«  2010年11月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2010年11月30日

こんにちは。いつもお世話になっているビッグベアージムのコーチの結婚式があり二次会にお邪魔してきました。


IMG_3537.JPG


 一番右が新郎、右から2番目がボディビル元全日本ジュニアのチャンピオンの青山さん、左から2番目が良く飲みに行く2008年度千葉県新人戦チャンピオンの石井さん、一番左が私(ワタシにはタイトルがありません・・・(笑))です。


 そして3次会へ。いつもJIADSの帰りに夜『竹富島』に石井さんと青山さんと移動して、海ぶどうをつまみながら久米仙の古酒をいただきました。


IMG_3545.JPG


IMG_3546.JPG


 長い一日でした。お疲れさまでした。コーチ、おめでとう!!!また今日からもよろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月29日

こんにちは。骨が普通にあって角化歯肉も充分あれば、インプラントのオペを1回で済ませる事もできます。すべてのオペをこの方法で・・・というのは無理があります。適応症を見極める事がとても大事ですね。


PICT3459.jpg


 このような感じ。インプラントが存在する部分の角化歯肉を頬側に移動させて縫合。あとは所定の期間待っていただいたら補綴ですね。ちなみに奥の67部分 は私が過去に行っているインプラントが入っており、手前も私が治療させていただいたセラミックが入っています。だからフラップのデザインにも工夫 が・・・。そうそう、手伝ってくれている佐藤先生、オペ中にいらしゃった外傷の少年を診てくれてありがとう、オペ中でも急患をお断りせずに済みます。僕も 患者さまも感謝ですね。


最近勉強熱心な後輩から私などにも質問があるのですが、わかる範囲でお答えしています。所属させていただいているJIADSで講師をされている先生のお言葉にありましたが、とても心に残っているのでここに。


 『知識なき実践は暴力であり、実践なき知識は無力である』


 勉強してから正しく実践していきましょう。僕などもまだまだ知らないことがたくさんありますから、後輩のみんなと一緒に勉強していきたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月25日

こんにちは。オールセラミック・ブリッジのメインテナンスです。セット後2年くらい経過しますが良好ですね。


PICT0012.JPG


 問題なしですね。製作はD-SPEC安部さんです。いつも審美的なセラミックの製作、ありがとうございます。


PICT1208.JPG


 そうそう、製作途中の一こま。糸巻きです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月24日

こんにちは。水曜日の診療後打ち合わせを行いましたが、アップしたい症例が多すぎてそれに一つ一つどういった工夫をしたのか、そういった文面を考える仕事ができました。ちょっと大変ですが嫌いなことではないので、早々に仕上げたいと思います。


 さて、その後ですが昨日が祭日でジムに行くことができなかったので、片道5キロ自転車で行ってきました、ビッグベアージム。


 今日は背中の日でした。久々に一般の方にはどうでもいい、本気の人には「なんだ、その程度?」というとても中途半端なトレーニング報告を。
①チンニング(懸垂)を最近は重りをぶら下げずに行うことにしました。自重で15回、12回、8回、5回の4セット。これまで15キロの重りを使ったりしましたが、今のやり方の方が難しく感じます。

②デッドリフトは脊柱起立筋を鍛える種目。

 http://www.youtube.com/watch?v=gxZQ_-9R2LU

このようにやるのですが、おそらくこの動画と同じ重量の140~160キロをメインセットで行います。

③ベントオーバーローは背筋の上方部分を鍛えます。これはデッドリフト後なので腰の踏ん張りが利かず、デッドリフトをやらない頃は90キロまで扱いましたが今は60~80キロに落としています。それでもキツイ・・・。

④シュラッグとは僧帽筋に効かせるもので、これを常時行っていると「肩こり」なんか無縁です。僕はこれまで39年間肩こりの経験なしです(笑)。これをフロントとバックで6セット。

http://www.youtube.com/watch?v=HDW-UO8paKc

こんなのね、バーベル・フロント・シュラッグって。

⑤T-バーは、ベントオーバーローとほぼ同じ部分かな。さらに背筋上部を追い込む感じ。

⑥リアレイズは肩甲骨周囲を内側に寄せるような動作です。45~50キロでマシンを使ってやります。4セット。

⑦腹筋はちょいとハードですよ。ハンギング・レッグレイズ15~25回&ボールクランチ(8キロダンベル持ちで10~15回、重りをなくしてすぐに20~25回)のスーパーセット(休みなしの2種目連ちゃんってこと)を2セット。ちなみにインターバルは1分。

とまあ、今日はいつもより長めに2時間のワークアウトとなりました。その成果はこんな感じ。


IMG_0723.jpg


 お食事中の方、お見苦しいおっさんの背中で失礼しました(笑)。一応まだ逆3を維持しております。オペ着が現在LLなのですがこれ以上のサイズがないと のこと・・・。どうしよう、これ以上サイズアップしたら???トレーニングウェアでオペしてもいいですか、みなさん(笑)???

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月23日

こんにちは。おがわ歯科医院のホームページが新しく生まれ変わります。デジタルワンという会社にて製作中です。製作ディレクターSさんとは度重なる 打ち合わせを行い、修正を経て今週また打ち合わせとなります。どのような進展具合か楽しみです。症例も大幅に増やして、我々が普段から実践している治療内 容ももっとわかりやすくなっているはずです。


 来院、通院中の患者さま、たまたまヒットしていらしゃった方、ごく少数の読者の方、アップをお楽しみに!!ちなみにデジタルワンの中谷社長はこの方。

IMG_1583.jpg


 このような熱い方です。男ながら惹かれました。

http://www.digitalone.jp/0520introduction/

 といいますか、熱い方なので男性のファンが多いのではないかな??社長以下担当者の方々期待しています。よろしくです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月22日

こんにちは。出っ歯で矯正が必要なケースの中で、成長期で、上顎が正常な位置にあり、しかも下顎が後方にある(また、下顎が小さい)場合にはこう いった着脱可能な、取り外しが可能な装置があります。FKO(エフカーオー)と言います。まずは矯正治療開始前の状態からですね。


PICT3406.jpg


 このようにかなり出っ歯です。しかし、この子は横顔のレントゲン写真(セファロっていいます)を見ると下顎が後退しており劣成長が顕著なのです(成長が 不充分ということ)。もう少し様子を見て永久歯列になってから第一小臼歯を抜歯して矯正するか?成長期なので下顎を前方に成長させて抜歯を回避できる可能 性を優先するか?ご家族と相談の上抜歯を回避する方向で考えることとしました。

 FKOを装着したところです。かなり下顎を前で(7ミリが限界かと思います)噛んでもらう位置に設定しています。

PICT3408.jpg


 かなり大変だとは思います。しかし、ご本人やご家族の希望の抜歯回避、それと抜歯が回避できた場合の一生のメリットを比較したら、『期間限定の苦労』は受け入れられるか受け入れがたいか、それは患者さまの判断でしょうか・・・。

 そしてその後・・・

PICT2943.jpg


 犬歯の位置関係が改善されてきていますね。タイミングを間違えると効果は充分に発揮されないこともあります。歯並びでお悩みの方はご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月21日

こんにちは。右上4近心に垂直的な骨欠損ができており、患者さまは再生療法を希望されました。まずは術前のCT画像から。以前もこのブログで紹介しているケースです。

SLX-002.BMP


 7ミリの歯周ポケットがありました。向こう側がスルーして見えてしまう状態です。

PICT3086.jpg


 そして術後8カ月でのレントゲン写真です。白いモノは歯の動揺を抑えるための固定です。

hdjdrty.bmp


 骨組織が再生しているように「見えますね」。ここまでで「おお!」」というのは早いですね。あるように見える、レントゲンではそんな錯覚が起こります。患者さまにそのリスク(レントゲンでの評価は参考にしかならないということ)をお話して、JIADS
の基準に則ってしっかりリエントリーのオペを行いました。すると・・・


PICT3452.jpg


 骨組織が再生しているように見えた場所が、きちんと再生しているのがわかります。この後骨のトリミングをして歯周病が再発しないように、歯周ポケットがなくなるように縫合しました。その後のレントゲンです。


h%2Citul%2Ci.bmp


 ?白い固定用のワイヤーがなくなっただけ?に見えませんか?レントゲンとはそういうことです。S県の大学のボート部の後輩O先生のクリニックの方面から 通っておられるので、なるべく回数が少なく済むよう工夫いたしますね。翌日も傷の確認のためにお越しいただき感謝です。問題なかったですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月20日

こんにちは。900回記念に代診としてお手伝いしてもらっている佐藤先生の歓迎会の様子を載せてみましょうか。お店はいつもの「牛坊」さんです。


IMG_3514.JPG


 手前がJIADSの衛生士コースを受講している「さーちゃん」です。奥は主任ですな、衛生士の「ヒロ」です。いつもありがとう。最近忙しくて2人には負担が多くて申し訳ない。今日はザブトンおかわりしていーからね。


IMG_3520.JPG

 そして佐藤兼先生です。現在JIADSの補綴コースを修了して、ぺリオコースを受講中です。熱心な先生です。JIADSの宮本先生に「でっかいの に、手先器用やな!」とお誉めいただいたようです。患者さま各位、これから佐藤先生をよろしくお願いいたします。僕よりはるかにやさしいですよ(笑)。


IMG_3521.JPG

 
IMG_3522.JPG


IMG_3523.JPG


 最近体を絞るため自宅ではお酒を飲まなくなったせいか、量を飲めなくなりました。と言っても僕はホップ・ステップ・ジャンプ・・・はしないので1杯目か ら芋焼酎ロックですから、いきなりのジャンプですね(笑)。この日はおそらく10杯程度ですかね。次の日にダメージはないくらい。飲まなくなったせいか、 初台のO先生にいただいた森伊蔵が減りませんね。もちろん、大事に飲んでいるからですケド。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月19日

こんにちは。エルマンの電気メスを使うとこんな感じにオペができますよという話。切れ味は抜群で止血しながら処置が行えますので、切開してもこの通り。


PICT3400.jpg


 剥離してインプラントを埋入した後も・・・

PICT3402.jpg


 このように出血は多くない、というか少ないですね。だからアシストも楽でしょう?おがわ歯科医院のスタッフのみなさ~ん。ね?当然視界良好だから処置も早い、つまり患者さまは痛みがでにくいというメリットばかりの機械です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月18日

こんにちは。左下の奥歯2本がないのでインプラント治療を受けたいとお越しになられた男性の患者さまです。これまでは義歯を使っておられたのでしょう。でも合わないようですね。では術前から。


PICT2126.jpg


 おや?写真撮ったの誰ですかぁ???曲がってて見にくいよん。そして術後です。

PICT3421.jpg


 ケンテック・アルファタイトインプラント(F4610×2本)を用いてきれいに機能&審美性を回復しました。食品なら何を噛んでも大丈夫!お試しあれ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月17日

こんにちは。右上4の虫歯を治療した患者さまですが、まだ21歳の女の子ですから「銀歯」には抵抗がありますよ、当然。そこで比較的安価に修復でき るセラミックとしてセレックによる修復をお勧めしました。部分的な修復では一級のラボにお願いするセラミックの2割安、被せ物の形(クラウン)ではおよそ 半額で修復ができます。

 ただし、保険治療の修復物を飛行機の座席のエコノミー、セレックによる修復をビジネスクラス、D-SPECで製作したセラミックはファーストクラ ス、このように例えることができますので、これまでの保険治療と自費治療の中間を埋める修復物とお考えいただければと思います。

 さて、修復前の状態です。

PICT3396.JPG


 そして術後。

PICT3398.JPG


 このようになります。事前に計画立てて進めればワンデー修復、つまり一日でセラミック修復を行うことが可能です。ぜひご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月16日

こんにちは。両側上顎の奥歯が重度の歯周病で抜歯となる(左上は一時的に右側が噛めるまで、抜歯せずに残してある)状態の患者さまのケースです。まずは抜歯後の状態から見ていきましょう。


PICT2537.jpg


 向かって左側が患者さまの右側ですが、奥歯がありませんね。なんとか左側が使えるうちに機能回復をさせたいですね。少々お時間がかかりましたが、ようや くインプラント上の仮歯が完成して一区切りですね。左上の奥2本は型取りの段階で痛みが出てしまい、この時点では抜歯してあります。

PICT3269.jpg


 左上はできれば歯が残っているうちにサイナスリフトまでできたら良かったなと思いますが、これからまた頑張りましょうね。Sさん、お疲れさまでした。 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

こんにちは。当たり前でしょう。こんな人に娑婆に出てきてほしくはないというのは、正常な感覚をもった一般市民であれば当然です。重い判断をしなく てはならなかった裁判員の方々には多大な苦労があったとお察しいたしますが、それが正義です。胸を張って良いと思います。被害者の方々のご冥福をお祈りし ます。

http://news.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/201116016.html


 しかし、反省をしているとありますが、人を殺した殺人犯が反省するのはただスタート地点に立ったに過ぎず、それによって量刑が左右されることはおかしいのであってはならないと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月15日

こんにちは。いろいろ治療計画をお話して、早二年以上、ようやく抜歯の決意をされてインプラント治療に移行した患者さまです。これまでは歯周病のメ インテナンス・・・といいますか、歯牙の延命処置を行ってなんとかやってきました。しかし、もうどうにもいかない状態になってしまい・・・。


 筒井先生のおっしゃる禁忌であるバーティカル・ディメンジョンの低下が起こっており前歯がフレアアウトが起こっている状態です。そのため全顎的な介入が 望まれていました。いよいよインプラントの埋入ですがご希望などにより即時負荷ではなく、抜歯待時インプラント埋入+マグネット維持+オーバーデンチャー となりました。

 まずは術前から。当然の無歯顎ですが・・・。

PICT3362.jpg


 抜歯即時インプラント埋入であればこのタイミングで義歯を固定できていたはず。


PICT3363.jpg


 MIと言って今は低侵襲(傷は小さく、ダメージは小さく)が主流ですが、インプラントの死亡事故はなぜ起こるかと言えば「下顎の舌側の扱い」が不適切だ から起こるのです。こういうケースではダメージは大きくなりますが、しっかり舌側を術者が確認しながら行うことで死亡事故を回避できます。


PICT3364.jpg


 4本を適切な場所に埋入したところです。あとは丁寧に縫合するだけですが、遅れて出血を起こすことがあるためしばらく患者さまの様子を確認してから、帰宅の許可をいたしました。これからも患者さまの生活の質の向上のためにがんばります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月14日

こんにちは。おお、いいじゃないという印象があります。クイックリアというセルフライゲーション・ブラケットですが、矯正用のワイヤーが収まる場所 が全面メタルでゴムを用いて結紮しないので摩擦がなく、移動がスムースだというものです。ほんまかいな?と思い使い始めましたが・・・。


 矯正治療前の状態から見ていきましょうか。

PICT1728.jpg


 ディープバイトな叢生2級のケースです。上顎に装置を装着して4カ月、下顎は2カ月後の状態です。

PICT3282.jpg


 下はごく一般的な筒井塾で使用したメタルブラケットですが、なんというか下の動きにも「おお!」という感じがいたしますが、上もなかなか。チェアタイム が短いのもありがたいですし、患者さまの感じる痛みの少なめ?かもしれません。でも装置の単価が倍の価格では・・・。ま、こんなのもやってますので、痛み を少なく矯正したいという方はご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月13日

こんにちは。最近ジムまで絞る目的もあって自転車で通っています。片道5キロ、コーチには「アップにはちょうどいい距離でしょう?」と言われます が、「いやいや、アップアップの間違いでしょう・・・」というやり取りをしたのが10月22日。自分の中で「決めた事を曲げる」のはどうしても嫌なので、 続けています。僕の愛車です。


IMG_3508.jpg


 
 折りたたみができるので車に積んで目的地でスイスイ~なんて想像してましたが、こんな使い方をするとなるとスピードが出なくてけっこう大変です。行きは 若干上りなので19~20分、帰りは17分の大嫌いな有酸素運動をしています。ハードなウェイトトレーニングの後の軽い有酸素運動は脂肪の燃焼に非常に有 効なんです。なんでも効率が大事!これがジムね。


IMG_3509.jpg


 途中の信号で捕まってしまうとタイムロス・・・う~む。でも、どこで誰が見ているかわからないから、大人は信号無視はしてはいけないのだ。


IMG_3510.jpg

 なぜ自転車なのか?実は院長は12月までに腹筋を割る、スタッフの阿部と山田は3キロ痩せる、という約束をしたからなのです(笑)。罰金もないし 飲みながらの口約束ではありますが、一度決めた事なので「マジ」です僕。しかし39歳目前のこの体、なかなかしぼれませんぞ・・・。困ったもんだ。


 今年は夏から冬だ、などと言われていますがそんなことない。きちんと秋があります。これは僕の診療所から自転車(またかい!)で5分の場所ですが、とてもきれいに葉が色づき、その落ち葉を踏みしめると秋を感じますよ。食欲の秋でもあるのがつらいところです。



bsetgbbse.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月12日

こんにちは。先日筑波サーキットショートコースを友人(ここでは言えない、そうそうたるメンバーです)たちと貸し切りにして遊んできました。サー キットを走行する僕の車両は車検を通していないため、前の日にトラックで輸送をお願いしました。ドナドナした後、翌日相乗りさせてもらう予定の水川君のお 宅に電車で向かいました。


 そして、到着。彼が水川君で、医療法人さくらの理事長ね。六町歯科クリニックと北綾瀬歯科クリニックをやっています。

182.jpg


 この日は久々に飲めることになったので、明日早いことがわかっていながら3:30まで飲んでしまったねえ。60本のストックから赤ワインを選んでいただ き、コルクが沈んでいる深いモノをいただきました。おいしかったです。で、今までそれほど興味がなかったオーディオ・・・。アナログはすごいね、ジョン (ジョンレノンのこと)が目を閉じると「ココ」で歌っているじゃないか!左右のスピーカーの正面、3メーターくらいの所が良かったかな。


183.jpg


 これで聞いてしまうと〇タダ〇カルなんかも、ああ、加工されてんのね、ってわかる。このオーディオでちゃんと日本人で聞けるのはミーシャさんだけ。いやいやディープな世界ですね。心地よい時間をありがとう。そして翌日・・・。


IMG_0641.JPG


 前日パリから帰国したメンバーもいて「移動中に休むため」に青山からハイヤーで筑波サーキットに到着です。まさかの展開に他のメンバーは言葉がありませ んでした、あはは・・・。天気は最悪の雨でズルズル、こんな日もいいのかな、いい練習になりました。一番早かったのはエランS1、ドグミッションのレーシ ングミニでした、おかしいって、ミニであの速さは異常です(笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月10日

こんにちは。虫歯の処置をしてもらった(ずいぶん前とおっしゃっていたかな??)ところが腫れて痛むとのことで来院された患者さまのお話。見たとこ ろ虫歯を削って部分的な銀歯を詰めた所の横の歯肉が腫れていますね。この腫れは歯周病が原因?それとも神経の部屋が感染しちゃったのかな?その確認のため レントゲン写真を撮ってみました。すると・・・


and1.bmp


 左下4なのですが手前の歯寄りの部分、写真で言うと左側ですが、黒く映っている場所がありますね。そこが感染を起こしている場所です。大きさはかなりあ りますが、ファイルという治療器具を私が最初に挿入するので、責任は重大ですがかえって失敗のフォローでないので楽ですね。責任の所在がはっきりしている のでね。失敗したら僕のせい、うまくいったら僕の力、ってね(笑)。それで治療途中ですが・・・

and2.bmp

 
 なんとまあ、向って右に直角カーブ!そして左側に側枝があるようですね。どうやら大きな病巣は側枝が原因だったのかな。患者さまの深いご理解の元、ラ バーダムを装着しマイクロスコープを使用しての根管治療を行ってますが、1回の処置で痛みは消え、2回の処置でレントゲンでもわかる変化が出てきました。

 本日初診の別の患者さまがアメリカに赴任されていたご経験があるようで、あちらではラバーダムは「当たり前」であったとのことです。当たり前のこ とを当たり前に行えば治癒は「当たり前に」早いんです。わかりますでしょ?なかなか治らないとか、今行っている治療に疑問があるとか、何かありましたらご 相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月 8日

こんにちは。大阪でおいしいモノをたくさん食べてきたので、今日はいつもに増してハードなトレーニングをこなしてまいりました(現在11/9の午前 1:05です)。大阪の疲れも残っておりますし、11月から月曜日・火曜日担当の佐藤兼先生もJIADSのぺリオコースで土日はみっちりだったようですか ら、ドクターは二人とも少々元気がなかったかも(笑)。


 ですが、ブログで僕たちの日常をきちんと報告しておくことにしましょう。さて、今日のケースは左上67部分にインプラントを用いて機能の回復を図り、欠損の拡大を防いだ(まだ治療途中ですが・・・)症例です。まず術前は・・・

PICT1562.jpg


 そして、ピエゾを使用したソケットリフトを併用して、インプラントを2本設置して機能の回復を行った後はこんな感じ。

PICT3202.jpg


 しっかり噛めると喜ばれました。さて、今度は反対側のサイナスリフトを行った大変だった方ですね。骨は充分にありますからインプラントの設置はこれまでのオペの中で1番簡単ですよ!一緒にがんばりましょうね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月 7日

こんにちは。こんな日曜日を過ごしています、小川です。

IMG_3494.jpg


 模型を使って練習。この時日本未発売のシャネレック・バーを用いてブレの修正を行いながら、正しい方向に埋入するトレーニングです。


IMG_3500.jpg


 SMILEテクニックのキモです。

IMG_3503.jpg


 そして、記念撮影。向かって一番左から南先生、松川先生、僕、松本先生です。大変お世話になりました。

IMG_3506.jpg


 そしていつもの551。

IMG_3507.jpg


 お疲れの乾杯!しかし、長いね名古屋から新横浜まで・・・。明日から実践できること、多数収穫してきました。何から皆様に還元しようかな。明日の仕事が楽しみです!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月 6日

こんにちは。本日はお休みをいただきまして、大阪までマイクロスコープの研修に行ってまいります。テーマはソケットシールというCTGのアドバンス的なテクニック、シャネレック先生のSMILEテクニックについてです。楽しみです、行ってきます!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2010年11月 5日

こんにちは。矯正をするうえで抜歯はできることならば避けたいと思います。今日もそんなケースです。まだ小学校2年生なので「永久歯を抜くことになる」とは言いたくないじゃないですか。だからそうならないように最大限の努力をしましょうと話して床矯正装置を製作しました。

PICT1275.jpg


 これが装置を装着した時ですね。2番目の前歯が1番目の歯の後ろに控えているといった感じですね。5カ月後の状態ですが・・・

PICT2778.jpg


 だいぶ、「よくある」程度の歯並びの悪さ(ごめんね、Kちゃん)くらいにまで改善してきましたね。装置の作り替えは必要になるかもしれませんが、順調で すね。抜歯は回避できそうじゃないですか、なによりです。抜く歯をなるべく少なく、これも予防の一種と考えます。お子様の歯並びでお悩みの方はご相談くだ さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2010年10月 | メイン | 2010年12月 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医