«  2010年4月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2010年4月30日

こんにちは。重度の歯周病になってしまい、それから抜歯を行っていってインプラントを用いて機能回復を図ったケースです。重度の歯周病の歯の周囲で は著しい周囲組織の破壊が起こっており、特に骨のダメージがインプラントを難しくしたり、不可能にすることが多いです。今回のケースも治療前からおそらく 楽にインプラントは設置できないし、義歯を作るにもその間の仮歯はどうするか、と悩みました。

od1.jpg


od2.jpg


od3.jpg


od4.jpg


od5.jpg


od6.jpg


 比較的骨の状態の良い数本を仮歯の土台として使用して一旦保存、その仮歯が使用できる間に抜歯窩(抜歯してできるくぼみ)の治癒を待ち、インプラントの 設置を行います。正確には次の写真はインプラントを設置(緑のドット部分ね。写真をクリックして)した後、さらにその次はインプラント設置前になります。

od7.jpg


od8.jpg

 こういった形で仮歯が入っていれば、治療中に歯がなくて困るといったことはありません。しかし、これはすべて「計画的に治療を進める」ことに患者 さまが協力的だからできることです。そして、抜歯から1週間後の状態です。金属は義歯を固定するためのマグネットを固定するキーパーと言われるもので、す べての歯を抜歯して総義歯をお使いいただく状態です。


od9.jpg


 義歯の内面には小さな金属がありますが、これがマグネット本体です。マグネットなんかいらないな、というくらいの安定が得られている状態ですが、そのくらいの状態でなくてはマグネットは生きません。不安定な状態であれば義歯が簡単に割れます。


od10.jpg


 そして義歯を装着していただいたところです。どうして義歯を選択したかですが、重症の歯周病だったので骨がなくなり、それに伴い歯肉のボリュームも不足 しています。最終的に元々の状態に近づけるには歯だけでなく、歯肉部分のボリュームも回復しなければなりません。そうすると義歯(オーバーデンチャー)と いう選択がこの場合ベストではないかと思われます。ちなみに前歯部分は1~2ミリ程度の骨幅ですから、通常のインプラント埋入は不可能、奥であっても骨の 状態の良さそうな場所を選択して3本埋入していますが、それでも3本ともソケットリフトしています。


od11.jpg


 下の義歯はマグネットを使用していないので不安定ですが、同様な方法で解決可能です。もし不具合がある方はご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

こんにちは。このたび私が使用しているPC、EPSONのENDEAVOR PRO7000が二度目のハードディスクトラブルで修理となっていまし た。そのため、患者さまからの問い合わせメールを今見させていただきました(4/27以来・・・)。お返事遅くなってしまい皆様まことに申し訳ありません でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年4月29日

こんにちは。今日も長期的に予後がよい状態を提供するため、インプラントの二次オペで少々工夫をしています。写真のように歯肉を切開して内側にある三角を開いて両隣の歯の方へ移動して縫合します。じゃ、まず術前。


ngsm1111.jpg

 そして縫合が終わったところ。


ngsm1112.jpg


 二次オペ時に歯肉が多少開いていても治癒はしますが、隙間を作らないことが治癒を速めるのは間違いないことだと思います。ちなみに周囲の状況が良ければこんな二次オペにします。


ngsm1113.jpg

 そう、こういった事のプロフェッショナルが歯周病専門医です。僕の後輩の金森先生はその歯周病専門医ですが、この春大田区新馬場にてご開業されました。非常に勉強熱心な先生ですからお近くで歯周病のことでお悩みの方は彼に相談してみては?


http://kanamorisika.com/index.html

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年4月28日

こんにちは。ようやく2年に及ぶ矯正治療が終了しました。初診時の口腔内写真がどうしても見つかりませんでしたが、スタート前の模型があったのでそちらをまずご覧ください。20歳代の屈強な男性です。


hy111.jpg


hy112.jpg


hy113.jpg


hy114.jpg


hy115.jpg

 このような状態でした。勤務地が埼玉県になったりで、矯正治療をスタートしてから6ヵ月間来院が不可能となり心配いたしましたが、なんとか治療を 継続していただけました。途中おそらく態癖の影響によると思われる(患者さまも自覚あり)装置の脱落や、歯列の狭窄が起こりました。装置撤去時の状態がこ ちらです。ちなみに抜歯はしておりません。


hyf1.jpg


hyf2.jpg


hyf3.jpg


hyf4.jpg


hyf5.jpg


hyf6.jpg


 リテーナーはいつもありがとうの関さん作。ドンピシャね。Hさん、お疲れ様でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年4月27日

こんにちは。前医にて2根ある歯根の前側、つまり近心根を抜去して遠心根のみで補綴(歯を作ること)をしてあった歯ですが、当然力に耐えられるわけ もなく、しかも骨補填材と思われるものが残っており、さらにその中に何か異物と疑われる物が確認できます。保存が難しく、可能であれば補填材内にある遺物 も除去したいものです。


nkmrmr4.jpg

 こちらが口腔内の状態ですね。緑矢印です。

nkmrmr1.jpg


 抜歯して2根の中央部分をめがけてインプラントを埋入したところです。


nkmrmr2.jpg


 隙間に置いた骨補填材(ネオボーン)があふれてこないように、テンションをかけずに縫合します。


nkmrmr3.jpg


 術後のレントゲン写真です。


nkmrmr5.jpg


一部掻爬するとボソボソと出てくる補填材のみ除去して、カチカチに骨様組織に置き換わっている場所はそのまま残してあります。市内からおいでですが、お車 で30~40分くらいかかるようなので、なるべく、しかし無理なく来院回数が少なくなるように配慮しての処置ですね。お疲れ様でしたNさま。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年4月26日

こんにちは。連日インプラントのオペが入っておりまして、その他の治療の患者さまの予約が取りにくい状況で申し訳ありません。ということで、本日もインプラントに関するお話です。

st11.jpg

 水色のドットの歯は根管治療を行って保存するつもりです。赤いドットの歯は歯肉のはるか下までカリエス(虫歯)になっており、保存不可能と判断し ました。この部分は抜歯即時インプラント埋入を計画しています。またその奥の部分は通常のソケットリフトでのインプラント埋入となる予定です。

st12.jpg

 歯肉を切開、剥離すると歯がようやく見えてきます。歯根が長ければクラウンレングスニングという方法で保存が可能なのですが、このケースでは不可能でした。

st13.jpg

 これからインプラントの設置を行うので、周囲の骨組織を破壊しないように丁寧に抜歯を行います。それに失敗すると当日のインプラントの設置が無理になってしまいますので、患者さまにも迷惑がかかってしまいます。

st14.jpg

 そして、インプラントを設置したところです。テーパードインプラントであるアルファタイト・インプラントはソケットリフト症例でも初期固定が非常にいいです。深めに埋入してヒーリングアバットメントを置くことで、骨のプラットフォーム・スイッチングが可能となります。


IMG_2890.jpg

 ピエゾの水圧でシュナイダー膜を押し上げただけなので、骨補填材はサイナス内部に入れていません。


st15.jpg


 なお、縦切開は入れていないので、傷の治癒を妨げない、充分な血液供給を得られるようにしてあります。お疲れ様でしたSさん、遠方より次の日の傷の確認まできちんといらしてくださいました。期待に充分応えられるようにがんばります!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年4月25日

こんにちは。今日はインプラントを長持ちさせるために有利な周囲組織を提供したケースのご紹介です。インプラント設置前は青いドット部分に歯の周囲 にある硬い丈夫な歯肉と、ほっぺとつながるやわらかい粘膜との境目があります。これを以下MGJと言います。MGJが歯肉の土手の部分の高いところにある ため、歯ブラシなどを口に入れて大きく口を開いたら歯磨きを入れるスペースがないですよね。おまけに粘膜だからちょっと痛いし。


hrhr1.jpg


 インプラントを設置して普通に縫合します。そしてインプラントが安定するまで2カ月ほど待っていただきます。

hrhr2.jpg

 二次オペの時に口蓋から角化歯肉を移植します。そうすると青いドットの部分までMGJが移動しますね。こうなれば歯ブラシもしやすいし、安心ですね。

hrhr3.jpg

 
 これまでも長かったですが、もうじき左右均等に噛めるようになりますからね、Hさんがんばりましょ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年4月24日

こんにちは。お付き合いはもう何年になるのでしょうか、数年はメインテナンスでおがわ歯科医院にいらっしゃっている患者さまですが、左上の奥歯が初 診のころよりほんの少しだけ揺れておりました。右上7の部分が先に抜歯となりインプラント治療をさせていただきましたが、調子が良いので問題のある左上7 部分もこのまま使ってインプラントができない状態になるくらいなら、今抜歯して心配なく過ごしたい、そのような患者さまの思いから抜歯してインプラントと することとなりました。


 CTの画像を二つ見て行きましょう。


SLX%2B021.bmp

 緑のドットが骨のレベルですが、こちらの断層では骨レベルが低いことがおわかりいただけると思います。この画像はやや内側よりです。

SLX%2B025.bmp

 一方、外側よりの周囲ではしっかりある程度歯を支える骨がありそうですね。なるべくこの部分の骨を生かしてインプラントの設置ができればいいですねえ。

sksk11.jpg

 CTで見て骨のダメージが大きい内側寄りには歯石が相当な量着いていますね。この黒い部分が歯石です。根のまたの部分まで着いていますから、これは抜歯となります。

sksk12.jpg


 そして、インプラントを設置した状態です。3つの根っこの中隔部分にインプラントを設置しました。もちろんソケットリフトをピエゾを用いて行っていま す。落ち着くまで4ヶ月くらい待ってもらってからの仕上げになりますから、右の時よりも時間がかかりそうですが焦らず良い物を作りましょう。Sさん、がん ばりましょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年4月23日

こんにちは。最近はオペが続いていました関係でインプラントのお話が多かったと思います。今日は久々に矯正の内容となりますが、それも初めてお見せ するクリアアライナーのケースです。上顎はインプラントを多数使用してボーンアンカード・ブリッジという固定式の歯が入っています。そのため下の歯並びの 乱れがとても気になるわけです。なので以前矯正させていただいたんですが、海外生活が長い患者さまで固定が取れたらすぐに対応・・・できないんですねえ。 では以前の矯正の様子を・・・。

iwmrar6.jpg

 下の矯正をした上で上の前歯のポジションが決まるわけですから、上の前歯を仕上げる前に下の前歯の矯正は終えていたんです。しかし、裏面の固定のメッシュが外れてしばらく経過してから来院されたんです。

iwmrar2.jpg

 ほら、メッシュが外れてすこ~しだけ歯並びがずれているでしょう?少しなんだけど日本にいてくれないから、すぐ対処できないので万全を期すために アライナーで対応しました。それは、患者さまの「前のようなワイヤーはイヤだわ・・・」という希望があったもので。アライナーってこういうものです。ちな みに重なりが小さいケースでは対応可能ですが、抜歯ケースでは「今のところ」適応外とさせていただいております。

iwmrar1.jpg

 これは装着したところですが、まさかまさか矯正しているなんて誰にも気づかれないでしょう!移動量もわずかなのでおそらく2か月もかからないでしょうし。

iwmrar3.jpg

 咬み合わせの方向から見ても目立たない。


iwmrar4.jpg

 いいですねえ。正面から見ると少し浮いているのがわかりますね。これが装着を続けるとしっかりハマるんですねえ。そしたら次のアライナーへ移行します。硬さは全部で3種類ありますので、次は少々痛いかもしれません。

iwmrar5.jpg

 しかし、通常の矯正も痛みを伴うとすればこれは痛みとしては小さいと思いますよ。私もできるのかなあ?と思ったあなたはまずカウンセリングを受けましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年4月22日

こんにちは。今日ご紹介するケースは下の奥歯のインプラント治療で、抜歯即時インプラント埋入のケースです。右下6ですがこの歯は2本根がある歯 で、その分岐部分に感染があり、また歯肉よりも下の位置まで虫歯が進行していて抜歯と判断させていただきました。まずは抜歯直後の写真からです。


kw111.jpg

 矢印の部分がややダメージを受けていたんですね。この部分から排膿(膿が出ていた)していたため若干の骨吸収があり歯肉も落ち込んでいました。そして2根の中央部分にインプラントを設置します。

kw112.jpg

 切れのいいバーでドリルしないと正確な位置づけは無理ですね。そして、隙間には骨補填材を入れておきます。CTGなどはいたしません。解放創の上にパックだけです。そして二次オペのときの写真ですがクリックしてみてください。


kw113.jpg

 緑のドットの通りに切開して剥離します。新潟県三条市開業の榎本先生のテクニックでM字型に切開して、頬側に歯肉を移動して舌側の歯肉の三角をま た二等分して近心と遠心に開いて(同じようなオペでもう少し解りやすい写真が撮れたので、数日後のブログでアップします)縫合します。

kw114.jpg

 そんなこんなで、苦労の末プロビジョナル・レストレーションが入って機能の回復ができたところです。ここまで5カ月くらいでしょうか。


kw115.jpg

 普通に抜歯して歯肉の治癒を2カ月待って、インプラントの埋入をして、二次オペして・・・とやっていたらあっという間に半年くらいはかかってしま います。抜歯即時インプラント埋入は時間の短縮にもなりますので、可能なケースでは最速の方法ではないでしょうか。頬側の歯肉に注目しましょう。そして抜 歯後の歯肉の状態をもう一度確認しましょう。


newkwkm.jpg


 ここで、もう一度見てみるとこの時の歯肉のダメージのために歯肉の位置に若干のズレがあるのかと思います。

kw111.jpg

 もしこの結果に患者さまがご不満ならば対応策はあります。これもまた最善の方法の一つということ。患者さまの考えるベストに近い方法を提供いたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年4月21日

こんにちは。日本顕微鏡歯科学会で北海道に行った話の続きなんですがね、僕は土曜日の午前中に北海道入りしてセミナーを聞いていたんですが、仲間は 仕事の都合で土曜日の夕方に北海道入りして懇親会で合流する予定だったんです。そうしたら偶然水川先生が同級生だった弘中君に会ったそうです。のち、合流 とのことで楽しみが増えたね。


 北海道に来たら寿司は外せないでしょう。しかし、僕らが行った店はとっておきなんで教えられません、混んでしまったら予約が取れないから。メニューの写真だけですね。


IMG_2896.jpg

 つまみからですが説明はいらんでしょう、ちなみに奥の酒は?六ね。


IMG_2897.jpg


 エビは生きてます、この時は。非常に生きがいい。


IMG_2898.jpg


 スープに見えます?

 
IMG_2899.jpg


 いえいえ、茶碗蒸しですわ。最高!


IMG_2900.jpg


 烏賊と山葵&鰹節。これも最高・・・。


IMG_2901.jpg


 ホタテが・・・・あ、私がすでに1個食べちゃいました(笑)。ブログ用の写真撮る前にね。


IMG_2903.jpg


 はい、最後の握り。うまかったねえ。そして、場所を移して彼と合流。


IMG_2906.jpg


 弘中君です。彼は今「弘中塾」という歯科医師国家試験対策塾を経営しております。この日は塾生のご家族との面談があったようです。しかし、次の日は東京で仕事だそうで7:30の飛行機で東京に戻るとのこと・・・忙しいね。と、仲間の水川君と菅原君ね。


IMG_2907.jpg


 左の菅原君は日本顕微鏡歯科学会の評議員ね、こう見えても。奥におなじみの戸田先生もいるんだけど、誰かと話しているね?誰と???

 日曜日の学会の中身はこんな。


IMG_2909.jpg


fgqar.jpg


%EF%BD%96%E3%81%86%E3%81%87%EF%BD%8A%EF%BD%8E.jpg

 何を聞いたのか興味のある同業の先生は写真をクリック。こんな内容でした。あ、ジンギスカン食ってないね、みんな。食べてから東京帰ろうね(笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年4月20日

こんにちは。かなり顎堤の細い患者さまですが、ここにインプラントをご希望です。色々な方法が考えられますが、すでに上顎前歯部分でGBR、CTG などをご経験で(当院で)できることならば侵襲が小さい方が患者さまも術者としてもありがたいわけです。ということで作戦をたてました。写真をクリックし て見てくださいね。


nrsw1111.jpg

 青いドットのようにかなり骨幅が委縮しています。インプラントの直径よりも細いのではないでしょうか?ある工夫をして・・・


 
nrsw1112.jpg


 はい、インプラントが収まっています。ではレントゲンも。


nrsw1114.jpg


 奥歯にしては細めのインプラントですが、周囲に充分な骨幅が残るようにこのサイズを選択しました。補綴の段階でもまた工夫が必要でしょう。


nrsw1113.jpg

 1週間後の抜糸の時の様子です。もういいんじゃないの?というくらい歯肉の治りがいいですね。念には念をで、2カ月待ってから負荷をかけますので 早ければ仕上がりまで3カ月くらいでしょうか?がんばりま・・・前歯の時ほどの大変さはないですから、あまり今度は頑張らなくてもいいですよ、Nさま。お 疲れ様です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年4月19日

こんにちは。土曜日の朝9:30の便で北海道に向かうため、とっても寒い中コートを羽織って羽田空港に向かいました。こう見えて意外と心配性な僕は 学園前駅発6:29の電車に乗りました。いらないだろうけど、と思ってコートのポケットに突っ込んだ手袋がいきなり大活躍しました。東京へ向かう車中、窓 には雪がうっすら積もった家々の屋根が見えます。「おいおい、この調子じゃ北海道はどれだけ寒いんだよ・・・」と不安な気持ちでおりましたが、イヤな予感 というのは当たっちゃうんでしょうか、予定していた9:30発新千歳空港行きは欠航とありますよ・・・。


 こればかりは仕方ないので、10:15分の便に変更して朝ごはんを食べて待ちます。その時選んだリンゴジュースがおいしかった。これです。


aj.jpg

 この色のリンゴジュースから想像する「あの味」でした(笑)。これを飲んでいざフライト。1時間ちょっとで新千歳空港に到着。あら?朝より寒くな いじゃん、札幌の方が今日は寒くないのか。リンゴジュースの写真の左に「ラーメン」というキーワードがありましたが、気付きました?色々調べて「菜々兵 衛」に行くことにしました。平和駅で下車して10~15分(探しながら歩いたからかな)くらいでしょうか、ホント地元の人しか知らないだろうという場所に ありました。


eki.jpg


nana.jpg

 麺のゆで時間も一杯ごとにタイマーで測っているし、スープも手間がかかっているようです。ちょいと茹でて「はいできあがり」というラーメン屋が多 い中で、この仕事ぶりは丁寧です。麺もちょうどいい硬さですし、スープもいい。手間のかかったお料理をいただいているようなラーメンでした。そして、気付 いたら午後の1:45・・・いくら市内とはいえあと15分、急がねば2時開始だったっけ。ということで電車も少ないのでタクシーで北海道歯科医師会館へ向 かいました。今日は鈴木真名先生、大河雅之先生、岡口守雄先生の講演です。SJCDの先生の話はこれまで聞いたことがなかったので、とても楽しみにしてい ました。行ってきまーす。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年4月18日

こんにちは。当院のルーティンです。ラバーダム防湿。なぜ必要なのか、どういう役割があるのか、などは当院のホームページの「根管治療」のコンテンツや「根管治療」の過去のブログを参考にしていただいて、どんなものなのかはこういったものです。


endo.jpg

 感染根管をきれいにしているところです。はい、基本的に根管治療の再治療はお断りしていますが(保険治療は可能ですよ)充分ご理解いただけている と思われたので、例外的にお引き受けしました。もちろん、マイクロスコープも用いて見逃がしのないように行っております。1度の治療で違和感は消えたよう ですね。良かった、良かった。もう少しお付き合いください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年4月17日

こんにちは。4月17日土曜日は日本顕微鏡歯科学会参加のため北海道に行きます。そのため休診となりますが、どうかご理解ください。よろしくお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年4月16日

こんにちは。登場するのはチタンメッシュです。骨の造成をするのに最近多用していますが、作りたい形に骨を作れるので重宝しています。従来であれば 吸収性メンブレンやゴアテックス膜などで行っていましたが、血液供給の邪魔をしないこと、形態付与が容易で型崩れしにくい、などの点で優れており好んで使 用しています。・・・患者さまにはわかりにくいお話でした。簡単に言うと、日々マテリアルも我々がすべき技術も進歩しており、勉強を怠った歯科医師は浦島 太郎になるということです。まだ僕はぎりぎり付いていけてるのかな。

 では、今日は上の前歯部分のインプラント処置の前処置としてのGBRを見て行きましょう。まずは処置前の状態ですが、写真をクリックしてみてください、緑のドット部分が「外枠」ですがこれではインプラントを正しい位置に設置できません。

kthr1.jpg

 おまけにずっと痛みがあった右上2部分にはCTを撮るとこんなものが・・・。歯根の先端が残っています。これも除去しなければなりませんね。

SLX-007.BMP

 ここからはオペの写真ですから、苦手な方はご遠慮ください。一応モノクロですが。


kthr2.jpg

 カラーだと解かりやすいのですが、骨幅が不充分です。


kthr3.jpg


 
 不良肉芽という感染を疑う軟組織は除去します。そしてCT画像にあった根の先を除去します。

kthr4.jpg

 そしてチタンメッシュを置いて、中には骨補填材があります。今回はネオボーンというハイドロキシアパタイトを用いています。

kthr5.jpg

 チタンメッシュの上に生体親和性の良いコラーゲン膜を置きます。そして縫合ですね。

kthr6.jpg


 無理やり閉じると傷が開きますから、歯肉はやさしく扱いましょう。Kさん、たいへんだったと思いますが、一度治療したらなるべく再治療がないようにいたしますので、すべて終了するまで長いですがお付き合いください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年4月15日

こんにちは。今日は元タレントさんのあっこ姉さんのケースですね。色々デビュー時に歯並びを治さなければならない事情があり、どうしても仕事上ス ピーディーに治す必要があったらしくちょっと無理がある口腔内なわけですよ。それで問題が起きてしまって、紹介で来院することになりました。欠損をインプ ラントで治すべく埋入時の状態ですが、骨幅が不足しておりインプラント埋入同時GBRです。スレッド(インプラントのネジ部分のこと)がほとんど露出して いるでしょう?もう1本も先っちょが出ているでしょ?


akko1.jpg

 このまんまってわけにはいかないから、GBRをして骨を周囲に造成します。骨補填材を置いてOssix Plusという吸収性メンブレンです。


akko2.jpg


 5ヶ月半後に二次オペを行った時の様子です。


akko3.jpg

 名前の割にこのメンブレン6カ月経過しても、もっと待ってもこのように残っていることが多いんですねえ。どうするかはここでは言えません。真似さ れちゃイヤですから(笑)。なんて、知っている先生がほとんどでしょうけど。まあ、骨はできているんですけどね。そして、不足する角化歯肉を口蓋側から移 動します。


akko4.jpg

 横から見たところはこんな。

akko5.jpg

 なんどもこのブログ上で話していますが、角化歯肉が必要という文献はないのですが、臨床上あった方がはるかにメインテナンスに有利なのでそういっ た事実を患者さまにお話しして、選択された方にのみこのような処置を施させていただいています。あっこ姉さん、おつで~す。目黒からの来院大変でしょうけ ど、次の次にインプラント上にプロビジョナルが完成しますので、右側のかみ合わせが安定するからがんばりましょう!次回からは手ぶらでね(笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年4月14日

こんにちは。本日はインプラント埋入と同時にGBRをさせていただいた患者さまの二次オペについてお話します。ではまずインプラントを埋入した時の様子から見て行きましょう。

ktmr111.jpg

 写真をクリックしてもらえるとわかるかなあ、頬側の骨が吸収してしまってデコボコなんですね。このままだと手前のインプラントを支える骨が不充分となり、高い予知性を持った治療とは言えない状態になることが懸念されます。不足する部分にGBR処置を行いました。


ktmr112.jpg

 このまま歯肉に強引な力をかけることなく傷を緊密に縫合しました。そして寝かせること5カ月。すると・・・

ktmr113.jpg


 このように骨ができていますね。今の僕ならばですが、チタンメッシュを使用してもっと骨量を増やしていると思います。GBRすると歯肉の位置が変わり粘膜が歯槽堤の高い位置までズレてしまいますので、インプラント周囲に角化歯肉という丈夫な歯肉を移植します。


ktmr114.jpg


 こんな感じですね。この歯肉の移動をパーシャルで行う場合とフルで行うことがありますが、これはフルです。歯肉の安定を待っていよいよインプラント上にプロビジョナルが入りますね。Kさん、長かったですね、もう少しですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年4月13日

こんにちは。今日は当初はインプラントの設置を予定していたのですが、オペを始めてみたらCTで確認した時よりも骨の吸収が進んでいて、急遽GBR のみの処置を行ったケースのご紹介です。まずはおがわ歯科医院にインプラントをしたいということでいらした、初診時の状態から見て行きましょう。外傷によ り下の前歯2本を失ったとのことです。


hgwr1111.jpg


 わかっている方は「難しいなあ・・・・」と頭をひねりませんか?患者さまから見たら、特に何も感じないかもしれませんが。歯肉を剥離すると骨がないじゃないか・・・。


hgwr1112.jpg

 こっちから見たらあるかなあ・・・なんて、あるわけないんですが(笑)。インプラントの設置はこれではできませんね。もし行っても予知性の低い、どうなるかわからないインプラント及び上部構造となるでしょう。

hgwr1113.jpg

 不良肉芽という感染している軟組織を除去してみると、向こう側が見えますね。そして、GBRという骨を造成するオペの前準備として、デコルチします。

hgwr1114.jpg

 そして、唇側に骨を張り出して造成しないとインプラントが設置できませんので、チタンメッシュを用いてしっかりした形の骨を作るようにします。


hgwr1115.jpg

 そして、縫合ですね。

hgwr1116.jpg


 私も疲れましたが、患者さまはもっとお疲れなはず!患者さまはもっとインプラント治療が簡単だと思われていたようで、お疲れの表情でしたが「簡単には長持ちできる歯は入らない」んですね。申し訳ありませんが、もう少しお付き合いください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年4月12日

こんにちは。4/17~4/18で北海道まで日本顕微鏡歯科学会参加のため行ってきます。顕微鏡、ケンビキョー???と思われる方もいらっしゃると 思いますが、マイクロスコープと言えばおわかりになる方もいますでしょ?導入して何年になるだろう?機械としては最新の物ではありません。むしろ古いほう です。こんなのね。

micro1.jpg


 
 僕にマイクロスコープというものの存在を教えてくれた、目黒で開業する吉田先生が昔使っていた機種と同じです。今や吉田先生はカールツァイスのプロエル ゴですから、素晴らしい機器をお持ちの上、それを充分に使いこなしていらっしゃいます。目黒~中目黒周辺でマイクロエンドを受けられる歯科医院をお探しの 方、吉田歯科診療室がお勧めです。


 話がそれましたが、僕のマイクロスコープはとても古いですし、今の最新の機器には及ばない部分が多いでしょうけれど、要はいかに使いこなすかだと思います(強がり???(笑))。そのために自分の知識、技術の向上のため北海道まで行ってきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年4月11日

こんにちは。4/17~18の土曜日、日曜日は日本顕微鏡歯科学会札幌大会参加のため、土曜日は休診とさせていただきます。顕微鏡?はい、マイクロスコープのことですね。土曜日はSJCD主催の講演会もあるようで、そちらも参加してきます。


 皆様への治療に還元できるよう、頑張ってまいりますので何卒ご理解ください。よろしくお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年4月10日

こんにちは。さて、DICHAでの深酒が翌日のダメージとなって昼から活動開始です(笑)。午後になりハイジの乗るようなブランコがあり、カヌーで 遊べる「ビオスの丘」に向かいました。ちょっと寒いけどブランコやって、カヌーで遊んで、ブルーシール食べたね。そして夜は那覇市内に出て「チャクラ」に 行きます。知ってますか?喜納昌吉さんのお店ね。現役参議院議員でありながらライブ活動を今でも続けてらっしゃるんです。ま、理屈なしにカッコいいです よ。

kina.jpg


 アーティストとしてボブ・マーリーが尊敬するくらいですから、聴いてきて気持ちいいですよ、ホント。

kina2.jpg


 ほら、おがわ歯科医院のスタッフものりのりですよ(笑)。ココに来て端っこで飲んでちゃだめだよ。何しに来てるの!ってことでしょう。ライブが終わり喜 納さんにご挨拶(アレンの下の子と喜納さんのお子さんが、ご学友ですので)してホテルに帰ります。しかし、このバイクの持ち主とまたしても2時までホテル のバーで飲んでしまいました。アハハ、レバー、フル回転!


by1.jpg


 二人してむくんでいる次の日の写真は、コレ・・・

kentaro.jpg


 彼は那覇市内で「プラネット」というジュエリーショップを営むジュエリーデザイナーで、東京などからも新婚旅行がてら訪れて、結婚指輪を作るカップルも多いそうです。今はミンサー柄が人気だと言ってましたね。知ってます?興味があれば

http://planet.ti-da.net/

覗いてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年4月 9日

こんにちは。今日はHさんという女性の患者さまから手作りのティラミスをいただきました。


IMG_2879.jpg

IMG_2881.jpg


 おなかキュルって言ったでしょ?おいしいケーキをいつも作ってくださるんです。感謝です。僕を始めスタッフもケーキで肥えてしまったら感謝できなくなっちゃうなあ~(笑)。いつもごちそうさまです!!


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年4月 8日

こんにちは。そしてDICHAで飲んでいるとアレンの昔からの友人が登場!むかし「ポップンロールステーション」というラジオ番組があったそうなんですが(現地の僕ら世代では知らない人がいないくらい有名)、そのDJをやっていたケンさんがいらっしゃいました。


ken.jpg


 背もデカイし、この日の最後にハグしたのですがめちゃくちゃ背中がでかかった!あらゆるスポーツをやってきたとのこと。6年のドイツ生活の後、ワシント ンDCに2年行き、やっと帰ってきたとのことです。が、しかし場にいた仲間からは「いるでしょ、もっと日本に~」と突っ込まれてましたが、休暇が日本の感 覚ではなく30~40日くらいあり、その都度沖縄に戻っていたらしくみんなあまり懐かしがってはいなかったのかな?そして・・・

ken2.jpg

 左がイハっちと言ってGreeeenの某メンバーの兄貴です。おがわ歯科医院にも遊びに来てくれたよね。僕の右がケンさん。僕の身長が172cm ですが背伸びしてるんですね、実はこの時(笑)。でかいよ、ケンさん、体も人としても。とっても魅力的な人でした。ちなみにケンさん、50歳ですよ!見え ないでしょ?一番右がアレンね。アレンとケンさんの間にいるのはこの店の店長・・・ごめん、名前忘れちゃったよ。次また教えてください。


ken3.jpg

 カメラマンを交代して左の女性はアレンの奥様の留美さん。いつも沖縄に行ったらお酒、遊び場などの情報をくれます。とまあ、こういう方々に支えられおがわ歯科医院の社員旅行は無事に・・・、あ、まだ続きます。明日は喜納昌吉さんのライブへ行きます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年4月 7日

こんにちは。二日目の夕飯ですがアレンの計らいで「SAM'S BY THE SEA 泡瀬」にお席を作ってもらって、ディナーとなりました。目印はこれと


sams3.jpg

 これと


sams2.jpg

 これ。ちなみにこれは対岸ね。

sams1.jpg

 フロアは一つですが、2エリアあって僕らが通されたところは僕たち以外は米国籍(おそらく)の方ばかりでした。日本人グループは他に1組だけ。というのは沖縄の米軍の給料日が1日と15日なので混んでいるんだよね、とアレンが教えてくれました。


 コースはこれから始まりますが、毎回うまいんだよね~。

sams4.jpg

 カレー風味のなんとも言えないスープ。メインはベーコン巻のフィレに伊勢海老のウニのクリームソース焼き!これはたまらんですよ。国際通りの店舗によく行くのですが、そこでも食べられます(だよね?)。


sams5.jpg

 食後にお店の前でパチッ!


IMG_2833.jpg

 うしろのおぢさん二人なにしてんだろ(笑)。このあと、自宅にアレンが戻るのを待ってDICHAというバーに向かいました。また、続きは明日。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年4月 6日

こんにちは。さて、二日目ですがちゅら海水族館へ向かいます。高速を使って車を飛ばし・・・飛ばせない、タイヤがつるつるでおっかないから。しかも、沖縄の道路はちょっとこっちより滑りやすいと思うので。
許田ICを降りていつもチケットを買う道の駅許田で・・・あれ、道の形が変わっている・・・。不注意のためか通りすぎてしまいました。ま、いっか、直前のファミマで。

 
 まずは館内でちょいとかしましいおばちゃんが僕のビーサンで歩くつま先を踏んでいきます。重っ、もとい痛いっ・・・(笑)。館内は混んでいます、さすが 春休みシーズンですね。おきちゃんショーを見ている途中でひどい雨が降ってきましたので、再び館内へ戻ってチンアナゴを見に行きました。いつ見てもかわい いね。

 階段を上ったり下りたり、走ったりしたのでおなかが空いてきたね。前回の社員旅行でも行った「大家(うふやー)」に行きましょうか。ココね。


oknw4.jpg


 で、これね。


oknw5.jpg


 お店の前でみんなと、パチッ。左から赤塚、山田、そして僕、一番右が阿部ですね。いらっしゃっている患者さまにはおなじみですよね。

oknw6.jpg


 おなかが落ち着いたところでさっき見た看板がみんな気になっています。そう、「ハブとマングースショー」・・・。ホントか???大人が300円・・・安 すぎだろう・・・。ホントに目の前で野生の戦いが繰り広げられるのか?だまされたと思って入ってみました。すると・・・これがおもしろい。おっちゃんの話 がね(笑)。


oknw7.jpg

 しかも、ハブ、持ってるし・・・怖。


oknw8.jpg

 頭を抑えられたらハブも抵抗できないのね。しかし、やれって言われてもできねーわ・・・。

oknw9.jpg


 すごいね、牙!

oknw10.jpg

 マングースはハブが攻撃してきて首が伸びきったところを待って、引き際を攻撃して牙を折るらしいです。おじさんの解説では。見えないもん、0.2秒だってこの間。

oknw11.jpg

 これがマングースの「まちこ」ね。500戦してハブが勝つことは1回あるかないかだそうです。その中でも、まちこ、強かったらしいですよ。


 今日はこの後、アレンのお店の一つ「SAM'S BY THE SEA」の泡瀬店に向かいます。続きはまた明日。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年4月 5日

こんにちは。金曜日と土曜日にお休みをいただいて、普段おがわ歯科医院のためにがんばってくれているスタッフのみんなに感謝の気持ちをこめて沖縄へ社員旅行(2年ぶりですねえ、みんなごめんね)に行ってきました。出発前にみんなわくわくのお茶タイムです。


oknw1.jpg


 2時間程度のフライトのあと、那覇空港に到着するや私、暑がりなもんで短パンにお着替え(笑)。24~25度くらいあったかな?そして豊見城(とみぐす く)方面に車を走らせ豊崎のあしびな~へ。僕は基本的に沖縄に来たら買い物はあまりしないですから、目の前のトミトンへ。そしてみんなでA&Wで お食事。おいしい物を食べておいしいお酒を仲間と飲んで過ごすのが僕の沖縄時間なので、今回も買い物はしませんでした、1900円の帽子以外はね。


 そしてホテルのある北谷(ちゃたん)へ向かいます。チェックインを済ませ、恩納村から北谷へ転居した友人宅へ向かいます。現地のヒデキさんも一緒にテラスでオリオンビールで乾杯して、隣のダーツバーへ移動。沖縄の友人たちです。


oknw2.jpg


 まず、おなじみアレンです。レストランSAM'Sのオーナーです。そして、

oknw3.jpg


 ヒデキさんとアイリーン。初日はこんな感じで12時くらいまで飲みました(控えめでしょ?)。もちろん飲んでいるのは島酒ね。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年4月 1日

こんにちは。4/2と4/3はお休みです。二年ぶりのおがわ歯科医院の社員旅行です。患者様各位にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解賜りたく存じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2010年3月 | メイン | 2010年5月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医