«  2010年2月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2010年2月28日

こんにちは。終わってみれば簡単なインプラントオペなのですが(麻酔をしてから縫合終了まで30分)それは結果そうであって、術前のCTによる審査では「場所を選ぶなあ」と思ったものです。まず術前の口腔内の状態から見ていきましょう。


ktok1.jpg

 こう見ると問題なさそうに見えます。しかしCTを見てみると・・・。向かって右下部分が該当部分ですが、幅がやや狭いですね。実測値は手前部分が6.8ミリ、奥側が9ミリ
でした。

SLY-010.bmp


SLY-005.bmp

 これではフラップレスは怖いですから、しっかりフラップを形成して舌側の骨面をしっかり見ながらインプラント埋入のオペを行いました。埋入後です。

ktok2.jpg

 縫合後です。緊密に縫合して術後の裂開を起こさないように配慮します。


ktok3.jpg

 縫合した縫い目ですが、どちらか一方に寄せておく配慮もします。でないと舌に触れて違和感が大きいですからね。翌々日に傷の確認にいらっしゃいま したが、残根の抜歯より痛くなかったとのこと・・・。そうなんですかあ。まあ、痛くないのは良かったですが、手放しで喜べないなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年2月27日

こんにちは。カテゴリーは矯正かしら・・・。左上7が残念ながら抜歯となり、インプラントにするかどうかの話から「8が埋まって残っている」という ことがレントゲンで確認できたため、それを移動して7の位置まで持ってこようという計画を立てました。治療前の口腔内写真から見ていきましょう。なんとな く歯のようなものがわずかに見えますでしょ?


nk111.jpg

 エルマンの電気メスで邪魔をしている歯肉を整形します。そして6の両サイドに矯正用インプラントを設置します。3分で終わります。


nk112.jpg

 歯の頭の部分に矯正用のゴムをかけるフックを装着し、矯正用インプラントとゴムで固定・牽引します。

nk113.jpg


 そして現在の様子ですが、親知らずという8番目の歯を移動することで7番部分の欠損をインプラントを使わずに補うことができました。

nk114.jpg


 ただ、生えている場所としてはまだ不充分であり、今後自然挺出(噛み合う歯がないと歯が抜けていき、噛み合う相手があるところで移動すること)を待っていきます。なるべく余計なことはしない、なるべくインプラントはしない、こういう治療もおがわ歯科医院は得意です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年2月26日

こんにちは。以前ご紹介したケースですが進展があったので、初診時から振り返って再度見ていきましょう。まずは初診時の状態ですが、歯列がとっても狭くて一見すると「抜歯ケース」だと思われると思います。


PICT0456.jpg

PICT0464.jpg


 ただしそれは成人矯正であればの話で、筒井塾の考えでは拡大床を選択して抜歯せずに歯を並べるスペースを作ります。まず非抜歯、非外科が第一選択となり ます。そのコンセプトに則って拡大します・・・が、この時点では私がクアドヘリックスという固定式の拡大装置を好んで使用しておりましたので、若干今の僕 のスタイルとは違う装置が入っていますが、コンセプトは一緒です。

PICT2255.jpg


 この装置では歯が主体で拡大を行うので、骨枠の外側に歯が移動してしまう傾向がありました。しかし、筒井式の拡大装置はしっかり骨面に作用するよう床の 形態からかなり細かいです。セミナーの際、多くの先生方の型取り・模型がダメだしされていました(当然、僕もはじかれました・・・)が、それくらい作った 模型が結果を左右するということですね。細かくは言えませんが、工夫をした装置を今は使わせていただいています。そして、ワイヤーを使っての矯正を開始し て、ジャンピング・プレートを装着しました。ここまで矯正治療を開始してから9か月です。これを長いと考えますか?短いと考えますか?


PICT3151.jpg


 この時が一番大変だったはず。がんばったね、Sちゃん。この装置を使ってもらうこと2ヶ月半、でようやく前歯の反対咬合の部分は改善したね、抜歯せずに!

PICT0541.jpg


PICT0542.jpg

 でもね、まだ上がきれいなUの字型になっただけで、下もこれからだから先は長いよね。でも、。大事な大事な永久歯を抜歯しないで矯正治療が可能 だったら、一定である噛む力(将来食いしばりなどの力で大きくなることはあるケド・・・)に対して歯を少なくしたら1本当たりの支えなければならない力は 大きくなってしまい、歯が傷んでしまいますが、それを回避できます。


 抜歯ケースの矯正を受けた患者さまで、周囲の歯にクラックが入っているケースを良く見ます。おそらく、抜歯矯正をしていない人よりも頻繁に・・・。マイ クロスコープで確認しますが、けっこう見たことある人はスゴイですよね・・・。見た患者さまなどもショックを受けてしまう方もいます。これがおがわ歯科医 院が非抜歯を第一選択する理由です。治療期間には代えがたいと思いますが、どちらを選ばれますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年2月25日

こんにちは。言葉になりません・・・。なんでしょうか?みなさんも見てください。患者さまは10歳8カ月の女の子です。レントゲン写真をクリックしてくださいね。


bkoy.jpg


 7は7番目の永久歯で親知らずじゃないですよ。その手前の歯ですが、こんなに大きな虫歯があります。レントゲンで黒く写っている場所ですね。こうなるま で痛かったはずです。本人に聞くと「痛かった」と言います。6歳臼歯が10歳でこの状態。一体どういう生活を親がさせていたらこうなるんでしょう か・・・?子供さんは悪くありません。歯を磨かなければどうなるか、大人は経験から知っていますが子供は知らないし、親や祖父母など大人に教わるもので す。


 この歯、虫歯を除去すると歯肉のはるか下までダメージを負っていて、しかも根の先を見ると黒い影ができています。歯の内部に感染が拡がっており、神経が 死んでしまって化膿しているわけです。お子さんも痛ければ「痛い」と言うでしょうし、お子さんの口の中を1カ月に1度でも覗いていれば、もっと早くに手を 打てたはずです。当院にお越しになる大多数のお母様は大変熱心です。お子さんの健康に常に気を配っているお母様がたには信じられないことではないことでは ないでしょうか?

 この歯は抜歯寸前の状態です。なんとか救出したいものですが、そういう親御さんは途中で来なくなることが多いですから・・・。この子も以前通院し ていましたが、ちゃんと来たり、無断でキャンセルしたり、治療すべきむし歯が残っているのに途中で途絶えたり・・・。子供は悪くない、親次第ということで す。書いている今も怒りに近い感情があります。「世の中の子供を周囲も協力してみんなで育てる」、そういう意味から僕はしっかり子供たちを守っていきたい です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年2月24日

こんにちは。今日ご紹介するケースは歯の痛み以外にも、不定愁訴をお持ちの患者さまの噛み合わせの診断を行うための審査についてです。正しく咬合器 という噛み合わせを再現する機械に、上顎と下顎の模型をセッティングするためにフェイスボートランスファーという操作をします。その上で咬合器にフェイス ボーをセットして模型を着けている(マウントすると言います)ところです。


pa3.jpg

 そして上の歯に合わせて下の歯の模型を装着したところです。


pa111.jpg

 なんと、上の歯で下の歯がまったく見えません・・・。噛み合わせがはまり込んでいます。筒井塾の5大禁忌の「はまり込む咬合」ですね。やってはな らない状態になってしまっているわけですから、様々な不定愁訴が出てくることでしょう。しかし、これをリリースすればかなり楽になりそうですよね。


pa112.jpg

 上の歯並びも窮屈そうです。


pa113.jpg

 下もです。どうやら前方から押し込まれているみたいですね。ということは「下顎を後方に押し込んで」いるわけですし、その分「顎関節に負担をかけ る」噛み合わせであることがわかります。つまりどれも筒井先生のおっしゃる「やってはならないこと」が起こっているための症状であることがわかります。な ぜこうなったのか、その原因がわからなければ、治癒への道はわかるはずがありません。


 さまざまな症状をお持ちの患者さま、かかられている先生に「私なぜ、こうなってしまったんでしょうか?」と聞いてみてください。「そんなのわかりませんよ」という先生にはあなたの悩みは解決できませんから。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年2月23日

こんにちは。今日ご紹介するケースは左下45の金属が取れてしまっている部分はセレックによるメタルフリー修復、奥の67についてはインプラントを 用いたセラミック修復を行いました。一度にすべて進めたわけではなく、一旦45部分は保険の金属で修復したのですが、下はお口を開くと見えますから気に なったんでしょう、2年と4カ月後のメインテナンスの際にセレックによるオールセラミック治療をし直したんです。


 では、術前の状態から見ていきましょう。

ikd111.jpg

 奥のインプラント部分は二次オペ時に不足する歯肉の移植を行ったりしました(Iさん、お疲れ様でした!)が、その後メインテナンスと言ってもお掃 除できているかの確認だけ(確認だけで済んでいるのは、Iさんが丁寧に清掃しているからですよ~)させていただいて、早2年ちょっと。今回は患者さまから 「金属を見えないように、きれいに修復しなおしたい」との申し出があったため、セレックの修復をご紹介して手前もきれいになりました。

ikd112.jpg

 目立たなくなりましたね。


ikd113.jpg

 67のインプラント部分の横には角化歯肉が不足したためフリーグラフトをしました。ちなみに採取片が小さくなってしまった場合はこのようなスリットを入れるのもありですね。

fgg.jpg

 いずれにしても、がんばりすぎて一気に、なんてしなくても焦る必要はないんですよね。インプラントしたら嫌でも僕とは長いお付き合いになるわけですから(笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年2月22日

こんにちは。今日ご紹介するケースは開咬と言って前歯が噛めず、おそばなどが噛みきれない噛み合わせの治療についてです。成人でこうなっているケー スは骨の成長を利用できないということがあるため、僕にとっては非常に難しいため矯正専門医を紹介させていただいております。それはなぜか?ちゃんと理由 があります。筒井塾で筒井照子先生にくどい(失礼・・・そんな風には思っておりませんが、けっして)くらいに言われた「矯正治療でやってはならない5大禁 忌」というものが存在するのですが、これらです。

5%E5%A4%A7%E7%A6%81%E5%BF%8C.jpg

 成人の開咬を治療する場合この中の「バーティカル・ディメンジョンの低下(今より深く噛みこませること)」にあたる行為を行わなければならず、場 合によっては「顎関節に負担をかける」ことになったり、「下顎を後方に押し込む」ことになる可能性を秘めており、非常に困難な治療となります。そういった 理由から僕が治療を行うことは難しく、矯正専門医の先生にご紹介しています。しかし、彼ら(矯正治療の専門家)は専門医ですから逃げられませんよ ね・・・。困難で難しいのは同じだとは思いますが、ちょうど僕がインプラントと咬合の困難なケースから逃げられない(逃げませんけどね。逃げるとは、 ちょっと語弊がある表現かもしれませんね・・・)のと似ているように思います。


 しかし、成長期は話が別です。成長の要素を利用したり、態癖と呼ばれる「生活習慣の中にある悪い癖」を改善すれば自然とフェアウェイに戻ってきます。まず治療前の状態から見ていきましょう。

skr1.jpg

 上の歯列が狭く前歯が噛んでいませんね。まずは上の歯列の拡大を行います。大臼歯(奥歯ね)はそれほどでもないが、小臼歯(前から4、5番目の歯)辺りが特に狭いのでファン(扇形)タイプの拡大装置を装着して拡大を行います。


skr2.jpg


 そして、拡大を行いながら「舌の悪習癖」つまり上下の前歯の間に舌を挟む癖、を行えないようにする装置を装着します。いつも矯正装置の製作でお世話に なっている「ボウザーアーツ」の関さん、毎回適合の良い技工物をありがとう!安心してセットできるし、最初タイトで納まらなくても「安心して」調整できま す。そうするとドンピシャだしね。


skr4.jpg

skr3.jpg


 そして、最初の写真から9カ月経過した現在の状態です。向かって右側の2番目の歯が噛みこんできていますね。


skr5.jpg


いやあ、癖って怖い・・・。当院で矯正治療を受けている患者さまは「態癖」についてのDVDをお見せしますが、しっかり見ていた患者さまは「ですよね~」 とおっしゃっているのでは???理解の深い患者さまとのお付き合いはとっても楽しいし、評価をしていただけるのでうれしく思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年2月21日

こんにちは。今日ご紹介するケースはものすごく手がかかっているんです。まずは治療前の状態から見ていきましょうか。

hsn1.jpg

 良くある術後の変化ですね。保険の歯でしょうか、周囲との色の不調和、歯肉付近の不適合、などがありますね。おそらくメタルコアと呼ばれる、金属 の土台が入っているのでしょう、そういう歯肉の色をしていますね。ですが、すべて原因と結果は関係があるわけですから、原因の除去を行って、問題点を改善 すれば・・・。にしても難しい歯の色ですねえ・・・。ちなみに、向かって右の4番目の歯はセレックにて修復しています。


hsn2.jpg

 寄りの画像。


hsn3.jpg


 色の確認に日本橋で開業しているD-SPECの安部さんに来てもらって、シェードテイクなる作業をしてここまでたどり着きました。もちろんいつもやって いる、マイクロスコープを使用しての根管治療を行い、グラスファイバーにて歯を壊さないように土台を作り、圧排糸を歯と歯肉の周囲に巻いて、オーダーメイ ドの型取りの器を作り、変形の少ないシリコンを用いて型取りをしました。

 やることやれば、ほらこの通り。おがわ歯科医院ならここまでできます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年2月20日

こんにちは。今日はレアなケースです。まだ治療を当院で開始したばかりですが、以前通われていた病院ではかなり高額な治療費の提示を受けていたよう で、僕の見積もりをご覧になって「え?これだけ・・・?」とおっしゃっていたことを思い出します。まず今現在の状態から見ていきましょう。

D3.jpg

 当院ではポピュラーな通常使う拡大床が入っています。「ん?普通じゃん」と思いますよね。ではCTの画像を見ていきましょう。


d33.jpg

 青い矢印が永久歯の犬歯(3番目の歯)です。緑の矢印は乳歯のD(4番目の乳歯)です。2本の歯が埋伏しているのです。しかも前医(もしくはその 前の歯科医師)に「埋まっている乳歯は抜いた)と説明を受けたそうです。ホント・・・?だとすると3本も同じ部位に埋伏歯があったということですよ ね・・・。それって超、レアじゃないですか?

 まずは、生えてくることができるだけのスペースを作ってあげます。そのための拡大床ですね。そして今は奥の4番目の永久歯の頭がじゃまをしそうな 位置にありますが、余裕を作ってからまず乳歯を抜歯します。そうすると自然に3が降りて・・・来てくれたら言うことなし、簡単簡単。きっとこの位置に長く 存在しているので、萌出力が弱くなっていて出てこない可能性があります。その時に備えて「拡大床にフックを着けて」あるのです。出てきてくれない場合は牽 引します。


 患者さまが、しかもこれから無限の可能性を持つお子さんが困っている。なのに、他の誰もできないだろうから・・・と思ったのかどうかは知りませんが、高 いチャージであるということに疑問を持ちます。健康な環境からわずかに逸脱した、ゴルフ(しないんだけど、俺・・・)に例えるとちょっとしたラフに入った ボールを、フェアウェイに戻すだけじゃん・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年2月19日

こんにちは。世間はバレンタインデーということでしょうけど、小川は筒井塾矯正コースのフォローアップコースに参加してきました。今回はクラス1の クラウドをT-アライナーを用いて治す、というテーマです(業界用語は業務連絡程度に考えてください)。第二回はクラス2、第三回はクラス3らしいです。 クラス1は横から見て上下の顎の位置関係が正常、クラス2は上の前歯が出ッ歯、クラス3は受け口を指します。

tti1.jpg


 筒井グループはこういった指示書に、歯を動かす距離、歯体移動なのか傾斜移動なのか、何ミリ動かすのか、ディスキングするのか・・・などを細かく指示を します。ぜ~んぶコンピューターがやってくれる(?)クリア〇ライナーとはちょっと・・・どころかかなり違うんです(パテントの関係から言及することはで きません。あしからず)。

 当日ケースとして出て「指示書を自分で書く」という実習がありました。が、こんなん、普段の診療ではあまりない「義歯を使っている60代の女性」なんです・・・。これでもT-アライナーは矯正可能です!!!この前歯の重なりを「見えない装置」で改善可能なんです!

tti2.jpg

 こちらの常識で「この方は矯正しないだろうな・・・」というのは「思い込み」で、患者さまはこちらが思うより「気にしている」もので、「気になっ ていたのよ」ということで矯正になるケースもあります。どなたでも歯並びについて気になっていたら色々な解決方法がありますので、おがわ歯科医院にご相談 ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年2月18日

こんにちは。ジムで履いている靴の底が剥けてしまい、おまけにかかとにエアが入っているので(普通ですか?)トレーニング用に靴を新しくしました。靴底がダイレクトなレスリングシューズです。タイリント08といいます。知っている人がいたら、それは素人ではないな。


IMG_041123451.jpg

 寄ると・・・

IMG_041246147863.jpg

 かっこいいでしょう。足で踏ん張る種目は違いがわかりますね。エア入りの靴のようにふらつかない!こんなに違うんだ・・・。びっくり。踏ん張りが利く分、成長がありました!


IMG_041345456768lkjl.jpg

 ベントオーバーローが90キロに達しました。これも靴のおかげかな!大事に使います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年2月17日

こんにちは。近々症例を交えてお話ししなければならないのですが、これまで使っていたVAIO(XP搭載)はとても古くご老体なのです。もう引退さ せてあげようかと思い、後輩のO君のアドバイス「Windows7はかっこいいから、必要ないかもしれないけど見てほしい」という言葉から、COREi3 搭載のVAIOを買いましたよ。ポイントでipod
nanoまでね。


VAIO.jpg

 これで、XPの仕事機(レセコンと言います)、この(エンデバー)VISTA、セレックもVISTA、VAIOの7と3つのOSがありますから、 使い勝手の違いなどこれから探ってみます。僕、3年前まで「フォルダって何???」「メモリって???」って状態でしたが、使えばなんとかなっちゃうもん ですね。英語も必要な環境に行ったらしゃべれるんちゃうの?というのは思い込みですかね(笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年2月16日

こんにちは。おいしいものは趣味です、僕の(笑)。おいしいものを食べられるって幸せですよね!しかも、同じものをおいしいと感じてくれるパート ナー、友人に恵まれたらなおさらです。それには「しっかり噛める歯が不可欠」ですから、そういった部分でみなさまのお力になり、社会貢献できることが僕の 喜びです。まず、お通しの味噌風味の皮さしですね。コラーゲンが豊富で女性にはうれしいことでしょう。

ssk9.jpg

 お刺身はトラにはしませんでした。が、充分においしい。良質なたんぱく質を食べているというカンジで、なんちゃってビルダーの僕にはうれしいですね。

ssk10.jpg


 鍋はトラさんにしました。

ssk11.jpg


 サラダ、ですよ、これでも。刺身の盛り合わせではありません(笑)。


ssk12.jpg


 思いつかないですよ、スペアリブって・・・。これが、めちゃくちゃ、うめ~!おかわりしちゃいましたもん。味噌味です。想像つかないでしょ?食べに行ってください。


ssk13.jpg


 とちょっと贅沢な一日を過ごしたという話。実は生涯で3度目のふぐでした。ごっさん!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年2月15日

こんにちは。今日はTVで朝からオリンピック速報的な映像がたくさん流れていますね。その中で「そりゃあねーだろう?」という言葉の数々・・・。日 本中の期待を背負っての出場となる上村選手、残念ながら4位という結果でしたからメダルには届きませんでした。もちろんメダルが取れたら言うことなしだっ たわけですが・・・。

 〇ジテレビなど、「惨敗」という文字が使われています。勝手なもんですよね、他人が一生懸命やっていることに乗っかって盛り上がって、メダルが取 れなければ「あ~あ」的な評価を下される。アスリートは本当にシビアな世界で戦っているのですね。世界で4位ですよ。もっと評価されていいはずなの に・・・。「売り上げが千葉で4位の会社を経営しています」という会社社長がいたとします。そんな話を耳にしたら、おそらくみなさんは「おお、スゴイです ねえ」と思いますでしょ?


 そんな彼らの活躍の場をさらに縮小させるような事業仕分け・・・。国として金メダルが欲しいのならそういう部分から改善をしてほしいものです。オリンピックの代表選手のみなさん、がんばってください。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

こんにちは。新潟再生歯学研究会のセミナーですが、午前中にJACDの白石先生のお話がありました。バランスが良くて好きな先生の一人です。おおま かに言って、自分の目を養って良心に則って仕事せよ、と受け取りました。そう思います。インプラントメーカー(特に大手)主導で仕事をさせられてはいませ んか?という部分もおもしろくて。多いですもんね、メーカーのスピーカーになっている人。

 面白い話を聞いての帰り道、新潟駅で面白いものを発見しました。


ssk7.jpg


 わかります?ディーゼルなんですよ、ホラ、煙突がある。何度も新潟には来ていますが初めて気が付きました。そして、新幹線に乗って浦佐あたりかな?新潟 市内は履いて行ったスノーブーツが浮いてしまうくらいあったかかった。15度くらいありましたから、暑がりの僕はポロシャツ1枚で外にお茶を買いに行きま したし。

ssk8.jpg

 せっかく新潟まで行ったのに、ここで遊べないなんて・・・。くう、仕事だもんね。しかし、このスケール、すごいよなあ。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年2月14日

こんにちは。知ってます?逆チョコ。


cho1.jpg


cho2.jpg


cho3.jpg

 いつもありがとうの気持ちを込めてスタッフに、と思って買ってきました。君たちがいるから僕は仕事ができるのだ。感謝しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年2月13日

こんにちは。1月30日は午後を休診にさせていただいて、新潟再生歯学研究会のセミナーに参加するために夕方発の新幹線で向かいました。セミナー自 体は日曜日です。仲間と東京駅で待ち合わせたのですが少々早く到着してしまったので、駅の地下をブラブラしてお茶でもしようかなとお店を探していたら、発 見!お茶ではないですがね(笑)。

ssk1.jpg


 ちょっと1杯だけ飲んじゃいました(失礼・・・)つまみも種類があって、カウンターだけのお店ですが居心地良かったな。そして、新潟に到着してから困ら ないように事前に店を決めようと僕が提案したのに、AB型とB型が「どこでもいいよ~」と言うもんだから困ってA型に相談すると、いくつかネットで調べて 一緒に探して「ココ、いいよ」「いや、京都風おでんがいいなあ」・・・などとやり取りしたのですが、最後は「ABとBに聞いて決めていいよ」となりまし た・・・。あ~あ、決まらないよ・・・。そして結局、いつも入れるココに来ました。かんぱ~い。まず、B型とA型。

ssk2.jpg


 そして、O型とAB型。

ssk3.jpg


 鮟鱇鍋を食べた後、雑炊を煮ています。ぐつぐつ。

ssk4.jpg


 一旦、ホテルのB型の部屋に戻って「?ないな」を飲んで1時ころ、誰でもからともなく「ラーメン」に向かいます。O型が注文したきくらげいっぱいラーメン。

ssk5.jpg


 A型はこれ。明日くせ~ぞ~(笑)。

ssk6.jpg

 B型は替え玉してたね。いいのかあ?勉強の話はまた後日ね。今日は血のタイプでお送りしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年2月12日

こんにちは。長年つかっていたブリッジ(⑤6⑦のブリッジで5が痛むようです)の土台部分がお痛みがあるとのことで、来院された患者さまですがレン トゲンを撮ってもはっきりしたことがわかりませんでした。しかし深いポケットがあるのはわかっていましたのでおそらく歯根破折だろう、と。

 ブリッジを除去して、再度プローブを差し込んでみると(もちろん麻酔した状態ですからね、患者さまは痛みはないんですよ)10ミリ以上の深いポケットです。この部分だけピンポイントでこの深さです。


%E6%AD%AF%E6%A0%B9%E7%A0%B4%E6%8A%98.jpg

 結局はこの部分抜歯となりました。抜いてみたらバラバラというか粉々でした。75歳の患者さまにご希望を伺うと「同じようにいつの間にか壊れてい て、抜歯になるのは怖い。ブリッジは不安」ということで、患者さまは義歯を選択されました。4と7を大きく削ってまで再度ブリッジを作っても、あまり長持 ちは期待できないと思われるので賢明な判断だと思います。保険できるから・・・と恐ろしい設計の補綴をされてはいませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年2月11日

こんにちは。今日のお話はマウスガードで、スポーツ選手や部活をする学生さんたち向けの話です。接触があるようなスポーツ、たとえばバスケットなんかはゴール前ではすごいことになっていて「肘で歯を折る子」がたまにいます。

 格闘技は当たり前ですが、歯折れますよね・・・。僕が以前打撃を習っていた極真空手の師範代の方は、やはり稽古で折れて前歯が人工の歯(いわゆる さしば・・)でした。僕の経験ですが打撃を習っていたころ、口を半開きにしたところにアッパーが入りまして、しばらく顎関節症になり口が開かなかったです し、噛み合わせも狂っていました。しっかり噛み締めながらスポーツをするって大事ですね。

 そう、今僕が通っている「BIG BEAR GYM」のコーチの服部さんにマウスガードの製作を頼まれまして、やるなら変わったのを作ろうよ、ということでできあがったのがコチラ。

coach1.jpg

 とコチラ。


coach2.jpg

 カッコいいでしょう?僕もお揃いで作りましたので、今日はこのイタリアカラーを使いました。これを着けると最後の2レップの踏ん張りが違いマッス ル。今日は1種目目で「こんなに張るのは久々だなあ・・・」と思える違いを、改めて実感しました。ご興味のある方、どうぞ、ご相談ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年2月10日

こんにちは。今回のテーマですが、昨日と半分被りますね。でも「歯牙の意図的再植術」とはちょっとおもしろいアイデアがありますので、退屈はしないはずですよ。同業者の専門医の先生には退屈なネタでしょうから、恥ずかしいですしお読みにならないでください。

 部位は右上の3.4についてです。3(緑)はクラウンレングスニング(周囲の歯肉と骨のトリミングをすること)をして保存、4は抜歯の計画を立てていました。まずは術前の状態から見ていきましょう。

kmng1.jpg


 3は歯肉に埋もれていますが、歯根が長いことから保存は可能だと思います。4は・・・エクストルージョン(矯正的な移動)にも反応が良くなかったので、 アンキローシス(骨性癒着。予後が悪いんです・・・)を疑い抜歯を考えていました。そして、昨日に引き続き3の余分な歯肉を除去したところです。

kmng2.jpg


 途中で切れちゃうから、こうやって丸く除去するのってちょっと難しいんですよ。歯周病専門医には簡単な作業でしょうけれど、僕には難しいんですねえ。そ して、4の抜歯を行ってみたら4は歯根が曲がっていたからなかなか出てこなかっただけで、感染がないことがわかりましたので180°回転させて再植(抜い た歯をまた戻すこと)することを考えました。その前に血流がよくない(うまくいかない可能性を話してあります)骨にディコルティフィケーション(あえて血 流の良くない部位に出血を起こすこととお考えください)を行った様子です。

kmng3.jpg


 そして一度抜いた歯を180°回転させて再度植立したところです。歯は円柱じゃないからぴったり収まらず、少々浮き上がりますでしょう?それを利用してエクストルージョンでは移動できなかった分を補填しました。

kmng4.jpg


 国立ご開業の下地先生がおっしゃっていた「歯が埋まっていた位置まで埋めてあげてください」という言葉を参考にして、余分な歯根膜は除去しました。そして糸で固定してあります。

kmng5.jpg


 横から見たらだいぶ歯が浮き上がったように見えますね。

kmng6.jpg


 しばらく安定するまで待ち、その後連結のプロビジョナルを作りましょうね。Kさん、お疲れ様でした。これがうまくいけばインプラントを設置する場所が1 か所減りますね。患者さまのために「この歯残せるけど抜歯してインプラントのが・・・」なんてことはいたしません。この歯を残すことより、インプラントを 設置して患者さまを一生メインテナンスする方がはるかに難しいし、大変なことだからです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年2月 9日

こんにちは。本日は左上3のエクストルージョンという挺出を行ったあと、クラウンレングスニングという歯肉に埋もれた歯を救出するオペと、その隣の 歯を抜歯させていただき(保存を提案して被せ物を除去したのですが無理でした・・・)、それと同時にインプラントを埋入しています。歯の移動が終了してオ ペをする直前の状態です。

mtr1111.jpg


 青いドット部分の歯は抜歯してインプラントを埋入します。緑のドット部分の歯は保存してクラウンレングスニングという処置を行います。クラウンレングス ニングとは歯の周囲の組織の位置を下げて、歯肉の上側に見える部分を増やしてあげて被せ物などをしっかり作れる状況にしてあげる「歯の救済処置」ですね。


mtr1112.jpg


 ほら歯が見えないでしょう?このまま被せても(そうなっている歯、けっこう見ます。長持ちするわけないのに・・・)取れやすい歯になってしまいますから、必須の処置なわけです。


mtr1115.jpg


 手前の歯が姿を現しましたね!除去した歯肉です。


mtr1115.5.jpg

 そして奥の歯を抜歯して、きれいに汚れがない状態に掻爬してインプラントを正しい位置に埋入したところです。

mtr1114.jpg

 抜歯即時インプラント埋入ですから、口蓋側よりにやや深めに埋入します。そいてコラーゲンをインプラント上に設置して縫合した様子です。


mtr1116.jpg


 インプラントに負荷をかけられるようになるまでの間に、別部位の根管治療を行っていきましょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年2月 8日

こんにちは。今日はインプラント上のオーバーレイ・デンチャーの製作過程での話です。前歯をセラミックで修復する時って、慎重に色を合わせたり、形 態を決めるためにプロビジョナル・レストレーションで長期間様子を見たりしますよね。義歯(入れ歯)ってそれ、やりますか?やったことある人?・・・あま りいらっしゃらないようですねえ。

 今日ご紹介するケースの患者さまは比較的お若いので、もちろん見た目の回復もとても重要になってきます。歯の形、唇の落ち込みがないか、自然に 笑ってどのくらい歯が覗くのか、機能的なことでは安定が得られているか、下顎を動かして充分固定されるのか、そういったことを確認できます。こうやって。

kwmrtf1.jpg

kwmrtf2.jpg

 まず、前歯だけを並べています。この状態で前述した試適という確認を行います。問題がなければ仕上げとなります。今回は多少ガミー(一般に歯茎が 長い、という状態です)になってしまい、その改善のみ行い次回もう一度試適させていただきます。どうしても保険の義歯ではできることとできないことがあり ますが、こういう部分が正当に評価されるようにして欲しいものです。ちなみに固定源は3本のインプラントです。インプラントと義歯の技術の合わせ技、と いったところでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年2月 7日

こんにちは。今日は日本橋で開業されている技工士の安部さんに来てもらって、セラミックの色合わせを行いました。一旦セラモメタルで仕上げて仮着けをさせていただいていたのですが、色合いがどうしても暗いので色の作り直しをさせていただく事としました。


shade%20take.jpg

 色々打ち合わせをして今度は完璧な物ができることでしょう。いつもありがとうございます。ついでにセレックの導入をお考えのようなので、それについてもお話しました。僕らの見る色合いと、それを再現する側の人が見る色合いは違うものなんですねえ。勉強になりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年2月 6日

こんにちは。いつもよりタイトルが長くなってしまいました。1月23日にブログで報告したケースですが、左上4部分の欠損をインプラントを使用して 修復することを選択されたので、オペを行いました。ブリッジ除去前のCT画像ですが、一番骨幅があるところの断面です。青いドットが上顎洞底を指してい て、緑のドットが歯槽骨の部分を指しますので3DXではこの厚い部分で3.78ミリでした。

yjct.bmp

 横から上顎洞に穴を開けて行うサイナスリフトの適応と考える先生もいらっしゃるかと思います。サイナスリフトもソケットリフトもどちらも良い方法 なのですが、今回は上顎洞内に炎症所見がなく、タバコなどのリスクがない、多数歯のインプラント処置ではない、などからソケットリフトをピエゾを使用して 行ないました。また、初期固定を充分なものとするため、骨の削除を最小限にするリッジエキスパンダーを用いて骨を削らずにインプラントの設置を行う工夫も しています。

yjden2.jpg


 プロビジョナル・レストレーションを除去したところです。35間の距離は7ミリですから、歯とインプラントは1.5ミリ離さなければと言われていますが 4ミリのインプラントを誤差なく埋入して、ちょうど1.5ミリづつ隙間ができるわけです。シビアな仕事でピリピリですねえ。患者さまはリラ~ックス、でい いんですよぉ。

yjden3.jpg


 上顎洞底まで3.78ミリですから(3DXによる)慎重に、しかし安全にピエゾを用いてオペを行います。軟組織を「傷付けにくい」・・・傷つけないわけじゃないんですよ、術者次第です。

yjden4.jpg

 ネジのような構造をしている「リッジ・エキスパンダー」というツールを用いて骨を「コンデンス(圧縮)」しながら、インプラントを設置する部分の骨を拡げていきます。つまり「骨を削らない」んですね。

yjden5.jpg


 骨補填材を用いてシュナイダー膜という上顎洞内の粘膜を挙上してインプラントの設置をします。

yjden6.jpg


 スーチャーはプラークの停滞が起こらず、ウィック・エフェクトも起きにくい5-0モノクリルを用いて縫合します。糸の結び目は歯肉の切開上には来ないように配慮します。

yjden1.jpg

 レントゲンですが、インプラントが既存骨内に半分、骨の造成をした部分に半分存在するので、一般のオペよりも長めに待っていただいてから次のステップですね。半年くらい待っていただきますが、長期良い予後をお約束するためとご理解ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年2月 5日

こんにちは。昨日の続きですが、あのような幅のないところにインプラントを設置するといくら正しい方向に埋入してもこのようになります。マイクロスレッド部分すべてとスレッド2つ分が骨から露出しています。


nm1113.jpg


 露出部分に骨補填材を置き、その上にチタンメッシュをトリミングして置き、チタンのピンで固定します。この意味はインプラント周囲に充分な厚みを持った骨ができるまでの間キチンと作業の場を確保すること(スキャホールド)にあります。

nm1114.jpg


 そして、チタンメッシュの上に結合組織または生体に馴染みの良い吸収性メンブレンを置きます。今回は後者を設置しました。これは文献的に有意差のある データはないようです。JIADSではこのようにされている先生が多いようなので、諸先輩方に習ってそうさせてもらっています。どなたか専門医の方でご享 受くださる方がいらっしゃればありがたいです。

nm1115.jpg


 スーチャーした様子ですが、少々口蓋側に置いた補填材が多かったかもしれません。欲張ってしまいましたが、結果を左右することはありませんのでご心配ありません。

nm1116.jpg

nm1117.jpg


 術後のレントゲン写真ですが、小さいピンが2つ見えますね。これによってチタンメッシュを固定しています。これまでの物よりJEILのピンは使いやすくっていいですね。

nmden.bmp


 基本的に6カ月ほどお待ちいただいてから二次オペとなります。焦って良い結果は出ませんので、ここは待ちましょうねNさん。大変お疲れ様でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年2月 4日

こんにちは。岡山から転居されて千葉にいらした患者さまで、JIADSの会員だった前医(岡山県総社市はやし歯科クリニックさま、ご紹介ありがとう ございます)からの紹介でおがわ歯科医院にいらっしゃいました。歯周病による骨吸収があったようで歯肉のボリュームもなく、審美的に仕上げるのは難症例で すね。

nmpre.jpg

 このような状態でお越しになりました。


nmCT1.bmp


 CTを撮影して確認すると、青いドットのように骨が吸収しており実際にインプラントの支えとして使える部分は少ないです。


nmCT2.BMP

 高さもなければ幅もない・・・。ということで、GBRが必要不可欠であることがわかります。歯肉を剥離してみると高さは一応あるように見えますね。

nm1111.jpg

 しかし幅はやはりCTの画像通りないですねえ。


nm1112.jpg

 さて、この状況からインプラントの唇側に2ミリの骨を確保して、充分に抵抗力をもった歯周組織(インプラント周囲組織、か)をマネージメントしていくのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年2月 3日

こんにちは。今日は参加させてもらっているJIADSの月例会ですので、4時までの診療となります。ご迷惑をおかけしますがご理解いただきますようお願いします。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

こんにちは。今日は右上4に対してセレックによるオールセラミック治療を行いましたので報告です。ここ、保険でもレジンという材質で白い歯で作れる のをご存知ですか?でも材料の特性上柔らかいので摩耗しやすく、割れる心配もあります(5が噛んでいないため)。強度と審美性を持った修復材であるセラ ミックで治療することとなりました。

iki1.jpg

 セレックも割れることはあるでしょう、人工のものはいつか壊れます。しかし、土台の部分が虫歯にならずセラミックだけが割れたとします。そうした ら、土台の部分の情報はこちらにあるわけですから、「先生、割れちゃったよ」「そうですか、では作っておきますので〇〇時に来てくださいね」で済んでしま います。

 セレックって独特でして、一般的な被せ物みたいに「全部包む」必要がないんですね。もちろん虫歯による崩壊が著しいとか、別の問題がなければです よ。ということは一番不潔になりやすい歯と歯肉の境目に修復物と歯の境目を設定することを避けられるので、二次的に虫歯を作ってしまったり歯周病を誘発す るリスクを下げることが可能です。

onlay1.jpg

onlay2.jpg


 
 こちらは別の患者さまのセレック症例ですが、青いドットの部分の歯の修復がセレックです。歯肉から離れたところにセラミックと歯の境目があるので、患者 さまご自身での清掃で充分ですよね。メインテナンス性が良いということです。15分も20分も磨きなさい、虫歯になったのはあなたがそれをしないからだ、 などという指導をするクリニックはこのような配慮ができていないからではないでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年2月 2日

こんにちは。さてまずは今回使用してもらったプロビジョナル・レストレーションから見ていきましょう。

mrprbjnr.jpg

 これを装着するのですが、ちょっと動く状態になり3日ほどそのままお使いになられたようで・・・。多少歯肉の位置が型取りの時と違うんですねえ。


mrf1.jpg

 向かって右側の歯肉の位置が変化しております。ラミネートべニア治療中のプロビジョナルは難しいです。また、糸を巻く様子、型取りの様子などを聖 書であります「包括歯科臨床」を見ますと、自分の手技が恥ずかしいくらいです・・・。もっと修行を積んで皆様の歯科的健康の維持のお手伝いができたら、こ の上ない幸せです。


 そして、4日後に歯肉の確認をさせていただいた時の様子です。歯肉は落ち着いてきていますね。


mn121212.jpg

 あとは夜お休みになる時に装着していただく「ナイトガード」をお忘れなく。定期健診ではすり減る速度の違う修復物と歯のバランスを見ていきます。次回は6カ月後にお会いしましょう、Mさんお疲れ様でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年2月 1日

こんにちは。シリコンのインデックスまでお話ししましたね。そう、それを当てて削った量を測るとはこういうことです。


mm116.jpg

mm117.jpg

 その上で歯肉と歯の間に糸を巻きます。今回は歯周外科のあとに糸を巻いているので、ウルトラパックの000という一番細い糸を巻いてもはみ出してしまいます。

mm118.jpg

 そしてこの後いつも通りオーダーメイドの型取りの器を作ってから、変形の少ないシリコンでの印象(型取り)ですね。明日はラミネートべニアをセットした様子をお伝えします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2010年1月 | メイン | 2010年3月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医