«  2010年3月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2010年3月30日

こんにちは。けっこうかかったね、お疲れ様K君。上の両側の犬歯があらぬところから出るような状況から、小臼歯部分を抜歯して矯正治療を行いました が2年3カ月かかっちゃったね。まずは術前の状態から見ていきましょう。上の左右の2番目の歯の歯肉付近に盛り上がりがありますが、わかりますか?そこに 犬歯が埋まっているのです。


nkkh11.jpg

 上なんか一般の方が見たら「おかしくないじゃん・・・」って思っちゃうかも。よく見ると犬歯がないでしょう?

nkkh12.jpg

 下は明らかに歯並び良くないよね。それぞれ小臼歯を抜歯して矯正しました。これは非抜歯を第一選択としてプランをお伝えしましたが、抜歯しての矯正治療を選ばれましたので患者さまの決定を尊重いたします。

nkkh13.jpg

 上の左右犬歯を開窓して小さな装置を付けて、それを引っ張りたい方向に弱い力で引きます。下の歯並びを整えるころにかみ合わせを上げるための工夫もいたします。

nkkh14.jpg

 そして、隙間を閉じていきます。途中色々な苦労がありましたが、無事本日装置の撤去となりました。

nkkh15.jpg

 はい、装置を除去した正面観です。歯ブラシの仕方にちょっとね・・・難があってね(笑)、歯肉が赤みをもっていることもあったね。

nkkh16.jpg

 上と・・・


nkkh17.jpg

 下ですね。


nkkh18.jpg

 いや、ホント、大変だったよねK君。お疲れ様。それときれいな歯並びおめでとう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年3月29日

こんにちは。右下のインプラントの歯を作ったのが2006年、それ以降はメインテナンスをさせていただいていましたが、今回左下の問題が起きたため新たにインプラントの設置を行って最終的なセラミックの歯が入りました。


 向かって左の青いドットの歯(写真をクリック!患者さまにとっての右下になります)が昔インプラントをさせていただいた部分です。周囲に口蓋から角化歯 肉を移植させていただいたので、インプラント周囲の歯肉の色が薄ピンク色ですよね。歯ブラシしやすい環境が確保されています。


imd1111.jpg

 また、向かって右側(患者さまにとって左下)の緑のドット部分に本日仕上げの歯が入りました。セラミックの中央部分に穴があいていてふさいでいますがこれは見た目重視ではなく、メインテナンス重視の取り外ししやすい歯を作ったからです。

imd1112.jpg

 取り外ししやすくても、噛んでいるうちに取れたりはしませんから安心してお食事してください。Iさま、お疲れ様でした、次回はメインテナンスの3~4カ月後にお会いしましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年3月28日

こんにちは。今日は前歯部分のインプラント治療をさせていただいた男性の患者さまのメインテナンスですね。これまでもメインテナンスで起こしなので すが、私が写真を撮り忘れていたため久々に写真をいただきましてココにアップします。初診時はこのような状態で歯肉に腫れがあるとのことでした。

td111.jpg

 前歯4本レントゲンを撮ってみると・・・おや?4本じゃなくて2本なのね。

tdd1.bmp

 しかもかなりそれぞれの歯が短いです。う~ん、これじゃ保存は無理ですねえ・・・。

tdd2.bmp

 抜歯の段階からインプラントが機能できるようになるまで、いろいろありました、スモーカーゆえの悩みというのでしょうか。GBR(骨の造成)をし ても、歯肉の調整をしても、ことごとく100%の結果からは遠いものとなりましたね。しかし、それも今ではあったなあ、うんうん、というものですが。

td112.jpg

 ファイナルが入ったところの写真が、取り忘れてないのですがメインテナンスに入って1年半後の状態です。インプラント周囲の安定が得られ特に問題は起きていないですね。

td113.jpg
    

 あとはまた3~4カ月後にチェックだけさせてください。Tさん、お疲れ様でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年3月27日

こんにちは。ひで~な~、ってなんのことかって?心ない治療をした、あなたに言いたい苦言ですよ。本日千葉県K市(昨日のK市よりは近いかな?)か らおいでくださいました。昨日ホームページを見たのですが・・・とお電話いただきましたが、「明日(つまり今日の3/27)は今通っている歯科医院の予約 がありますが、おがわ歯科医院に行くにあたって明日はどうしたら良いでしょうか?」と患者さまはおっしゃいました。僕は少々考えたのちこう答えました。 「行くのは構いませんが、それによって致命的なことが治療中の歯に起きても責任が持てないから、治療に疑問があるということならば行かないほうがいいと思 いますよ」と。


 土曜日の午前中に予定していたインプラントのオペですが、患者さまの妊娠がわかったとの報告(Kさん、おめでとうございます!)があったばかりで、充分 な時間を充てることができそうだったので「では、土曜日にこちらにいらっしゃいますか?」「はい」とトントン拍子で来院されました。なんだか縁を感じます ね、こういうのって。


 問題の歯は左上6でレントゲンを見るとなんとなく根の周囲に問題があるような、ないような・・・。しかし、歯の頬側は確実に腫れています。こんな状態な のに前医にこの状況を訴えても「薬縫っておしまい」だったそうな・・・。角度を変えて2枚レントゲンを撮りましたが、両方とも疑わしいので患者さまに「外 して原因を確かめましょう」、「しかし、外したら歯が割れていたり、穴があいているかもしれない」、「歯が壊れていなければ根管治療によって治癒する可能 性がある」と説明したのち歯に着いている金属を除去してみました。


 内部は二次的に虫歯になっていたので、そういう部分を染め出ししながら虫歯の取り残しをしないように除去します。そして根管充填材を除去したころ「腐敗 臭」がします。患者さまも感じたようですね。そんな状況が歯の内部で起きているわけですから、歯肉が腫れるのは当然です。原因も確かめもせず、薬を塗るだ けって・・・ひで~な~、オイ・・・と思ったわけです。根管治療後の問題・トラブルはほとんどが、それまでに行われた根管治療に原因があります。正しくラ バーダムを使用して、見逃しがないようにマイクロスコープを使わせてもらうことができれば、かなりの確率で根管治療の成績は上がるはずです。


 次回はマイクロスコープを用いて根の先端付近の異物を除去していきましょう。Kさん、お疲れ様でした、ちょっと遠いですけどがんばって完治させましょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年3月26日

こんにちは。本日午前中の患者さまのお話です。千葉県K市からいらっしゃってくださいます。若くてかわいいママさんなのですが、ご本人曰く「若気の 至りで、削って歯並びを治したんです。今ではしないと思いますが・・・。その支えの歯がおかしいようで・・・」とのことでおがわ歯科医院を受診されまし た。遠いところありがとうございます。まず、初診時の状態です。


sa1.jpg

 青いドット部分がブリッジになっており、手前側の歯が歯肉はおろか骨の支えのさらに下まで虫歯になってしまっていました。そうです、神経を取った 歯なので「虫歯に気付くことができない」んですね。つまり抜歯を余儀なくされるということです。さらに、緑のドット部分は「歯並びを治すために、大きく 削った」ようで、やはり神経を取ってセラミックを被せていました。

 手前の歯(緑のドットの歯)はさらに根尖病巣を持っており、再度根管治療を行わなければならない状態です。もう二度とやり直しがないように、マイ クロスコープを使用して見落としがないように治療していきましょうね。時間は必要ですが遠方からでも通院できるように、一度のアポイントを長めにいただい てしっかりがんばっていきましょう。メインテナンスに移行したら年に2~3回の来院で充分な、予知性の高い治療をおがわ歯科医院は提供できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年3月25日

こんにちは。親御さんの中には「うちの子、〇歳になるんですけど、歯が生えてこなくて」などということが心配で、メールでお問い合わせをいただいたり、直接ご相談いただくことがあります。今日はそんな乳歯列から永久歯列に交換する段階での、問題についてお話します。


 この患者さまは春から小学校4年生になる9歳8カ月の女の子です。すでに生えているはずの6歳臼歯がなかなか出てきませんでした。パノラマレントゲンを 撮って確認をすると他の6歳臼歯はしっかり歯根の成長も終わっているのに、未萌出の右上の6歳臼歯だけが根がうまく発育していないようでした。そのため萌 出の邪魔をしている歯肉を除去して、歯の成長を促す処置を行いました。まず術前です。


ymdkn1.jpg

 向かって左(患者さまの右側)の奥歯がないんですね。


ymdkn2.jpg

 麻酔をさせてもらってから歯肉を切除します。麻酔がさめてからちょっとジンジンするかもね。でも、歯を抜くより痛くないよ。

ymdkn3.jpg
    


 邪魔な歯肉にどいてもらって、歯が見えました。このまましばらく様子を見ましょうね。Kちゃん、がんばったね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年3月24日

こんにちは。今日はもしお時間あったら本屋さんへ行ってみて、「千葉市ウォーカー」を覗いてみてください。おがわ歯科医院の記事が掲載されています。

tw324.jpg


 しかし、取材する側も大変だとは思いますが、事実を正しく伝えることが必要です。つまり一般読者はここに書かれていることを「真実」だと思ってしまうと いうことで、おがわ歯科医院のことが書かれているページに大きな矛盾があります。どっちがマイクロスコープなの?ってね。そのくらい取材する中で勉強して ほしいですね。まあ、新聞・TVほど罪深くはないので、チクっとこのくらいで。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年3月23日

こんにちは。タイトルはへそまがり、しかし亀戸にあるお好み焼屋さんではありません。おかしなところに出てきちゃった歯の話。適正な時期に乳歯から永久歯の交換が行われないと、このようなことが起こってしまうことがあります。


mnkm1.jpg

 ではなぜ正しい(ほぼ、ね)タイミングで交換が行われないかですが、いろいろな原因が考えられますが乳歯の下の歯肉や骨の下に埋まっている永久歯 が乱立というか、我先に!という状態になっていると、永久歯の萌出が遅れたり乳歯の脱落が遅れます。幸いこちらの子は大きな歯並びの乱れはなく、乳歯の抜 歯をしてあげれば正常な歯並びになる可能性を秘めているので、しばらく経過観察を行います。

 ちなみに青いドットは外側の歯の山、赤いドットは内側の歯の山です。鏡に映ってのもう一つのドットにも注目です。内側の歯の山ですら本来歯が生え る位置の外側にあるのですから、もしかしたら矯正治療が必要になるかもしれないよ。それと、虫歯を作らないように見ていこうね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年3月22日

こんにちは。虫歯が歯肉よりも根の先側、つまり歯肉の下まで虫歯になってしまった患者さまのインプラント治療ですが、仕上げの歯まで入りましたので報告いたします。ではまず抜歯直後からです。一応写真はモノクロとなります。


ttzw113.jpg

 なるべく周囲の歯肉を傷付けないように抜歯を行います。そしてやや内側に位置づけるようにインプラントを埋入します。


ttzw114.jpg

 そして、カスタムアバットメントというオーダーメイドのアバットメントが入った様子です。これを作ることで仕上げの歯を着脱しやすいように、ある工夫ができるのです。


ttzw1115.jpg

 写真をクリックしてください。赤いドット部分は当院で数年前にインプラント+セラミックにて修復させていただいた場所です。なんら問題はないです。そして今回は緑のドット部分が装着されました。

ttzw111.jpg

 裏側から見ると、奥側はノブが着いていますでしょ?これがないと術者が外してメインテナンスをしたい時に外せないのです。ただし舌触りが気になる とおっしゃる方もいました。それが、手前のセラミックには出っ張りがないでしょう?小さなマイナスドライバーをあてがってひねれば外れるという仕組みで す。


ttzw112.jpg

 これだけのことですが、外す時に患者さまやインプラント体に加わる力を小さくし、患者さまの負担を減らしインプラントに無理な力を加えないで済むというわけです。少々、技工のコストはかかりますが、こういった方法もあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年3月21日

こんにちは。クイズです。当たっても何の用意もしてません。問題は、どこが患者さまご自身の歯で、どこがセラミックの被せもので、どこがインプラントで治療をした部位でしょうか?というものです。

 問1:上顎について答えよ。

ysnrk1.jpg


 問2:下顎について、同様に答えよ。


ysnrk2.jpg


 僕のブログを読まれている方やホームページを見ていた方は、「アレ?見たことあるような・・・」となるかもしれませんね。おがわ歯科医院のサイトのどこかに答えがあります。それを探して答えさせるってのは、僕の趣味じゃありませんのでさっさと答え合わせしましょ。


 答1:写真をクリックしていただいて、赤いドット部分がインプラント。青いドット部分がご自身の歯にブリッジを用いて修復した個所、となります。ただし、赤いドット部分すべてにインプラントが入っているわけではありませんよ。


ysnrk3.jpg


 答2:同様に写真をクリックしていただいて、赤いドット部分がインプラント、青いドット部分がセラミック修復をした部分、黄色のドット部分はご自身の私が触っていない天然の歯となります・


ysnrk4.jpg


 うまく隠したつもりですが、インプラントちゃんは見つかっちゃったかな?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年3月20日

こんにちは。本日はお世話になった先生の祝賀会参加のため、患者さまには申し訳ないのですが午後を休診とさせていただきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

こんにちは。先日、3月10日はJIADSでした。その後近くの沖縄料理屋で仲間と飲みました。そこに久しぶりのこのヒト!久しぶり~、ヒデ。

hide.jpg

 そうとう飲んだね、俺・・・。もはや、むくんでるし。彼は川崎市鹿嶋田で開業している門脇先生と言いますが、小出馨先生の咬合コース、JIADS のぺリオコース、などなど同じ講習会に参加してきた大学の後輩です。開業してもうすぐ1年が経とうといしているのに、クリニックに遊びに行くことができて いません。近いうちに行きます、開業祝いを持ってね。遅くなってわりーな、という話。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年3月19日

こんにちは。トレーニングネタですから、興味のない方はパスってことで。みなさん、懸垂ってします?あまり普段の運動でなさる方は少ないのでは?僕は広背筋と言ってわきの下の背中側に「天使の羽根」がほしくって始めたのですが、これがなかなか厳しいわけですよ。


 腕は肩幅・・・だと思ってますか?違いますよ、120~130度くらい開いてください。腕力自慢の大半の方はここで上がらないはずです。体に覚えのある 方は、いけますよね、数回は。目線は斜め上。コツは肩甲骨を閉じるように、肘は体のラインより前に出ないように(同じことを言ってるんですがね・・・)し ます。ウォーミングアップで10回ほど。そして腰にウェイトを巻いていきます。

IMG_2748.jpg

IMG_2750.jpg

IMG_2751.jpg

 こんな感じですね。この時は10キロをぶら下げてますが、12.5キロまで普段使います。4月中に15キロはお約束します(・・・誰にだよ)。は い、わかってます、仕事には一切役に立ちませんね。Lサイズの白衣が脱ぎ着しにくくなったし、あまりいいことはありません(笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年3月18日

こんにちは。成長期のお子さんの顎の幅が狭い場合、側方への拡大床は僕の日常臨床で多用する手法です。これを用いることで歯が生える場所の確保、つ まり受け皿を大きくしてあげるということですが、そうすることで「抜歯してスペースを確保」する必要がなくなり、抜歯矯正を回避できるのです。これは親御 さんの視点から見たら望ましい矯正方法ではないでしょうか。おがわ歯科医院の第一選択は「非抜歯による矯正治療」です。


 
 拡大床のクアドヘリックスに勝る利点は、骨ごと拡大ができるということです。筒井照子式の拡大床は粘膜面にぴったりフィットすることが必要で、それをマ スターした数少ない技工士さんでないと精度はでませんねえ。拡大床に透明のレジンを用いることにも意味があって、粘膜にフィットしているか一目瞭然なんで す。つまり技工士さんの側も自信がなければ使いたくないのではないでしょうか?ちなみに、これがクアドヘリックスですね。装置が歯にしか作用しないので、 歯のみが骨枠の外側へと押しやられます。ですから、今ではあまり使わなくなりました。


%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%98%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9.jpg

 そうそう、今日の本題。では、治療開始前の正面観ですね。成人の30歳の新人ママさんです。I県のU市から通われています。元々ご主人と面識が あって、そのご縁での矯正治療なのでできるだけ僕が思い描く矯正治療の理想像をお伝えして、成人矯正ですがなるべく非抜歯でかむ力を支える歯を減らさずに 並べようということで拡大床を選択しました。以前の僕であれば成人に拡大床なんて使わなかったんですが、筒井先生の素晴らしいケースを見せられて、拡大床 とアライナーの可能性を改めて認識しなおしたわけです。一般の方にはわかりにくいですね。


wegtbh5eyujh456.jpg

 窮屈そうに歯が並んでいて、並びきっていないですね。小臼歯(前から4.5番目の歯)を上下左右1本づつ抜歯して矯正、それが一般的でしょうか。 その利点もわかるんですが、こっちサイドの利点(つまり歯科医師側)が多く患者さまの今後一生の中で、果たしてメリットとなるのか、僕には疑問なんです。
拡大床が上下入ったところです。

wndrfyhj4567ik4j.jpg


wdsgnb57ui568lk78.jpg


 数か月かけて横方向に歯列を拡げてスペースを作り、それからワイヤーをかけての矯正治療に入ります。今はまだ前準備の段階ですが、がんばりましょうねMさん。ちなみに拡大が終わるころには埋まっている親知らずは抜歯してもらっておいてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年3月17日

こんにちは。今日はとても時間がかかったのですが、骨造成をして1年2カ月待ってインプラントを埋入したケースです。通常であれば6カ月待っても らってから埋入・・・となるのですが、他にも再生療法をしたり、下顎の臼歯部にインプラントを設置してプロビジョナルを作って咬合支持を確保したり、上顎 臼歯部にプロビジョナルを作りながらインプラントの埋入を行ったり・・・などをしていたら、1年2カ月経過してしまったということでしょうか。


 本日はモノクロですが、オペ時の写真が出てきます。苦手な方はご遠慮ください。


 まずは上顎の32112欠損に対しての処置であり、顎堤がやせているケースです。埋入可能な部位にはインプラントの設置を行い、難しいと思われた右上1部分にはGBR処置のみ行っています。


ngsm111.jpg

 骨補填材を置いて縫合します。幸い他部位には埋入が可能だったため、抜歯即時インプラント埋入を行いました。

ngsm112.jpg

 他部位の処置に一区切りついたので、GBRさせていただいた部位にインプラントを埋入を行いました。インプラント設置前です。充分な幅の骨ができていることが確認できます。

ngsm113.jpg

 向かって左側(患者さまには右側の1番目の歯)にインプラントの埋入を行ったところです。

ngsm114.jpg

 充分な骨があるのでインプラントの埋入自体は非常に簡単でした。Nさん、お疲れ様でした。再生療法を行った下顎前歯部分をリトラクト(矯正して隙間を閉じる)して、右上4部分と左上6部分に抜歯即時でインプラントを設置し、ファイナルを目指しましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年3月16日

こんにちは。今日ご紹介するケースはインプラントにて修復を行って3年間メインテナンスして、特にこちらとしては何もせず全顎のクリーニングを年に 3~4回させていただくだけで、予後良好な患者さまです。これもひとえに患者さまの充分なご理解が得られていることと、患者さまご自身の清掃ができている こと、によってのものなのです。

 そんな中で我々が「清掃しやすい環境作り」という部分で工夫させていただいたことが、インプラント周囲への角化歯肉を確保することです。文献では 必ずしも必要ではないとありますが、歯のすぐ横から粘膜が立ち上がっていたら歯ブラシを入れる隙間もないし、歯ブラシの毛先が当たったら少々痛いですから ねえ。清掃性の良い状態を提供して「磨いてくださいね」という患者さまへの指導はアリだと思いますが、そんな環境もろくに提供せず悪くなったら「あなたが 磨かないから悪いんでしょ・・・」って言われてもねえ・・・。


 一応専門家の「文献」では必要ではないようですが、我々の「臨床」では歯やインプラント周囲には角化歯肉が必要と考えていますので、環境整備が必要な患 者さまにはない場合のメインテナンスのしにくさと、ある場合のメインテナンスのしやすさをお伝えして、一緒にどうするか考えてもらいます。


 さて、さっそくインプラント埋入後ですが、黒く染まっている部分は粘膜です。一方あまり染まっていないところは角化歯肉がある部分です。


nt1111.jpg


 角化歯肉を口蓋部分から移植して3年後の状態です。


nt1112.jpg

 多少の色素性の着色はあるものの、健全な歯肉の色をしており引き締まっています。ブラッシングしやすいからか周囲への汚れが多少あっても説明をして差し上げれば、すぐに改善してくれます。これも、環境整備ができたことがプラスになってくれているのかな?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年3月15日

こんにちは。昨日の話の続きになりますが、あのケース、11月28日のブログで紹介させてもらったケースです。根尖病巣が大きかったのですが、CTで確認させていただいて治療を開始しましたね。まずは11月のレントゲンから見ていきましょう。

k111.bmp


 大きな病巣です。口の中の天井部分から排膿している状態でした(うみが出ている状態)。そして1カ月後(2009年12月)のレントゲンです。わずかに根の先の黒く映っている部分が縮小しているように見えます(手前みそ?)

k112.bmp

 2010年2月のレントゲンです。水酸化カルシウムが流出していません。つまりは根の外側に隙間がなくなり治癒に向かっているようですね。膿の袋 が残っていればそのに水酸化カルシウムが流れ出ます。もう根管充填をしてもいい状態と考えますが、もう一回待ちましょう。この日はEDTAを使用している ので根管充填にはふさわしくありません。

k113.bmp


 後日、根管充填を行ったところです。根管内部をしっかり乾燥させて、ウルトラフィルにて充填をしました。垂直加圧根管充填なのにポイントが入っているの は、病巣が遠心寄りに大きかったので側枝という枝分かれを疑ったこと、4についてはマイクロスコープで扁平な1根管だということから、隙間を作らないよう に用いました。

k114.bmp

krcf.jpg

 さて、あとはせっかく残した大事な歯、強度を確保して歯が壊れないように作っていきましょう。Kさん、お疲れ様でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年3月14日

こんにちは。根管治療の話ですがいつラバーダムを装着して、いつ外すのか?答えは「この写真がスタート時であり、終了時である」ということです。

rdrdrd.jpg

 
 つまり、仮封(仮のふた)を外す前に装着しておかないと、根管内が唾液に触れたり、唾液が流れ込んでしまい新たな感染を起こしてしまいますね。また、 しっかり無菌操作を行って、根管内部を乾燥させて、消毒のお薬を詰めて再度仮封をするまで、ラバーダムを外してしまったら意味がなくなりますね。という当 たり前のお話を、一応させていただきました。

kut111.bmp

 ちなみにこのような大きな病巣を治療しています。その内容についてはまた後日。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年3月13日

こんにちは。神経を取ってしまった歯はどうしても脆くなります。これは木に似ています。葉っぱを咲かせている木は根から栄養を吸収して、葉の先々ま で水分を行き渡らせており、生きていますよね。だから枝を折れるくらいに曲げてみても、しなって力を逃がして元の形に復元しますよね。生きた細胞があるか らです。厳密には歯には細胞がある部分とない部分はあるのですが、血液供給を受けている歯は神経も生きており過度の歯を壊す力がかかったら「痛み」で気付 かせてくれますよね。


 しかし、神経を取った歯は同時に血液供給も失いますから、栄養がこないわけです。おまけに歯に含まれる水分が減るためいろんな変化、しかも悪い変化が起 こります。虫歯になっても痛くないので気付かない、処置が遅れる、虫歯が大きくなって歯が折れる・・・という結末に。今回もそんな歯牙破折のケースで抜歯 即時インプラント埋入・残存骨7~8ミリに対しソケットリフト・骨縁下に埋入しての骨のプラットフォームスイッチングを行いました。


 まず、術前から見ていきましょう。


tjm11111.jpg

 いわゆる残根という状態で保存も考えましたが、短い歯なので処置不可と判断しまして抜歯をさせていただきました。

nrejhs5134.jpg

 抜歯はすればいいというものではありません。周囲の組織の挫滅は最小限にしなくてはなりません。でないと抜歯即時インプラント埋入の最大のメリットである、歯間乳頭の保存ができなくなってしまいます。

nrfghnws4654w5y4.jpg

 そしてやや口蓋側よりにインプラントを位置づけます。ソケットリフトを行うにあたってもちろんピエゾを用いています。しかしわずかな挙上量なので骨補填材は用いていません。


yrjhne6423y54w.jpg


 そして、骨縁下1ミリくらいにケンテックインプラントを埋入しました。このインプラントはこれまで使っていたカルシテックインプラント(今も使います が・・・)よりも骨を引っ張ってきますので、このくらいで充分でしょうか。そしてプラットフォーム・スイッチングをするのですが、せっかくフィクスチャー のショルダー部分にできた骨を壊すことなく先の処置に進むために、ヒーリング・アバットメントを設置しました。

Xraytj.jpg

 緑のラインのように(いびつでスミマセン・・・)骨がインプラントの肩のところまでできてくれたら、そんな簡単にインプラントはロストしませんよ ね・・・。現在可能な工夫をすべてさせてもらっています。所定の期間待っていただいて上部構造(かぶせものの歯)を作りましょうね。ちなみに翌日の確認で は痛みは皆無とのことでした。でしょうね、そのようにさせていただいてますので。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年3月12日

こんにちは。今日は7歳の男の子の前歯が反対咬合なので治療したケースのご紹介です。CTによる審査の結果永久歯に先天欠損があったため、今後のマ ネージメントに困難が予想されるケースですね。しかし、写真をクリックしてください。向かって右の下の前歯が歯肉退縮を起こしています。このままでは、咬 合性外傷で歯が揺さぶられてとても危険です。


oowk1.jpg

 この時が本年の1/30です。そしてほぼ1カ月後の状態ですが、ホラ!


oowk2.jpg

 何を使ったのかは秘密ですが、これ、3/6の写真です。たった1ヶ月ですよ。ハマればこういう結果もあるわけです。つまりは「適した時期に適した 装置を使う」ことと、「使用した装置の持つ可能性を100%発揮するための親御さんの協力」につきます。親御さんの中には「子供は痛かったりしたら触るで しょ?」とか「いじるのは当たり前でしょう」とおっしゃる方もいます・・・。しかし、それはこちらではコントロールできないことですから、非常に難しいわ けですねえ・・・。


 お子さんの将来を考えて最高の結果を導き出したい、そういう共通のゴールを思い描いて矯正治療をスタートしているので、ほとんどの皆さんは「私が感心し てしまうくらい熱心」な方ばかりです。ホント、皆様ご協力ありがとうございます。装置が長く着いていると虫歯の可能性も高くなりますから、最短で装置を撤 去しましょうね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年3月11日

こんにちは。臼歯部で隣の歯との接触を口腔内で回復するのはと~っても難しいことです。ということもあり、当院ではセレックによる修復をお勧めする わけですが、隣の歯との間に問題がない場合はこんな方法もあります。まずは、すでに入っていたゴールドインレーを外したところです。きちんと虫歯を染め出 すお薬を使って、虫歯の取り残しをしないようにします。

CR1.jpg

 何で修復しようか考えたのですが、患者さまは埼玉県越谷市からいらっしゃってますので、なるべくならば一回で修復を済ませてあげたいし、かといっ てこの日はインプラントの部分のFGGのオペの経過観察と、右上4部分の再生療法の予後の確認だったので時間に限りもある。ということで、CRを用いるこ とにしました。

CR2.jpg

 CR修復は削った日に私が口腔内で修復操作を行いますので少々時間がかかりますが、何色も色を混ぜ合わせて作ることができるので合わせやすくはあ ります。特に既成の色に近くない患者さまの場合はセレックよりも、ご自身の歯の色に近い修復が可能なことがあります。しかし、ものすごく特殊な色はD- SPECの安部さんの力を借りてセラミックを作ったほうが間違いないでしょう!

 ちなみに奥の7は近心根のみ残してあり、遠心根は水平埋伏していた8の抜歯と共にヘミセクションしてあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年3月10日

こんにちは。当院ではおなじみとなりました、セレック3Dによる審美修復のケースです。左下の奥2つの虫歯の修復治療で、銀歯ではなくオールセラ ミックスを選択されました。金属による修復物は糊でくっつけただけですから、周辺からの接着剤の溶出が起こり隙間ができて、いずれ二次的にまた虫歯が起こ るという負のスパイラルに陥ることがとても多いです。


 当院では現実的に金属の修復も行っていますが、保険内の対応であればどうしても金属を用いなければならないことがあるためです。推奨しているのはもちろん「メタルフリー」ですから、本音ではチタン以外のメタルは極力減らしたいですねえ。


 脱線しましたが、修復前の状態から見ていきましょう。

kthrm1.jpg

 虫歯の侵襲が大きく、セラミックで覆う部分が多いですね。


kthrm2.jpg

 このようになります。メタルの修復は糊づけしたようなものですが、セラミックの接着に使うレジン系の接着剤(パナビア・エステティックセメント) では歯と1塊にするため、術後の脱離はないですね。確かに過去ラミネートべニアが外れたケースが一人だけいらっしゃいますが、これは製品(ラミネートべニ アを作る技工所の問題・・・)の適合精度で決まりますから、D-SPECに依頼するようになってからは「皆無」ですねえ。ねえ、安部さん?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年3月 9日

こんにちは。前歯が疼くという事を主訴に来院された患者さまのケースですがファイナル・レストレーションをセットさせていただいたので、その報告です。前歯4本の治療が終わったけれども歯肉に痛みを感じるとのことで、おがわ歯科医院を受診されました。初診時の状態です。


nraw1.jpg


 
 仕上げの歯をセットしたばかりなのに・・・歯の周囲の歯肉が赤みを帯びているし、歯の長さや歯肉の位置が不正ですね。CTも撮って確認しましたが保存して良好な予後の可能性が低く、抜歯してインプラントを選択されました(もちろん、選択肢としては保存が最優先ですよ!)


nraw2.jpg

 根の先に病巣が「それなり」の大きさで存在したため、抜歯をしてから傷の治癒を待ちました。そして歯肉が治ってからインプラントの埋入オペを行います。そして二次オペを待っている間に撮った写真です。

nrawtf.jpg

 これは複数のインプラントを上部構造でつなぐため、それぞれのインプラントの位置関係の記録にズレがないか確認を行っています。

nrawfin.jpg
    

 そして、自然なスマイルがよみがえりました。お疲れ様でしたNさま。次は左下6部分のインプラントの埋入を行っていきましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年3月 8日

こんにちは。これはやはり趣味でしょうか(笑)?先日は私の38回目の誕生日でした。後輩のS君が僕の大好きな「煌の島」という黒糖焼酎をくれたんですねえ。ありがとう、いつも。これ、甘みと香りがしっかりあっておいしいよなあ。


%E3%81%8D%E3%82%89%E3%82%81%E3%81%8D.jpg


 今日はスクワットなど足のトレーニングの日でした。だいたいルーティンには110キロまで使います(写真撮ってくれば良かった・・・)が、これは全身の 基本の運動でちょっとサボると一番影響が出てしまいます。スクワットは足の運動に見えますが、実際は体幹が強くなりますね。しかし、足のトレーニングの後 にコレを飲むと足が攣って起きることがしばしば・・・。注意しよ(笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年3月 7日

こんにちは。根管治療の途中で治療に行かなくなってしまった患者さまの抜歯即時インプラントを行った治療例です。「おそらく抜歯だろう、義歯は嫌だ しインプラントかなあ。だったらおがわ歯科医院で」と当サイトをご覧になっていらっしゃったと聞きました。大変光栄に思います。


 では術前の状態から見ていきましょう。今日は外科の写真は出ませんよ。


tk111.jpg


 ひとつ歯の色が変わってしまっているでしょ?これが問題の歯ですね。レントゲンで確認すると・・・。


tk112.bmp


 周囲と比べてみましょう、骨のレベルの上まで虫歯が侵襲していますね。これでは抜歯すら困難ですねえ。一工夫して・・・インプラントを設置します。そし てしばらく待ってから結合組織の移植を行って、歯肉が治癒した時の様子です。インプラントの外側にきちんと厚みのある組織が確保されていますね。これが重 要!インプラントの長期安定が得られる絶対条件です。

tk113.jpg


 インプラント固定のプロビジョナル・レストレーション(いわゆる仮歯)です。この状態で歯肉の成熟を待ちながら、歯の形態で患者さまが気になる部分があ れば修正をしていく、いわば叩き台、ですね。仕上げてから「ココが気になる・・・」と言われても直せませんから、今のうちにわがまま言ってくださいね。T さま、もうすぐ仕上げですね!

tk114.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年3月 6日

こんにちは。半分手前に傾斜した親知らずですが、昔かかっていた歯科医院では抜けないと言われたようで、そのままになっていたとのこと。しかし問題が・・・。写真をクリックしてください。

sri1.jpg

 親知らず(青いドット)表面に虫歯がありますね。それとは別にレントゲンを撮ってみたら手前の歯(緑のドット)の裏側にも・・・。しかも大きい・・・。

sri2.jpg

 手前の歯は抜髄と言って根管治療が必要になるでしょう。親知らずは手前の歯にぶつかっているので、2分割して、歯の頭の部分と根の部分に分けて出します。

sri3.jpg

 頭の部分です。そして、根の部分・・・と根の先の部分。アクシデントで根の部分が折れてしまい、結果3分割になりました。

sri4.jpg


 問題は手前の歯の根管治療をどうするのかですよね・・・。正しい根管治療を理解していただいても、深い位置まで虫歯が進行しているので色々やらなければいけないことが多く・・・。次回は傷の確認と、今後の治療方針を決めるためのお話です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年3月 5日

こんにちは。2月27日の土曜日ですが所属するYSGというスタディグループで、スピーカー担当でしたので「インプラントとGBR、そのマテリアルの使い分け」と題して2時間ほどお話をしてきました。

 会場は目黒区某所ですが、私が車を止めた駐車場にスゴイ車が停まっていたのでパチリ。〇ェラーリよりも、なんか悪っぽくて好きだなあ。

IMG_2711.JPG

 オレンジですよ、カッコいいなあ。走っている姿を見たこともありますが、相当うるさいね・・・。ありですね、このチョイス。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年3月 4日

こんにちは。本日は重度歯周病により保存が不可能な歯が多数存在し、少数のインプラントを固定源として用いて総義歯の安定を図ったケースをご紹介い たします。まず初診時の口腔内の状態とレントゲンから見ていきましょう。向かって左側が患者さまにとっての右側ですが、右上の犬歯付近の歯肉ははれていま す。上下の前歯部分はなんとか口腔内にとどまっている状態で保存は不可能です。


kwmr1111.jpg


 レントゲンでは歯の周囲に骨がなく黒い影ができているのがわかりますね。

kwmr1112.jpg

 絶対に抜歯しかない部分を抜歯して、かろうじて仮歯の支えに利用できるところは一旦保存します。下に関しては保存できる歯があるため通常の義歯で対応します。治療中に用いた仮歯を着けた状態です。

purobi.jpg

 この仮歯が入った時はインプラントを上顎に3本埋入した直後です。ちなみにその時のレントゲン写真がこれです。


kwmrxray.jpg

 そして、インプラントが安定するまで待っていただいて、義歯の製作をしていきます。噛み合わせが不安定なので前歯の並び具合などを確認します。上下の歯の長さのバランスの改善を行います。

kwmr11125.jpg


 義歯が仕上がると同時に、これまで仮歯を支えてくれていた歯を抜歯します。そして総義歯の形態の義歯が入ります。

kwmr1113.jpg

 上の総義歯が入ったところです。下にはこれまで使ってもらっていた義歯の前歯部分にレジンというプラスティックの「歯のエクステ」を装着しました。


 
kwmr1114.jpg

 これは口元の寄りの画ですが、初診時とは大幅に改善したことがわかると思います。ただし、向かって左に噛み合っていない所がありますね。ココは初診時、おそらくその前から噛んではいなかったのではないかと思います。

kwmr1115.jpg


 もしも義歯の不安定があったらこんなものも用意してあります。

kwmr1116.jpg

 余計な介入は破損などのトラブルが起こるので、あくまで噛みにくかったら考えるという「保険」のようなものですね。これまでの7カ月間お疲れ様でした、Kさま。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年3月 3日

こんにちは。いいですよ、歯の話が聞きたいという方はすっ飛ばしちゃって(笑)。今日も筋肉談義だから。以前一度使っているダンベルの重量について 話した事があったんだけど、いつだろう?あれから実は肩を傷めてしまって、しばらくダンベル種目から遠ざかっていたんですねえ。


 ようやく、ピーク時の自分に復活したのですが3~4か月かかったかなあ。38歳、怪我をすると長引くから注意ですね、おっさんだし。さて、ダンベルプレ スと言ってベンチプレスのダンベル版なわけですが、それぞれの手に一つずつもって胸の上で上げ下げします。これまでは32.5キロが最重量だったのですが 更新しました。ほら!


IMG_2706.jpg


 35キロに到達!嬉しいのは次がんばったら、ダンベルの色が変わるんですよ・・・。長かったなあ、ここまで。ホント、生体は正直だからやればそれだけ 返ってくるし、サボればだらしない体になっていく。僕はこんなところでウェル・エイジング(アンチ・エイジングって言葉に違和感を覚えまして・・・)して います。


 ちなみに、この日一緒にトレーニングしていたN・Cさんはニュージランドのご出身ですが、なんと140ポンド・・・63キロくらいかな、でやっておりま した・・・。スゲー・・・。さすが、千葉県の75キロ級チャンピオン・・・。少しでも近付けるように努力はやめないつもりです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年3月 2日

こんにちは。本日は院長所用により休診とさせていただいております。代わりといたしまして、3月4日木曜日は10:00~21:00の診療時間で臨時診療日とさせていただきます。ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。



%E7%94%BB%E5%83%8F%20176.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年3月 1日

こんにちは。久々にトレーニングの話をしてもいい(笑)?っま、日記なんだから、誰に断るものでもないけど・・・。今日ご紹介するのは肩のプレス系の「ショルダープレス・バックプレス」というもの。見た方が早いね。


IMG_2700.jpg

 
 このバーベルはレールに沿って動きますが、45キロあります。これをよいしょっと。


IMG_2701.jpg

 耳の高さまで下げて・・・ふん!


IMG_2703.jpg
   

 っと、持ち上げるわけ。いつもだいたいこの種目は4~6セットくらいやるかなあ。今日は明日の講演の準備でスタッフに最終スライドチェックをして もらいながら、予行演習をしていたので遅くなっちゃったから、少なめでした。週3回のトレーニングを1年半続けていますが、今ではやらないと体に毒が溜 まったようなカンジがして、とても気持ちが悪いです。ま、自分のことを一番考えてくれるのは自分ですから、健康管理は今の僕にとって当たり前。年に1回人 間ドックを受けるのと同じ感覚です。みなさん、適度な運動していますか?明日はダンベルの話(笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2010年2月 | メイン | 2010年4月 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医