«  2012年1月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2012年1月26日

いや、ホント外傷によるトラブルは先が読めないんです。大丈夫かなと思ってもダメになったり、無理だよ・・・・と思っていても意外と大丈夫だったり。今回は怪我により左上1が脱落をしてしまい、左上2が折れて(破折)しまい、右上1が欠けた患者さまのケースです。


オペ前の状態から見て行きましょう。


PICT2961_copy.jpg


向かって左側の歯を削るのはもったいないですから、欠損部分にはインプラント、折れたところには根管治療を正しく行って保存をするという計画を立てました。


PICT2971_copy.jpg


定位置に埋入したら、隙間に骨補填材というものを設置して、動かないようにメンブレンという膜で固定します。


PICT2972_copy.jpg


よく見ると縦に傷を残すような切開をしていないので、出血が少ない方なんです。


PICT2974_copy.jpg


PICT2975_copy.jpg


縫合後正面です。そして・・・

PICT2976_copy.jpg

縫合後の噛み合わせの面から見たところです。低侵襲万歳です\(^o^)/

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年1月25日

1月22日は新潟再生歯学研究会総会・会員発表がありました。


401338_276230662440511_100001607394544_812105_1944218325_n.jpg


午前中はパクヒィチャン先生によるGRFについてのレクチャーと採血からの実演でした。自分の成長因子に対する知識が数年古かったことを思い知らされました。聞いてとても良かったです。


そして午後は会員発表の時間で出番は2番目でした。頑張って日頃の臨床について発表してまいりました。


396393_277763545620556_100001607394544_816041_1718537469_a.jpg


393849_270745236326393_131838820217036_737021_323618044_n.jpg


400263_270745269659723_131838820217036_737023_324249246_n.jpg


与えられた時間を少々(けっこう???)オーバーしてはしまいましたが、力を出し尽くして来られたと思います。ここで得られた経験と新たなノウハウをみなさまに還元していきたいと思いますので、これからもよろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年1月23日

左上の犬歯の抜歯即時インプラント処置と、その奥の第一小臼歯のオールセラミック治療の話です。


抜歯即時でインプラントを行う場合、しかも審美領域である前歯であれば一層の配慮が必要になります。抜歯を行う前に可能であればエクストルージョンと言う『歯の移動』をするのです。これは歯の周囲の組織のボリュームを上げることが目的です。


このケースもそういう前処置を行いましたがインプラントの埋入の辺りから写真を交えて報告いたします。


PICT0811_copy.jpg


まずは抜歯をした部位に『やや、内側』に『深めに』インプラントの設置を行います。これは歯の周囲の組織は抜歯後に外側から痩せてくるからです。そして・・・・


PICT0812_copy.jpg


隙間には骨補填材を適度な圧(ギュッと押し込まない)で設置して処置を終了します。


PICT2588_copy.jpg


傷の治癒を待って最終的なインプラントと隣の歯の型取りです。キチンと歯には糸を撒いているのがわかりますか?これを『圧排糸』といい、精密な処置をするには欠かせないモノです。


PICT2729_copy.jpg


そしてセラミックが装着されたところですね。そして横から・・・


PICT2733_copy.jpg


こういう感じです。手前の歯との間はわざと隙間を残しています。歯肉が上がってくるゆとりを残しています。


Kさん、お疲れ様でした。これからは楽しいお食事で楽しんでください!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年1月18日

上の奥歯を失った方で、歯周病を長く放置していた場合、骨の量が不足してインプラントができません、などと言われることがありますね。


そういう場合にサイナスリフトというオペを併用して『上顎洞内に骨を造成』してインプラントを行うことが可能です。時間にして40分~90分、ケースによってかかる時間は違いますが、ちょっとの我慢で義歯から解放されるとなれば考慮に値しませんか?


PICT2829_copy.jpg


インプラントが設置されサイナスリフト部分を塞いだところです。そしてオペが終わったところですね。


PICT2830_copy.jpg


痛みのコントロールは工夫次第で可能です。義歯から解放されたい方はおがわ歯科医院にご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年1月17日

僕の趣味のトレーニング。


なぜやるのか?そう聞かれることも多いですがそれは・・・・


心技体がすべて良い状態にあって初めて、仕事であれなんであれ、最高のパフォーマンスを発揮できると思っているからなんです。


381426_218484121564042_100002073664762_501617_1815105855_n.jpg


ewfwfwerf.jpg


来年はこれまでの努力が評価される場に出る予定です。さあ、今晩も頑張ろう!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年1月14日

このような状態では残せないね・・・・そう言われることが多いのでは???


PICT2805_copy.jpg


いえいえ、とんでもない。『最後の最後まであきらめない歯科医師』小川宗一はなんとかしますよ。
方法は簡単。一回抜くけど戻すのです。ちょっとだけ浮かせてね。


こんなカンジ。


PICT2812_copy.jpg


ここから周囲の歯肉の調整をすればなんとかなりそうでしょ???今日も余力なしで頑張りました!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年1月10日

新年は駒ヶ岳から『雲海・富士山・初日の出』を見てきました。


385156_263288213734756_100001607394544_772907_1772537151_n.jpg


何かを予感させる経験をしてきました。今年もさらなる研鑽を積んで皆様に還元していきたいと思います。


今年もおがわ歯科医院をよろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2011年12月 | メイン | 2012年2月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医