«  2010年8月 4日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2010年8月 4日

こんにちは。右下7部分が抜歯せざるを得ない状態になり、その奥に親知らずが虫歯にもなっていない状態で存在するので、それを移動して7の部分に 持ってくることを考えました。今年の5月25日のブログで紹介したケースですね。近心移動(手前に移動すること)まで終了したので途中経過をお知らせいた します。まずは術前の状態から見ていきましょう。

mrnn1.jpg

 
 奥の歯が移動する親知らずです。手前の歯の両側に金属の部分が見えると思いますが、これが矯正用インプラント(これは、松風の物で今は使っていません)ですがこれを固定源に親知らずを引っ張ります。そして2カ月後の状態ですね。

mrnn2.jpg

 さらに2週間後です。

mrnn3.jpg


 途中でおそらく舌圧によってではないかと思うのですが、舌側のマイクロインプラント(矯正用インプラント)がロストしました。よって頬側のマイクロイン プラントのみで近心移動を行いました。残すはアプライトといって歯を起こす作業ですね。こっちの方が難しいです。Aちゃん、もうちょっと頑張ってください ね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2010年8月 3日 | メイン | 2010年8月 5日 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医