«  2009年2月24日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2009年2月24日

こんにちは。今日はようやくファイナル・レストレーションが入りました20代女性のインプラント治療の報告です。この患者さまは根管治療の途中で来 院が途絶えてしまい、歯が折れて保存ができない状態になって再度来院されました。そんな事情もあり根の部分は幸い感染を起こしておらず、抜歯即時インプラ ント埋入を行ないました。


 抜歯即時インプラント埋入はやることはありますが、そんなに症例としては多くないです。なんでもかんでも、抜歯即時インプラント埋入なんてやってたら、 それは患者さまは痛みから解放されて一見いいことづくめに聞こえます。ただし、抜歯即時インプラント埋入は将来の歯肉の位置の予測が難しく、充分なトレー ニングと臨床経験とが必要でけっして安易に行なうべきものではありません。


 このように欠損があった場所にインプラントを設置すると・・・


Zsan1.JPG


 このような状態になります。向って左の歯肉と右のインプラント部分の歯肉のラインは意図的にずらしました。合わせることはいつでもできますが、天然歯の 歯肉の位置よりもインプラントの歯肉のラインが上にありますね。左の歯は少々位置的に問題があるため、まんま似させるわけにもいかなかったんですね。


Zsan2.JPG


 光の加減を調整した写真です。


Zsan3.JPG


 色の確認のためにわざわざ日本橋蛎殼町にある『D-SPEC』の技工士安部さんに来てもらった甲斐がありました。とってもきれいに入りました。ありがと う、安部さん!Zさん、今後はメインテナンスがんばりましょうね、3か月置きにね・・・ってホワイトニング始めたから2週間後ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2009年2月23日 | メイン | 2009年2月25日 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医