«  2009年9月27日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2009年9月27日

こんにちは。今日はセレックの症例をひとつ。左上の前から6番目の歯の修復ですが、もう金属が入るのはイヤだなあ、とのことでセレックを用いた 「オールセラミックス」治療を選択されました。保険の金属は硬すぎて歯の擦り減りに付いていけず、金属が高く残ってしまい脱離したり、歯が割れる原因とな ります。また、CR(コンポジット・レジン)という材質も良いのですが、多少柔らかいため今度は歯よりも早く擦り減ってしまいます。

 ここでセレックのセラミックは硬さの点から考えると歯と同等の擦り減り速度で、歯とほぼ同じ減り方をしてくれます。しかも金属みたいに明らかな 「異物」ではありませんし、CRみたいな吸水性はないので汚れません。お時間をいただければ「ワンデートリートメント」が可能です(要予約!)から、金属 が気になる、アマルガムが入っていて心配、などとお考えの方はどうぞスタッフまで問い合わせてください。メールでも結構ですよ。

 では、術前・術後の写真をどーぞ!


ymd1.jpg

ymd2.jpg

ymd1.5.jpg


ymd2.5.jpg

 こんな感じ。こちらの患者さまは初診時にご希望になられたので、型取りをする2回法ではいりましたが、あらかじめ計画的に治療を進めることで「ワ ンデートリートメント」が可能(1本で60~90分かかります)です。沖縄県恩納村のI様、仕事で東京に来たついでに、って可能になったよ!どう?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2009年9月26日 | メイン | 2009年9月28日 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医