«  2017年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« オトナの矯正 | メイン | おい、起きろ( `ー´)ノ »

2017年12月21日

歯を失うことになるには
必ず理由があります。

 
そして歯の並びに異常をきたし、
欠損となることも少なくありません。

 
そしてその病んだ歯列を放置したまま
欠損のみの対応をしても、
神様がお創りになった最強であるはずの
歯を失ってしまった原因を残しているため、
おそらくですがその作り物は
失われる運命にあると僕は考えます。

 
そんな病んだ歯列を考慮して治療を行った
1症例です。

 
tj1.jpg

 
このような欠損があります。
そして向かって右側の金属の入っている歯は、
舌側に大きく傾斜しています。

 
歯列の前方部分を拡大した状況を想定し、
欠損部分にインプラントを設置します。
その後、矯正治療をスタートします。

 
tj2.jpg

 
その上でそれぞれの歯の安定を待って、
仕上げていきます。
もちろん、時間は必要です。

 
tj3.jpg

 
このような状態になれば、
多くの歯を失った根本的な原因から解放され、
長期にわたって安定が得られることが、
想像できるのではないでしょうか。

 
最小限の介入で
最大限の効果を(´-`*)

 
医療法人社団Rhebおがわ歯科医院
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央1-21-1
043-291-6555

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ogawado.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1791

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医