«  2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« プラットフォーム・スイッチングのこと | メイン | 残存骨3.7ミリのその後 »

2010年6月19日

こんにちは。今日のケースは依然このブログでご紹介していますが、右上3がななかなか生えてこないということで某クリニックで処置を受けたり、大学 病院でCTを撮ったがいろいろ事情があっておがわ歯科医院に来院された、3が埋まっているがさらに乳歯も埋まっているという、あのケースですね。では、 CTの画像を見ていきましょう。黄色い矢印が永久歯の3です。緑の矢印が乳歯のDです。写真をクリックしてみてくださいね。


kwgtct.jpg


 こういう場合まず「原因」を考えます。前医にて「この部分の抜歯をしたはず」とお母様はいっしゃるのですが、とするとそれが本当のD(前から4番目の乳 歯)であって、ここに埋まっているのは過剰歯ということか?それがあるために3が萌出できず上顎のアーチが縮小して、さらに3が出て来られないという悪循 環が起きているのか??


 ということは、縮小している上顎アーチを拡大してゆとりのある骨格を用意してあげたら3が出やすくなる。そうすれば埋伏しているD(と思われる乳歯)を 抜歯する際もスペースがあるので楽だし、何より3を萌出させる上でスペースがある方が有利になるはずですね。ではまず初診時の口腔内を見ましょう。

kwgt11.jpg

 
 上顎も下顎も小臼歯(前から4.5番目の歯)付近が内側に傾斜しています。その分歯列が狭いことが想像できますね。そして拡大床(当院で幅が狭い場合に使用する、着脱可能な矯正装置)を作り骨格を左右に拡大します。


kwgt12.jpg


 そして、抜歯したDと思われる乳歯ですが、通常の乳歯のような形をしていました。


kwgt13.jpg


 トライアングルフラップとした傷を丁寧に縫合して、3周囲の歯肉にどいてもらい萌出の妨げをなくしました。

 
kwgt14.jpg

 オペ後の腫れも痛みもなく苦痛は最小限に済みおがわ歯科医院スタッフ一同安心しています。抜糸が済んだら拡大床を再度装着してもらい、今度は拡大床に付けたフックと3をゴムで固定して牽引していきます。もうちょっとだね、K君がんばろう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.ogawado.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/399

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医