«  2010年7月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2010年7月31日

こんにちは。抜歯をした後って麻酔も効いていて気持ち悪いし、しっかりゆすげたんだか気になって頻繁にゆすいだりしませんか?これって逆効果なんで すよ。傷の治癒って「そのまま自然な状態を保つ」ことが一番なんです。最近わかってきたことですが擦り傷や切り傷も「湿気を失わずに」治す絆創膏も市販さ れていますし、もちろん医療用のものもありますよね。湿気を乾燥させた方が傷は治る、とおばあちゃんから言われてふ~ふ~した覚えが僕にはありますが、民 間療法にも訂正すべきものもあるようですよ。


 さて、僕らの領域では抜歯した穴に血液が充満して治癒すると考えられてきました。しかし血管から出てきた血液はその時点で細胞の死骸なので、治癒の妨げ になるのではとも言われています(まだ確証はないようですが・・・)。特殊な処置として抜歯窩を保存するソケットプリザベーションなどを行った場合は、骨 に置き換わる骨補填材を置き、上皮に置き換わるコラーゲンを置くのですから適材適所な環境となり治癒は早いです。

 ただし、いかなる処置をしてもゆすぎ過ぎると血餅(口腔内のかさぶた)や置いたはずのコラーゲンまでもが流れてゆきます(悲・・・)。そうすると このような治癒不全を起こしいつまで経っても出血が収まらない、逆に乾燥して痛い(ドライソケットと言います)などのトラブルとなります。このよう に・・・

fkok11111.jpg


 抜歯後2日ですがソケットプリザベーションで設置したモノが一切ない・・・。全部ゆすいで流してしまったんですね。もう一度血餅で抜歯窩を埋める(前述 の意味があるかないかの議論は置いておいて)ため周囲の歯肉を剥離するが、少々ドライソケットのようになっており、写真のように充分な出血がありません。 そこで一工夫してからCTG(上皮下結合組織移植術)を行ったところです。

fkok1112.jpg


 右上56部分にインプラントを埋入(対合歯の環境により7にインプラントは不必要と判断)予定だったので、限りある上皮下結合組織を分割して確実に封鎖 したかった56部分に結合組織を設置し、7部分は結合組織が不足するのでコラーゲンを置きました。そして6カ月後のインプラント埋入時の歯肉の状態。

fkok1113.jpg


 そしてインプラント埋入後の状態です。


fkok1114.jpg

 とてもよい状態で骨が治癒しており、インプラント埋入は容易ですね。そして縫合後。

fkok1115.jpg

 後はゆすぎ過ぎなければ大丈夫でしょう(笑)。いろんなフォローはできますが、患者さまも僕らも「ドッキリ」はない方が心臓にいいでしょ。そ~っとしておいてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年7月30日

わたくし、7/26の夜より原因は特定できませんが喉の痛みと熱が出始めました。この日は39℃まで出たため大事を取って休みました(眠りました、という意味です)。それが翌日の7/27になっても熱が下がらず39.3℃にまで上昇したため、いつもお世話になっている内科さんになんとか行きました。インフルエンザ、溶レン菌などの検査を受けて陰性であり、ただの咽頭炎でしょうということでした。幸い咳も出ていないので他人様に感染するようなものではなかった事、昼休みの仮眠でようやくかなりの量の汗をかき(それまでは熱が上がるのに汗が1滴も出ない・・・)熱がみるみるうちに36.5℃まで下がりましたので、午後も診療をさせていただきました。


 それがお熱のリバウンドの始まり。クーラーはどうしても患者さまに合わせて25℃前後に設定しますから、どうやらそれがその時の体調には合わなかったんでしょう。震えが来ました。診療が終わるや熱を測ってみると39.9℃・・・。おいおい、さっきより上がってるし寒くてたまらん・・・。この夏にTシャツきてパーカー来て、毛布掛けて・・・もまだ寒く、羽布団を引っ張り出してかけたら震えが止まり、なんとか仮眠。夜の時間帯の診療の開始なので体温計で図るともう何十年も見たことのない自分の体温にびっくり・・・40.3℃ですって。

 39℃くらいなら仕事は気合でできることは経験上わかります。しかし40歳目前で40℃オーバーはキツイですね・・・。トイレにすら歩いて行くのが苦痛で「・・・いいや、まだ我慢できるし・・・」となりますし、節々が寝返りだけでも痛くて寝付けない、普段おなかが空いて朝起きるような僕がおなかが減らない、今や普通は見ない人はあまりいないだろう携帯もTVも見る気がなく触りもしない・・・そんな状況なのですね。ということで患者様には申し訳なかったのですが火曜日の夜の時間帯、翌28日水曜日の午前の診療(午後は学会で元々お休みをいただいていました)をお休みにさせていただきました。

 水曜日の朝38.8℃あった熱も午後に入り36.2℃まで下がりました。今(7/30 0:29です)は喉の痛みが少しある程度に回復しております。ということで間違いなく明日(今日、か)金曜日は診療させていただきます。本当に、キャンセル等でご迷惑をおかけした患者さま、申し訳ありませんでした。以後自分の健康にもう少し配慮したいと思います。

 これは今回内科で聞いた話ですが、今もインフルエンザはあるようですから、やっぱり手洗いうがいは基本ですね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年7月27日

こんにちは。衛生士専門学校を卒業してすぐにおがわ歯科医院に正社員として来てくれてから、あっという間に3年が経ちまして、今月の20日で衛生士 の赤塚愛美が退職いたしました。理由はなんと沖縄移住!初めて退職希望の話を聞いた時は「どうしちゃったのよ?」とも思いましたが理由を聞いてマジだとい うことがわかりました。そこで僕はこんな話をしました。


 「人は死を目前にした時、してしまったことよりもしなかった事を後悔するものらしい。今君が沖縄に行きたいという気持ちが本気なら、行かないときっと後悔すると思う。次のスタッフが見つかるまでできる限り手伝ってくれればいいから。」と。


 そして最終日に行きました、おなじみ「牛坊」さん。送別会ですね。同僚にも慕われていたので、昔のスタッフも参加希望があり集合してみました。


gyu1.jpg


 右から赤塚(まー)、阿部(ヒロ)、私(山下清ではないんだな・・・)、山田(さおりちゃん)、小出(あゆみちゃん)、林(すぃずこ)です。


gyu2.jpg


 山下3兄弟。打合せはしていません、ちなみに・・・(笑)。

gyu3.jpg


 暑くってエアコンの吹き出し口をこっそり下に向けたところだが・・・何撮ってんだよ、みんな・・・(笑)。イチバーンとか言ってないけど、そうも見えるね。


gyu4.jpg


 ホント、みんな毎日ありがとね。


gyu6.jpg


 アレ、この人隣で食べていたヒト・・・・?うそ、KOの東條さん。お疲れのところ、ありがとうございます。


gyu5.jpg


 それと、3年間ありがとな、まー。沖縄は時々行くからまた会うわな。写真から「みなさん、ばいば~い!」と聞こえませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年7月26日

こんにちは。先日外傷や交通事故によって歯を失った場合・・・なんてお話をしましたね。スポーツの怪我についてはスポーツマウスガードを作って、怪我の程度を最小限にすることが可能なのですが、交通事故に関しては、これは両者が注意をするしか方法はないようです。


 まずはドライバー側の注意。特に一般道は人が歩き、自転車も端を通り、良くはないことですが道路にゴミや空き缶なんかが転がっていることもあります。不意に子供が飛び出すことだってあります。そこを猛スピードで走ったりしたら危険ですよね。
 一方高速道路は歩行者こそいませんし、対向車は地方の対面通行以外のところはいないわけですから一般道よりは人とぶつかる心配は少ないですが、スピードが高い分ドライバーのリスクは高くなりますね。周囲の流れを大きく逸脱した運転は危ないということです。


 僕も若気の至りでスピード違反したことはあります。でも今は僕はサーキットに行きます。早く走る目的を持った人だけが集まり、早い人が偉いという単純な 場所です。歩行者もいないし、自転車もいない、路面にゴミなど落ちているはずもない(ちゃんと管理されていますから)、安全のためヘルメットやレーシング スーツも着用する、一般道や高速道路で飛ばすよりははるかに安全です。事故がないわけではないですが、リスクをお互いに承知した上での趣味の世界です。そ のためにちゃんとライセンスも取りました。

IMG_3145.jpg


 交通事故は被害者も加害者も不幸です。そういったことが起こらないように注意したいと思います。ちなみに一般道で免許停止・取り消し処分になったとする と、このライセンスも自動的に免許停止・取り消し処分になります。そうすると好きなことができなくなるという仕組みですから、我々モータースポーツ好きに とっては困ってしまうわけですよ。おのずと安全運転をするようになる。そういう部分からもうまくできていますねJAF!それと知ってますか?普通のJAF の会員さんの所に届く雑誌とは別にモータースポーツ専門の雑誌が届くってこと・・・。

IMG_3146.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年7月25日

こんにちは。左上67部分残存骨量およそ5~7ミリの部分にサージボーンを用いたソケットリフトを応用したアンデスインプラント(安心です、インプ ラント)のケースです(笑)。今さらですがおさらいとしてお話しすると、サージボーンとは超音波で骨を削除するけれども軟組織は傷付けにくいという優れた 機械です。これを用いることで上顎洞内のシュナイダー膜を損傷せず「安心・安全」にインプラント処置を行えるので、私が勝手にアンデス・インプラントと呼 んでいるだけです。

 さて、では埋入後です。

hnsrtghw64.jpg


 こんな感じですね。

 
IMG_3143.JPG

 向かって右側の2本ですが、ケンテック・アルファタイトインプラント(4.6×10㎜を2本)を用いていますが、骨縁より0.5~1.0ミリ深め に埋入しています。こうすることで将来的に起こってしまう骨の吸収を抑える効果があります。ちなみに反対側は先日サイナスリフトを行っており、その後安定 した状態を保っております。
 後日傷の確認にしらっしゃった時におっしゃっていましたが、ソケットリフトでインプラントを設置した時はまったく痛みは出なかったとのこと。かたや、サ イナスリフトを行った側は腫れを感じたそうです。それぞれの手術方法をご説明して、患者さまに合った(向いた)方法を選択しましょうね。Mさま、お疲れ様 でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年7月24日

こんにちは。インプラント治療を必要とする方の大半は中高年~高齢者ではないでしょうか?これは歯周病の罹患によって歯を失うこと、一度修復をした が神経を取っているため歯が割れて保存不可能になったこと、などによるからではないでしょうか。加齢変化によって起こる細菌の能力と人間の抵抗力の力関係 のバランスが崩壊して、細菌の能力が上回ったことによって歯周病は一気に進行してしまうことがあります。ここに歯列不整や不良補綴物(適合の良くないかぶ せ物)などのマイナス要素が加わることで歯周病をさらに悪化させるわけです。


 ところが若年者であっても外傷によってインプラントが必要と考えられるケースに遭遇することがあります。野球のボールがイレギュラーで跳ねて前歯が折れ た(または抜けた、粉々になった、など)、交通事故で前歯部分が多数にわたり折れた、などの不幸な理由ですね。このようなことを防ぐためにおがわ歯科医院 ではスポーツマウスガードを推奨しています。

MMGG.jpg


 これね。ブログで見たことある人もいますかね。スポーツマウスガード。さすがに交通事故の場合にはこれは役に立たないでしょうから、ドライバーの立場で いえば充分な安全確認を行うこと、歩行者の立場でいえば青信号を過信しないことですね。おがわ歯科医院の前の交差点で横断歩道以外の場所を平気で渡る人、 青信号が点滅していてものんびり渡っている人、結構見ますけど、コレ、子供が見ていたらなんて説明しましょうかね???子供がどこで見ていてもお手本とな れるようにしたいものです。

 話が逸れましたが、インプラントをするにあたって20才以上が目安と言われますが、じゃあなんで?なんでしょうか。その答えとなる1枚のスライドがあります。

jiads456486r.jpg


 写真をクリックしてみてください。10歳の時にアクシデントで前歯を失った少年にインプラント治療を行った(おそらく海外の先生のケースです)ものです が、年を重ねるごとにインプラント部分が沈み込んでいく様子がわかりますね。インプラントは骨の中に設置したらほぼ位置を変えることはありませんから、逆 に周囲の歯や歯周組織が成長して垂直的に高さを増してきた、そういうことですね。矯正治療においても同じことを考慮しなければなりません。未成年の全顎的 な矯正治療を行う場合これを見越した位置でフィニッシュすべきでしょうね。


 過去の不幸な事象から我々は学ばせていただき、現在のすばらしい歯科医療が提供できるわけです。これを見ると20歳以降も成長が起こっているように思わ れますので、安全に考えるならばインプラント治療は23~24歳くらいまでは待った方が良さそうですね。まあ、臼歯部は審美的要素が小さいですし、成長の 方向も違いますから多少早めでもいいかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年7月23日

こんにちは。昨日は予定を変更して「ブログ800回記念」として、今後の抱負を書かせていただきました。一日遅れの矯正の話の続きで、けして迷子に なったボノを探す話ではありません。Missinng U2とは「上の前から2番目の歯が先天的にない」場合を指します。そんな場合に治療としてはどんな ことができるのか、そういうことですね。

hkuiktiktl7.jpg


①両隣の歯を削ってブリッジ ②インプラント ③矯正治療で隙間を閉じるという選択肢となりますが、このうち②と③の選択肢が矯正治療のお世話になるもの といえます。もちろんブリッジを作る時にも歯の軸をなるべく平行に整えてから治療を開始すれば、歯を削る量を最小限に留めることが可能になりますので①に も矯正の技術を生かすことができますね。でもですよ、そこまで手間をかけることが可能であれば、何も歯を削るブリッジを選択しなくてもいいし・・・。

 ②のインプラントを選択した場合はインプラント1本分のスペースを確保しなくてはならないですが、どんなに細いインプラントでも3ミリはあります から両隣の歯まで2ミリの隙間を確保するとなると8~9ミリは隙間が欲しいですね。しかし、横顔の骨格によってはこれが難しいことが同業者の方にはお分か りいただけると思います。まずこのスライドを見ましょう。

jiadshbuilsr.jpg


 欠損があった場合、中途半端に隙間がありますからそれをこのように一ヵ所に隙間をまとめます。仮に受け口傾向(3級といいます)がある患者さまの場合矯 正治療を行って前歯のかみ合わせを作ると、前歯に角度がついて斜めになります(フレアアウトといいます)から、歯の根部分同志が近接しますね。なのでイン プラントの植立が困難になります。
 対照的に下顎が小さい(2級といいます)場合は矯正治療によって前歯のかみ合わせを作る時に前歯が直立しますから、歯の根同志の近接は起こらないのでインプラントの埋入は容易です。このようなことも考えて治療計画を立てていきます。

 また、矯正治療によって隙間を閉じて歯の形態修正をおこなうとこのような結果が可能です。

jiadsmobiksjrho.jpg

 しかし、これは難易度が高く僕は専門医にお願いします。自分の限界を知ることは何においても大事なことですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年7月22日

こんにちは。区切りのいい数字ですがいつの間にかという感覚です。ホームページを作ったきっかけというのは、僕の理想とする歯科治療の概念をクリニックで一人一人に伝えるのももちろん大事ですし基本なのですが、物を売る商売と比べて非常に効率が良くない。ホームページを見てもらうことで情報を1対多に向けて発信することを目的として、ホームページを立ち上げると同時に始めたブログです。


 時には脱線してトレーニングの話や、どこかへ出かけた話をちりばめて、患者さまあるいは読者様に飽きられないように配慮・・・したかなあ?僕や僕たちスタッフが患者さまに知ってほしい僕らの仕事内容、そういったものを少しでも感じてもらって、ご自身の歯科IQを高めるお手伝いができればと思っています。


 僕自身の得意分野がインプラント・矯正治療・マイクロスコープを用いた治療・かみ合わせ・根管治療・なのでその比率が高く偏りがあるかと思いますが、それは今後も大きく変わらないと思います。また、おがわ歯科医院のスタッフは予防に関しての知識はもちろん、不正咬合の芽を見つけるトレーニングも受けており、お子様の成長・発育を通してお付き合いができれば、かならず良好な口腔内やかみ合わせに導いて差し上げることができると思います。

 これからも、正しい歯科治療を行えばここまでできる、ということをみなさまにお伝えしていきたいと思います。今後ともこれまで同様よろしくお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年7月21日

こんにちは。そして・・・


hfdnsryn.jpg


 ですが、側方に拡大することを指します。Dr.John k Kakuはリップバンパーを多用していました。こういう装置ですね。術前から・・・

JIADSex1.jpg

 これを装着して・・・・

JIADSex2.jpg

 このようになりますね(これは賀久先生の症例です、念のため)。また臼歯を後方に移動させることで拡大を行うこともできますが、その説明もありました。

JIADSex3.jpg

 僕は筒井照子先生に教わった通り「拡大床」を用いた拡大を行っていますし、骨ごと拡大するという方がこのましいのでそのようにしています。リップバンパーを使用することもおがわ歯科医院ではありますが、補助的な役割が多いかと思います。ちなみにこれね・・・・

ogawaex1.jpg


 結果が伴えば何を用いてもいいと思います。もちろん患者さまにご迷惑がかからなければですよ。歯ブラシを確実に行うには装置が外せることは非常に大きな メリットとなります。が、半面自分の意思で装着を決定できるので、患者さまのご協力やご両親のご協力にも結果が左右されます。これを(拡大床)を嫌う先生 はそのへんが理由なのでしょうか・・・?明日は上の2が先天的に欠損している場合の対処についてです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年7月20日

こんにちは。先日のこのスライド、覚えていらっしゃいますか?


hfntydx.jpg


 バッカル・コリドー?そう、直訳するとほっぺた側の廊下、ニカッと笑った時にどのように小臼歯部分(または第一大臼歯まで)が見えるかって矯正治療の仕上げの話に関係のある内容ですね。次に出てくる仕上げのパターンで矯正医はどれを美しいと感じるか?


jiadsdefna3Bgv.jpg

 1.0なんですって。でも一般の方が美しく感じるのは0.96のようです。しかも第二小臼歯までが見えるという条件で。

jiadsaknvfgawer0.jpg


 つまり第二小臼歯までが見えるわけですから、かなりアーチとしては磁石のようなUの字型ですよね。それを得るには側方拡大が必要、というか必須といってもいいくらいですね。拡大、そうExpansion!


hfdnsryn.jpg


 このスライドから次回は始まります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年7月19日

こんにちは。右上4の近心部分の大きな骨欠損に対する再生療法のオペを行ったのは平成21年11月でしたが、8カ月経過して状況をチェックしているところですがレントゲンでは変化が見て取れるようになったのでご報告します。まずは術前のCT画像からです。

ar123456.bmp


 矢印の部分ですが青いドットのところには骨がないですね。オペ中のモノクロの写真がこちらですが、向こう側がスルーして見えますね。

ar1234567.jpg

 よ~くデブライドメントを行ってエムドゲインと骨補填材を用いて縫合しました。もちろん周囲との連結固定も行っていますが、8カ月経過するとこのように見えるようになりました。

asfliughliau.bmp

 骨ができているようだなあ、ということがわかりますね。ですが実際は?リエントリーのオペを行ってみないと本当に骨があるのか、部分的に骨ができ ているのか、できているようにレントゲン上見えただけなのか・・・わかりませんので、今年の11月頃(オペから1年)待っていただいて、リエントリーのオ ペ予定です。結果が楽しみですねAさん。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年7月18日

こんにちは。東京都板橋区から来院されている患者さまで、以前残存骨が3.7ミリくらいしかなくピエゾを用いてソケットリフトした話で紹介させても らったケースですが、ようやくインプラント上にプロビジョナル・レストレーションが入りました(もちろん前後の3と5にもね)ので確認していきましょう。


asdrfgvaji3Bwhnj.jpg


 術前のCT画像では、奥側の5の周囲の骨が大きく吸収して失われていることがわかりました。このまま強い咬合力がブリッジの土台としてかかり続けると、 いつか抜歯をして2か所が欠損となる可能性が高かったので、そういったリスクをお話して欠損部分の4にインプラントを設置させていただくことにしました。 術後のレントゲンを見ていきましょう。


dsfgbtrshxray.jpg


 正しいポジションに入っていますね。これはケンテックのアルファタイト4.0×10です。

avserfgawe.jpg


 そして、矢印部分がインプラントから立ち上がるプロビジョナル・レストレーション(以下プロビ)です。両サイドは天然歯にプロビが入っています。


baetgvbrthwy.jpg
   


 咬合面から見たところです。かなりのブラキシズムがあるであろうことがわかるので、プロビのすり減り方などを見ながら咬合面形態が決まります。しばらくこの状態で使ってみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年7月17日

こんにちは。右下6部分の歯が折れてしまい抜歯となった患者さまの仕上げの歯が入りましたのでそのケースについてです。まずは術前の写真から見ていきましょう。緑色の矢印のところです。


ogw1111.jpg


 歯肉の治癒を待ち、インプラントを埋入して仕上げの歯が入ったところです。まず横から・・・

ogw1112.jpg

 
 そして咬合面からみたところ(噛む面ですね)。

ogw1113.jpg


 これからは3~4カ月おきにチェックしていくだけですね。これからの方が長いお付き合いになりますがよろしくお願いいたします。お疲れ様ですOさん。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年7月16日

こんにちは。7/15木曜日は後輩の門脇先生が神奈川県川崎市鹿島田駅近くでご開業されまして、あっという間に1年が経過しますがまだお邪魔させてもらっていなかったので、どんな様子なのか遊びに行ってみました。


IMG_3114.JPG


 JR南武線鹿島田駅から府中街道に向かって5分くらい歩くと左側にあります。

IMG_3111.JPG


 はい、彼が院長の秀樹先生です。学生時代からレガッタで同じ舟に乗って戦っていましたが、なかなかガッツのある男です、見かけは優しそうですが。中にお邪魔して・・・パシャ


IMG_3109.JPG


 実は前の職場でも一緒に2年間働いたんだよね。いやいや、今思えばお互い青かったね(笑)。そして今彼が受け持っている矯正のケースやインプラントの ケースについてお互いの見解を述べて、議論する楽しい時間も持てました。がんばって勉強しているね秀樹先生!川崎市でインプラント、矯正でお悩みの方はぜ ひ彼に相談してみてください、きっと力になってくれますよ!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年7月15日

こんにちは。水曜日の診療を1時間短縮させていただいてJIADSの月例会に参加してきました。テーマは「漢方内科」で講師は東京大学の岡部哲郎先生、後半は矯正治療について東京都ご開業の(Dr.John K Kaku)賀久先生がお話になりました。


 僕は漢方内科の話を聞くのは今回が初めてでしたが、東大の学生ではない私にもわかるように噛み砕いてお話ししてくださいました。漢方医学の生命観では生 命は陰と陽の調和と、五臓(肝・心・脾・肺・腎)という生体システム相互の調和がとれて初めて正常な生命とされるのです。簡単にいえばなぜ正常な状態から 逸脱したのか、その根本を治癒に向ける、これが漢方の考え方です。正常な状態から逸脱した結果臓器に病気ができ、それを治すというものが西洋医学です。

 薬ではコントロールできない喘息や肝細胞癌などが軽快していく様子をいくつも紹介してくださいました。効果が薄い症例やまったく効果がなかったものもあるとおっしゃっていたので、真実味が強くある意味衝撃的でした。

 また、後半の賀久先生の話は・・・

hfntydx.jpg

 についてと・・・・

hfdnsryn.jpg


 についてと・・・・

hkuiktiktl7.jpg

 でした。それぞれについて書いていきたいのですが、また後日続きをお伝えしますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年7月14日

こんにちは。今日はJIADSの月例会参加のため1時間ほど診療時間を短縮させていただきます。今日は外部から講師の先生をお呼びして、テーマは矯正だそうです。行ってきま~す。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年7月13日

こんにちは。今お世話になっている歯科医院で作ってもらったブリッジがすぐ取れる、ということを主訴におがわ歯科医院にいらっしゃった患者さまのお話です。いらっしゃった時は取れたブリッジをそっと合わせておいでになりましたので、外して見てみると・・・


krkr11.jpg


 向かって3番目の歯には虫歯が残っており、土台はメタルで、しかも短いですね。これでは取れやすいかもしれません。そして入っていたブリッジがこちらです。

krkr105.jpg


 では、どうしたら患者さまの訴えである「取れやすい」を改善するのか?歯を残すための根管治療をマイクロスコープを使用して行い、歯を壊しにくいファイバーコアを用いて、クラウンレングスニングを行います。そしてある程度歯肉が治癒してきたところです。

krkr12.jpg

 咬合状態が3級傾向(反対咬合)であり、多少苦しい部分はありますがかなり見える部分の歯の長さが確保できました。土台もファイバーコアになって いますね。そして歯肉が完全に治癒するまでは「歯肉の位置が変化します」ので、プロビジョナル・レストレーションを用いて待ちます。それがこちら・・・


krkr106.jpg


 向かって2番目の歯の位置には歯肉の厚みがなかったので、合わせてCTGという処置もさせていただきました。あとは機が熟すのを待つだけです、Kさん。これまで大変でしたが、きっといご満足いただけると思います!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年7月12日

こんにちは。今日は目を通している雑誌にあった記事を参考にタイトルのような内容を書きますので、何か受け売り的な、少々恥ずかしい気持ちですが、自分にとってとてもうれしい内容だったので書かせてもらいますね。


 スウェーデンにノーベル医学生理学賞の選考を行っているカロリンスカ研究所というものがあります。その研究者たちが23年間をかけ、対象者8000人以 上に対して行った研究をもとに「ウェイトトレーニングが健康にもたらす影響」という論文を発表しました。被験者すべてはダラスの「クーパー・エアロビク ス・センター」でトレーニングを行ったとありますが、「エアロビクス」という言葉を作ったケン・クーパー博士が運営するトレーニング施設です。


 博士自身30年以上も「有酸素運動」を行い続け、有酸素運動による健康効果を長年熱心に主張してきた方です。しかし、博士は無酸素運動、つまりウェイト トレーニングによる健康要素も決して無視できないと考えるようになったと言います。そして、研究結果が博士の考えの変化の正当性を裏付けています。例え ば、定期的なウェイトトレーニングを続けた人たちは、トレーニングをまったく行わなかった人たちと比べて30~40%程度癌などによる死亡リスクが低かっ たとあります。

djhtsdrj.jpg
 これは37キロのダンベルですね卒業した(笑)・・・

 同研究者たちによると、癌を発症するリスクは喫煙、年齢、あるいは「腹部の脂肪」などと密接に関係しているが、この理由についていくつかの仮説を たてています。まず、ウェイトトレーニングによって体内の複数のホルモンが活性化されるということです。例えば過剰なインシュリンが分泌され続けると特定 の種類の癌を発症しやすくなりますが、ウェイトトレーニングを行うことでインシュリンの代謝が調整され癌の発症リスクが抑制されると考えられています。こ れはウェイトトレーニングを行うことによって体内ではエネルギーとなる糖が積極的に消費されるためで、糖の消費はインシュリンの分泌を安定した状態に保つ ことにつながるのです。

 また、IGF-1というホルモンは乳癌、大腸癌、前立腺癌の拡散を助長する働きがあると言われていますが、ウェイトトレーニングを行うことによっ て肝臓で合成されたタンパク質が血液中のIGF-1と結合すると、癌が拡散される作用を弱めて癌の転移を抑制するようです。この他にもウェイトトレーニン グには癌の原因となる炎症の抑制作用があったり、性ホルモンの安定、抗酸化作用の促進や免疫機能の強化、腫瘍の形成や体脂肪の増加を抑える、などたくさん の健康に寄与していることがわかっています。

 一般にはウェイトトレーニングは活性酸素を体内に貯めるから良くないとか、あるいは心臓への負担が大きいなどといわれますが、それだけではなかっ たんですね。強靭な肉体を手にし、精神的にも強くなり、健康にまでなれちゃったら言うことなしですからね!といううれしい気持ちになったわけです。友人の Iさん、コーチのHさん、安心していいみたいっすね!でもここだけの話、日焼けマシンによる日焼けは物によってはアスベストや喫煙と同じくらいの発癌性を 持つとの警告もありますね。そこは注意ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年7月11日

こんにちは。今日は新しく採用を考えている矯正治療の使うブラケットのお話です。ブラケットとは一般的なワイヤーを使って治す矯正治療の、ワイヤー を歯に固定するための「でっぱり」の部分を指します。これにも色々な考え方があるようで、様々な種類のものが世に出ています。セラミックを用いた審美的な ブラケット、メタルの古典的なブラケット、などなど。

 その中でも「セルフライゲーション型ブラケット」というものがありますが、僕はこれまでやや否定的な見解でいました。あえて用意しなくとも・・・ と思っていました。ちょっとメタルが多い気がして(一部の製品ですが・・・)受け入れてもらえるのかな、これまでのブラケットで充分早く歯は動くからな あ、と思っていたんです。しかし、これからお見せする「クイックリア」ブラケットはなかなか審美的でメタル部分が小さく、当然フリクション(摩擦力)が小 さいわけです。どうしてもブラケットの基底面が大きいので、見た目歯が短い方などでは操作性にやや難がありますかね。

 ではどのようなブラケットなのか見ていきましょうか。

uioluiiotyu.jpg


 歯に付いている装置がブラケットですが、中央に小さな金属部分があることがわかりますか?そこがスライドしてワイヤーを挟み込んでまた戻す、そのような 仕組みになっています。ワイヤーの周囲360°がメタルなので通常のゴムで結紮するよりも摩擦力が働きにくく、クラウド(叢生・歯の重なり)を改善させる には有利かと思われます。どういう歯の動きになるのか楽しみですねNちゃん!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年7月10日

こんにちは。僕が、じゃないですよ、覚えていないってのは(笑)。患者様は麻酔の薬が入るちょっと手前までは記憶があるのですが、口の中にする麻酔 の針が刺さったのも、抜歯したのも、インプラントを埋入したのも、すべて覚えていらっしゃらないんです。それが静脈内鎮静法という全身麻酔のような方法な んです。全身麻酔とは正確には違いますが、かなりラクチンなようですね。そりゃあ嫌な記憶だけ取り去ってるわけですから。


 でもちゃんと悪い歯は抜歯して、必要なインプラントは設置させていただきましたよ。

asfdgvbsdfkjv3Boik.jpg


 ね、Tさん,嘘じゃないでしょ?僕の記憶が正しいことがわかっていただけました(笑)?初期固定も良好でしたが手前は抜歯即時インプラント埋入なので、少々長めに待ってから負荷をかけましょうね。お疲れさ・・・、ああ、そうか疲れた記憶すら患者さまにはないのですよね?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年7月 9日

こんにちは。このブログでスタッフ募集のお話を以前書いたと思いますが、先生は非常勤の方が決まりましたし、常勤の方も近いうちに面接でお会いできると思います。ただ、衛生士さん2名募集していますが、なかなか条件が合わずまだ決まっておりません。


 当院勤務2年目の衛生士さんは今、JIADS衛生士コースに行って歯周病の知識とその治療のノウハウをおさらいしながら習得中です。国際インプラント学 会認定歯科衛生士の取得のお手伝いもできます。スキルアップしたい衛生士さん、一緒にお仕事しませんか?社員旅行は沖縄です(笑)。

oknw6.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年7月 8日

こんにちは。さて、熱心なお母様方の中にはシーラントについてはご存じの方もおられるでしょう。歯の溝の部分をあらかじめしっかりお掃除して、フッ 素の除放性(ジワジワっとフッ素を出してくれること)があるためゆっくり歯の石灰化度を高めて行ってくれる手伝いをしてくれるものです。


 また、デコボコのあるテーブルをお掃除するのは大変じゃありませんか?平らなテーブルだったら一拭きですよね。それと同じで彫りの深い我々の永久歯と同 じ形をしているくせに、充分な強さを持っていない生えたての永久歯、清掃不良を放置したらあっという間に虫歯になりますが、シーラントによって平らに近づ けてあげて「お子さん自身でも、汚れを取りやすい」状態にすることができます。

 ただし、シーラントができるのは咬合面という歯の表面だけです。側面の部分はできませんし、歯と歯の間なんかも無理・・・。つまりシーラントした ところ以外は「弱いまんま」なわけです。そういう部分をもし勘違いしたまま「シーラントしたから、うちの子、OK!」なんて思っていたら困ったことになり ますよ、ってことを症例を通じてお話したかったんです。ではさっそく写真を見ていきましょう。ピンク色の部分がシーラントです。側面には虫歯ができており 処置をしているところです。

sitrkt1.jpg


 一度車にワックスがけしたら、雨に晒され、埃も飛んでくるのにいつまでもピカピカですか?一度床にぞうきんがけしたらいつまでも光っていますか?どちら も掃除をこまめにしなければ、すぐ汚れますよね?そして埃や雨に比べたら我々が口にする物って、お皿から取れませんでしょう?卵とか油とか。そういったも のが歯には絶えず付着するわけですよ。車も床もどちらも病気にはなりませんが、口の中を不潔にしたら病気になるんです。


 お子さんの虫歯は100%親の責任です。高校生だってそうです、それまでにお風呂に入って頭を洗って清潔にすること、体を洗って清潔に保つこと、それと 同じように口腔内を清潔にすることを当たり前と思うような教育ができていなかったから、虫歯や歯周病になるのですから。いつからでも、予防は可能です、当 院スタッフがお手伝いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年7月 7日

こんにちは。明日はお休みですが研修で銀座です。JIADSといういつも勉強に参加させてもらっているスタディ・グループ主催の勉強会です。講師は マイロン・ネビンス先生という世界のトップで活躍されている歯周病の専門医、の中の専門医です。色々な経緯でJIADSで講演されることになったようです が、初めて直接お話しを聞くことができるのでとても楽しみです。


 JIADSの講師の先生方も世界の一線で活躍されている方々ばかりですので、基本的なコンセプトなどは近いものがあるのでしょうか。それでは行ってまいります!



E720014.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年7月 6日

こんにちは。元々は右上432が連結されているセラミックが入っており、そこにアタッチメントを介して義歯が固定されていました。こんな風に。ちなみに緑色のドットが連結されている432です。

akb0.jpg


akb0.5.jpg


 この義歯は私が作ったものではありませんが、アタッチメント部分の消耗品を交換さえすれば比較的良好な状態だったようで、数年間この状態でメインテナン スをしていたんです。義歯を作る際に「ここは骨がないから、インプラントは無理」と言われたそうです。そして今回支えの4番目の歯が虫歯で根管治療が必要 な状態となりました。しかも簡単に残せる状態ではないんです。

 では術前のCT画像を見てみましょう。


SLX-018.bmp


 CT画像をクリックしてみてくださいね。短くカットされた歯の根の先には病巣が小さいですけどありますね。おまけに黄色いドット部分が上顎洞底で緑色の ドット部分が歯槽骨表面です。薄い所で1.5ミリ程度ですから、インプラントは「無理ではない」ですが、難症例ですね。しかし、上顎洞底がシンプルな形態 をしていますので、サイナスリフトは可能であり患者さまにお話したのですが「噛めるようになるまで半年は厳しいな。他の方法で1本でも入らないか?」とい うご希望をお持ちでしたので、4はクラウンレングスニングという歯冠長延長術を行い保存、5部分にソケットリフト併用でインプラント埋入を行いました。


 奥に2本歯がない状態となりますが、使ってみて不足を感じたら奥も検討する、ということでまずはスタートしました。


akb1.jpg

akb2.jpg

 5部分のインプラントの埋入と4部分のクラウンレングスニングも無事終了!これで4はラバーダムがしっかりかかり予知性の高い根管治療が可能とな りました。インプラントのインテグレーションが得られるまでの間に、余裕を持って根管治療は終了すると思います。お疲れ様でしたAさん。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年7月 5日

こんにちは。今日は至ってシンプルなインプラントの二次オペを行いました。ちなみに切開は「曲がっちゃった」んじゃありませんよ(笑)。傷をきれいに封鎖するための工夫です。


fkok111.jpg


 ここで、インプラントのフィクスチャーが見えてきます。そこでいつも通りぺリオテストで数値をチェックしますが、驚きの数値が出ることになります。ケン テック・アルファタイトインプラントを使いましたが、なんとマイナス8です。これまで見たことはありません。すごいですね。まだまだマイナーですが、こん な良い物、みんな知らなくていいや(笑)。僕だけの秘密。


 そして、安心したうえでヒーリングアバットメントに交換してから、丁寧に縫合します。

fkok112.jpg


 麻酔の直後から皮下出血が認められますので、極力傷の治癒を優先して切開は最小限にとどめました。そう、インプラントの埋入のオペの時に皮下出血が起 こってご心配おかけしちゃいましたからね。さて、次回は型取りでいよいよ右でも物が噛めるようになりますよ!楽しみですねFさん。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年7月 4日

こんにちは。今日は乳歯列期(2歳半~6歳)の反対咬合の治療についてのお話です。この時期の反対咬合では遺伝の要素が反映されていなくても、前歯 から赤ちゃんの時に歯が出てくるのでどうしてもそこで噛もうとするため「機能的に」反対咬合になることがあります。今回のケースもそのような重度ではない 反対咬合です。

tkd1.jpg


 
 顎をひいて噛んでもらうと上下の歯が切端同士で噛みあいますので、おそらく半年もあれば十分改善してくるでしょう。ただし、正しい装着が前提です。雲ってわかりにくいですが、装着した状態です。

tkd2.jpg


 じゃ、これからh時々お口の中を見せてもらうよ~。S君、がんばろうね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年7月 3日

こんにちは。今日は趣味の話なので、ご興味のない方は無視してください。でも今日のは、ちょっと読んでほしいかな(笑)。ビッグベアージムに移籍して1年9カ月経過しますが、ようやくベンチプレス100キロの壁を超えました。85キロくらいまではがんばっていたのですが、そこから伸び悩みまして・・・。スクワットやデッドリフトはポンポンと扱える重量が上がっていくのに、どうもベンチプレスだけは伸びませんでしたねえ。


 そして、ダンベルプレスに切り替え、ようやくこの日が訪れました。なんとなく友人に「小川さん、ベンチやらないよね?」と言われた言葉が頭に残っていて、そういえば逃げていたのかな?苦手意識があったまま遠ざかっていたなあ、などと考えこれまで100キロを上げるためにやってきた遠回りを結果に出す時が来たのかなと考えました。コーチに付いてもらっていざ。けっこうできちゃう時ってなんでもそうですが、あっけない。


 でも喜びはうちに戻って一人、このPCを目の前にしてからジワジワと自分にしかわからない達成感が湧いてきます。これは何かを成し遂げた人にはわかっていただけると思います。しかし長い1年9ヶ月でした。次の目標は今ダンベルで38.5キロを扱っており、隣には40.5キロがあります。すると次は下の段になるんですね。そこでしょうか。ちなみにベンチプレス100キロ、デッドリフト160キロ、スクワット115キロ、懸垂15キロの負荷、レッグプレス 200キロちょっと・・・といったところでしょうか。日本歯科大学漕艇部の後輩君たちは参考にしてください、おっさんもがんばっているよ(笑)。


 
 継続により築き上げた自信に裏打ちされた精神に支えられ、毎日妥協のない臨床が可能となります。体を鍛えているようで、実は精神修行でもあったのですね。お後がよろしいようで(笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年7月 2日

こんにちは。先日お伝えしました「ちはら台駅前」に建設中の友人川嶋君の歯科医院、まんぞう歯科医院(仮)のその後の様子です。前回お邪魔した時は基礎工事が終わったところだったね。それがもうこんな・・・。


IMG_0530.JPG


 この間の日曜日の様子です。ちゃくちゃくだね、9月間に合うんじゃないの?待ってるよ~。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年7月 1日

こんにちは。さてトランス・プランテーションとはなんぞや?移植、ですね。我々の領域では「自家歯牙移植」と言いますね。しかし、カテゴリーがどこ にも当てはまらなくて、虫歯によってダメになった歯を治療する・・・という目的に則って考えて「虫歯の治療」とさせていただきました。わかりにくかったら すみません。


 ではまず処置前の状態から見ていきましょう。口腔内写真、どうぞ。

gnhsen53466whwt.jpg


 緑色の矢印が保存不可能な7です。青い矢印がこれから移植する8です。次に術前のレントゲン写真を見てみましょう。

kwsmxray1.jpg


 7の根尖には病巣があって、虫歯も歯肉縁下まで進み予後が悪そうです。患者さまにお話しして7は抜歯、そして奥にある8を抜歯して移植しましょうと提案 しました。インプラントもできますが奥に利用できる親知らずがあるのですから、インプラントをする前に使わない手はないですもんね。エコですねえ(笑)。


 そして抜歯した歯ですが、黄色い?の中の部分が病巣ですね。嚢胞となっていますね(正確には病理検査をしなければ、確定できませんけど・・・)。


kwsmtooth.jpg


 そして抜歯した7部分に移植する8を歯根膜という組織を傷付けないように、そ~っと抜歯します。歯根膜とは歯の根の部分に付着している軟組織で、子供の 歯が抜けた時とか「何だろうコレ???」って思いませんでした?アレです。それにはたくさんの未分化間葉細胞が含まれており、歯牙移植を行ったさいの鍵に なる組織ですね。ドナー歯の歯根膜を傷付けたり、不用意に触れたりしないようにして、今度はレシピエント・サイト(移植した歯を埋めるところ)の調整をし ます。親知らずのサイズに合わせて修正をします。そして固定したところです。

jnsjkdhi4uy3287.jpg

 そして術後のレントゲン写真です。

kwsmxray2.jpg

 所定の期間お待ちいただいて、その後根管治療を行います。ただし、成長途中にある「根未完成歯」であれば根管治療いらずの場合もあります。俺の親知らずっ、コレ、できるのかな???なんて思ったらおがわ歯科医院にご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2010年6月 | メイン | 2010年8月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医