«  2009年11月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2009年11月29日

こんにちは。下の一番奥の歯の根は手前と奥と2本に別れているものです。つまり根の又にあたる部分が歯周病になったら、形態的にとても厄介であるこ とがそうぞうできますでしょうか?今回報告させていただくのは左下7番(一番奥の歯)の「根分岐部病変」と呼ばれる、前述した部位の歯周病に対する再生療 法についてです。


 術前のいわゆるポケットの数値は7~8ミリでした。けっこうな数値でして、抜歯の可能性すらある、そんな状態でした。現状であればまだ回復の見込みがあるため、それを患者さまにお伝えして再生療法をさせていただきました。


 まず、再生療法のオペの際の状態から見ていきましょう。


saisei111.jpg

 プローブという歯周ポケットを測定するメジャーをあててみると、骨の頂上から5ミリは骨が失われていることがわかります。


saisei112.jpg

 その内部を完全にデブライドメント(根の表面にある歯石などの汚れを除去すること)してから、根の表面を処理して骨補填材を置いてゴアテックス・メンブレンを設置したところです。


saisei113.jpg

 処置から6週間後、一部露出したメンブレンを除去するオペを行った時の状態です。骨の欠損があった部位に骨様組織(骨、と言いきると専門的には組 織検査をして骨と同じ構造なのか証明しなくてはならないため、骨のようなという表現をしています。わざわざ、侵襲が大きいのに組織を取らせてもらい顕微鏡 で確認しますか・・・?)が出来上がっていますね。


saisei114.jpg

 そして、メインテナンス時の周囲組織の状態です。良好でしょう?歯周病的な歯肉には見えないと思います。千葉県内で歯周病でお悩みの方、再生療法をお考えの方、ぜひご相談ください。おがわ歯科医院歯周病インプラントセンターがお力になれると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年11月28日

こんにちは。歯肉が腫れてしまって歯科医院に行ったら、根の先の病巣が大きいから口腔外科を紹介されて、受診してみると病巣を外科的に摘出して根の 先端を切る、いわゆる「歯根端切除術」をするべきかもといわれたそうで、まずは根の治療でなんとかならないものかということからおがわ歯科医院を受診され た患者さまのケースです。


kut1.bmp


kut2.bmp


kut3.bmp

 ほら、すごい大きさの根尖病巣ですが、幸い根管内を触った人がいないので変に壊されていないと思われるため、意外と予後はいいのではないかと治療 をお引き受けしました(もちろん最初はお断りしようかと思いました。ですができればこちらで・・と言われ、僕も本当に困っている方の力にはなりたいのでお 受けしました)。


kut4.bmp


 当院のベストと考えられる方法で根管治療を進めさせていただきました。そして、根の中の感染源をすべて除去した後水酸化カルシウムを根管内に流し込んだ 状態のレントゲンです。これで見ると「え~やん」と思えますがね、CTさえ見てなければ・・・。先は長いと思いますが、なるべくなら痛みを伴う外科処置が いらないに越したことはないですからねえ。

 ちなみにかかられた口腔外科がJFE千葉病院(川鉄病院)でしたが、担当の先生もいい人で「うちは口腔外科だから、歯根端切除の選択をするけど、 まずは根の治療をしてもらえるところを探してみるのもいいね」との説明をされたそうです(患者さま談)。売上を重視する病院ではこうはならない可能性もな くはないと考えれば、やはりいつも何かあったときにお願いしていたJFE千葉病院の口腔外科は信頼できると、改めて思いました。今後ともよろしくお願いい たします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年11月27日

こんにちは。続くときは続くんですね、また再生療法の話です。右上4番目の歯の前側の部分に7ミリと深い歯周ポケットを認めます。術前のCT画像から見ていきましょう。側面観といいますか、この画面でも矢印部分に骨がなくなっていることがわかると思います。


arkw111.bmp


 この水平面観でもそうですね、骨がない。


arkw112.bmp


 実際オペ前に歯周ポケットを測定すると7ミリ近くスーッとプローブという、ポケットの深さを測る定規が入っていきます。


arkw113.jpg


 歯の根の表面に付着した汚れ、つまり歯石や不良な軟組織を除去した状態です。


arkw114.jpg

 そしてエムドゲインを根面に塗布して事前に採取しておいた自家骨と骨補填材を混ぜて骨欠損部分に置きます。


arkw115.jpg

 そして、適度なテンションで縫合します。


arkw116.jpg


arkw117.jpg

 次の日の確認では、腫れも痛みもなく経過は良好でしたね。このまま順調に治ってくれるといいですね、Aさん。お疲れ様でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年11月26日

こんにちは。えー、術前のレントゲン写真から「抜歯だろうなあ・・・」と思って、一応CT画像を見てみようかな、と思って目黒のKEN  DENTAL OFFICEにCT撮影で紹介した患者さま、実は僕の母のような存在の伯母なのですが、のCT画像を見てみましょう。これを見ても厳しい状 態でありますが、KEN DENTAL OFFICEの山口先生(兄貴)が「小川先生なら残せる可能性がありますよ」とハードルを上げるものだから、困っ てしまいました・・・・。


yjm1.bmp


yjm2.bmp


yjm3.bmp


yjm4.bmp


yjm5.bmp

 いくら動揺(揺れ)がないからって、この通り骨がなかったら処置は不可能ですよ・・・。と、一度は思いましたが、CT画像がすべてではないので患 者さまに確認して「一応再生療法の用意はするけど、オペを初めてみてダメなら抜歯させてもらうかもしれないよ」とお話して、再生療法のオペを行うこととし ました。


 何が難しいかって、奥歯の根と根の間の部分のデブライドメント(根についた歯石を確実に除去して、根を滑沢にすること)仕切ることはメチャクチャ時間が かかりますし、確実に行うことがと~っても難しいことなんです。こう言ってはなんですが「1歯欠損のインプラントのオペ」よりはるかに難しいんです。


 歯周外科後は歯の揺れも出ますし、その固定をするとか考えたらメッチャ手間がかかります。でも大事な歯を残せるのならやってみる価値はありますよ。歯周病でお悩みの方は当院にご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年11月25日

こんにちは。根管治療に関しては一度心が折れた(笑)のですが、気持ちが落ち着きましたのでまたブログでお伝えしていきます。お付き合いのあるフィ ナンシャルプランナーのMさんと、昔ホルモンを焼きながら大好きな「三岳」を飲んで話した時のことですが、とても印象的だったのが「人はどんなことがあっ ても、2日あれば冷静になれるものです」というお言葉でした。その時の話題の中心は「円暴落」やそれに伴う「日本への世界銀行介入」についてでした。そこ は僕のブログの趣旨とは大幅にズレるので詳しい内容は割愛します。誰もそれを僕には望んでない内容でしょうから。


 しかし、僕は「根管治療について書くのはやめよう」と思った事件は、乗り越えるのにもっと時間がかかりました((笑)。そのトラブルにまつわる事柄が夢 に出てきましたし、日々患者さまに接していてもまた同じことがあるのかなあ、なんて考えながら毎日過ごしていました。今は冷静です(笑)・・・ 遅っ(笑)。


 今日お話しするケースは修復物の下に虫歯はあるが大きくはないのに、根管治療が必要な状態になったものを、CTの画像をまじえてお話していきます。根の 治療がよくわからない一般の方でもわかるように、多少回りくどい書き方になるかもしれませんので、セミプロの方は飛ばしながらお読みください(笑)。


 患者さまは該当歯(左下の前から6番目で、奥から2番目)の周囲の歯肉の違和感を主訴(一番気になるところ)としておがわ歯科医院に来院されました。CT画像をいつもの通りITデンタルクリニックに依頼して撮影していただき見てみるとこのような状態でした。

kct11.bmp


kct12.bmp


kct.bmp


 一応歯に詰まった何かの下に虫歯のような、黒く透けている場所が確認できますよね。でもそれが歯の内部の神経の部屋にまでは直接は届いてないようです が、手前側の根と奥側の根の先の部分に黒い影が現れております。これを「根尖病巣(こんせんびょうそう)」といいます。すでにこの歯の神経は失活(神経が 死んでしまったことをこう言います)してしまっているようですね。


 ここで大事なのは「まだ誰もこの歯の根管内部を触っていない」ことなんです。テキトーに触ろうものなら、根管の側壁に穴が開いていたり(場所と程度に よっては修復不可能です)、あらぬ方向に偽根管を作られていたり、何かあってはならない「折れた器具」があったり・・・。さいわいそういったことはないの で、やりやすいと思いますね、このケースは。ただし、その後が不安です。何が原因でこうなったのか、それを考えると正しい「根管治療」を行ったとしても、 力のコントロールは容易ではないからです。


 この状態を患者さまに説明して根管治療は必要ですとお話したら「ぜひ治療を始めてほしい」との旨のお答をいただいたのですが、患者さまのご都合で年内 いっぱいしか市内におられないようで、川崎市に転居されるとのこと。中途半端に触ってしまって責任の所在を不明確にするより、転居先で歯科医院を探された 方がいいのではとお話して納得していただきました。最初に神経の部屋に器具を入れる人が本当に重要です。CT画像のデータを片手に歯科医院を来院するかも しれませんので、T歯科医院のK先生、その際はよろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年11月24日

こんにちは。今日のケースは右上654部分に埋入したインプラントにようやく上部構造(セラミック)が装着されましたのでその報告です。こちらの患 者さまは10月26日のブログで左上456のセラミックセットの方でして、反対側の右上の治療が進んだということです。これで上顎フルマウスのケースでし たがメインテナンスに移行できます。


iwmr1111.jpg

 まずはセット前、アバットメント装着したところです。横から。


iwmr1112.jpg

 はい、下から覗いたところ。


iwmr1113.jpg

 セラミックが装着されたところですね。いいですね。


iwmr1114.jpg


 ここ(上顎)には天然の歯が残念ですが一本もありません。ですが、このような治療が可能なんです。当たり前ですが時間はかかります。しかし、良い結果を 長持ちさせられる状態に仕上げるには時間はかかります。患者さまも苦労すると思います。簡単にいい結果が出れば言うことなしですが、今のところ「自分の身 内にもできる、簡単な方法はない」というのが、今の僕の結論です。つまり「身内にできない治療を、患者さまに提供してはならない」ということです。

 もちろん新しい可能性のある方法にアンテナは張っていますので、将来そういった方法が確実な結果を生むことが確信出来たら、患者さまに還元していきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年11月23日

こんにちは。今日はセレックによる修復がありました。歯と歯の間に虫歯ができてしまって、金属ですと目立ってしまう「下の前から4番目、5番目の歯」の修復です。では虫歯を染めだす薬を使って虫歯を除去仕切ったところから。


yngw11.jpg

 何度かお話したことですが、初めてこのブログをお読みになる方のために説明しておきます。黒い部分が歯にまだ残っているため「虫歯の撮り残し?」 と思われるかもしれませんが、そうではなく「染めだす薬に染まらなかった、着色はあるけれど虫歯菌に感染していない部分」なんです。これを除去してしまっ たら「削りすぎ」なんですね。だから何回も染めだしを繰り返して、初めて正確に「感染部分だけ」を除去できるのです。


yngw12.jpg


 そして治療後、セレックというセラミックの削りだしをして制作したセラミックを装着したところです。これで大きなお口を開けて笑えますね。笑顔がきれいだといいですよね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年11月22日

こんにちは。そして治療後の2人。


ope129.jpg


 疲れが隠しきれないアラフォーが二人(笑)。精一杯仕事させていただきました。

ope130.jpg


 左下大臼歯部に2本の埋入でした。そしてかみお歯科医院の優秀なスタッフさんと。

ope131.jpg


 笑顔じゃないじゃ~ん、と再度撮影。

ope132.jpg


 なんだよ、今度はピンボケやん・・・。って、帰ってから気づいたから撮り直しできないよん。また行くからその時までに笑顔の練習ですよみなさん、いいですね神尾先生(笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年11月21日

こんにちは。ちょっと前の話ですが11月11日はJIADSでした。京都府開業のカリスマ、またの名をパピラーマン(浦野先生命名)、宮本泰和先生 の講義でした。フルマウス(インプラントがなければ総入れ歯のケースをこのように言います)のインプラントケースでは何本埋入が好ましいのか、3iナビ ゲーター(インプラントの直径や埋入深さなどを決めてドリルできるシステム。ツールの本数が多いなあ・・・)を使用したケース、ALL-ON-4コンセプ トにのっとった即時荷重後下顎臼歯部のGBR(粘膜上に負荷がかからず骨の造成ができる)・・・などでした。とても楽しかったですし、ためになりました。

 宮本先生のお話プラス、JIADSクラブの会員発表では12月5日、6日に大阪で行われるJIADS総会(私も参加しますので、おがわ歯科医院は5日は午後のみ休診となります)で発表される先生方のプレゼンがありました。

 しかし、向かう車内では焦りが・・・。間に合うのかよ、早めに出たのに!天候は雨。

iza1.jpg


 そして、幕張周辺ではこの速度・・・おい、高速だよなあ、ココ・・・。


iza2.jpg

 なんてことはありましたが、なんとか間に合いケツの痛くない椅子(後ろの席ではパイプ椅子、前の方は一応クッションあり)を確保できたのでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年11月20日

こんにちは。先日初めて鋸山に行ってみました。車好きの僕は以前ここで「ヒルクライムレース」が行われたこと、当時(18~22歳ころ)ロータリー エンジンのRX-7に乗って(FC3SとFD3S)ため、そのレースで優勝したショップであるJAMRacingに車を持ち込んでブレーキと足回りだけを いじって走り回りました。先輩のHさんは「パワーを上げて速いのは車が速いので、小川が早いんじゃないよ」と諭してくれて、悔しいけれどその通り、腕を磨 くのが先なのか・・・と落ち込みつつも火が付きましてね。下手にショップの親父の言いなりになって、高額なローン組んでしまうより、タイヤとガソリン、整 備に限りある資金を回して腕を磨いた(あれでもがんばったんです、Hさん)わけですねえ。楽しかったいい思い出です。


 そんな鋸山ですが、かなりの急勾配。今回はロープウェーで山頂まで行きましたが、それでも山の切り立った状態はお分かりいただけるかと思います。


saw1.jpg


 山頂駅の大きさと、この手前の岩場のサイズを比較してください!実際に乗っていたら相当なスケールですよ。


saw2.jpg

 これ。


saw3.jpg


 そして山頂からの眺め。ここから、さらに山道をアップダウンすることになろうとは、この時は思ってなかった・・・。それでこの景色。


saw4.jpg


 すごいでしょう?崖っぷち。


saw5.jpg

 ね?


saw6.jpg

 足がすくみました。で、コレ。足もとの岩の下は削られてないじゃん・・・。高所恐怖症ってわけではないですが、これはビビりますよ・・・。ちなみにココは地獄覗きというんですって。覗くことが地獄だと思いますが・・・。


saw7.jpg

 ちなみに下からのぞくと右側の岩の上がさっきのところ。


saw8.jpg

 下りのロープウェーですが、日も暮れていいカンジに見えますね。


saw9.jpg


 そう、あなたが食べたわかめと海苔はここで買うたものですよ~。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年11月19日

こんにちは。さて、本題。朝は意外と早くに目が覚めちゃいました。緊張してたのかな。5時くらいに目が覚めて「切開線はここで・・・」、「剥離した らこんなんだったら・・・」・・・などと気になって二度寝ができないんです。1時間くらいアレコレ考えて目が冴えてしまい、それで起床予定の10分前くら いにうとうと・・・、そして寝てしまったらシャレにならないので、強制的にシャワーを浴びて起きました。


 集合時間にまだ余裕があるので、かみお歯科医院までのんびり歩いて途中のコンビニ(のちにないことに気づく・・・)でご飯でも買って行こうと8:30にはホテルを出発しました。駅前なので駅の写真から撮ってみました。


ope122.jpg

 この標語を見て今日の僕の役目を考え「はっ」としました。攻めすぎるような無理はしない、油断もないように集中する、そして事故を起こさずオペを 終えること、これが僕がここに来た意味であると再確認しました。当たり前のことなのです。これを自分でわかっていたら5:30には2度寝できたのに (笑)。


ope123.jpg

 会津若松といえば「白虎隊」ですよね。あるんですね、こういう名前の通りが。ここをちょっとだけ歩いて、かみお歯科医院へ向かいます・・・が、な いんです、コンビニが。そして不本意ながらかみお歯科医院前を通過・・・(笑)。これは開き直って通行人に聞いてしまえ「この土地のモノではないんです が、どこか朝飯を食べられるところを知りませんか?」と。ご親切にドトールの場所を教えていただき、腹ごしらえ。サンドイッチ2つ頼むのって珍しいのか な?みんな見るんだよなあ。僕が東北の町で半そでだから?


ope124.jpg

 そして神尾先生。昨日のお酒のダメージはないようね(笑)。じゃ、いってみようか。


ope125.jpg

 僕は裏方さん。


ope126.jpg

 そして裏方さん。

ope127.jpg

 徹底して裏方さん。


ope128.jpg


 そして、ちょっとだけお手伝い。左下に2本アストラインプラントを埋入しました。骨の高さが少なめで、幅が不足したためGBRを併用しました。結果は???

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年11月18日

こんにちは。そして打ち合わせが一通り終わってから、市内の飲食店へ。看板もない、のれんもかかってる?という程度のアピールの低いお店を発見・・・したのですが、神尾先生がもつ鍋屋さんを取ってくれているとのことで、後ろ髪引かれる思いで通過しました。

 そしてもつ鍋屋さんで待っていた光景は・・・若者が大騒ぎしています・・・。お店としてはご丁寧にも「団体さんが入っていて・・・」とお断りして くださっていたようでしたが、丁重にお断りしてさっきのお店へ(神尾先生、予約までしていただいていたのに、僕が勝手を言ってしまい申し訳ありませんでし た)戻ってみました。


 とても落ち着いた感じのある、しかし僕ら世代ではちょっと背伸びして来ています、的なカンジのお店です。ちょっとばかし背筋がピンとします。


 そして出てくるおいしい料理の数々・・・。コメントなんていらないでしょう。見れば伝わる?はず。串焼きの串には一本づつお店の名前が入っています。


ope115.jpg


 鶏の味噌ベースの山葵が効いた・・・ほら食べたいでしょ?


ope116.jpg

 きゅうりにも茄子にもわずかに下味が付いています。あれ、なんだろうね、くらいの。そして左はじに写っているものは・・・。うまいですよ。


 
ope117.jpg

 こんにゃくじゃなく、厚揚げの味噌田楽。会津出身の神尾先生に言われちゃいましたが、僕はこんにゃくが基本と思っていたら、会津では「なんにでも付ける」と言われました。

ope118.jpg

 これは隣の常連さんらしき方々が頼んでいたので「うまいはずだ!」と神尾先生が注文して「ビンゴ」でした。すげ~うまい。

ope119.jpg

 当然、銀杏は殻付き。


 
ope120.jpg

 串には店の名「鳥玄」とあります。見難いかな?

 
ope121.jpg

 大きなしいたけ。いや~、食べたねえ。おいしかった。次回の2次オペのときにもぜひここで!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年11月17日

こんにちは。11月14日、15日で会津若松市にあるかみお歯科医院までインプラントの出張オペに行ってまいりました。14日土曜日は午前中のみ診療をして、午後は休診とさせていただきました。多くの方にご迷惑をおかけしました。この場を借りてお詫びいたします。

 さて、おゆみ野の自宅からはまず京成線に乗って千葉駅まで移動します。ここでJR総武線快速に乗り換えて東京駅まで移動します。そして新幹線のチ ケットを買おうと並んでいると「おうおう!これじゃ、乗りたい新幹線に間に合わね~よ!」と割り込みを注意されたならず者がわめいています。メンドーだか ら関わりたくもないし、でもなんとか力になりたい(ならずもののじゃないですよ(笑))し、でも警察がいるし任せておけばいいや、と関わることなく (ホッ)無事乗車。

 そして、秋田の名医が新幹線の中の話をブログに書いていたので、パクっちゃいましょう(まさる先生ごめんね~)。


ope111.jpg


 東京駅で手に入れた和菓子を食べて、お茶をいただき、iphoneで音楽を聴きながら過ごすと偶然虹が見えました。時速200キロ以上で移動する車内からも割とはっきり写真が撮れました。


ope112.jpg


 東京から90分ほどで郡山到着。駅まで車でかみお歯科医院の神尾先生がお迎えに来てくれました。グリーンのいた(いる?)奥羽大学のそばを通過して会津若松市へ向かいます。駅前のホテルにチェックインしてから、かみお歯科医院に到着すると辺りはもう夜。


ope113.jpg


 きれいで立派な建物でしょう。お知り合いが会津で歯科医院をお探しであれば文句なくお勧めです。当院ともリンクしてますよ。院長室でレントゲンや模型などの資料を前に打ち合わせです。神尾先生が使う拡大鏡を試しに・・・着けたらおもろい画像が撮れましたよ、ホラ!


ope114.jpg

 ね、ちょっとウケませんか?初めてこのサイトにいらした方が、初めて僕を見るのがこの写真だったら・・・僕が患者だったら行かないかも(笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年11月16日

こんにちは。今回で最終回ですから、ガマンして(笑)。

 
IMG_2171.JPG


 きりんさんね。この子にも手渡しでバナナをあげました。下が黒いんだよ。大きいけど怖くない、やさしい子です。


IMG_2130.JPG

 ミニブタ・・・って、デケーし!!!すみません、言葉が悪いですね、全然ちいさくないから、君。


IMG_2165.JPG

 鳥たち・・・。僕、あまり興味ありません(笑)。失礼!


IMG_2172.JPG

 でも、ちゃんと餌はあげるし、いじめないよ。


IMG_2167.JPG

 おとなしいね、カメさん。うるさいカメなんていないか(笑)。あ~、楽しいね、動物園は。だろ、仁君?


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年11月15日

こんにちは。矯正治療をお考えの方でこのブログを読まれているとしたら、ご自身がどのような治療結果になるかの説明ってどのようにうけていますか? インビザラインというアライナーの治療で、術後のシュミレーションのイメージを提示して・・・というのは違法のようです(アメリカではそうだと聞きまし た)ねえ。一般の矯正治療でも「自分の術後がどうなるのか興味ありませんか?


 そんな方に矯正診断のこんなオプションがあります。模型を作らせてもらって咬合器にマウントして(かみ合わせを確認する機械ですね)術後状態を事前にシュミレートしたものです。では初診時の口腔内を見ていきましょう。


ns111.jpg


ns112.jpg


ns113.jpg

 重なりがあって、とくに上の前歯部分をきれいにしたいというご希望をお持ちの患者さまです。また、「抜歯しての矯正」や「スペースを作るための歯 の切削はしない」ことも希望されていたので、その場合どのくらい今より出っ歯になってしまうかを確認するために、模型をセットアップしました。


ns116.jpg

 きれいに並んでいるでしょう?そして、左下に写る水色のモノ、これが矯正する前の(正確にはまだしていませんが・・・)状態のインデックスで、こ こに術前は歯が並んでいたということを示しています。それを模型に合わせてどのくらい今より歯が前に出てしまうのかイメージがわくと思います。


ns117.jpg


 横から見ると5ミリくらい上が下より出ていますね(まあ、許容範囲とも言えなくもないですが・・・)。これを患者さまがどう受け止められるかですよね。


ns118.jpg


ns119.jpg


 セファロという横顔のレントゲンの審査からこうなることは「僕らは」わかっています。ただし、それを正確に「患者さま」に理解してもらって、イメージし てもらうことは非常に大事ですよね。僕はそう考えます。お悩みの患者さま、友人知人ご家族が矯正治療について話を聞いてみたいということでしたら、ぜひご 相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年11月14日

こんにちは。今日は午前中でクリニックを閉めさせていただいて、福島県会津若松市までインプラントの出張オペに行ってきます。土曜日ご希望の患者さ まにおかれましては、まことにご迷惑をおかけして申し訳ございません。また、こちらの患者さまですが、歯肉の移植が必要なので2次オペも出張いたしますの で、またどこかで休診日をもうけさせていただくと思います。どうか、ご理解ください。


DSC00371.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年11月13日

こんにちは。噛み合わせのカテゴリーにしましたが、いいのかな?治療において鍵になる歯ってあります。これさえ残せれば、ここに歯があったら、などと日常思うことがあります。それのことです。

 では写真を見てみましょう。

otk111.jpg

 このマルの場所は歯が存在しますが、ばってんの場所には歯がありません。


otk112.jpg

 ということはですよ、装置をかけている虫歯が歯肉より下まで進んでいるこの歯が「鍵」で、この歯がなくなってしまったら⑦65④というブリッジに なって、2本で4本分の力を負担しなければならないわけです。それって4人の職場なのに2人休んだらどうしよう・・・ってのと同じですよね。厳しいわけで す。まず10年なんかもたないでしょうね・・・。


 そしてもたない先にあるのは、今は健全な2本の歯の悲しい結末・・・歯が割れて抜歯、力に耐えかねて揺れて抜歯、被圧変位量(たとえば10キロの力を受 けて1ミリ沈む歯と、1.5ミリ沈む歯が連結されていたらいつか接着剤がはがれますよね・・・)が違うので、どちらかの接着剤が溶けて二次的に被せ物との 間に虫歯ができて再治療、そんなとこでしょう。

 なるべく「歯の保存」をしてあげて、力に耐えられる構造物を作ること、それがこの場合とても大事です。装置をかけた歯は移動して歯肉の外の世界に 連れ出してあげて、視界が開けたら他の歯と同様にブリッジの支えとして活躍してもらいます。4人の職場でも3人ならなんとかなるでしょう。ん?キツイ? だったら助っ人としてインプラントを欠損部分に設置すればいいんです。これは患者さまがどうしたいかにかかっていますから、お互いに納得がいくまで話し 合って治療方針を決めましょう。


 おがわ歯科医院に「先生に任せるよ!」はありませんから(古い付き合いの患者さまの希望はある程度察しますから、そういう場合は除いてですよ)一緒にズレのない共通のゴールのイメージを持ってスタートしましょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年11月12日

こんにちは。こちらの患者さまは、右上2.3付近が腫れたということで来院されました。右上3(犬歯ね)のポケットを審査すると、プローブという歯 周ポケットの深さを測定する「定規」のようなものが12ミリくらい入りますし、歯がぱっくり開いている個所があるため抜歯と判断しました。

 しかし、フィステルという「膿の出口」に当たる腫れから麻酔をしたうえで「根の治療の最終回で使う」ガッタパーチャを入れるとこのような場所にたどり着きました。

akko1.bmp

 歯が破折している場所が感染を起こして腫れているのは間違いない状態でしたが、あやうくこの右上2の根尖病巣を見逃すところでした。電気歯髄診断 にて2の神経は失活している(神経が死んでしまっている状態)でしたので、神経の残骸を取り除き水酸化カルシウムを入れました。この時点で3は既に抜歯し ております。


akko2.bmp

 根の中を無菌的にしてから、垂直加圧にて根管充填を行います(根管治療についてはブログにアップしないつもりでしたが、必要なことなので・・・)。


akko3.bmp

この時点ですでに3部分にはインプラントが埋入されています。オペ中の写真をお見せすることは控えます。根尖部分がしっかり圧を受けて封鎖されている様子です。理解ある患者さまの期待にこたえられるよう、しっかりがんばります!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年11月11日

こんにちは。メインテナンスでお越しの患者さまですが、丈夫な角化歯肉をスライドさせて移植したので見た目は若干傷跡がわかりますが、周囲組織に炎症などはまったくないですね。


ymgt111.jpg


ymgt112.jpg

 今ならば、歯肉に傷はもっと目立たないようにオペしますね。日々進化です。清掃状態も非常に良く、こちらとしてもメインテナンスしやすい患者さまです。でも、上の前歯きれいにしませんか?簡単ですよ。この次のメインテナンスでいかがですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年11月10日

こんにちは。ほんとにデッカいですよ、カバって。もしアフリカの大地でこいつに遭遇したらと思うと、ああ日本に生まれて良かったと思います。押し潰されたら命がないですからね。でも、ここでは口に餌を放り込むことができます。

hpptms1.jpg


hpptms2.jpg

hpptms3.jpg

 こいつ、満足するまで口を閉じません、まだくれって催促します。耳なんか体のわりにちっちゃくてかわいいのね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年11月 9日

こんにちは。今日はインプラントのファイナルのセット後半年経過でのメインテナンスの患者さまです。


skw111.jpg


skw112.jpg


 なかなか清潔にされていて、歯肉にも炎症らしきものは見当たりません。ちなみにそれがインプラントでしょう?


 正解は・・・


skw113.jpg

 ここでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年11月 8日

こんにちは。映画「マダガスカル」で踊るのが好きで有名になった(嘘)ワオキツネザルです。

wao1.jpg

 知ってます?この子たちが住むマダガスカルにしかバオバブの木って生えてないの。


wao2.jpg

 そうなの?と振り返ったわけではないでしょう(笑)。


kpbr.jpg

 世界一大きいねずみのカピバラね。こいつ、顎の下を犬にやるように撫でてあげると、出っ歯2本を突き出してリラックスするんですよ。そのアホ面がとってもかわいい。あ、この子も1番好きかも。順番付けられないなあ。ほら、行きたくなったでしょ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年11月 7日

こんにちは。さて今から2時間前の口腔内の状態を見てみましょう。あまり美しいとは言えない金属が3つも入っていました。とくに痛いとか、虫歯があるということはなかったんですがね。


kakm111.jpg


 でも金属を外してみると少々虫歯になっており、虫歯のみ染めだす薬を使用して虫歯のとり残しがないように確認しました。


kakm112.jpg


 うっすら着色しているところも見えると思いますが、此処は薬に染まらないので「削ってはいけない」部分です。これが今から1時間前の状態ですね。

kakm113.jpg


 そう、これが今の私。奥はかみ合わせの紙の色がうっすら残ってる(歯ブラシで消えます)けど、見違えたでしょ?2時間でこの変化。おがわ歯科医院ならば対応できます。ぜひ、ご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年11月 6日

ええ、ひっぱりますよ、まだ(笑)。
今日は3種類の動物が登場。まずはアライグマ。

araiguma111.jpg

 たまらんでしょう。かわいすぎる。手渡しでバナナをあげたところです。手のひらに「にくきゅう」もあってぷにぷにしているし、一匹持って帰りたい気持ちになります。ここで一番好きかなあ


rsp.jpg

 こっちはレーサーパンダ。千葉市動物園には立ち上がる「あの子」がいますが、こっちだって負けてはいません、2足歩行します・・・嘘です。


mon.jpg

 猿です。バナナとニンジンを同時にあげたのですが、持っていったのはニンジンでした。へ~、そうなんだ。バナナ好きかと思っていたよ。ほら、行きたいでしょ?心がきれいになりますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年11月 5日

こんにちは。さて、いつまでこのネタ引っ張るんでしょうか?どうも大人なのに写真を撮りまくっていました、このブログのために。帰って見てみたらすごい数・・・。とても一日分のブログで紹介するには多すぎるなあ、という枚数に。なので、もうちょっとお付き合いください。


 市原ぞうの国といいながら、ゾウが出てこないですが、今日登場します。まずは、子ゾウの・・・名前なんだっけ・・・、そう「ゆめか」からです(笑)。子供でも大きいね。


ele1.jpg

 続いて、大人のゾウ。大きいね!何度か背中に乗ったことあるけど(ここでは当たり前)、乗ってみないとわからない高さです。けっこう大人の僕でも怖かったりする。


ele2.jpg

 そんなゾウの背中の上でパフォーマンスするタイから来ているゾウ使いの皆さんはすごいですよ。ゾウを2本足で立たせて、その頭の上に立ったりしますからね。ちなみにここには映画にも出た有名人・・・?有名象の「ランディ」がいますよ。


ele3.jpg


 子供のくせに芸ができちゃうゆめかちゃん。


ele4.jpg

 器用なお鼻ですね。


ele5.jpg

 ほら、行きたくなってきたでしょ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

こんにちは。今日は4~5ミリの歯周病ポケットがある患者さまの、術前と術後を見ていきましょう。術前ですが、歯肉が繊維質でじゅくじゅくした感じもなく、一見すると歯周病なんてないんじゃない?っていうように見えますよね。でも、ポケットはこんな感じで5ミリあります。


sd111.jpg


 きちんと部分層弁で歯肉を剥離して(このケースではエルマンの電気メスで行いました。)感染した部分を除去したり、歯肉に隠れて見えなかった歯石を除去したり、骨の上に歯肉を位置付けてあげる、アピカリー・ポジションド・フラップを行いました。

 
sd112.jpg


 どうでしょう。歯肉が短くなり、歯が長くなったように見えるでしょう?短くなった部分の歯肉は見かけだけの実は歯周ポケットだったわけです。こちらの 方、清掃してくれることもたまにあるのですが、ほとんどの回で汚れが多く付着しているような状態だったのです。なので「歯周病の再発を起こさない」という ことを最優先で考えてこういう方法を選択しました。


 たいした清掃をしないでいても、3~4か月に一度のメインテナンスを受けていただければ、再発はそう簡単には起こさないでしょう。そういうオペをしてい ますから。ちゃんと治したかったらおがわ歯科医院にご相談ください。オペ写真は不評(怖い、見たくないというお声があったので)だったので掲載しません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年11月 4日

こんにちは。カンガルーもこんなに近くで見ることができます。昔はカンガルーの飼育されている柵の中まで入れましたが、カンガルーが出産したころか らそれができなくなりました。うちの上の子がしつこく追い回し、逃げても逃げても追いかけてくる人間の子供に弱ったカンガルーは、最後には反撃に出ていい パンチを繰り出していました。


kgr.jpg


kgr2.jpg

 そりゃあ動物がイヤなことをされたら本能で反撃しますよ。そういうこともここでは身をもって学べます。とても楽しい市原ぞうの国。他の動物園でここまで動物に近づけるところは僕は知りません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年11月 3日

こんにちは。日曜日は下の子の誕生日が10月31日だったので「市原ぞうの国」に行ってきました。早いうちから動物に触れさせることは大事ですからね。いっぱい楽しい動物に出会ってきました。


pd1.jpg


pd2.jpg


pd3.jpg


pd4.jpg

 かわいいでしょう???体長15センチくらいかな。臆病なのにこの日は足もとまで遊びに来てくれました。ニンジンかじる姿もかわいいのです。いろんな動物に触れながら餌をあげることができて、リアルな動物を感じることができる数少ない場所だと思いますよ。行こうぜ、仁!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年11月 2日

ありがとうございます。Hさん。僕たちおがわ歯科医院のスタッフ全員が好きな「Hさん手作りケーキ」です。と~ってもおいしかったです!


cake1.jpg


 底の部分が広尾のペーパームーンのチーズケーキを思わせるようなサクサクのココア、もしくはチョコベースの生地で、上は柔らかいクリームチーズのような食感。たまりません。おかわり(笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2009年11月 1日

こんにちは。今日もラバーダムをするためにコンポジットレジン(CRといういわゆるプラッチックですな(笑))で隣の歯との間に壁を作り、マイクロ スコープで歯の内部を注意深く確認して、根管充填を行いました。まあ、レントゲンなどは出しません。その治療をお受けになった患者さまと私が結果は知って いますから。

 私と患者さましか知らない世界です。いいんです、歯科治療(医療全体がそうですかね・・・)とはそういうものですから。それをご理解くださる患者さまとお付き合いしたいです、歯科医師小川宗一が責任をもちます。そういう気持ちで今月もがんばろう!

%E7%94%BB%E5%83%8F%20057.jpg

 これも画像はな~んにも関係ありません。私の従姉が送ってくれた旅行の写真の一部を出しているだけ。絵がないとさみしいですからね(笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2009年10月 | メイン | 2009年12月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医