«  2009年2月25日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2009年2月25日

こんにちは。矯正のシステムを変えるのも、僕らは矯正専門医ではないので「じゃ、それ!」とはなかなかいかないものです。そこだけに設備投資をできるわけではないからです。


 デーモン・システムという「ローフリクション」のシステムを良く耳にします。使ってらっしゃる先生も早い、目立たない、という事で良い評判が多く、とても興味はあるのですが、なかなか比較もできないのが現状なのです。


 今現在使用しているブラケットでも僕は充分早いように感じていますし、小臼歯にチューブを使う事でフリクション(摩擦)を低減できるので、拡大には向きませんが移動は早いような気がします。


 こちらの患者さまは15歳の女の子で、12月に下に装置を装着しました。上は先にレベリング(歯を単に整えて並べること)を開始していますが、この時点でレベリングは終わっています。


NTsan1.JPG


 1月の状態です。動きは確認できますね。


NTsan2.JPG


 2月の状態です。かなり拡大もされてきていますね。左下5のシザースバイトはまだ改善されていませんが、もうじきでしょう。


NTsan3.JPG


 なんでもそうですが、そう、インプラントなんか特にそう、メーカーの宣伝に使われちゃったり、洗脳されちゃってることってあるじゃないですか。なんかみ んなデーモン、デーモン使ってなきゃ勉強してない、みたいな風潮を感じます。なんでも使いこなせばそれなりの結果が出るように感じています。優位性を感じ るまでもう少し勉強を続けながら様子を見たいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2009年2月24日 | メイン | 2009年2月26日 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医