«  2013年6月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2013年6月28日

昨日は月に一回のJSCTの症例発表・検討会でした。


参加者がこれまでで一番多いんじゃないの?というほどで、
机と机の間に『補助椅子』が登場(笑)
スゴイやる気・・・


皆さんの熱い発表があり、僕も1症例発表させていただきました。
小野先生より喝をいただきました。ホント、その通りでしたので
身に沁みます・・・


そして、JIADSのエンドコース講師の渥美先生と。


1011920_548878888509019_1896884057_n.jpg


彼とは仕事の話はもちろんしますし、そこでの学びも多いのですが
共通の趣味の方がどうしても盛り上がる。
それは岡村靖幸。次のツアーでは一緒に行きたいね、ということで一致(笑)


勉強会の後の飲み会ではその話が半分だったかなあ。
みんなは和民でパソコン開いているのに・・・あはは。
今日もグッジョブ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年6月25日

歯周病によって失われた歯の周囲の骨を回復させる方法として
再生療法があります。ご存知の方も多いと思います。


歯の周囲の汚れを徹底的に除去して(デブライドメント)
しかるべきものを置いて、丁寧に縫合する。


治癒期間の歯にかかる力のコントロールも適正に行って
初めて再生が可能になります。


まずは再生療法のオペの写真です。


fagsgfvasd.jpg


骨が失われているのがわかりますね。
そして行って期間治癒を待ってから、
確定的歯周外科処置を行った時の様子です。


ygk,gkjgy.jpg


そして治癒後のメインテナンスの状態です。


uyjhl.huio.jpg


治癒までの大変さを考えたら、何かが起こる前に
予防すべきですよね・・・。


私だってオペは積極的に受けたいものではありませんもの・・・
しないでいられるため、正しい情報と
専門家のアドバイスが重要ということですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年6月24日

前歯と奥歯は、それぞれがお互いを守り守られているのです。
前歯と奥歯、きちんと役割分担させてあげること、これが長持ちの秘訣です。


骨の質や幅、どれだけ長いインプラントを使用できるか
そういったことをすべて加味して判断するものですが、
欠損となった歯の本数以上のインプラントが必要となることはないでしょう。


歯周病のリスクが高いのか、噛み合わせる力の要素が大きいのか
それも考慮に入れて適応であるかの判断をいたします。


同じケースはお二人と存在しません。
個別にお答えいたしますので、ご相談ください。


また、スカイプコンサルもお受けしています。


PICT2773_copy.jpg


PICT2776_copy.jpg


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年6月21日

昔、僕がよく450グラムのステーキを食べたこと
600グラムのハンバーグを食べたこと
ココにアップしていました^^;

おえ・・・
もう出来ないです。


970526_537188189678089_654506688_n.jpg


食事についての気付きを、
周囲の皆様が与えてくださって
正しい知識をいただいているからです

仕事柄、血液を見ることが多いですが
あきらかに人によって様々です

インプラントのオペをさせていただいて
結果がまるで違う事も
その血液から想像すれば『やっぱね・・・』
という事がとても多い

正岡子規が35歳という若さで他界し
その原因が過食に有った事もわかっています

まさか、『柿食えば、鐘がなるなり、法隆寺』
の間食で食べている柿が11個だったことは
想像できませんよね、ふつう・・・^^;

彼もフォイトの栄養学に基づいた
肉食中心の生活、糖とエネルギーの過剰摂取により
脊髄カリエスに苦しんだわけです


【腹八分に医者いらず、腹六分で老いを忘れ、腹四分で仏に近づく・・・】


これが、僕がたどり着いた今しっくりくる答えです
外食はどうしても肉や加工食品が多く
使っている脂もなんだかわかりはしない・・・

となれば、普段こそ重要で
この僕がけっこうベジタリアンに近い食生活を
送る事が出来るようになってきています

だがしかし、それほど痩せもしないし
体調はとっても良い^^!

どうやら100歳まで闊達に健康に生きるコツ
ここにもあったようですね

草食動物になった小川ですが
これまで同様ハングリーですよ
噛みつきますwww

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年6月14日

おがわ歯科医院のスタッフは歯科衛生士、歯科助手ともに充実しましたため
募集を一時ストップいたします。ありがとうございました。


しかし、歯科医師の募集は引き続き行っておりますので、
ココで再度ご案内いたします。

こちらから応募できます

小川がこれまで身に付けてきたノウハウですが・・・
インプラントについてはJIADSペリオインプラントアドバンス、新潟再生歯学研究会において
研修を終了しております。

矯正はNLT研究所ベーシック・アドバンス終了、TBCS矯正研究会終了、MIAコース終了
筒井塾修復的歯牙移動コース終了、筒井塾咬合療法コース終了、現在はFOSSAにて毎月一回の勉強会に参加しています。

歯周病治療はJIADSペリオベーシック・アドバンス終了。

根管治療はJIADSエンドコース終了、井澤常泰先生マイクロエンドコース終了、現在吉岡先生のエンドコース受講中。

補綴・噛み合わせは小出馨先生基本8カ月コース終了(僕の知識が浅く、わからなかったので3年間オブザーバーで通いました・・・)、筒井塾咬合療法コース終了。


と、一応人並みには研修に参加してきました。
そのノウハウと技術を盗めます。

これらに今から参加しようと思うとおよそ1000万円くらいの
自己投資を必要とします。

しかし、その費用はおがわ歯科医院に就職してくれれば
不要となります。

それだけではなく、毎月お給料ももらえます。

悪い話じゃないですよね?

そして今、小川が注目しているのが
『食育できない医者は医者じゃない』
ということで、食事指導ができる歯科医師であること

これも、一緒に指導していきます。

甘くないですよ、もちろん。
それは覚悟してください。

ただし、最終的にノウハウと知識が身に付き
独立資金まで用意できる環境です。

募集はたった1名です。


面接は応募順ですが、素晴らしい方と出会ってしまったら
その時点で募集は閉め切ります。

本気ですか?

9529886cb06a260be8c4080d20daab6f.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年6月10日

久々に新潟再生歯学研究会に同期の水川先生も行くということで
上野駅のハードロックカフェで待ち合わせしました。


rthbr.JPG


水川先生はしっかりギリギリまでお稼ぎになられたようで(笑)
少し待つことに。


この2年位新潟は一人旅でしたが
やはり一緒に行く仲間がいるというのもいいね


二人で燕三条の駅を降りると・・・
ん???


見たことある・・・


あっちも俺を見てる・・・


あ!


歯科業界では超有名人ぢゃんw


KU歯科の梅田先生!


いつもブログで勉強させてもらっています!
なんていうご挨拶をしましたが、なんか不自然(笑)


Facebookでお互いを知っていたので
初めてお会いする気がしないんですね。


295623_539330239463884_374758270_n.jpg


腹ごしらえに市内の中華亭に連れて行ってもらいましたが
メニューを全く知らないので、梅田先生に『お任せします』
と一任。すると『大脂3つ!』なんですって!?(笑)


大脂て・・w


コレか・・・


dtfgbe.JPG


ズル・・


うまいぢゃないか(笑)


ラーメン自体久々だし
いいのか、宴会前にこのおやつ(笑)


いつもお世話になっている新再研施設長の榎本紘昭先生、
翌日ご講演の北九州の白石和仁先生
とても楽しく歯科臨床の話を聞かせていただきました


1001465_539572306106344_399512550_n.jpg


白石先生には歯科臨床以外のダイビングの話、
沖縄の共通の知人の話、その他ココに書けない話多数・・・
続きはまた神楽坂でお願いします(笑)


そして、翌日午前中は白石先生の究極のペリオドンティストとしての
ストイックな姿勢が現われた臨床を多数見せていただきました。


マジで凄いです・・・


999547_487871151292357_7156671_n.jpg


そして午後は新再研会長の倉嶋先生の講義と実習(お疲れ様です!)
なんと前日は東京で慶応大学病院時代の会があったようで、
朝お戻りになられての講義と実習でした・・・


こういった倉嶋先生の姿勢を見ていると、自分の頑張りって
『まだまだぢゃんねえ~・・』
そう思い知らさせます。脱帽。


1003958_478885498854962_957353591_n.jpg


そして、新再研では同期だった山本先生もとても面白い!
関西の人はみんな『ケンコバ』だと知りました(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年6月 4日

いわゆる出っ歯ですが2種類あるのをご存知ですか?

1.上顎が大きい
2.下顎が小さい

これでアプローチは全然違ってきます。
それをきちんと調べてから始めないと・・・

アレレ・・?
ということも起こりうるのです。

当たり前ですが、正しい『診査と診断』が必要です。

では、症例です。
成人の患者様です。

PICT1587.JPG

PICT1589.JPG

PICT1590.JPG


PICT1591.JPG

PICT1592.JPG

正面から下の歯が見えないくらい噛む込みが深く
下顎が小さく奥にあるかみ合わせと言えます。
また噛み合わせる力も非常に強いことが想像されます。

そして、前歯と奥歯の役割り分担ができておらず
奥歯の負担が大きいことがわかります。

それらを改善するため矯正治療を行います。
術後です。


PICT3726.JPG


PICT3731.JPG


PICT3733.JPG


PICT3729.JPG


PICT3727.JPG


PICT3735.JPG


PICT3734.JPG

噛み合わせを抜歯した後も深くさせることなく
前歯と奥歯の役割り分担をしてあげる
『機能的な改善を重視した矯正治療』
を行いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年6月 1日

おはようございます。

おがわ歯科医院では6月より新しいサービスとして
『Skype』による無料カウンセリングを始めます。

かかる前に不安なことがある方、小川がどれだけ変わり者か先に知りたい方、
なんでもけっこうです。

ご希望の方は問合せフォームから
『Skypeカウンセリング希望』とメッセージをください。
お電話は043-291-6555です。

ただし、一日2名様までとし、日時はこちらよりご連絡させていただきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2013年4月 | メイン | 2013年7月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医