«  2011年5月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2011年5月28日

当院のブログで以前も紹介させてもらったと思いますが、どうしても抜歯が必要になりその部分に歯を作る事を考えた場合、①インプラント ②義歯 ③ブリッジ の3つが候補として提示される事がほとんではないでしょうか?


僕はインプラントは得意ですが何がなんでもインプラントがベスト!ではないと思っています。インプラントは生体にとって異物ですから、設置したら生体を『騙して』置いておいてもらう、そういう位置付けなんだと解釈しています。


となるとなるべくならば設置する年齢は若くない方がいいですよね。もし、代わりになる方法を受け入れられる(たとえば入れ歯を、とか隣の歯を削るブリッジだとか・・・)ならばですけど・・・。


ここで、『健康で使っていない』親知らずがあった場合『自家歯牙移植(トランス・プランテーション)という方法がとても有効なことを知ってほしいですね。元々は自分の体、組織なわけですから生体が拒否するわけもありませんし、何より安心ですよね。ではそんな症例を見ていきましょう。


まずは術前ですが、向かって左の奥から3番目の歯の根の先に感染があり強い症状が出ています。2度ほど根管治療を試みましたが器具の到達は得られず、症状の軽減も達成する事ができませんでした。また、クラックという歯のヒビも確認できました。そこで前述の処置を行う提案をいたしました。


移植前.jpg


そして術後・・・


移植後.jpg


3~4週間ほど『経て』から根管治療を行って(神経は根が未完成の歯でなければ確実に死んでしまうんです・・・)いきます。自家歯牙移植をお考えの方はご相談ください!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年5月20日

乳歯列のうちに反対咬合を改善できる事をご存知ですか?


そのまま様子を見ても永久歯に交換する時に治るケースもありますが、かみ合わせが深い子の場合できれば改善しておく方が骨格の成長を阻害しないであろうと考え、矯正治療をおすすめすることもあります。


乳歯列での反対咬合の治療にはムーシールドです。効きますね、正しく使えば!まず術前から見ていきましょう!


PICT0059.JPG


3カ月後の状態です。ホントです。


PICT0446.JPG


何もしないまま手を打たなければ、上顎の前方への成長が阻害され、舌の動きが制限され口腔周囲の筋肉のアンバランスが起こるでしょう。これは治療的に介入して良かったと考えています。あとは様子を見せてもらえば平気じゃないかな。頑張ったね!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年5月17日

初めて聞く言葉ではないでしょうか『フェイスボー・トランスファー』。


補綴(ほてつ)と言って『失われた歯の一部、または全部』を修復するために被せ物を作りますが、その工程で上下の模型を『咬合器』という顎の動きを再現した機械に付着します。


咬合器とはコレですね。


IMG_3884.JPG


この上でいろんな操作をします。大事な事があって『回転中心』つまり体でいうところの『顎関節』と咬合器の回転中心を一致させたいのですね。その再現性を確保する操作が『フェイスボートランスファー』というわけです。ムツカシイ???


精密な操作をする上で必要な操作だと思ってください。


PICT1826_copy.jpg


咬合(咬合器操作)・顎関節・義歯について私が勉強させていただいた『小出馨先生』の教えそのままに『プロアーチ咬合器』システムを採用しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2011年5月12日

すごいご無沙汰ですが、ゴールデンウィークは沖縄に行ってました(^-^)その様子はアメブロの方でご紹介しておりますので、沖縄のガイドにないおいしいものをお知りになりたい方は、アメブロに飛んでくださいね。


では昨日の診療後は月に一回のJIADS東京の勉強会ですね。佐々木先生の天然歯とインプラントの共存をテーマに、渥美先生は根管治療についての講義でした。ともに素晴らしくメモ魔になってましたが(笑)、驚いたのは渥美先生が私のこのブログに目を通されていてなんと根管治療時の私の『グッジョブ!』というキーワードをお知りで、『小川先生のようなレントゲン写真であれば、胸を張って自費治療を患者さまにお勧めできますね』とおっしゃってくださったこと。


なんというか僕、シャイじゃないですか(笑)。汗がドッと出るくらい毛穴が開きましたね。でも、お誉めの言葉をいただき身が引き締まる思いであった事も事実。気合が注入されましたよ!


nagata1.bmp


スミマセン、ビットマップの写真の出し方がわからないんで、クリックして見てください。このように『ちょっとだけオーバーフロー』した状態が根尖をきちんと封鎖している状態です。うんうん、グッジョブ!


しかし、私がJIADSの根管治療コースを受講して4年が経過しますので進化している部分も多く、さらなる勉強が必要なこともわかりました。前向きにがんばろう!!!前向きにがんばっていれば、必ず前向きな人と出会えるから!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2011年4月 | メイン | 2011年6月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医