«  2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2018年6月 4日

作ってもらった被せモノが
何度も外れてくる場合には、
それなりの理由があります。

 
今回対応させてもらった方は
奥歯の欠損を放置してしまったため、
噛み合わせの位置が低下しているため
修復のスペースが不足していて、
歯が短いことが理由でした。

 
そのため、歯肉の位置の調整を行い、
被せモノが維持され安定できるように
いたしました。

 
術前の状況がこのような感じです。

 
PICT4626.jpg

 
これでは取れて当たり前と思います。
そのため歯肉の位置を変えてあげると・・・

 
PICT4628.jpg

 
このようになります。
これならば修復物も安定し、
簡単に取れるなんてことは
ないでしょう(^_-)-☆

 
最小限の介入で
最大限の効果を。

 
医療法人社団Rheb おがわ歯科医院
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央1-21-1
043-291-6555

 
#歯周外科#歯周病#APF
#クラウンレングスニング#セラミック
#審美修復#精密治療#マイクロスコープ
#インプラント#噛み合わせ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年6月 2日

理由はたくさんあるのですが
歯が所定のポジションまで
萌出できずに埋もれていることがあります。

 
そういう場合、
そのまま虫歯の処置すらも
完全に出来ないことがあります。

 
PICT5158.jpg

 
oot2.jpg

 
これでは被せることすら出来ない状態で、
歯医者がよく言う
『なんとかします』
っていう場合の多くが、
この不完全な状態のまま、
なんとなく治している、
そう考えるべきです(笑)( ̄▽ ̄)

 
簡単な歯周外科処置をすれば、
予知性を持って治すことが可能です。

 
oot3.jpg

 
oot4.jpg

 
ここまで歯肉の位置をコントロールしたら、
ついでにですが奥の歯の歯肉の下に隠れていた
修復物周囲の問題も露になりました。

 
ここまで歯肉の環境を整えてあげたら、
あとは普通に修復が可能になりますね(^_-)-☆

 
最小限の介入で
最大限の効果を。

 
医療法人社団Rheb おがわ歯科医院
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央1-21-1
043-291-6555

 
#歯周外科#歯の保存#歯を抜かない歯科医院
#クラウンレングスニング#APF

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2012年5月12日

虫歯予防の有効な手段の一つとして『シーラント』というものがあります。用いる頻度が高い場所が第一大臼歯、いわゆる6歳臼歯ですが、歯の溝が深い(彫りが深い)ために磨き残しをしやすいために行います。


行う年齢ですが歯が萌出して間もないころは『充分に石灰化』していないため、大人の歯なのですが抵抗力がないまだ弱い歯なのです。4~5年かけて石灰化が進行して我々大人と『形も強さ』も同じような歯に育つのです。


ではシーラントされた状態です。


shtgshstgdhsg_copy.jpg


緑色の矢印のところがそうですね。うすいピンク色の部分がシーラントです。シーラントからはフッ素がじわじわと徐放性を持って放出されますので、それも有効に働くと考えられています。しかし、シーラントも万能ではないので、シーラントができない側面に気を付けないと・・・・


PICT2272_copy.jpg


ほら、こんなことも!そうならないために結果保障のある『Club Love&Teeth』という予防プログラムがあるんです。詳しくは当院スタッフまでお問い合わせください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年10月28日

こんにちは。前に通っていた歯科医院で「自費」で治した歯がすぐに取れる、ということでおがわ歯科医院に来院された患者さまです。まず初診時の状態です。この歯は前医にて仮付けされている状態です。


krkrkr1.jpg


 ブリッジを外して見ると・・・。土台の歯が短くて、富士山のような形ですよね。これは取れますね・・・。


krkrkr2.jpg


 向かって右側の歯のない部分の歯肉は抜歯してそのままだったのでしょうか、痩せてしまってくぼんでいます。


 
krkrkr5.jpg


 角化歯肉(歯やインプラントの健康を維持するために必要と言われている、しっかり硬い歯肉のこと)が減ってしまわないように工夫してアピカリー・ポジ ションド・フラップを行いさらに、向かって右上(患者さまには左側)の欠損部分は上皮下結合組織移植術を追加しています。この時はメタルだったコア(土 台)を外して、マイクロスコープを用いた根管治療をした上でグラスファイバーの土台に置き換えた後ですね。

krkrkr3.jpg


 歯肉の治癒をプロビジョナルで4カ月待っていただき、その間にプロビジョナルの修正や、調整を繰り返しようやくファイナルがセットされた状態です。

krkrkr4.jpg


 くぼんでいた歯肉部分のアップですが、解消されていますね。


 
krkrkr6.jpg


 ここまで行うには歯周病・エンド(根管治療)・補綴・審美歯科の知識と技術が備わっていないと達成できないかなと思います。当然、私もいまだ修行中ですので、皆様の期待や希望に高い次元でお応えできるようがんばっていきます。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年10月27日

こんにちは。いろいろ原因は考えられますが歯に穴が空いてしまって、傷付いていることがあります。材料の進歩、マイクロスコープによる治療技術の進 歩によって、そういったこれまでは修復が不可能であったケースが、治療の対象となってきています。ちなみに、歯の内部に穴が空いてしまった状態を「パー フォレーション」と言います。

 これがパーフォレーションですね。

PICT3152.jpg

 矢印の部分に出血している箇所があることが確認できると思います。そこに穴が空いていますが、止血可能だったことと穴の奥が深くなかったことか ら、MTAによるリペアを考えました。もちろん作業はマイクロスコープ下ですね。目黒区より見学に来ていたS先生が凝視する中での作業だったので緊張しま したが・・・・。

PICT3153.jpg


 白いモノがMTAというセメントですね。水分のあるところでは接着性を持って硬化しなかったスーパーボンドに比べたらはるかに操作性はいいと思います。 が、慣れは必要でしょうか。これで症状が出ないか確認していきます。手前はインプラントなので最後方臼歯(奥歯)を保存するということは、非常に意味が大 きいですね。もちろん、不可能なことはありますが、従来に比べたら不可能は減ってきたように感じます。ご相談ください!



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年10月 8日

こんにちは。マイクロスコープを用いて根管治療を行って、歯周外科を行い歯冠長を整えて、プロビジョナルで歯の形態を考えて、そして最終印象(型取り)を行って「口腔内と模型にズレがないか」を確認する工程を行っているところです。

PICT2966.jpg


PICT2969.jpg


 ここで、もし歯にフレームの金属が入りきらなかったら、型取りにズレがあるか、石膏をついだ模型に変形があるかのどちらかでしょう。その確認の工程なん ですね。もしズレがあったら接続部分を切り、再度口腔内でパターンレジンを用いて連結します・・・。ちょっと手間がかかるわけです。で、色合わせ。

PICT2972.jpg

 ここまでやるから(色がイマイチなら日本橋から技工士さん、呼びますから!)おがわ歯科医院のセラミックは高いんです。ちなみに優秀なD- SPECの技工士、安部さん、宮野さんにお願いするからおがわ歯科医院が彼らにお支払いする部分も・・・なわけです(笑)。でも、手間をかけても患者さま が喜ぶ姿を見れば疲れなんかも吹っ飛びますけどね!でしょ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年7月13日

こんにちは。今お世話になっている歯科医院で作ってもらったブリッジがすぐ取れる、ということを主訴におがわ歯科医院にいらっしゃった患者さまのお話です。いらっしゃった時は取れたブリッジをそっと合わせておいでになりましたので、外して見てみると・・・


krkr11.jpg


 向かって3番目の歯には虫歯が残っており、土台はメタルで、しかも短いですね。これでは取れやすいかもしれません。そして入っていたブリッジがこちらです。

krkr105.jpg


 では、どうしたら患者さまの訴えである「取れやすい」を改善するのか?歯を残すための根管治療をマイクロスコープを使用して行い、歯を壊しにくいファイバーコアを用いて、クラウンレングスニングを行います。そしてある程度歯肉が治癒してきたところです。

krkr12.jpg

 咬合状態が3級傾向(反対咬合)であり、多少苦しい部分はありますがかなり見える部分の歯の長さが確保できました。土台もファイバーコアになって いますね。そして歯肉が完全に治癒するまでは「歯肉の位置が変化します」ので、プロビジョナル・レストレーションを用いて待ちます。それがこちら・・・


krkr106.jpg


 向かって2番目の歯の位置には歯肉の厚みがなかったので、合わせてCTGという処置もさせていただきました。あとは機が熟すのを待つだけです、Kさん。これまで大変でしたが、きっといご満足いただけると思います!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年2月 1日

こんにちは。シリコンのインデックスまでお話ししましたね。そう、それを当てて削った量を測るとはこういうことです。


mm116.jpg

mm117.jpg

 その上で歯肉と歯の間に糸を巻きます。今回は歯周外科のあとに糸を巻いているので、ウルトラパックの000という一番細い糸を巻いてもはみ出してしまいます。

mm118.jpg

 そしてこの後いつも通りオーダーメイドの型取りの器を作ってから、変形の少ないシリコンでの印象(型取り)ですね。明日はラミネートべニアをセットした様子をお伝えします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年1月22日

こんにちは。今日は従来から行われてきたブリッジによって咬合を審美的に回復したケースをご紹介します。おがわ歯科医院にいらっしゃった時はすでに ブリッジが仮着けされている状態でした。きれいに入っているな・・・あれ?ブリッジに穴が開いているけど・・・。お話を伺うと何度か型取りを繰り返して、 それでも合わないからブリッジを削って調整したらこうなったと・・・。ありえないでしょう???

 おまけにけっこう凍みるとおっしゃっていたので、よく観察したら手前よりの歯、いわゆる犬歯ですが、露髄と言って「神経が露出するところまで削っちゃっている」んですねえ。青いドットに囲まれた部分ですが、うっすらピンク色でしょう?そこが神経の部屋です。

kwkm11.jpg

 それで、犬歯部分は私が抜髄処置を行って、グラスファイバーの土台を築造してあります。奥の歯は削る量が少なすぎてブリッジに穴が開いているので、私の方で再度形成しなおして製作することとなりました。

kwkm111.jpg

 最終的なセットまでブリッジを仮着して3ヶ月くらい様子を見て問題がないことを確認しました。歯間乳頭と呼ばれる歯と歯の間の歯肉も生体に近い形で治っていますね。そして、最終的にセットした状態です。

kwkm112.jpg

 すでにブリッジでの修復と方向が決まっていたので行ったブリッジ治療ですが、ここまで徹底できればブリッジ治療もとても良い方法だと思います。Kさん、お疲れ様でした!


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年1月 3日

こんにちは。めずらしいカテゴリー「歯冠修復」ですねえ、これってインプラントの上部構造にセラミックを使っても歯冠修復ですし、天然の歯にオール セラックを作っても歯冠修復ですし、セレックによって修復したとしても歯冠修復なので、立ち位置が微妙なカテゴリーですねえ(笑)。そんな、歯冠修復の作 業工程の「型取り・シェードテイク・プロビジョナルの役割」などについてお話します。それがなすびです。


 型を取るって歯医者に行ったことがある多くの方が経験されたことがあると思います。あれです「おえっ」となる苦しいやつ。たぶん苦しい以外の感想といえ ば「冷たかった」か「臭かった」か「マズかった」くらいでしょうか?どこでそれだけの精密さがあるんだろうと疑問に思われた方っています?


 精密さを出すためにはまず、変形しない個人トレー(型を取るためのオーダーメードの器です)を製作します。こんな形ですが、僕の力(握力60キロちょっ と)で握っても変形しないことが理想です。いつもお世話になっているD-SPECの安部さん(宮野さんかな?)が作るトレーは超高剛性!ゆがまない。かた や、たまにお願いするNデンタルさんのは・・・割れますもんねちょっと握ったら・・・。何度も同じことお話しているんですがね・・・。また、変形させない 以外にも意味はあって、印象材(型取りの材料)の厚みを均一に薄くすることで印象材自体の変形も小さくする意味があります。


inp.jpg


 もうひとつ、型取りの準備で忘れてはならないことが糸巻きです。圧排糸と呼ばれる細い糸を歯と歯肉の間の歯肉溝という隙間に巻いていきます。そうするこ とで模型(模型の色は単色ですから)にした時に「どこまでが歯で、そこまでが歯肉」なのかはっきりさせます。じゃないと、技工士さんがわかりにくいですか らね。今回は右上236がセラミックの被せ物になり、45はインプラント上部のセラミックになります。


 この状態で青い部分のインプラントを型取りするインプレッションポストを型取りでピックアップします。つまり型取りで使用するシリコンとポストを一塊に して口腔内から取りだします。ここで型取りしてから後でポストを取りだし型に戻す方法もありますが、ミクロンの処置をしているのにそういう誤差を認めるの か疑問があります。システムとしてこのようにできないインプラント・システムもありますからねえ・・・、それはしかたないでしょう。


 そして色を確認します。が、わかりやすい色なのでデジカメでいくつか写真をいただいて、D-SPECに送ります。あとは安部さんよろしく。

 これで仕上げの歯を作るのですが、これまでにプロビジョナル・レストレーションを用いて・・・あっ仮の歯のことです、次回セット時までなんとなく 入っている仮の歯とは役割が違いますよ。それによって、歯の長さ、先端の角張り具合、つるっとした歯か、凹凸がはっきりした歯か、好みの部分を最大限反映 させてきたので、コピーして仕上げの歯を作れば、好みが反映された形になるはずですから、なんら抵抗なく受け入れられるはずです。


 とまあ、複雑な工程を経て最高のセラミックを仕上げていくわけです。手間がかかっている分コストも割高ですが、ちゃんとした理由があります。


注:当初載せていた写真ですが、患者さまから削除のご依頼がありましたことから、削除させていただきました。ブログをお読みの方には写真なしにはおわかりいただけない部分があるかとは思います。ご来院いただければ、別の写真を用いてご説明いたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

歯冠修復

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医