«  2014年11月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2014年11月19日

僕の思いとして日本の匠の『歯科医療技術』を
海外、とくにアジアやポリネシアに伝えたい
というものがあります。


そして僕の人生におけるメンターである
Mark先生によってこの思いが鮮明に
明確にヴィジョンとして持つことができるように
なりました。


Mark先生はロータリー財団の留学制度により
米国のパデュー大学に留学されました。
ロータリークラブがあったから今の私がある、
そうおっしゃっておられます。


そしてMark先生のコーチングを受けて
もうすぐ2年が経過しますが、今の僕があるのも
Mark先生との出会いがあったからです。


そしてここで運命かというくらいのタイミングで
私に『ロータリークラブの創立メンバー』として参加しないか?
という申し出がありました。


光栄なお話なのですがMark先生に
ご意見をうかがってから参加を決めました。
そしてさまざまな準備を経て、
11月17日に所属する『東京サンライズ汐留RC』の
チャーターナイトが行われました。


1493131_10204225308345615_1437708241470041031_n.jpg


10710700_10204225309265638_4468799843246892928_n.jpg


10339710_818994204830818_2982533413726361475_n.jpg


教えを受けて駆け抜けた2年間、まさか出会う前には
自分がロータリークラブにいるなんて思わなかった。
しかも、創立メンバーとして。


Mark先生と並んであの場にいた時、涙が出る寸前でした。
感動と言っていいくらいも思いに包まれて。
と言っても、ココがスタート。
これから自分が何をできるのか考えて
奉仕の精神で海外に出て行きたいと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年11月 8日

審美とはこちらの一方的な押しつけたモノを
受け入れてもらうことではなく、その方の個性を理解し
周囲に調和させてこそ成り立つものです。


歯の形、色合い、などを製作者である
技工士と情報を共有して、初めて良いものができる。
そういった手間暇を必要とするので
自由診療となります。


ちなみに、当院の技工物を製作する技工士は
〇泉元総理のセラミックを製作した腕っこきです。
技工士もいろいろ、歯科医院もいろいろw


PICT2790.JPG


これが術前ですね。そして術後は・・・


PICT0441.JPG


このようになります。ここまで治るなら手間がかかってもいい、
そう思われた方はまずご相談ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年11月 4日

今日はお知らせです。
と言っても同業者さまにです。


僕がこれまで学んできて実践している内容を
これからインプラントを学びたいというドクター向けに
セミナーを開催いたしますので、ご案内いたします。


セミナー11月.png


まだお席に若干の余裕がございますので
よろしければお問い合わせください。


印刷用のPDFはコチラ→11月セミナー.pdf

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2014年10月 | メイン | 2015年5月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医