」しかないんでしょうか???んなことをここで論じても、動く国ではありませんから私どもがなんとかせねばならないわけです。

どうするかって?セレック君が大活躍するんですよ。比較的安価に「オールセラミック」を提供できるし、あらかじめ時間を決めればワンデー、つまり「一日で審美修復が可能」なんです。そんな症例を見ていきましょう。

まず形成後(歯を削った後の状態)から見ましょうか。これは歯の神経はずでに昔にとっているとのこと。

hrty1.jpg


hrty2.jpg

 そして、セット後の状態です。奥はインプラントのファイナルがすでに入っていますね(当院の仕事です)。手前も修復完了、と。これを長持ちさせるのはメインテナンスです。


hrty3.jpg


hrty4.jpg

 こちらの患者さまは「ケーキ」作りがお上手で、おがわ歯科医院のスタッフにもファンがたくさん。すみません、催促するようで(笑)。お待ちしてま~す。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年10月27日

こんにちは。保険外の根管治療ですが、「再治療」については始めてみないとわからないことが多いものです。ましてや、CTの画像がなければなおさ ら。保険外の根管治療で結果が求められるケースが増えておりますが、どうもこちらの意図と患者さまのご要望が一致していないことがあるようです(本日もそ ういった相互の理解の不充分さからのトラブルがありました・・・)。


 まことに勝手ながら「保険外の再治療の根管治療」については、今後お引き受けすることはないと思います。ただしい根の治療(再治療のみ)をご希望の方に は他施設へのご紹介という形をとらせていただくと思います。なお、現在治療中の患者さまにおきましては、もちろん根の治療が終了するまで私が責任を持ちま すので、ご安心ください。

%E7%94%BB%E5%83%8F%20119.jpg

 写真と本文とは関係ないんですがね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年10月26日

こんにちは。ちばみなみ歯周病・インプラントセンターなのに、インプラントネタが少ないとか思ってるみなさ~ん、お待たせしました。小川の力作、見てちょ~だい。

 こちらの患者さま、いわゆる「パーマネント・トラベラー」でしてね、なかなか日本におられないんですよ・・・。国外に半分くらい滞在(逆に日本に 立ち寄るカンジ?)してますから、その間にプロビジョナルに問題が生じてはならないですし、国内にいらっしゃる時にすべき仕事を100%こなして結果を出 さなければならない、非常にシビアなお仕事をさせていただいております。


iwmr111.jpg


iwmr112.jpg

 アバットメントが装着されたところです。等間隔で問題のない位置にインプラントが設置されています。ちなみにこれらはサージカルステントは使っていません。


iwmr113.jpg


iwmr114.jpg

 ファイナルですね。45部分なんて埋入してから3年くらい経ってませんかね・・・。すでに(笑)。最後に埋入した6ですら1年経ってますからね。この6は以前抜歯即時+ソケットリフトをピエゾで行った症例で報告させていただいたケースですね。

 上顎はすでに1本も歯がない状態で、上顎はいわゆるフルマウスのケース(インプラントがなければ総入れ歯ということ)ですが、年内には上は仕上げられそうですよ。Iさん、もうちょっとですから急遽予定変更でいなくならないでくださいね(笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年10月25日

こんにちは。最近お付き合いが始まったラボ(技工所さんのことね)で「BeauxArts」さんですが、矯正装置をお願いしています。ご夫婦で開業 されていてご主人がセラミックやインプラント技工、奥様が矯正専門として技工をされています。僕が先日まで受講していた「筒井塾矯正コース」を奥様が受講 されていたのが縁で仕事を依頼させていただいています。

 さて、BeauxArtsさんの仕事第1号がこの拡大床です。ジャーン(ふ、古っ。昭和の香りがします)。


IMG_2072.jpg

 向かって左側に何か光ってますでしょ?見えない?「患者さまが女の子だから、なんかかわいい一工夫をしてね」という無茶振りにも笑顔で(電話の向こうでひきつってたりして(笑))応えてくださいました。ありがとうございます。

 セット予定日がズレてしまいましたが、セットできましたので結果です。

wkn1.jpg

wkn2.jpg

 ほら見て。ジャストフィットですよ~!こんな適合の良い床矯正装置は初めて!背筋がゾゾッとしました。こりゃーえー!!!これからもよろしくお願いします。Wちゃん、がんばって早く治しちゃおうね。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年10月24日

こんにちは。今日は小学校低学年の男の子の症例です。反対咬合があります。よく観察してくださいね、ど~こだ?


yk1.jpg


 向かって右側の前歯が奥に入ってますね~、わかりますか?そしてよ~く見てくださいね。その隣、前から2番目の歯はそのさらに奥にありますね・・・。おやおや・・・。


yk2.jpg

 下の歯並びも幅が狭くてこのままではちゃんと並ばないような、イヤな感じがしますね(イヤというのは、このまんまでは心配という意味ですよ、誤解なきように)。


yk2.5.jpg


 そして2年くらい、唇の力を排除するような取り外しの装置を入れたり、横方向に拡大する取り外しの装置を入れたり、部分的なワイヤーの装置を入れた り・・・試行錯誤でした。というのは、この子、何を作っても、入れても、すぐに「壊しちゃう」んです・・・。いろいろ泣かされました。


yk3.jpg


yk4.jpg


yk4.5.jpg
   

 現在は、装置はすべて一旦外しています。側方歯群の生え換わりの時期なので、このままもう少し様子を見ます。ワイヤーの矯正の時期に入ったら、左上2番目の歯のズレも治るからね。もうちょっと頑張ろうね、Y君。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年10月23日

こんにちは。作ることは少ないものなのですが、義歯の金具って目立ちますよね。それがない物は・・・実はあるんですね。

PICT0757.jpg

PICT0759.jpg

 ただ、じゃあ何が義歯を口の中で安定させているかですが、「義歯自体の弾力性」なんですね。ということは使い勝手はいいですが、たわむ部分は疲労 していつか・・・壊れるかもしれませんね。今のところ壊れてしまった方はいらっしゃいませんが、そういうものと思っていただければ非常にいいですよね。目 立ちにくいし。

 私できるのかしら?とか、うちの母親はどうだろう?とか、なんでもお問い合わせください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年10月22日

こんにちは。左下の親知らずの抜歯が終わり、では右側もということになりまして、改めてレントゲンをよ~く見ますと「むむむっ・・」と思うことがあ りました。そして「患者さまの体に何かあってはいけない」のでCTを撮影させていただいて、確認したところこのようなことがわかりました。

1:青矢印
 下顎骨の中にある下顎神経が親知らずの根の先に近接していることがわかります。これはレントゲンだけでだいたいわかります。

2:黄緑矢印
 舌側の骨の壁がかなり薄いです。抜歯の際に力を加えたら割れてしまうかも・・・。下顎の内側(舌側)には大事な動脈などがあり、不幸にして起こってしまったインプラントでの事故もこの部分が原因であったのでは、といわれています。


h111.bmp


h112.bmp


h113.bmp

 いろいろなリスクをお話して、口腔外科専門医にご紹介して抜歯するということになりました。僕を信頼してくれて「ここで抜歯したいので、CT撮ってきます」と言っていただいたにも関わらずお力になれなくて残念です・・・。

 しかし、「行けるかも!」とCTも撮らずに無理をして・・・なんてことがあってはなりません。慎重に検査した上で歯科治療は行われるべきです。患者さまの大事な体にもしもの事がないように、細心の注意を払っておがわ歯科医院スタッフは日常の診療を行っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年10月21日

こんにちは。本日紹介するのは審美的な修復を希望された患者さまについてです。これまでもコンポジットレジン修復をしてきましたが、材質の限界などをお話してセラミック修復を選択されました。では術前の状態から見ていきましょう。

szk111.jpg

 かなり、前歯の歯と歯の間の部分の変色が目立ちますよね。それを「カリエスチェック」という虫歯の部分(感染している歯の部分)を染めだす薬を使いながら、除去していきますとこうなります。


szk112.jpg

 言葉が悪いかもしれませんが、食べ終わったリンゴのようになってしまっています。
そして、形態を整えた後プロビジョナル・レストレーションを作ったところです。これまでの歯の形などでご不満がある場合などは、この段階で煮詰めていって満足できる形を見つけ出します。

szk113.jpg

 歯肉の位置の調整はできますが、オペまでは・・・しませんでした。

szk114.jpg

 そう、最終的な型取りをする時に歯の周囲に糸を巻く操作をします。これによって歯と歯肉の境目がはっきり技工士さんにも伝えられるわけですね。自由診療でセラミック治療をするのならば欠かせない行程です。

szk115.jpg

 そして、いろいろな苦労があった末、ようやく最終的なセラミックが入ったところです。長いことお疲れ様でした。今後は正しいブラッシングとメインテナンスでいい状態を長く維持していきましょうね、Sさん!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年10月20日

こんにちは。小学生の叢生を経過を見ながらここまで来ました、という報告になります。初診時はこんな感じで横幅が不足しそうですよね。

sj11.jpg

sj12.jpg

sj13.jpg

 クリスマスしかり、なんでも「欧米はスゲー」的なところ、というか白人崇拝でもしているのでしょうか日本人は???というところ、周囲の人にも あったりしませんか?逆に日本人としての文化を尊重していないというか、日本人の大事な部分を忘れてしまっている人が多いですよね。

 これは、何にでも該当すると思っていますが、欧米ではこうしているという説明で片づけてしまっているクリニックがありませんか?世界はこうしてい るから、こうしなければいけないんですよ!とかね。日本人はモンゴロイドで、コーカソイドの欧米人とは骨格や歯肉の厚みからまったく違いますから、それを そのまま真似ても・・・ねえ???うまくいく部分もあるでしょうが、そうでもないことが多いのではと思いますが。

 そういう部分を踏まえて「日本人向きな診断」があると思うので、僕はそういう部分を加味してお話します。この患者さまは「抜歯をせずに歯並びを治 す」ということがお母様の第一希望でした。なので、これまで、FKOという装置、拡大する装置などを用いて様子を見てきました。


sj14.jpg

sj15.jpg

sj16.jpg

 現在の状態ですがほぼいいようです。これまで「全体にワイヤーをかけての矯正」はしておりません(部分的にだけです)。骨格的に問題ない状態に導 いてあげれば、自然と舌と頬粘膜の圧のかかる中間地点に歯は並ぶものです。実際そうなるケースも多いです。しかしそうならない場合もあるので(態癖などに よる)ワイヤーをかけての矯正が必要になることもしばしば。

 歯並びの問題は早めの相談が好ましいと思います。相談してみたらなんにも必要ない、なんてこともあるでしょう。ぜひ一度ご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年10月19日

こんにちは。6歳になる前から虫歯の処置や予防処置で当院にお見えになっていました。いよいよ永久歯の前歯が出てきたと思ったらしかも反対咬合じゃないか・・・。矯正治療が必要だねえ。では、スタート前の状態から。


kzm1111.jpg


kzm1111.5.jpg


kzm1111.1.jpg


 ということで「取り外しタイプ」の装置を使って、上顎の前歯部分の前方への成長を促し、下顎を後下方へ回転させます。これがその装置ですね。


kzm111.jpg

 そして2×4(ツーバイフォー)という装置を入れました。そこに隙間を広げるスプリングを入れました。

kzm1113.5.jpg

kzm1113.6.jpg

 今度はオメガループを組み込んでみました。


 
kzm1114.jpg

 そしてようやく被蓋(この場合は上の歯と下の歯の前後的な位置関係)が改善されました。

kzm1115.jpg

kzm1116.jpg

kzm1117.jpg

 長かったけどだんだん正常な顎と歯の位置関係に近付いているよ。Mちゃん、がんばってるね、応援しているよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年10月18日

こんにちは。今日は矯正の話ね~。筒井塾で勉強してひとつひとつのアイテムのキモを習ってまいりました。これもそんなネタの一つです。森田先生、曲げてみました、お粗末なアクティブ・オメガ・・・。j術前はこんなカンジ。


ngmt112.jpg


 もちろん、ここへたどり着く前にいろいろやってます。そしてアクティブオメガによって上顎前歯部分を前方に送っています。


ngmt1111.jpg


 今はこんなカンジです。


ngmt11113.jpg

 お子様でも食いしばり、クレンチングがあれば装置が取れやすいです。それによって治療期間が延びてしまう場合もあります。変化があったらすぐ教えてくださいね、お母様がた。可能な限り早めに対応いたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年10月17日

こんにちは。以前エクストルージョンと抜歯即時インプラント埋入の話で報告したケースの続きですね(8月4日~5日のブログに書いてあります)。埋入後しばらくして歯肉も落ち着いてきましたので報告いたします。

tkth111.jpg

tkth112.jpg

 ここまでは以前お話していますね。埋入はやや内側が鉄則ね。


tkth113.jpg

 そして、プロビジョナル・レストレーションが入っている状態ですが、ちょっと工夫をすればこのようにきれいな歯肉に治癒していってくれます。


tkth114.jpg
   


 経過を見るためにプロビジョナル・レストレーションを外したところ。前歯部分の抜歯即時インプラント埋入は、非常にテクニカルですから確かな技術のもとで行われるべきです。前歯部分のインプラントは得意です、お任せください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年10月16日

こんにちは。今日ご紹介するケースは過去このブログに登場しているかな?左右の上の犬歯が埋伏しているが、八重歯の場所に出かかっているケースです。術前の状態(2007年11月)から。


nki1111.jpg

nki1113migi.jpg

nki1112hidari.jpg

nki1114ue.jpg

nki1115sita.jpg


 かなり狭窄(きょうさく:せまいということ)していますし、下顎が後方に位置付けられていますので、容易ではないですよね・・・。とくに左側が「態癖」などによって、内側に傾斜しています。

nki1116.jpg

 切開して3を露出させて、矯正装置を設置して定位置に向かって移動を開始しました。そして長い時間がかかりました。

nki1117.jpg

nki1118.jpg

nki1119.jpg

 正面像は実は半月前のものになります。もう左下の犬歯部分は整いました。しかし、難しいですね。1年と10カ月経過しました。もうちょっとです、Kくん、がんばろう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年10月15日

こんにちは。その後の報告をします、はい、親知らずの利用法ですね。8月24日に矯正用インプラントを設置して、親知らずにゴムをかけて引っ張り出し始めました。術前の状態がこれで、青い矢印の先に親知らずが一部写ってますね(わからんて?)。

snzk1111.jpg

 矯正用インプラントを設置したところですね。この後余計な歯肉にはどいてもらって、ゴムをかけて移動開始です。


snzk1112.jpg

 これが、1カ月半後の状態です。けっこう動いては来たのですが、内側(口蓋側)の歯肉が厚いため、どうやら抵抗になってしまい移動が芳しくありま せん。おまけに、これも歯肉の厚みが関係しているのか、「舌癖」によって舌に押されてか、矯正用インプラントに揺れが出てきました。そうなったら迷わず撤 去ですね。


snzk1113.jpg

 MIA(矯正用インプラント)を撤去して、新たに設置して余分な歯肉をまたどかしたところです。親知らずがだいぶはっきりしてきましたね。


snzk1114.jpg

 ボウザーアーツの関さん、コレ、歯軸がズレたらなんらかの装置を作ってもらって修正するかも。そん時はよろしく!補綴する(歯を削って形態修正すること)のが一般的でしょうが、イヤじゃないですか、虫歯もない歯を削るのは。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年10月14日

こんにちは。どうもね~、疲れが取れていないのかな、6日ぶりにトレーニングしたからなのか、体の調子がいまいち・・・。週3回のジムがいつものペースだから、それ以上間隔が開くと不安になるし、体に毒が溜まってないか(エコナ?)嫌な気持ちになるんですね。
 

 気の合う仲間とこういうのが咲いている暖かいところに行ってのんびりしたいな~。ないな~、そんな時間・・・。ちょっと現実逃避。すぐ帰ってくるからね~。簡単な問題、これな~んだ?


%E3%83%96%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%83%93%E3%83%AA%E3%82%A2.JPG

答え:ブーゲンビリア

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年10月13日

こんにちは。どうもここんところ、調子が悪くて何も書きたいことが浮かばない日が続きました。体調は悪くないのですが、乗らないというのでしょうか。

 そんな中、それを察した友人が散歩がてら「スカイツリー」の写真を撮ってくれたようで、送ってもらいました。以前お伝えした時は8月22日でしたが、その時は105メーター。はたして今日は?

DSC00435.JPG

DSC00440.JPG

 現在164メーターだそうです。2カ月弱で60メーターもビルって高くなるんだ・・・スゲ。ちなみに千葉県の最高部って、完成時のスカイツリーよりも低いよね、知ってた?確か一番高い山が430メーターとかじゃない?フラットな土地ですもんね。豆知識。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年10月10日

こんにちは。このところ目に見えて多くなっているのが根管治療の相談です。「よその歯医者で根のしてもらっているけど治らない」、「行くたびに痛いので、医者をかえてみた」、「抜歯しかないと言われたが、なんとか抜かずに治らないか?」・・・などなど。

 以前もこのブログでお伝えしましたが、僕は根管治療の専門医ではありません。でも困っている患者さまがいらっしゃれば、僕にできる範囲で精いっぱ い治療させていただきます。しかし、根の治療「マジ」でやると時間がとてもかかります。根の治療ばかりしているわけにはいきませんので、どうしても受け入 れられる患者さまには限りがございます。

 現状は僕一人でなんとかなるのですが、このペースで根管治療希望(マイクロスコープ使用、ラバーダム装着)の患者さまが増えていくと、大変恐縮なのですが一旦受け入れを制限させていただくことも検討しないとならないかもしれません。

 なぜでしょう、歯科医師は過剰だとか言われ国家試験で人数調整までしているくらいですし、歯科医院はコンビニエンスストアや美容室よりも多いんで す。なのになぜ、「歯科治療を受けても治らない」んでしょうか?歯科治療の内容が均一であると思うのは勝手ですが、それは幻想ですよ。みんながまじめに根 管治療を一斉にやったら、根管治療の不備で悩む患者さまなど一掃できると思うのですが???できないしくみがこの国の保険システムにあるのでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年10月 7日

こんにちは。今日はこれからJIADS出席のため台風に向かって移動して銀座まで行ってまいります。関東地方上陸は明日の午後とのこと。ま、問題ないでしょう。行ってまいります。本日の診療時間は午後4時までとさせていただきます。ご理解をお願いいたします。


IMG_1949.JPG
このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年10月 5日

こんにちは。今日のお話は前歯部分のインプラント治療についてです。ではまず最初に来院された時の状態から見ていきましょう。

nrsw111.jpg

 主訴は「前歯部分の根管治療をしているが痛い」というもので、詳しくお話を伺うと「再根管治療」を受けているということで、症状がなかなか消えな いということでした。CTを撮影して病巣を確認し、保存が不可能である事をお話しして抜歯させていただき、「しっかり噛める歯を作りたい」ことと「健全な 歯を削りたくない」というご希望からインプラントを用いて治療を行うことになりました。

 抜歯後の状態です。

nrsw112.jpg

 その後、歯肉が落ち着くのを待ってもらってから、インプラントの設置を行いました。骨の状況がけしていいわけではありませんでしたので、少々お待ちいただいてからインプラント固定式のプロビジョナル・レストレーションが入りました。

nrsw113.jpg

 これからは、前歯はしゃべる際にも、モノを噛み切る際にも、もちろん見た目にも大きく影響する部分です。そのいずれにも支障がないことを今後確認 していって、気になる部分があればそれを今のうちにすべて改善していきましょう。それを最終的な歯としてコピーできれば違和感なくセラミックの仕上げの歯 を受け入れられるでしょう。ゴールはもうすぐですよ!がんばりましょうねNさん。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年10月 4日

こんにちは。今日はマジなインプラントネタですが、久々ですね~。書くことはいっぱいあるんですが、どうも最近他の話がおもしろくて。

 左上456欠損でこれをブリッジで治療ってのは、無理があるでしょ?義歯かインプラント化の選択になるわけですが、こちらの患者さまはインプラン トを選択なさいました。また、右下奥歯も欠損がありインプラントになりました。骨も歯肉も不足するケースだったので、時間がかかりましたが上下ともインプ ラント上にプロビジョナル・レストレーション(仮の歯)が入りました。

 では術前の上の状態から。

hr1.jpg

 そして術後。

hr2.jpg

 こちら側でモノを噛めるので、とてもいいですとのこと。こういうお言葉をいただけると非常にうれしいです!そして、右下の治療前の状態です。

hr3.jpg

 そして術後。

hr4.jpg

 インプラントを用いて回復した欠損部位は4か所になりますから、これだけ(仮の歯)でも機能の回復が大幅に見込めるわけですね。今は使ってもらい ながら、最終的に作る歯の形を3次元的に違和感がないか確認していただいています。不具合があれば何度でも調整します(セレックで仕上げる場合はできませ ん)ので、この間に(仮の歯の間)調整が必要な場所は見つけて改善します。下は2度ほど調整して形態修正しましたね。これでOKいただければ、いつでも仕 上げられますからね、Hさん。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年10月 3日

こんにちは。お酒飲む時「つまみ」が必要な人が多いですよね、コイケヤとかのチップス系や柿の種なんかが定番でしょうか?僕は一切食べないんですね普段は。お酒だけひたすら飲んでいるんです。食べると太るし、胃にもたれちゃうんですよね。

 でも、今日はイイモノが手に入ったので、つまんじゃいます。これです。

%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%AA.jpg

 おいしいもろこしです。水分が多く、シャキッとした歯ごたえ(これのためにも歯がよくないとね~!)、格別な甘さ・・・。最高!こういう天然モノは胃にもたれませんからね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年10月 2日

こんにちは。今日はセラミック・ブリッジによる治療を紹介します。場所は左上の前から4番目~一番奥までの修復になります。奥から2番目の歯が欠損 しており、4番目5番目の歯の虫歯が大きく再根管治療を行って、5番目は矯正的歯牙移動を行って、いろいろやって、ようやくセラミック・ブリッジが入りま した。

krkw111.jpg

krkw112.jpg

 術前はこんな感じで虫歯のダメージが大きかったですね。このままでは鮮明な型取りはできませんので、工夫します、いろいろと。

krkw113.jpg

 歯の移動をしました。そして歯肉の調整。


krkw114.jpg

 ブリッジのセット前の状態です。


krkw115.jpg

krkw116.jpg

 装着後の状態です。D-SPECでの精度の高い補綴(作った歯)が入っていますので、歯肉はこのままクリーピング(少し厚みを持ってくる)してき ます。必要と思われることはすべてさせていただきましたので、今考えられるベストは尽くさせていただきました。長い間お疲れ様でしたKさま。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年10月 1日

こんにちは。筒井塾後に行った「やましょう」です。以前もこのブログに出てきましたが、とてもおいしい。

%E3%82%84%E3%81%BE%E3%81%97%E3%82%87%E3%81%861.jpg

 初めて店の入り口を撮ったかも???


%E3%82%84%E3%81%BE%E3%81%97%E3%82%87%E3%81%862.jpg

 乾杯のビールですが、私はビールはあまり飲まないので珍しい画です(笑)。肥満が怖いのといきなり「足に来るヤツ」を欲しているのです(笑)。

%E3%82%84%E3%81%BE%E3%81%97%E3%82%87%E3%81%863.jpg

 おなじみの「ミルフィーユ鍋」です。なんというか、ここのポン酢がうまいんですよ。いくらでも食べられる!最初3人前を男4人で頼んで「足らない ね」なんて言って「3人前追加で~」なんて言って完食・・・「すみませ~ん、あと3人前・・・」ってそれだけ食べても、まだいける!それはここだからなの かな。特別なお店。


%E3%82%84%E3%81%BE%E3%81%97%E3%82%87%E3%81%864.jpg

 サイドメニューのごぼうのサラダ、これも病みつきなんですよ。ああ、おいしい。焼酎もなかなかレアな「井田萬力屋」が置いてあるし。言うことないね。また行こうね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2009年9月 | メイン | 2009年11月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医