«  2009年6月 1日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2009年6月 1日

こんにちは。今日のケースは右下6のシングルインプラントのプロビジョナルが入った報告なんですが、実はこちらの患者さま年末の12月に左上の ちょっと難しいインプラントのオペだったんですね。患者さまが「無理のないようにでいいのですが、できれば年内にオペをしてほしいんです。今年は運気がい いので。」とおっしゃっていたんですね。
 たまたま、僕もそう(運気が強かった)だったので「僕もそうなんです。では、今年中にオペしましょう」ということになって、いつもなら簡単なオペから進 めるのですが、順序を変えて左上のGBR&ソケットリフト同時埋入を行いました。オペ自体はうまくいって、現在「インテグレーション待ち」の状態ですが、 これまで2回レントゲンの確認をしましたが、感染を疑うような異常所見はありません。良好です。


 後日、なんで運気がいいと言っていたんだろう?と気になって、ちょっと本を開いてみてびっくり。僕と同じ「火星人プラス」だったんですね。それを患者さ まご本人にも話して、「運を味方にしましたね、僕たち!」と笑ったわけです。なんにせよ、すべてがうまく運んでよかった、よかった。


 では、今回は右下奥のインプラント治療の術前とい術後(途中ですけど・・・)の報告ですね。


Hsan0.5.jpg


Hsan0.7.jpg


 顎の骨の幅も細めで、MGJという頬粘膜と歯肉の境目もかなり上の方にありますね。この状態でインプラントの設置だけしたら清掃がしにくくインプラント周囲炎になってしまう可能性があります。そこはうまくやりましょう。


Hsan1.jpg


Hsan2.jpg


 これで右下の噛み合わせが確保されました。これでいよいよ頑張った左上を進められますね・・・。あ、今年は無理なさらないとのことでしたね。お疲れ様です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2009年5月31日 | メイン | 2009年6月 2日 »

Archives

Entries

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医