«  2008年7月 6日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2008年7月 6日

こんにちは。これまで3回にわたって根管充填についてお話してきました。今日は難症例と言われる歯の形態についてのお話からスタートします。といい ますか、根管治療自体が難しい治療であって簡単なことってあまりないんですね。でも列挙するとこんなカンジ、根尖(根の先)付近で枝分かれしている、根尖 で分岐がある、様々な影響で根管が狭窄している、再治療の歯すべて、などです。

 そういう難症例であってもこちらの装備で「中くらいの難しさ」になります。その一つが「マイクロスコープ」です。5倍~30倍に拡大して歯の内部 を観察できます。隠れた根管を見つけたり、折れた器具がある場合それの除去に使用したり、ラジ・・・、いえ(笑)、レッジとかフィンと呼ばれる根管と根管 がつながった場所などを超音波で砕いて行く時に使用したり、用途は多岐にわたります。見ながら治療をすることと、こうかなあという思い込みで治療をするの と、やはい結果は違いますよ。持ってるから言うのではなく、絶対に違いますよ、それが科学です。科学と言えばラバーダムもそうです(連日叫んでますね、 私)。唾液の混入を防がずして正しい根管治療はありえないんです。細菌が見えますか?ウィルスが見えますか?だから侵入に気付かないんですから、せめてそ れが含まれることがわかっている唾液の侵入は防ぎましょう。でもこの国は必要ないと判断しています。なぜでしょう?国が我々歯科医師を信用していないんで しょうね、きっと。

 いくらマイクロスコープを使用したとしても治療が困難な歯の特徴的な形態があります。その一つが今日御紹介する「樋状根(といじょうこん)」で す。これは下の7番目の歯で時々みます複数の根管がつながった形をしています。簡単に言うと根管は管(くだ)ですが、樋状根の根管は大きな隙間といいます か、狭い空間ではないんです。ということは、そこに入っていた歯の神経(歯髄)を取り残したり、根管充填するにも従来のラテラル根管充填では空隙を残した り、ラジ・・・(しつこい?)完全な形で治療をしにくいのです。
 根管充填の連載(?)の中でも書いていますが、根管充填のキモは根尖のシールだということ。これを踏まえて考えると広い空間のある樋状根は「圧」をかけて根管内を封鎖しにくいですよね。
 型枠の中に粘度を詰めて動物の形にする遊びを想像してみてください。しっかりと「象さん」の形を作りたければ、粘度をギューっと型枠に詰め込みますよ ね?それと同じなんです。根管充填もしっかりと圧をかけないと、どっかに隙間ができてしまうんです。それでは細菌の住処を与えることになり、再感染を防げ るシールができないことになります。これができるのが「垂直加圧式の根管充填」のメリットなんです。

 実際の症例のレントゲン写真です。
%E6%B5%A6%E7%94%B0%E8%A3%95%E5%AD%90%E6%A0%B9%E5%85%85%E5%BE%8C.BMP
すばらしいテクニックをお持ちの根管治療の専門医の先生ならば、従来のラテラル根管充填で充分良い結果を出せるのでしょうけれども、根管治療専門ではない 一開業医の私が良い結果を出すにはウルトラフィルによる「垂直加圧式根管充填」は非常にありがたいものです。ここまで封鎖ができるのであれば、難症例の ケースであっても今までのような不安が残ることも減ったのは間違いないです。
自分にできることを少しづつお伝えし、患者さまやブログの読者の方の理解を深めるお手伝いができれば幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2008年7月 5日 | メイン | 2008年7月 7日 »

Archives

Entries

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医