«  2008年5月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2008年5月31日

こんにちは。早いもので来週は「新潟ツアー」の3回目です。今回は三条市にある榎本先生のクリニックでのライブオペの見学になります。予定としてはインプラントの抜歯即時埋入だそうです。どういうオペをされるのか楽しみです。

 全然歯の話ではないですが、ららぽーと、リニューアルしたので先日行ってみました。新たな店舗も多数入っており楽しいですね。雨なのに「クリスピー・クリーム・ドーナツ」は傘をさしてたくさんの人が並んでいてびっくりしました。
ランチも「クア・アイナ」で食べましたがココのは男でも一個あれば満足ですね、大きいですから。

 さて、来週は自分の母親のインプラントのオペがあります。身内はちょっとやりにくいですね。左上4567欠損に対して3本埋入する予定ですが、内2本はソケットリフトです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年5月30日

こんにちは。昨日は休診でしたがJIADSの文献勉強会でした。昨日のテーマはいつもと違いました。いつもなら歯周病について書いてある著名な歯周病専門医の論文(Myron Nevins, P.D.Miller, Schalllhorn,
Kramer各先生の論文など)をJIADSの先生が製作した和訳を横に並べて、何を言っているのか(書いているのか)、信頼性はあるのか、我々臨床家の現実に則しているのか、論文特有の「マジック」はないのか、を考えていくのです。
 普通は大学に残った経験のある先生は論文の読み方などは習うことが多いようですが、僕のように大学を卒業して開業医の先生のところでお世話になった者は、論文しかも英文の論文を手に取ったのはこの会が初めてでした。初めて見たのは2年くらい前になるのでしょうか。
 昨日の内容はというと、JIADS講師である殿塚先生の患者さまで「株式会社 環境向学」の社長様がおもしろい研究をされているとのことで講演がありま した。共同研究されている「セパレーターシステム株式会社」もお話しされました。水に関するものですが非常に興味深かったです。

 厚生労働省が出している51項目の水質基準になんと「ダイオキシン」が含まれておらず、「ウィルス」全般も含まれていないんです。知ってまし た?ってことはですよ、水道水にウィルスが含まれていてもしょうがないね、国は暗にそう言ってるのでしょうかね?また、これは国内で流通するペットボトル の水についても同じ基準で監督されますから、ウィルスについては・・・、入っていないことを祈りたいです。
 そんな、水についての安全だとの過信、勘違いについてお話され、本題の「バイオイオナース」についての説明を受けました。ネットで検索されるとお分かり かと思いますが、現在はその強い殺菌性、消臭性、耐性菌を作らない、などの特長から動物の傷の殺菌、檻の中の消臭、などにはすでに使われています。その高 い安全性から口腔内での応用が可能なように製品の改良をしたものを昨日実際に私、舐めてきました。すっぱいジェル、そんな印象でしたが、30秒で歯周病菌 はもちろん、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌。院内感染で有名ですね)やO-157、レジオネラ、緑膿菌、VREすべてに有効で殺菌するようで す。我々が使う器具に使用しても「鉄を用いての接触試験」でも錆(サビ)は確認されなかったので、我々が多用するSUS304では錆はおこらないですね (錆を気にするのは医療従事者だけですね)。
 あと、注目すべきはタンパク質に接触して殺菌効果が落ちない点です。これが歯科臨床に応用されれば歯周病の治療が大幅に変わり、抗生剤の使用頻度がグンと下がるでしょう。

 これまでレッドコンプレックスという細菌の感染がある重度の歯周病では抗生剤の投与で対応していました。しかし、細菌の世代交代は4分ですよ、4 分!!!人間の世代交代はおよそ30年じゃないですか。それを考えたら、抗生剤で戦うって言ってもどんどん進化していく相手にいつまでも木の棒で立ち向 かっていっても、相手はマシンガンを持ってくるわけですし勝ち目はないね・・・。こういう方法があったのかと昨日はある意味興奮を覚えました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年5月29日

こんにちは。ちょっと前の僕の誕生日におがわ歯科医院のスタッフがくれたプレゼントなんですが、『井田萬力屋のじいさんのおきみやげ』という焼酎を もらいました。壺に入っていて柄杓(ひしゃく)まで付いてる凝ったお酒で、味わい深くおいしく飲んでいました。量がけっこうあり飲みきるまでに時間がかか りましたが、先日やっと飲み干しました。来年またこれでお願いね、スタッフゥ~。

 虫歯がどこから始まるか、もちろんそれぞれなのですが歯と歯の間から始まったものをイメージしてみてください。歯の噛む面から始まった虫歯よりも 歯肉までの距離が近いですよね。ということは、虫歯が進行したらより早く、歯肉方向へ進みダメージが大きくなります。歯肉の下にまで虫歯が進行すると、程 度によりますがそのまま正しい充填処置(詰めて治すこと)ができなくなります。これはなぜかというと、歯と歯肉の間を「歯肉溝」といいますがそこから絶え ず「歯肉溝浸出液」が出ていますので、防湿(湿気を排除すること)ができなくなるからです。ほんのチョットだけ下まで進んでいるだけであれば、「圧排糸」 というものを利用して対応可能です。では大きく進んでしまったらどうすればいいのか?
 もし、それを無視して修復を行なうと何が起こるか考えてみましょう。元々ある生体の構造を無視した修復物を、体は受け入れ難い異物が歯肉のそばにあると 判断します。そうすると免疫反応が起こり絶えず炎症がある歯肉になりますので、赤みが消えない、血が出やすい、なんとなく痛い・・・などの不快症状が残り ます。これはその異物を撤去しないかぎり続きます。この理由がはっきりしなかった昔であれば許されたのでしょうが、今はこのように原因もはっきりわかって います。そうしないためには、①歯肉の下まで進んだ虫歯を歯肉の上にまで「部分矯正」の力を借りて移動します。②歯肉の位置の調整をする。これで解決はで きます。ケースによりますがこの①、②のどいらかもしくは両方を選択して対応します。実際の症例を見てみましょう。まずは治療前のレントゲン写真です。before20x-ray.JPG
虫歯の部分をすべて削ると歯肉やその下の骨の部分に接近することがわかりますでしょうか?前述したように部分矯正にて対応し歯を挺出(エクストルージョン)します。
%E6%B1%A0%E8%B0%B7extrusion1.JPG
このような装置を使って移動しますが、抜く方向なので移動はおよそ1~2か月あれば完了します。移動が終わった様子です。
afte20extrusion.JPG
歯の移動と伴に周囲の歯肉と骨に変化があるので、周囲組織の調整を行なった様子です。
after%20crown%20lengthning.JPG
歯肉の調整を行なった場合「クリーピング」という歯肉の変化が起こるので、理想的には4ヶ月くらい待ってから、最終的な被せ物を作るべきです。こうして歯肉より上に健康な歯質が360度確保されました。これを「フェルール」といいます。
fainal.JPG
これは最終的な歯が入った様子です。こう治っていれば予知性の高い状態と言えるのではないでしょうか。正しい治療の理解を深めるための参考にしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年5月28日

こんにちは。今日のテーマの「ファイバー・コア」のお話をする前に、「コア」について説明します。コアが必要になるのは神経を取った歯(失活歯)で あり、その歯の歯冠修復をする時に強度の確保や形態の回復を目的として行ないます。従来は何かしら金属を用いたり、コア自体が金属だったりという事が多 かったと思います。現在でも保険治療で認められているコアは金属を含みます。
歯というのは神経を取った時点で血液の供給がなくなり、酸素が来なくなりますからもろくなってしまいます。そこに歯よりも硬い金属のコアが入ったらどうな るでしょう?噛む時の力は自分の体重以上がかかることがあり、歯にヒビを入れてしまったり、割ってしまうというトラブルが起きる可能性があります。
 これは神経を取った歯の宿命であり、やむを得ない部分はあります。しかしこのリスクを最小限にしてあげることは、少しでも長持ちさせたいと考えるなら大 きなメリットと考えます。そこで硬さの近い「グラスファイバー」と「コンポジット・レジン」を用いた「ファイバー・コア」が登場したわけです。このメリッ トは堅さが近いだけではありません。メタルコアを歯に着けることを合着といいますが、歯と金属の間には必ず「接着剤」の層が存在します。長い間口腔内に存 在すると「ウォッシュ・アウト」と呼ばれる接着剤の溶出が起きます。もちろん使う材料によっては程度の差はあるでしょうけど、徐々に唾液に溶かされてしま う宿命なんです。ただしそのタイミングはいろいろで、接着剤の寿命の前に人の寿命となって、問題が不顕在化してしまう、つまり問題とならない場合だってか なりの数あるとは思いますが。
 話が逸れました、ファイバーコアはウォッシュ・アウトがある合着ではなく歯質との「接着」により歯と着きますので、隙間ができたりその隙間から虫歯に二 次的になってしまう可能性がかなり低いです。この「ファイバー・コア」を口腔内で作る直接法で行なった場合、余計な歯の切削が必要なく残った歯質を最大限 保存できます。金属のコアだと型取りが必要で、ということは外開きに削る必要がありますが、型取りがいらないこの方法は悪い個所だけ削れば済むので割れや すい失活歯には有利と言えます。

これはメタルコアの図と写真です。 %E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%82%A2%EF%BC%91.JPG

metalkor.jpg

こちらは「ファイバーコア」です。fibrekor2.jpg
結局被せてしまうので見た目はそんなに影響はないです。「オール・セラミックス」を用いての修復をされる場合は、絶対ファイバーコアにしておかないと、金属色が透けてしまいます。注意しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年5月27日

こんばんは。今日は午後が「CTGを併用した根面被覆」というオペを行ない、夜はたった今「インプラントの2次オペ」がおわったところです。週の始 まりから濃い内容ですが、この後は(今夜の8:00です)矯正後の「リテーナー」を紛失した方の作り直しの型取りだけですので、今日も無事終わったような 感じです。

 さて、先日いらっしゃった患者さまですが、インプラントを設置して最終的な歯が入って1年3か月経過し、他部位がおかしいのでとのことでした。ご 本人にもお話しさせていただきましたが、インプラントは痛みを出す事はなく悪化することがあるので3~4ヶ月に一度はチェックさせてほしいこと、これは皆 様に守ってほしいインプラントを良い状態で維持するルールです。アッと思われた方、今からでもいいですからチェックお願いしますね。

 ではインプラント設置後のレントゲンです。
%E6%96%B0%E4%BA%95%E5%AD%9D%E4%B9%8B%E8%A1%93%E5%89%8D.bmp
ネジのようなものがインプラントのフィクスチャーという部分です。そのネジの先端に白いモヤモヤが確認できると思いますが、これが「ソケット・リフト」と いうオペをした場合に使う「骨補填材」です。骨補填材については以前、ブログ上で「最新のマテリアル」として取り上げたことがあったと思いますので、そち らを御参照ください。

 次に最終的な歯を入れてから、1年3ヶ月後の口腔内写真です。ちなみに下から見たところです。
%E6%96%B0%E4%BA%95.JPG
Uの字型に並んでいる左側の後ろから3番目の歯です。

そしてレントゲン写真です。
%E6%96%B0%E4%BA%95%E5%AD%9D%E4%B9%8B%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%86.bmp
周囲の骨も変化がなく非常に良い状態が維持されています。「ソケット・リフト」はリスクのある術式ですが、予後は非常に良い方法であり『骨がないからインプラントは無理』と言われた方がいらっしゃれば、ぜひご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年5月26日

こんにちは。当院の「歯科衛生士」の小出君が「日本成人矯正歯科学会」認定の「歯並びコーディネーター」試験に合格しました!
%E5%B0%8F%E5%87%BA%E6%AD%AF%E4%B8%A6%E3%81%B3.JPG
 よくがんばりました、おめでとう。なんでも気軽に相談してみてください。頼りにされると彼女もよろこんで色々教えてくれますよ。もちろん、成人矯正の話 だけじゃなく、乳歯の段階からの歯並びについて詳しいですから、お子さんの歯並びが気になるというお母様も、相談してみてくださいね。

 土曜日の「YSG」というスタディ・グループは歯科補綴専門医として活躍される宮崎先生の発表でした。彼は学会等での発表も多数しており人前で話すことに慣れています。話しもわかりやすく、写真も見やすく
とても良いプレゼンだったと思います。次回自分がやりにくいなあと思ってしまうくらいに・・・。テーマは「いかに元あった健康な口腔内に近づけるか」で、 「正常な状態をきちんと理解していなければ、異常がわからない」ということや、「インプラントは歯がない状態を解決する1方法に過ぎない」ということを おっしゃっていました。
 インプラントありき、という診断に傾きすぎていないか、安易にインプラントに頼って歯を抜いていないか、ただし手遅れになってインプラントができず患者 さまのメリットを逆に奪ってないか、非常に難しい問題ですが一番は「患者さまの求めるものは何か」を我々が正しく理解し、患者さまと僕らが一緒に治療目標 を決められれば良いと考えています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年5月24日

こんにちは。今日は毎月最終土曜日(今回はわけあって違いますが)に目黒で行なわれる『YSG』というスタディ・グループの日です。ちょっと遠いで すが仕事が終わったら目黒まで行ってきます(毎月行ってるんですよ)。このグループには私自身は2年くらい前から主催の山口先生の好意により、参加させて いただいて一緒に勉強させてもらっています。

 今メンバーとして15名くらいの歯科医師と技工士が参加しており、「インプラント治療」、「審美歯科治療」、「咬合」を中心に勉強しています。今回のテーマは「新潟再生歯学研究会榎本先生の仕事(仮)」と題してメンバーの宮崎先生が報告します。

それでは、ちょっと早じまいして行ってまいります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年5月23日

こんにちは。ここ何日か長ったらしい文章ばかりできっと読まれてないんだろうなあ、と心配になったので今日は見やすく写真をたくさん使って矯正の術前・術後の比較をしていきましょう。
 まず術前の写真です。
%E5%8F%A4%E5%B7%9D%E5%88%9D%E8%A8%BA%E6%99%82.JPG

次は下から見たところです。
%E5%8F%A4%E5%B7%9D%E5%88%9D%E8%A8%BA%E6%99%82%E5%92%AC%E5%90%88%E9%9D%A2.JPG
この子は15歳の女の子です。この状態は『開咬』といって前歯が噛んでいません。それと左右が非対称で最後の段階で上下の真ん中が合わない可能性がありました。なかなか難しい症例ではないでしょうか。

 治療開始後6ヶ月後の状態です。若い子は動きが早いです。
%E5%8F%A4%E5%B7%9D5%E5%B9%B44%E6%9C%88.JPG

 さらに4ヶ月経過した状態です。
%E5%8F%A4%E5%B7%9D5%E5%B9%B48%E6%9C%88.JPG

 
 そして治療が終了した状態です。やはり色々な苦労がありましたが、正中(上下の真ん中)は合いませんでした。
%E5%8F%A4%E5%B7%9D%E7%B5%82%E4%BA%86.JPG

 咬合面から見たところです。
%E5%8F%A4%E5%B7%9D%E7%B5%82%E4%BA%86%E5%92%AC%E5%90%88%E9%9D%A2.JPG
 治療期間は1年半かかりました。開咬の矯正治療後は再発しやすいですので、マメにチェックが必要です。Fさん、長い間不快な装置をガマンしてくれて、大変だったと思いますが治って良かったですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

こんにちは。木曜日の「お稽古」もコーチが厳しくて辛かったのですが、今日になっていい張りが出てきた感じがあります。猛者に太刀打ちできるようパワーアップしないといけないです。

 さて、昨日の続きで『側方歯群交換期』からお話を進めます。だいたい7~8歳までに上下の前歯4本と奥歯のいわゆる「6歳臼歯」が萌出します。そ の後はその状態が何年か維持され、歯の交換が一時的にストップします。横顔のレントゲンでの審査を行って「上顎と下顎のサイズの不調和」や「上顎と下顎の 位置関係のズレ」があった場合は、この時期から上下間の位置の正常化を図ることが多いです。もちろん個々で対応は違いますので、絶対ここで何かする、とい うわけではありませんよ。
 10~12歳くらいで横のCDEという歯番の歯が抜けて永久歯に順々に代わっていきます。CDE3本の歯の幅とそれに代わる345の幅の合計を比較する と、永久歯のそれの方が実は小さい事がわかります。ということは多少の叢生(乱杭歯、重なった歯並び)はここで解消されることもあります。
 およそ永久歯が生えそろってくる12歳ころを『ヤング・アダルト』といい、横顔の「セファロ」という規格レントゲンを撮って分析します。この段階で例え ば上顎が前方に位置していてる子では、小臼歯(前から4番目と5番目)を1本抜歯する事を考えます。横顔の「美しい」とされる基準は『鼻の頭と下顎の先 端』を結んだライン(E-ライン)に上下の唇がどう位置するかで決定されます。上下とも大幅に前方に位置すれば「上下顎前突」と判断させてもらい、キレイ に治すならば抜歯をお勧めします。どうしても抜歯はしたくないという場合は、口元が出ている感じが残りますがよろしいですか?と、お話しさせていただいた 上でプランを建てていきます。まずは「非抜歯矯正」で進めてみて、ある程度並んだ時点で「再評価」をして、抜歯すべきとご本人や、ご両親が判断されればプ ランの変更をし「抜歯矯正」にすることももちろんできます。
 先日、患者さまから「息子が12歳になったら、周りの友達に矯正をする子が急に増えたんです」という話を聞きました。一般にブラケット(歯に着ける装 置)とワイヤーを使っての矯正はこのタイミングで始めることが多いですので、こうしたことが原因としてあるのかもしれませんね。

%E6%A4%8D%E6%9C%A8%E3%81%97%E3%82%87%E3%81%86%E3%81%94%E7%B5%82%E4%BA%86%E5%BE%8C.JPG
この子は「混合歯列期」に『咬合誘導』だけを行ないました。いわゆる矯正(ワイヤーを使う矯正)はしていません。下顎が小さく前方に誘導い終わったところ です。細かい事を取り上げると小臼歯部分の噛み合いが甘かったりするのですが、正しい上下の顎の位置関係を作ってあれば、細かい歯のズレの移動は簡単で す。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年5月21日

こんにちは。一昨日お話した「歯間乳頭」の再建についての、多数歯の場合をまた後日、ということでしたので本日のテーマといたします。 インプラン ト周囲の歯肉は隣に歯があれば「押せば上がります」が、頬側や舌側のようになにもない方向へ「押せば下がります」。ここまでは一昨日の話で説明したと思い ます。一昨日の写真を参照してください。
 しかし、多数の歯がない場合は隣に歯がないことが多いですから、「押せない」ですよね?では症例を見て行きましょう。この患者さまの場合上に残っている 歯は3本だけです。残りの場所はすべてインプラントによって回復したのですが、インプラント上に設置する「プロビジョナル・レストレーショ(仮歯のことで す)」はスクリューにて固定していますが、そのプロビジョナル・レストレーションを歯肉に向かって押すことで「歯間乳頭の再建」が可能です。
PICT0780.JPG

 下から見た状態です。歯が3本しか残ってないですね。インプラント周囲の歯肉にくぼみがあることがわかりますか?
PICT0781.JPG

 これは矯正が終わる直前ころでしょうか。歯の移動に要した時間は3か月です。
PICT1040.JPG

 矯正が終わり下の装置をはずしたころです。このころはもうy歯肉の形態も整っていますね。
PICT1103.JPG

 下から見た様子です。
PICT1107.JPG

 この患者さまは非常に熱心でいらして、他部位についても歯周病で歯を失うのはもうたくさん、とのことから歯周病の完治を目指したオペをさせていた だいて、歯周ポケットの再発はありません。メインテナンスするこちらとしても、楽させていただいております。Aさん、いつもありがとうございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

こんにちは。昨日は仕事のあとの「お稽古」がちょっと厳しくて、階段を落ちそうになったり、椅子に座るのも落っこちる感じだったりと、ちょっとした ダメージがあります。適度な体の「張り」がないと、体内に毒が溜まっているような感覚になり、気分が良くないのですが、今日の体の疲れは「お腹いっぱい」 というくらいです。仲間のみんなに感謝です。

 子供の歯だけの歯並びの時期を「乳歯列期」と呼びますが、平均(日本人は平均が好きなので)すると6歳くらいまでそれが維持されます。隙間のない 子、隙間がある子、早く乳歯が抜ける子、なかなか乳歯が抜けなくて我々が抜歯する子、いろいろですが少しくらいの隙間があり子が理想的ではあります。そう いう子は生え換わりにも大きな時期のずれはなく、適正なタイミングで乳歯は抜けていきます。乳歯の下には永久歯の卵が埋まっていますが、乳歯列期に隙間が ないお子さんの場合永久歯の卵同士も接近しているので、「俺が先!私が先よ!」と顎の骨の中で戦いが起こっているのです。だからどうしても出てくるのが遅 くなるのです。隙間をあえて作るなんてことはしませんが、隙間がない場合は顎の成長が遅れるであろうことがあらかじめ予想できるわけですから、顎の成長を 後押しするような装置(側方拡大装置など)で補助してあげたり、経過をフォローすべきと思います。
 この時期に過度の歯ぎしりが起こると何が起こるでしょうか?歯並びを上から見るとUの字型をしていますが、これが縮小することが考えられます。というの は、歯ぎしりによって歯はだんだん擦り減りますが、一般的に歯は根に向かって細くなりますよね。隣の歯と接触していた部分を過ぎて擦り減ったら、歯の断面 は小さくなり歯と歯の間に隙間が開くことがわかると思います。そのような歯ぎしりなどの「パラファンクション」という機能異常がある場合、噛む力が強い事 が多いですから歯がより緊密に噛もうとして、『手前に倒れながら隙間を補正』しようとするのです。そうするとUの字型のサイズは縮小しますから、永久歯の 出るタイミングが遅れてしまいます。
 できることなら、歯の擦り減りは大人だけではなくお子さんも防ぐことが必要と思われるケースもあるのです。ちょっとした擦り減りはあっても不思議ではありません。
 例えば、お兄ちゃん(お姉ちゃんでもいいです)の場合、下の子ができたら100%独り占めしていた両親の関心が半分くらいになってしまい、やきもち焼い たり、下の子に意地悪したり、何かと親の関心を引こうとしますよね。そのストレスがその子にとって大きかったり(脳が感じる部分ですので、個人差があいま す)すれば、ストレス発散行動の一つとしての歯ぎしりや食いしばりなどが出ます。ただ、このような場合では徐々に環境に慣れてストレスと感じなくなること があり、自然に歯ぎしりも納まり、歯の擦り減りはストップします。これは手を出さなくていいケースだと思います。
 僕らがクリニックで見るだけではわからないことも多いですが、何が原因かわからないけれども歯ぎしりが収まらないお子さんもいます。場合によっては歯の中にある『神経の部屋』が透けて見えることもありま
す。そのような場合はこれ以上の擦り減りを防ぐ必要があるようです。

 次に来るのが『側方歯群交換期』ですが、文字ばかりでちょっと長くなりましたので、続きはまた明日にしましょうか。 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年5月20日

こんにちは。今日は予定を変更して今行なったインプラントオペの話を書きたいと思います。この患者さまは下顎管という神経や血管がある場所までの距 離が少なく、オペの安全性を考え設置するインプラントのサイズを決めるためにCTを撮影させていただきました(それについては先日ブログに書きましたので 割愛させていただきます)。
術前のCT画像です。
%E5%B7%9D%E5%8F%A3%E3%81%95%E3%81%BECT1.bmp

%E5%B7%9D%E5%8F%A3%E3%81%95%E3%81%BECT2.bmp
 この画像では下顎管まで11ミリ弱であったため、2ミリの安全域を設けると8ミリのインプラントの設置が可能(というかそれしかできない)と考えられま した。また、オペの1回法と2回法の違いやそれぞれのメリットとデメリットを説明させていただき、1回法を選択させていただきました。

 術前の状態ですが骨の幅は充分あるように思われます。ちなみに左下の奥の治療をしている様子です。
%E8%A1%93%E5%89%8D.JPG

 埋入が終わりTGカフを設置して縫合が終わった様子です。頬側に必要な角化歯肉を増やすために、歯槽頂(歯肉の土手の一番高いところ)付近から角化歯肉をスライドして頬側に移動もしています。
%E8%A1%93%E5%BE%8C.JPG

 術後のレントゲン写真です。TGカフに浮きもない状態で問題ないです。
%E8%A1%93%E5%BE%8C%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%B2%E3%83%B3.JPG

あとは所定の期間待っていただいてから、上部構造の製作に入ります。グッジョブでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年5月19日

こんにちは。新潟から戻り、ブログの更新をして昨晩はすぐ寝てしまいました。一緒に受講した友人からメールが届き、全員で撮った写真も添付されてお りそれも昨日のブログに追加してありますので、暇人の方は見てやってください。僕だけがむくんでいるのはなぜでしょうか(笑)?今日は普通サイズの顔です よ。

 タイトルの歯間乳頭ですが、これは歯と歯の間にある歯肉のことで、健全に近いかたは三角形の部分がありますでしょう?その部分を「歯間乳頭」と呼 ぶんですね。これは歯周病などになると下がってしまい、向こう側が見えるような状態になることもあります。一度下がってしまうと元に戻すことは容易ではあ りません。
 インプラントを入れるという事は、なんらかの侵襲が歯のない部分の歯肉、骨に加わっているわけです。それはすでに「健全」ではなくなっていることが多い です。そこに人工物、言わば「作り物」インプラントを骨の中に設置し、「作り物」のアバットメント(被せ物を入れる前の土台)を着けて、「作り物」の仕上 げの歯を入れるわけです。そこに勝手に歯肉はできません。インプラントの場合は歯肉もまた「作り物」なんです。と言う事は正しい手順を踏んであげさえすれ ば「作り物」なんですから、歯肉や歯間乳頭はできるんです。

 インプラントを埋入したらしばらく待って二次オペをする事が多いですが(しない1回法というやりかたもありますが、これは歯肉が理想的にあればい いと思いますが歯肉の形態をキレイに作るには不利だと考えます)、この時に周囲の歯肉から「結合組織」を採取してきてインプラント周囲に設置します。そう することで健康な厚みのある歯肉が確保されます。そうすれば適度なテンションをインプラントから立ち上がる歯肉に加えてあげることで、「歯間乳頭」は再現 できます。
 ただし、オペ部位が増えること、場合によってはオペの回数が増えることがありますので、患者さまのご希望を伺って、もし「本来あるべき形態にまで改善さ せたいという気持ちがある方」や、「前歯部の修復が必要で笑うと歯肉の部分まで見えてしまう方」など、そういった場合はすべき処置であると考えます。

 また、難易度も両隣が天然の歯であれば簡単です。しかし二本並んでインプラントを設置してその間に「歯間乳頭」を作るとなると、インプラントのポジションから綿密に計画しておかないと厳しいですから、難易度は数段アップします。

これは比較的イージーなケースでシングルの埋入の場合です。
PICT1283.JPG
噛む面(咬合面)から見た様子ですが、適度に内側にインプラントの設置をする事が大事です。場所を失敗したらフォローはかなり難しくなります。PICT1286.JPG
こんな様子です。これに仕上げの歯を入れたら
PICT0905.JPG
こうです。次回は多数歯欠損での「歯間乳頭」についてお話したいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年5月18日

こんばんは。昨日の5月17日はお休みをいただきましてありがとうございました。おかげさまで無事研修を終えて帰ってまいりました。初めて行った燕三条ですが予想外に暑かったです。夏物の背抜きのスーツでしたがかなり厳しかったです。
%E8%B6%8A%E5%89%8D%E5%B1%8B%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB%E5%89%8D.JPG
これは今日の研修後に会場であった越前屋ホテルの前での写真です。前の晩は補綴の専門医と麻酔の専門医とインプラントについて「それはそうじゃねーだ ろ」、「いや、そのケースの咬合は・・・」「・・・2次オペで丈夫な歯肉を作るには・・・」など歯の話ばかりで夜中の2:30までは記憶にありますが、延 々話が終わらず僕はどうやら先に「落ちていた」ようです。なのでやばいくらい顔がむくんで、いつもよりも顔が大きいです(笑)。
%E8%B6%8A%E5%89%8D%E5%B1%8B%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB%E5%89%8D%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97.JPG
ね?%E8%B6%8A%E5%89%8D%E5%B1%8B%E5%89%8D%E9%9B%86%E5%90%88.JPG
これは参加した仲間です。

帰りには会津若松の友人が燕三条駅まで送ってくれたのですが、その車内から信濃川を写してみました。

向こう側が新潟市内の方です。三条市内を流れる信濃川はそんなに太くないのですね。

これは新幹線から撮った「浦佐」のあたりだったかな。%E3%81%A9%E3%81%93%E3%81%A0%E3%82%8D%E3%81%86.JPG
きれいな景色でした。車内でもまた「インプラント」の術式についての討論をしていましたが、あっと言う間に東京でした。
 それで地元の京成千葉駅で偶然おがわ歯科医院の衛生士の小出君に会いました。彼女はブラスバンドをやっているのですが、休みなのに練習があったようでそ の帰りだったようです。趣味に本気になるのはこれまたいいことですね。感心。顔がむくんでいる理由を話し、やっぱり飲みましたかそんなに、みたいに妙に納 得して大森台で降りて行きました。また明日から仕事がんばろうねー、小出君。
今日は疲れたので「ムツカシー」話はナシで。おやすみなさい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年5月16日

こんにちは。5月14日水曜日は「JIADS」の月例会のため銀座にある「貴和会歯科診療所」まで行ってまいりました。平日の夜7時から始まる勉強 会にも関わらず40名以上の会員が集まり、講師(当日はJIADSペリオコース講師の吉野先生、同ぺリオコース講師の青井先生他がお話されました)の先生 のお話を熱心に聞いていました。
 
 吉野先生は当院でも行っている「歯周病細菌検査」の一歩先を行く、「歯周病原因菌血漿抗体検査」なるものの研究についての発表でした。今年の7月から一 般臨床に取り入れが可能になるようで、それに先立ってのお話でしたので一部の歯周病専門医以外にはまだ知られていないのではないでしょうか。そのくらいト ピックス的な内容だと思います。
 従来の「歯周病細菌検査」と、この「血漿抗体検査」ではどこが違うのか説明いたします。「歯周病細菌検査」ではレッド・コンプレックスと言われるP・g 菌、T・d菌、T・f菌などの存在を確認できましたが、細菌の「株」の同定まではできませんでした。研究が進み同じP・g菌のなかでもFimA-type Ⅱなどは線毛が長く歯面に細菌が付着しやすく感染しやすいだとか、A・a菌のJP2株などは白血球を破壊する「ロイコトキシン」の産生量が10~20倍違 う、などがわかってきました。あらかじめこれらのリスクを知って歯周病の治療に挑めば、なんで治らないんだろう、と言う事はなくなると思いますが全員に必 要とも言えないです。それまでの歯周病の経緯などを問診で伺いまして検査すべきかと思われるケースではお勧めいたします。

 青井先生の話はJIADSに入ってからこれまでの、どちらかというと「おもしろい」歯科人生についてのものでした。さすが生粋のJIADSドク ターでして、笑いのネタが随所に盛り込まれ会場はドッカンドッカン花火が上がったように笑いが起きていました。とても話し方が上手なのですごいなーと関心 してしまいました。

 わざわざ千葉から銀座までよく行くね、と友人に言われることもありますが、JIADSの講師の先生や会員の先生はもっと遠くからお見えになる方ば かりです。知っているだけでも金沢、磐田、浜松、名古屋、北海道・・・みな勉強熱心で、研究熱心な先生ばかりで、焦りすら感じることも時々・・・、しょっ ちゅうですね(笑)、あります。見習いたいと思います。

 明日と明後日は「新潟再生歯学研究会」の研修で燕三条まで行ってきます。先月の講習は新潟駅から在来線という場所にあったので新幹線は新潟で降り るつもりでした。偶然のったのですが東京駅を出たら次が新潟、なんていう新幹線もあるのですね。知らなかったのでびっくりしました、飛行機かよっ、て。今 回は間違えてそれに乗らないように気をつけて行ってきます。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年5月15日

こんばんは。今日はインプラントを考える前にやはり歯の保存をするということを、もう一度考え直してみたいと思います。予後(治療結果)を考えると問題のある歯をいつ抜歯するのか?非常に迷います。
 歯周病が進行している場合ですが、まず①歯に着いた歯石などの汚れを確実に除去できること②再生療法をしてから周囲に固定源となる動揺(揺れ)のない歯 が存在するか③その歯を無理に残すことによって、かえって歯肉や骨が失われないか。これらを総合的に判断して抜歯すべきかどうか決定します。これはあくま で我々の判断であり、そこに患者さまの意思を加味して良く話し合って治療方針を決めていきます。どうしても抜歯はしないでくれ、という患者さまもいらっ しゃいます。その場合は残す事のリスクを受け入れてもらうこと、結果悪化したとしてもそれは自分の判断であると理解してもらえることは必要ですね。
 
 虫歯の場合はどうでしょう。神経まで達しない虫歯は当然問題なく抜歯などせず保存的な治療となります。
 神経まで達する場合で、虫歯が歯肉の下まで進んでいない場合は「ラバーダム防湿」が確実にできるので、根管治療も普通は確実に近い治療が可能ですが、こ こまでの治療が必要になった歯は一生を添い遂げるのは実は厳しいと言えます。もちろん上手にブラッシングして良好な予後を過ごされる患者さまも多いです が、神経のある歯よりも神経を除去した歯の方が破折やヒビが入る可能性が高くなります。まず歯の保存より神経の保存も重要だという事を知ってください。こ こにお出しする写真は虫歯は神経の部屋にまで到達していましたが、自発痛がなく歯の神経は生きていることが確認されたため、ラバーダム防湿を行ない保存い たしました。これは露髄といって神経の部屋が露出した状態を示します。
 PICT0747.JPG
次に露出面を洗浄して保護する水酸化カルシウムとコンポジットレジンで修復した様子です。
PICT0748.JPG
なぜここまでしたいのか?ですが、この歯は左下前から7番目で最後方の歯です。この患者さまの症例では単独の修復ではなく、ブリッジの支台(ささえの歯) となるため負荷が大きいのです。データとして、神経がある下の7番目の歯はより、神経を取ってしかもブリッジの支台とかった場合、10数倍くらい破折(歯 が割れる)の危険性が高いと言われています。
 ただし、虫歯が歯肉の下まで進行していたら、これは厳しいです。ラバーダムがかけられないため唾液の侵入を防ぐことができなくなる可能性が高くなりま す。虫歯の部分がごく一部であればCR(コンポジットレジン)などで壁を作り、問題ない場合もありますが崩壊が著しければ別の手段を必要とします。「エク ストルージョン」といって限局矯正を行ない、歯を数ミリくらい上に移動させて歯肉の下まで進行していた部分を歯肉の外側にまで出してあげて初めて、正しい 処置が可能になります。ここまでしないと深い虫歯を予知性をもって治すことは不可能なのです。
 もしこのような深い虫歯があり、しかも中程度以上の歯周病があれば「2重苦」ですよね。そうなると保存よりも抜歯した方が「再治療がないこと」を優先す る患者さまに対しては適しています。つまり正しい答えは1つではないということです。インプラントの予後は非常に良いと思われます。ただ、虫歯が出来てい てもごく初期であってリスクが低いと考えられる患者さまなら様子を見る、進行が確認されたりしたら初めて最小限の介入をする。一度治療をした歯の修復(保 険修復のデータです)は平均数年から10年くらいで再治療が必要になります。そうすると修復が1度目よりも大きくなります。それを一生の間で繰り返すと、 いずれは神経を取る(抜髄治療)、再感染を起こしてしまえば「再根管治療」をする、それもできなくなれば抜歯となります。つまり最初のその歯への介入のタ イミングを1日でも遅らせることは、最終的にインプラントにする日を1日遅らせることができますから、その歯の一生にとって非常に大きなメリットをもたら します。患者さまにも一緒に考えてもらい、ベストな治療を見つけるお手伝いができればと考えております。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年5月14日

こんにちは。なぜかこのごろ寒くて体調を崩している方もいらっしゃると思いますが、くれぐれもお体をご自愛ください。オガワにしてはこの挨拶、カタイかな。

 先日あったトラブルについて報告いたします。前歯も奥歯も虫歯だらけの男性の話です。初診時の主訴(ここから治してリストですね)は前歯が欠けて なんとかしてくれ、でした。被せ物を入れて2、3回で治療は終わったと思うのですが、それっきり奥歯の治療をさせてもらえず数か月が過ぎていました。する と「治療した歯がもう壊れたんだけど・・・」という電話です。これが今日のテーマの「前歯と奥歯の役割の違い」なんですね。
 奥歯は上顎と下顎を結んでいる筋肉の力を支えることが一番の仕事です。前歯は物を噛み切る、左右のどちらかで噛む場合のガイドの役割、この2つがメイン の仕事です。元々の噛み合わせに問題がなければ1本くらい歯がなくてもある程度は機能的に問題がない、これは症状として表に出ないという意味ですが、食事 したり、話したりできちゃいます。これが多数の歯を悪い状態で放置したり、元々の噛み合わせが悪かったりすれば、いろんなところにガタが来ます。
 
 たとえば、奥歯がまず右側1本が大きな虫歯があったとします。触ると痛いけどガマンできるな、程度とします。そうすると普段左側をメインに使うようにな り、左側の噛み癖がつてしまいます。次に左側が多くの力を受けるようになり詰め物が取れやすかったり、咬耗(こうもう)といって過度に擦り減ったり、力が かかり過ぎたら歯にクラック(ひび)が入ったり、数え上げたら枚挙にいとまがありません。
 歯に起こる擦り減りは咬合面と隣接面(噛む面と隣と接する面)になりますが、それによってできる隙間を補正するために歯は少し挺出(抜ける方向に移動す ること)と近心傾斜(前に向かって倒れること)を起こします。ということは、もし歯が抜けたところを放置したら、奥側の歯が手前に倒れますね。これは矯正 をして治さなければならず、時間もコストもかかる結果となります。
 さらに多数の歯を抜けたままにしておいたら、そこで支えるべき力を前歯や反対側で支えるようになります。本来前歯の役割というのは前述したように咬合支 持(垂直的な力を支える)ではありません。そうすると力に負けた前歯は前方に向かって傾斜していきます。一般に「フレアアウト」と言います。これも歯の位 置異常ですから矯正歯科の出番となります。
 じゃ、逆に前歯がない、または前歯が本来の役割を果たせない開口の場合どういった変化が起きるでしょうか?「アンテリオール・ガイダンス」といって横方 向に顎を動かそうとした時に、奥歯を守るために前歯が接触して奥歯が離れるのが正しい噛み合わせです。ちなみに私はうまくこれができていないようです (笑)。お恥ずかしい。このアンテリオールガイダンスが欠如していると奥歯がダメージを受けます。
 参考のデータとして千葉市の高齢者の方で8020(80歳で20本の歯を残そう)運動を達成した方のうち、開口といって前歯が正しく機能せずアンテリオールガイダンスがない方は何%くらいいるでしょうか?


答えは0%です。これはデータ上必ずと言っていいほど、奥歯からダメになり抜歯に繋がる坂道を転がっていくのです。噛み合わせって大事ですね。ご心配な方はメールで質問を受けてます。メールでの質問はタダだからどんどん聞いた方が得ですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年5月13日

こんにちは。今日のテーマは「最新のマテリアル」と少々うさんくさいのですが(笑)、インプラントや歯周病のオペに使わせてもらう「骨補填材」を取り上げます。
 インプラントの設置を考えた時、歯を作りたい場所に骨がなかったらインプラントが設置できませんよね。まず「歯を作る」まえに「骨や歯肉を作る」必要が あるわけです。その骨を作るという部分で必要になるものが「骨補填材」です。材料の組成から大きく2つに分けて理解していきましょう。1つは「生物由来」 である製品があります。これはドナー登録されているヒトの骨であったり、牛であったりいろいろあります。BSEが毎日メディアに取り上げられるころは 「・・・・それで、骨を作るにあたって牛の骨を・・・」なんて言うと即座に拒否反応が返ってきました。もちろん黙って使用したら医の倫理に反しますから患 者さまの了解を得て使用しなければなりません。私は当時(今もですが)このようなお話をさせていただきました。
『牛が怖いと思う気持ちはわかります。リスクを数字にしたデータがあります。地球上に100億人の人間がいたとしてその全員にこの製品を移植したとしま す。そんな地球と同じような惑星が27億個ありその住民全員に同じように移植をしたとします。それで感染を起こす人は0.7人未満であるというものです。 ということはリスクはゼロではないですがかなり低いんです。きっとこの製品を使用してBSEに感染して死亡するより交通事故であなたが亡くなる可能性の方 が高いと思いますし、焼肉好きでしょ?それに世界中の文献(論文です)を見ても成功例としてこれが一番多く使われているポピュラーなものなんです。』
もちろんこの説明をさせてもらっても断られることもありましたし、その場合は別のものを使用してします。
 ヒトの骨から・・・という件(くだり)も引っかかる方がいます。これももちろん誰の骨でも、というわけではなく「ドナー登録されている方がお亡くなりに なり、内臓を他の患者さまに移植したが問題のなかった個体についてのみ骨を使用して製品化されています」ので、何かある場合はもっと手前の段階で発覚しま すから、製品化されている時点で問題はない言えます。それでも使いたくない場合はもちろん次善の策を考えます。

次に「非生物由来」の骨補填材とは化学合成された、とでも言いましょうか人間の手で作られた材料、と言う事ができますね。これは100パーセント感 染に対してのリスクはありません。ただ、期待している通り骨の再生ができなかったり、生体には馴染みにくいというマイナスもあるにはあるのです。実際私も 使用した経験から、馴染みやすさで言えば自家骨(患者さまご自身の骨です。口腔内の別の部位から採取しなければならないことが多く傷が2カ所になりま す)、次にヒト由来の骨補填材、βTCP,ハイドロキシアパタイト、BioOss(牛由来)の順かと思います。それぞれに特徴があり、どんなオペをするの かで馴染みの良くない牛由来のBioOssがいいのか、馴染みの良い自家骨もいいけど傷が2カ所じゃあ・・・ということを総合的に判断して、その処置には これがベストじゃないですか、というスタンスで選ばせていただいて患者さまのご意思を伺って、一緒にどうするか考えて決めましょう。「先生に任せるよ、わ かんねーもん」という患者さまも時々いらっしゃいますが、一番大事な自分の体のことをそのように扱ってきたからインプラントや再生療法が必要な状態になっ たんですよ、もう再治療がなるべく必要ない、予知性の高い状態で治療を終わりたければ一緒に考えてくださいね、とお話しさせていただきます。おがわ歯科医 院はそんなクリニックですから、人によっては「ウザい」と思われるかもしれませんね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

おはようございます。昨日に続く「最新のマテリアル」シリーズの第二弾ということで「メンブレン」について説明していきましょう。ここんとこホントにニッチな話題ばかりでおもろくないなーと思われる方は、飛ばしちゃってください。パスってことでお願いします。

 メンブレンは「吸収性」と「非吸収性」のものがあります。メンブレンは骨補填材より理解しやすいです。「吸収性メンブレン」はオペで使用したあと自然になくなるので撤去するオペがいらないです。
 「非吸収性メンブレン」の代表的なものに、衣類などで使用される「ゴアテックス」を用いたメンブレンがありますが、これは体のなかで変化を起こさず安定 しています。うらを返せばそのまま体の中に残り続けるので、必ず撤去するオペをさせていただきます。ただしオペによってはマテリアルの向き、不向きがあり ますのでオペの回数が多い少ないだけで決められるものではないのです。

 GBRという骨の造成(増生)を行なうオペをする場合に、メンブレンの役割というのは再生が行われる「場所を確保」すること、になるのです。テン トを張ってあげてその中で作業をする、そんなイメージですね。ということは、造成するボリュームが大きい場合は一般的に柔らかい「吸収性メンブレン」を 使ったらテントは耐えきれず凋んで(しぼんで)しまいますね。これでは作業場所の確保ができず、充分な量の骨ができないことになります。こういう場合は 「非吸収性メンブレン」のチタンフレーム入りなどが向いていると言えます。
 「吸収性メンブレン」が向いているのは小規模のGBR、歯と歯の間の再生療法、などです。小規模のGBRであればいわゆるテントがしぼむことはないで す。歯と歯の間の再生療法で「ゴアテックスメンブレン」を使うとかなりの確率で歯肉が破れてしまい、かえって歯肉の位置が下がるという報告が多いです。こ ういう場所にメンブレンを用いる場合は「生体親和性」が高い吸収性メンブレンを用いた方がうまくいきます。

 生体親和性が高い、とは馴染みやすいということです。傷がもし開いてしまうトラブルが生じた時に「非吸収性メンブレン」はそのまま存在しますか ら、メンブレンに沿って細菌が深くまで感染が拡がってしまいます。「吸収性メンブレン」というものを使っていれば、細菌感染が起こった時にメンブレンが細 菌が産生するコラゲナーゼという酵素によって分解(溶かされる)されるので、細菌が深部に達しないという報告があり、こと感染に関しては吸収性メンブレン の方が有利と言えます。難しかったですね。
 
 どちらを使うにせよ、適応症を正しく選択する診断が大事ではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年5月12日

こんにちは。先日ちょっとだけ触れた「歯周病の細菌検査」についてお伝えしますね。当院ではこの検査を全員に義務付けているわけではありません。初 期治療といって、歯石取り、SRP(歯周ポケット内の歯石取り)などを行っても変化が出ない方がごくたまにいらっしゃいます。その場合、特異的な細菌の感 染が疑われますので、この検査を提案させていただきます。ここでいう「特異的な細菌」として我々が重要視するのは
「A・actinomycetemcomitans」「P・intermedia」「P・gingivalis」「B・forsythus」の4つです。 なかでも、P・gは動脈硬化との関連が指摘されています。また、破骨細胞(骨の吸収をつかさどる細胞です。骨のリモデリングに関与します)を活性化しコラ ゲナーゼ(線維を壊す細菌が作る酵素)やプロテアーゼ(タンパク質を壊す同様な酵素)を産生して組織を壊すので口臭が強くなります。
A・aは体が起こす炎症反応を低下させる働きが確認されており出血などの歯周病反応を不顕在化させ気づきにくくなります。
P・iを保有する女性が妊娠すると妊娠性の歯周炎になります。妊娠したら歯周病になるのではありませんよ。P・iを持っている妊婦さんだけg妊娠性の歯周 炎になるのです。これらを「レッド・コンプレックス」と呼び特に注意をしないといけません。糖尿病、高血圧、低体重児出産などとの関連も今はまだ研究段階 ですが、あるのではと言われています。タバコと肺癌のリスクと一緒で、因果関係の立証がないからいいや、では危険すぎると思います。改善できることから改 善したいですね。
話が反れましたが、それらの細菌の特定をして駆除する方法があります。薬頼みというのは、また別の細菌をそこに呼ぶだけ(菌交代現象)という最悪の結果を 招く恐れもあるので、安易に行なうべきではありませんので、正しい診断の上で行なわれるべきでしょう。その診断を支えてくれるのが「株式会社BML」の PCR法による細菌検査です。
こちらの指定した細菌がどの程度口腔内に存在するのかがわかります。数値の意味については企業秘密ですので、機会があれば直接院長が説明します。こんな用紙に結果が書かれてきます。
BML.JPG
小さくて見にくいかも知れませんね。この結果については患者さまにももちろんお渡ししていますので、自分の大事なデータですからなくさないように保管して おいてください。検査自体は「ペーパーポイント」という直径1ミリくらいの滅菌された綿棒(?)のようなものを、歯周ポケットに差しこんで(痛いほどは入 れません)しばらく放置して取り出します。それを何にも触れないようにしてスピッツという瓶に入れて郵送して、2週間くらいで結果が届きます。簡単です よ。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

こんにちは。最近テレビでもよく取り上げられるのでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、今日は「ムーシールド」についてのお話です。これは 1986年に柳沢宗光先生がデザインした「ムーアプライアンス」の簡易型とでも言いましょうか、乳歯列期の反対咬合を改善するために作られた装置です。反 対咬合を認める乳歯列において歯科医師が誘導して上の前歯と下の前歯が切端同志で噛める状態ならば、見かけ上は反対咬合(機能性反対咬合といいます)で あっても永久歯の萌出とともに自然に改善するケースが多いです。しかし、その誘導を行っても反対咬合のあるケースでは「歯性もしくは骨格性反対咬合」であ り自然治癒は難しいと考えられます。


 この「骨格性反対咬合」である場合であっても、放置するよりは改善をめざして手を尽くしてあげた方がズレは少なく済むと思われます。また、「歯性反対咬 合」であれば積極的な介入により改善を見込めると思います。いずれにしても成長期のお子さんの体はいろいろな力を秘めていますので、早期に介入することで 抜歯をしないで矯正することができたり(非抜歯矯正と呼ばれます)、放置すれば大きな顎のズレを起こしていたであろうお子さんを早期の治療によりごく短期 間で矯正治療を終わらせてあげることができたり、メリットは多いです。

JIADSの中村公雄先生が言っていた言葉で印象的だったもので「理想的なピンポイントを一回で目指すのは、ゴルフで言えばホールインワンです。なかなか そうはいきませんが、一打目をフェアウェイに乗せておいて次の手を考えながら、グリーンに乗せたら今度は芝の目を読む。それからパットで決める。歯科治療 もこれと一緒」と。これは咬合理論(噛み合わせ)を指しておっしゃっていたのですが、小児矯正にも当てはまると思います。成長を通してホールを進みます。 ラフに入ったらフェアウェイに出してあげる、バンカーに入ったら出してあげる、それを成長期の矯正では繰り返してあげること、それが小児矯正の本質だと思 います。つまり我々のスタンスはお父さまやお母さまと一緒にお子様の成長を見守りながら、フェアウェイから外れた時にだけ介入してあとはまた様子を見る、 というものです。ずっと装置を入れ続けるわけではないですよ。ちなみにムーシールドってこんな装置です。

%E3%83%A0%E3%83%BC.JPG

さかさまに置いて写真をひっくり返しているので少し見にくいでしょうか。なんでもそうですが、適応症かそうでないのかの判断が大変重要となってきま す。通われている歯科医院の先生や「歯並びコーディネーター」を持つ歯科衛生士さんに相談してみてください。もちろんメールでの相談もOKですから、おが わ歯科医院宛てにメール下されば私のわかる限りでお答えします。あっ、質問は歯周病(歯槽膿漏)、インプラント、なんでも承りますから、なんでもご相談く ださい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年5月11日

こんにちは。髪が伸びっぱなしでお見苦しい状態で診療させていただいておりましたが、ようやっと予約が取れて美容室に行ってまいりました。僕が通う 「Birth」という店のオーナーがいつも髪質や頭皮の状態をチェックしてくれるのですが、どちらも問題なくいつも通り「ちゃんと乾かして寝るように」、 「シャンプーは指定のもので2度洗うこと」、「どんなに疲れていても整髪料が着いたまま寝ない」・・・などの注意を受けてきました。僕は今度37歳になり ますが、やはり男はこの年になると色々心配じゃないですか、髪の毛についてナーバスになるというか、ねえ。だから去年から「カラー」は髪に負担が多いこと から止めましたし、パーマもずいぶんやってないですね。というか天パーですから、毎朝起きると大泉洋さんみたいになってますから、必要ないですけど。とに かく彼の言う事は髪を大事にするなら必要なことと思い、可能な限り実践していますが、2度洗いはやはり大変です。仕事で疲れてやっとの思いで風呂に入り、 そのまま出てきても「乾かせ・・・」って言われたなあ、ボーってドライヤー当てて、ふう、メンドー、と思いながらヘアケアがんばってます。歯も髪も汚れが 大敵なのですね。

歯に話を移しますが、歯や歯の周囲の清掃は歯ブラシですね。ですが歯ブラシが届くところは皆さんにお任せするとして、歯周病などで歯周ポケットがあ る方の場合は歯ブラシでは汚れを取り切れないですね。それを定期的にこちらでクリーニングするのもいいのですが、そうそう歯のことばかり考えて一日を過ご す人は少ないと思います。僕は歯科医療従事者ですが、やはり食後の歯ブラシの時くらいしか歯の事って考えません。ですが、患者さまのなかには「一回15分 磨きなさい」「歯周病は磨けば治る」「歯周病になるのはあなたが磨かないからだ」的な事を通われている歯科医院の先生・衛生士さんに言われた事はないです か?それってナンセンスです。磨きやすい環境を作ってあげる、つまり特に意識せず普通に磨いてメインテナンスできる口腔内を提供して初めて「歯周病が完治 した」状態と言えるのではないでしょうか?もちろんそういったオプションがあることを患者さまにお伝えしても拒否される方もいらっしゃいます。歯周病が重 度に進行してしまった患者さまの多くがオペが必要な状態であるからです。ただ一回がんばってもらえれば、歯周ポケットをゼロにできるのです。そんな1症例 をご紹介します。こちらの患者さまは歯周ポケットが4~6ミリ存在し、SRPと呼ばれる麻酔下で行なう歯石取りでも取り残しが起こる状態です。これはテク ニックも左右しますが、専門性の高いアメリカの歯周病専門医がおこなったデータで4ミリを超えた歯周ポケット内をSRPして歯石が残っていた個所は50 パーセント以上、というものがあります。ということは、そんな場所に着いた歯石を盲目的に除去しきれないのです。それを一般の方に「歯ブラシでなんとか」 せー、って言うのは無責任な歯科医院ですよ。では術前の状態です。

%E3%82%AA%E3%83%9A%E5%89%8D.JPG
内側から見た様子です。
%E3%82%AA%E3%83%9A%E5%89%8D%E5%8F%A3%E8%93%8B%E5%81%B4.JPG
最終的な歯肉をどこに持ってくるかイメージしながらオペをします。

%E8%A1%93%E5%BE%8C.JPG
術後間もないので歯周パック(歯肉のカバー)を外したら歯肉からわずかに出血しています。

%E8%A1%93%E5%BE%8CPD%EF%BC%94.JPG
術後歯肉が落ち着いたところで、プローブという「歯肉のものさし」をあてた様子です。1メモリが1ミリですのでポケットは2ミリ程度に改善してます。これが歯周ポケットがない清掃しやすい歯肉で「歯周病が完治した状態」です。

%E8%A1%93%E5%BE%8CPD%EF%BC%96.JPG

少しして歯肉がもっと成熟して安定してきた様子です。このくらい治癒が進むと歯ブラシが可能ですね。
%E8%A1%93%E5%BE%8C%E6%AD%AF%E8%82%89%E3%81%8C%E8%90%BD%E3%81%A1%E7%9D%80%E3%81%84%E3%81%9F.JPG
今日お話しした「歯周病が完治した」状態を目指すのは理想的ではありますが、なかなか大変な部分はあります。ただ術後は皆様歯周病のリスクからは解放されております。適切なタイミングで歯周外科を行なうことで歯周病は完治します。歯周病は治るんです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年5月 9日

こんばんは。今日はシーラントのお話をしてみたいと思います。初めて耳にする(ブログですから目にする、が正しいのかな?)方もおられるかと思いますので、基本的なことから説明していきます。

 シーラントとは通常は出て間もない永久歯に対して行ないます。まず、歯の表面をクリーニングして汚れがない状態を作ります。ここまでは「理想的な フッ素塗布」について以前ブログで書いたと思いますが、まったく一緒です。その上で、酸処理をして接着性を高めた歯面にフッ素の徐放性(じわじわっとフッ 素を放出すること)を持ったプラスティックを歯の咬合面(噛む面のこと。溝が深く刻まれている面)のキレイになっている溝に流しこんで、光を当てて硬化さ せます。もちろん噛み合わせる相手の歯が噛みこんでくる場所にジャマしてはいけないので、噛み合わせの確認ももちろんします。
 ここまでしてあげれば一見完璧な予防処置をしているようですが、そうとも言えないんです。わかりますか?なにが足りないか? 
 そうです、歯と歯の間がノーマークなんです。以前のブログに載せていますが、予防をしっかりやっていたはずのお子さんの歯と歯の間にできてしまった大き なムシバ・・・。油断をしてしまうとあのようなことも起きることがあるのです。できれば3~4か月に一度は我々に確認させてください。親御さんのご都合も あるでしょうけれど、お子様の健康にかかわることですからできる限りこまめにチェックしていきましょう。もしお時間がない場合、お父さま、お母さまにもで きることがありますよ。フロスを通してあげることです。それにより汚れが取れることもそうですが、フロスを通す時に引っかかりがあったり、フロスが切れる なんてことでムシバが発見できることも多いのです。
 すべては子育てと同じ(ナマイキ言ってすみません。私のような若輩が・・・恥ずかしい)です。お子さんのちょとした変化を見逃さないこと、目を離さないことです。きっと10~20年後に「パパ、ママ、ありがとう!」って言ってもらえるはずです!がんばりましょう。

 シーラントは永久歯だけのものではありません。ムシバの危険性が高いお子さまであれば、乳歯にやってあげることでもムシバのリスクを大きく下げる ことができます。えっ?ムシバのリスクをどうやって判定するのか、ですか?ちゃんと判定する検査があるのです。ムシバの原因菌がどんな割合でお口の中に存 在するのか、それを調べて予防のプログラムを組むことができます。また、大人であれば歯周病菌がどんな割合で存在するのか、それを調べて特定された細菌に 対してアプローチすることが可能なのです。これは長くなるのでまた別の機会に紹介しますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年5月 7日

こんにちは。みなさまは有意義なGWを過ごすことができましたでしょうか?どこに行っても混んでいてお父さんは大変で、お母さんもお子さんと一日中一緒ですからある意味お疲れで、お子さんは遊びまくって疲れていることでしょう。

さて、今月のおがわ歯科医院、院長小川宗一の学会・講習会の予定をお伝えいたします。5月14日はJIADSのため最終受付が5:00となります。 5月17日、18日は新潟再生歯学研究会のインプラントセミナー参加のため新潟県三条市まで行ってまいります。そのため5月17日の土曜日は休診とさせて いただきます。5月29日はJIADSですが木曜日の休診日に行ってまいります。皆様に還元できるようがんばりますので、どうかご理解いただきたいと思い ます。

 今日の報告ですが、インプラントの「抜歯即時インプラント埋入(フラップレスインプラント)」の症例です。まず治療の経緯ですが、左上の前から4 番目の歯です。根管治療が必要な歯だったのですが、ファイルという器具が根の先まで届かず確実な根の治療ができない状態でした。

%E6%9D%BE%E6%9D%91%E5%8D%B3%E6%99%82%E6%8A%9C%E6%AD%AF%E5%89%8D.JPG

そのため、現状をお伝えしてそのまま不完全な形で再治療が将来必要になるかもしれないが保存するのか、または再治療の可能性が低い抜歯後インプラン トにする治療をするかを考えていただきました。その後お話の時間を設け、抜歯してインプラントにすることに治療計画の変更をいたしました。
 その場合、抜歯して抜歯窩(歯を抜いた後の穴)がふさがるのを待ってからインプラントの埋入をするのでは、頬側の骨が痩せてしまいくぼみができてしまう こと、治療時間がかかることをお話しして「抜歯即時インプラント埋入(フラップレス・インプラント)」を行なう事になりました。周囲組織の温存が第一の目 的であるため、抜歯操作も慎重に行ないました。その後にインプラント埋入前に方向と深さの確認をします。

%E6%9D%BE%E6%9D%91%E6%8A%9C%E6%AD%AF%E5%BE%8C%E8%A9%A6%E9%81%A9.JPG

インプラントを埋入して、隙間にβTCPという骨補填材を入れます。%E6%9D%BE%E6%9D%91%E5%9F%8B%E5%85%A5%E5%BE%8C.JPG

あとは骨とインテグレーションするまで2か月待ってもらい、歯肉の調整をして型を取り、仕上げの歯が入りました。メインテナンス性を重視したのでスクリュー・リテイ二ング(ネジ止め)にしました。

%E6%9D%BE%E6%9D%91%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88%E5%BE%8C%E5%81%B4%E9%9D%A2%E8%A6%B3.JPG
横から見たところと

%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88%E5%BE%8C%E5%92%AC%E5%90%88%E9%9D%A2%E8%A6%B3.JPG
咬合面(歯の噛む面)方向から見た様子です。治療後一年半くらい経過しますが、歯肉の位置の変化がないこと、頬側の歯肉や骨の位置に変化がないことを良く見てください。
抜歯即時インプラント埋入のメリットが充分に発揮されています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2008年5月 1日

こんばんは。先日友人の整体師をしている友人夫婦と食事をしてきました。
souma.JPG
この写真の右側の彼がそうなのですが、彼の経歴がまたおもしろいんです。高校を卒業してすぐにアメリカに渡ったのですが、まったく英語が話せない状態、彼 曰くアメリカに渡る飛行機のなかでアメリカ人と思われるスチュワーデスに何か飲みものは?というようなことを聞かれているのはなんとなくわかったようなの ですが、そこで彼の口から出た言葉は「I am water・・・」、そんなレベルだったそうです(笑)。それで行っちゃうのもスゲー話ですよ、今となっては。
それで無事(無事か?)アメリカ、たしか西海岸だったと思いますが到着し、移動の足が必要だと考えバイクを買ってから免許の申請に行った(それで取れちゃ いますよー、って・・・。ホンマかいな?)らしく、言葉は通じない中、なんとか免許が取れたようです。あっちで何を生業としていたかは忘れてしまったので すが、現地での生活にも慣れネイティブの友人もできメキシコまでバイク旅行に行ってみようと話が進み、言葉がさらに違うメキシコまで行っちゃったみたいで す。行動力のある大事な友達です。去年の冬はスノボに那須に行きました。

さて、ここは白金にある「好(このむと読みます)」という創作和食屋さんで、オーナーも昔から付き合いのある友人で同い年です。オーナーのお父さん も料理人だったようですが、彼も日本中の店、昔は京都の料理屋や麻布の和食屋(そのころ知り合いましたかね)で修業を重ねて、7年前位に白金高輪駅から5 分くらいの場所にオープンしました。ここの「スペアリブ」「エビぷり」「釜めし」「手打ちのうどん各種」どれもうまいのですよ。2件目の店を出すようです が、ないとは思いますがぜひ千葉で。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2008年4月 | メイン | 2008年6月 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医