«  2009年2月 1日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2009年2月 1日

こんにちは。今日は歯を守ることについてです。今日のケースは右上6の近心隣接面(前よりの歯と歯の間部分)からのカリエス(虫歯って言えよっ、て 言わないでください)になり、抜髄となりました。しかし、なるべく感染歯質以外は削らずに、近心はCR(コンポジット・レジン)にて壁を作り、完全にラ バーダムで防湿できるようにして根管治療開始です。

 いいですか。ここまでは根管治療をする上では「絶対に必要なこと」なんですよ!!!ですが、この国は「保険治療に組み込んでいないんです」 よ!!!壁を作ったり、ラバーダムしたりは「必要ない」とセンセイ方も、官僚の皆様も、そう考えたわけですよ。でもきっと自分たちが治療を受ける時は、 「ラバーダムしてくれて、壁を作ってくれて、マイクロスコープを使うクリニック」を探すはずですよ。そうやって削られた血税は「渡り」に使うんですよね。

 
 では理想的な根管治療を行なっている様子です。


rabaaaa.JPG


 拡大はこの日に終わりました。次回はまた「ラバーダム」をして根管充填します。今日もグッジョブ!!



このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2009年1月31日 | メイン | 2009年2月 2日 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医