«  2013年2月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2013年2月27日

力の問題と歯周病により、抜歯かなあという状態の歯です。


PICT3575_copy.jpg


矢印の歯は、もう根っこの先まで露出しています。
そして角度を変えるとその奥も・・・


PICT3576_copy.jpg


一番奥も、かなり傾斜して抜けかかってそうですね。


でも、ココは『最後の最後まであきらめない歯科医師』ですから、
歯の一部分でも抜かずに済まないモノかなと考えます。


そして、手前は外側の根だけ抜歯、奥側は外側の根だけ保存しました。


PICT3578_copy.jpg


PICT3579_copy.jpg


この状態でも揺れがなければ使用できます。


あきらめて抜歯をする方が簡単ですが、患者様は望んではいないはず。
私の最大限でお力になります。


---------------歯科衛生士さん募集-----------------
おがわ歯科医院では寿退社される歯科衛生士さんに代わる戦力
募集しております。

条件は『素直』これだけ。

新卒で23万/月~。お電話かメールでお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年2月25日

大きなエネルギーを持つ人に囲まれていますか?

・What you eat,What you are.
 食する物で、自分が決まる

・How you live,How you are.
 生活の仕方で、自分が決まる

今現在、リアルに日本人として考えるべきテーマ
放射能と食について触れますね

口にする食品によって、身体が出来ます。
東日本大『人』災が起きて各種放射性物質が飛散しました

我々の食の安全性はメディアが報道するよりも
深刻な状況になっています

はっきり言って安全などではありません

高濃度に汚染された農作物は加工され
放射性物質が薄められ基準値を下回るようにして
市場にバラまかれます

瓦礫の焼却と同じですね

つまりリスクを日本全土に均等に拡散する
そして『ある』疾病の発症率が上がったとしても
『あれ』を原因と、国も、『あの』会社も責任を認めず
言い逃れようという考えに思えます

このような『環境』ではどうしても
これまでのようなわけにはいかなくなります

食材の産地をいちいち選んで、
そして食卓に届けなければならない
主婦の皆様の苦労は相当なものだと思います

しかし摂取してしまった放射性物質を
体外に排出する事をもっと考えてもいいですね



また一部のコンビニ弁当やジャンクフード
こればかり口にしていたらとんでもないことになります

添加物、保存料、着色料、化学調味料・・・・・
こういった物がたくさん含まれます

しかしキャラクターや付録のおもちゃ
そういったモノで子供から誘導(洗脳)されています
ホントに恐ろしい・・・

大人が何の疑問も持たず口にしていれば
彼らのお子さんは疑問も持たず食べ物と認識するでしょうね・・

皮肉な話ですが、保存料を含む食品もどきばかり食べた人は
亡くなっても腐らないと揶揄されています





次に、心と脳の栄養ですが、目にするまたは耳にする
言葉ではないかなと思います

それも自分の発する言葉が1番影響すると
言われています

良い言葉で、落ち着いた態度でコメントする
イチロー選手と松井秀喜選手はこの事を
きっと熟知していますね

ということは、良い言葉を口にする人に囲まれて生きる
そういう『環境』に身を置くという事も大事だと思います

つまり愚痴、不平、不満ばかりを口にする人が
あなたの身近にいたら知らないうちに
その言葉があなたの潜在意識にインストールされます

出来ることならば避けたい『環境』ですよね^^;・・・



幸せな方の周りには人が大勢集まるのは
こう考えればとても自然な事ですね

僕もプラスのエネルギーを放出しまくっている人に
お会いすると、自分のリミッターが解除され
徐々にプラスの『環境』に変わっていくのを感じました



また、僕にとっては自分を甘やかす『環境』
これも改善する必要がありました

先日の写真のように飲みに行くのが大好きなのです(笑)
こんな私がいつまで飲んでいても平気な『環境』や
誘惑の多い『環境』に身を置き続けていたら
どうなるでしょうか???

お金と時間の浪費をする可能性が
非常に高いですw

自分をそのような『環境』から物理的に遠ざけ
機会を選んで人と会うように変えました

良いエネルギーを持つ人、魅力的な人
そういった人と積極的に会う
これはお金と時間を投資するという事です





10年前に千葉に移住したのですが
これが良かった^^

近所のおじいやおばあが、獲れたての野菜を分けてくれる
玄関前に大根が山積みされていて、ドアが開かない事も^m^

人の温かさを感じられる魅力的な土地です



そして今度は福島第一原発由来の放射性物質の飛散から
子供たちを守るには、もはや移住しかないという判断から
二度目の移住をいたします

私は仕事の関係で千葉に残りますが^^・・・

『環境』がまた変わりますが、とても楽しみです
その次の移住も計画していますし^^

大きなエネルギーを持つ人に囲まれていますか?

・What you eat,What you are.
 食する物で、自分が決まる

・How you live,How you are.
 生活の仕方で、自分が決まる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年2月23日

ありのままの自分でいられますか?

・Liberate yourself and maximize your potential.
自分を解き放ち、自分の可能性にエネルギーを燃やす

・Follow the law of Nature,and establish your own rules
(Believe in you).
 自然の理に従い、自分のルールを確立する
               (自分を信じる哲学)。

僕の両親は、僕が小学校に上がる前
6歳の時に離婚しました。

今思うと高校生の時くらいまでは
明るい方ではなかった。



小学校の入学式式場でケンカして
負けたんだな・・・

あれがその後のポジションを決定したよ

その後はイジメられたこともあるし
イジメることもあった



中学もそのまま繰り上がっていくから
その延長。

その頃はインターネットもなかったから
わりとスカッとしたもの

誰かにムカつけばちょっと来いよ
って呼び出してケンカするとか

体育の授業でアイツがムカつくって言って
取っ組み合いしたり

陰湿さはそんなになかったな



高校の時もきっと目立たなかった
20年ぶりに再会した当時を知る友人にも
『おがって、影あったよな、うん』
と言われたし、明るくはなかっただろうな

今ではこんな話を公に出来るくらい
自己開放ができてはいますが(笑)

大学に入ると、そこはみんな大人になってきているから
お互いを尊重できる

その頃から自己を徐々に開放できるように
なっていったようです

今でも鮮明に覚えていますが
大学病院の先生が乗ってきていたポルシェ911を見て
『カッケ~~~!!!』
と痺れて(しびれて)しまい
『俺、いつか、アレに乗る!』
と決めたのは18歳の時でした。

そして、体育会系ボート部に入ります
頑張った(当時の自分の評価)のですが
歴代で『唯一!』じゃないかな、
メダルを取ってない学年でした。

そして幹部になる時も主将になれませんでした

この2つの事はとても大きく自分に影響しています
もちろんプラスに転換していますよ



『いつかポルシェ911に乗る!』と18歳で決めて
そして在学中の4年生(6年制です)の時に
歯科医師国家試験の過去問を解き始めました

国家試験に不合格で余計な時間の浪費を
したくなかったのです

でも、まあ、6年生から見たら、そんな後輩
ウザかっただろうなあ(笑)
こっちはマジなんだよ、ってな具合に^^;・・・

そう、それと同時期に大学のOBの所に行き

『無給でいいので、ココにいていいですか?
卒業と同時に仕事できるようになりたいので』

とお願いしてバイトさせてもらいました
お給料もくださったのです感謝!

ココまでくるとだいぶ自己開放ができている
そう思います



そして社会人になり仕事をするうえで
最高のパフォーマンスを発揮するには

『心・技・体』の充実が大事でどれが欠けてもダメ
そう気付きトレーニングを始めました

この気付きは大きかった!

それ以来僕はトレーニングを続け今に至ります
自信の裏付けの1つにフィジカルの強さがあるのは
間違いないです

そしてさらに自己開放できるという
プラスのスパイラルを突き進んでいます

しっかり自分のルールを持ち自己開放が出来る
今の自分が大好きです

ありのままの自分でいられますか?

・Liberate yourself and maximize your potential.
自分を解き放ち、自分の可能性にエネルギーを燃やす

・Follow the law of Nature,and establish your own rules
(Believe in you).
 自然の理に従い、自分のルールを確立する
               (自分を信じる哲学)。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年2月21日

あってはならないことですが、
あらぬ方向に削ってしまったんでしょうか・・・


根に穴を開けてしまったようで白い土台の部分の先端付近に
黒い影が見えますね。


骨の中に感染があることがレントゲン(クリックして拡大します)でわかります


PICT3580_copy.jpg


この状態は保存は不可能であり、
なるべく早い段階での抜歯が必要ですとお話ししました。


説明をご理解いただいて抜歯を終えた口腔内の状態です


PICT3400_copy.jpg


骨の幅も狭く、骨造成を行ってインプラントを埋入しました


PICT3581_copy.jpg


前方から1本目と2本目の間にオトガイ孔という神経の出口があり
それを回避するために間隔が大きく空いています


術後の口腔内の状態です


PICT3521_copy.jpg


処置前は『アレ』のせいで噛みにくかったようです。
これからは食品だったら何を食べても平気ですよ。


お疲れ様でした!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年2月19日


あなたの『成った』姿は何ですか?

・Your Strong Thought creates energy to make actions.
 強い思いはその思いに向かって行動を続けるエネルギーと成る

・You Achieve the life you deserve.
 自分に値する人生の実現を可能にする

・Your Thought creates your Being.
 人の思いはその人の人と成りを成す

・・・・

メンターから与えられたチャンス
それをしっかりモノにして
会場いっぱいの聴衆から拍手喝采!

自分自身も納得いく講演が出来て
大満足の表情で演壇を降りる

・・・・

これが未来の自分から見た
学会発表後の『成った』自分

そしてこれをイメージしていたのは
学会で発表を控えた今の自分でした。

本番前にずいぶんと図々しい話ではありますが
成った姿以外、アタマには1㎜もなかったです

『今』と言うのは平成24年9月22日午前8:50のことです
場所は大阪国際会議場小ホール

『小』と言っても、330人収容って・・・・

デカいじゃん(笑)

日本口腔インプラント学会のシンポジウム
『若手インプラントロジストのワークショップ』
そのスタート直前の事でした

おかげさまで図々しい『成った』姿を
というか、その姿のみをアタマに置いて挑み
思い残すことはない、という発表ができました

慈愛の心と信頼で見守ってくださった
メンターである榎本先生
そして熱心な指導と厳しい言葉で直前まで
アドバイスをしてくださった倉嶋先生

感謝以外のないです
本当にいつもありがとうございます

この場を借りてお礼を申し上げます

・・・・

出来ない自分やダメな自分に悩むことは
もちろん僕にもありました
そしてそんな自分を嫌いになったこともありました

しかし『成った』未来の自分から今の自分を見ている
そう考えたらどうでしょうか???

出来ない自分を嫌いになることなく、優しく自分に
『こうしたらいいんだよ』
と思う事が出来るはずです

自分をダメと思ったり、嫌いになる。
そういう気持ちは何も良いことは無いと思います

それどころか悪いです

どういうことかというと、無限のエネルギーを持つ潜在意識
反面主語もなく、良い悪いもなく、そのまま
吸収されてしまうようです

ダメ・嫌い、そういった負のエネルギーしか持たない
そんな言葉がインストールされるのです

余談ですが私は『負けず嫌い』でした
でしたというのは、負けず嫌いという言葉には
2つも否定形を使うので使うのを止めてしまいました

今は『勝ち好き』と言うようにしています^^

話を戻します

従って未来の『成った』自分から今の自分を観察したら
自分に優しくなれます

そして一般的に言う悪い点があれば、次までに改善するところ
そう否定的な表現をなくし肯定的な表現をして
潜在意識にとってプラスの貯金をしていけばいい

『成った』未来の自分がプラスの言葉を、今の自分にかける
そうすることで理想の未来の自分に近づくのだという事を
自分で経験いたしました

あなたの『成った』姿は何ですか?

・Your Strong Thought creates energy to make actions.
 強い思いはその思いに向かって行動を続けるエネルギーと成る

・You Achieve the life you deserve.
 自分に値する人生の実現を可能にする

・Your Thought creates your Being.
 人の思いはその人の人と成りを成す

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年2月18日

本気で行動する者に、不安は追いつけない

・Strong Thought generates courage to make action.
 強い思いは『行動』を起こす勇気を奮い立たせる

・Your action of Strong Thought brings domino effect to follow.
『行動』することによって、すべての事が動き出す

・People resonate with your action and become contagious.
 人々との共鳴、社会との連鎖的現象が起きて
 自分の思い描いた想いに近づく

習慣3の態度で触れましたが
心から尊敬するメンターと出会い
そして所属する研究会の先輩ドクター(倉嶋敏明先生)に出会い
僕の人生が大きく変わりました

それまで歯科医療のそれぞれの専門分野を
それぞれの分野でNo.1のスタディ・グループで
学んできました

今の認識とスキルを持つことができたのは、
そのスタディ・グループのおかげだと思っています

しかしメンターに出会うまでは、そのそれぞれの知識が
なんだかバラバラだったように思います

僕の努力不足、能力不足だと思います。

なんというか、体系化されていないというのでしょうか・・・

ですが、それを一つにまとめて下さったのが
新潟のメンターと先輩なのです

彼らや所属する仲間の先生に会い、
悩む症例の相談や、日頃の仕事の内容を
パワーポイントやkeynoteにまとめ(その作業すら楽しかった!)

それを発表することでお言葉をいただき、
先輩からアドバイスをもらって、
仲間の先生からは『俺ならこうするよ』という意見をもらう

それを持ち帰って日々の臨床に還元する。

そのメンターと会えること、自分の成長を感じられること
その楽しさだけのために苦痛を1度として感じず、
千葉市から新潟市まで月に1~2回通うという
『行動』をとっていました

週に2回行ってた時もあったかな(笑)

これは『強い思い』の上での『行動』
そう言えるのではないかなと思います

Strong Thought generaties courage to make action.
とはまさにこういう事だと経験から理解できました

・・・・・・・・

心を『亡くす』忙しさではなく
時間を大事に使い、常に動き回っていたのですが

これは英語で言うところの『Busy』に近い
忙しさでしょうか(・・と、Mark先生に言われました)

まさに潜在意識に導かれるままに、
『あれやろう!』
『あのセミナーに参加しよう!』
『あの人に会いに行っちゃおう!』
という『行動』をわりとしています

そして今でもあまり考えることなく、
感じるままに『出会いまくりの人生』を
送っているのです

そして『行動』や『態度』はいつしか周囲に影響し
次のチャンスがやってくる事になるようです。

本気で行動する者に、不安は追いつけない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年2月16日

強い思いは想像を希望に変え、希望を実現するための
態度を作り上げる。

Strong Thought chages Imagination to hope,
and creates attitude to make hope into reality.

僕は30代半ばくらいまで本業である
『歯科道』を極めたい一心で色々なセミナーを受講し
もちろん今でも研鑽を積んでいます。

しかし、30代中ごろでしょうか・・・

『俺、いつまで人に金を払って教えてもらうんだろう???』

という疑問と言いますか、
問い掛けがアタマに浮かびました。

出来ない事を知るために
授業料を収めている

それは当たり前の事
そう思っていました。

しかし、それと同時に

『いつかは金を貰って話をする!!!』

そう、勝手に決めたんです(笑)

その時両者
つまり『聞く側』と『話す側』の違い
それを考えました。

自分なりの答えが
『聞く側は迷いがある』
『話す側に迷いがない』
というものでした。

話す側の迷いという部分に関しては
本当のところはよくわかりません。

しかし聞く側にいた僕にとって
当時話す側にいらっしゃった先生方からは
微塵も『迷い』は感じられなかったです。

これが話す側の『態度』なんだなと。

そして38歳になり、
こんな私にも講師として話す機会が
訪れるのです。

実はその前にも1度オファーがあったのですが
この『態度』という認識にまだ気づいておらず
今の僕では考えられませんが、お断りしたんです・・・

またとないこのチャンス
これはなんとしても
『期待を越える』
を信条としている俺

そのために万全の準備をして
応えないと!!!

そう強く思い
お話を受けることとしました。

セミナー当日

当たり前ですが初土俵
メチャクチャ緊張しました。

しかしそこで1番意識したことは

『受講生と俺の違いは迷いがあるかないか』

『今は出来ていなくても、揺るぎない存在の
メンター(榎本紘昭先生)に出会っていて、
進むべき道には絶対に間違いはない!』

そう思うことで講師としての
『態度』をかろうじて
保てたのではないかと思います。

幸い、その後もいくつかの場を与えていただき
時には悔しくて男泣きしたり
やり切って納得できる日もあり
色々な経験をさせていただいていることに
大いに感謝しています。

強い思いは想像を希望に変え、希望を実現するための
態度を作り上げる。

Strong Thought chages Imagination to hope,
and creates attitude to make hope into reality.

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年2月13日

明確なビジョンがありますか?

昨日お話した、何かを成し遂げたいという
『ある思い』がまずありますね。

しかし『思い』と『想像』ですが
ちょっと似ていますが違います。

想像とは『像』を想い浮かべるのですから
『思い』が叶った時の未来の自分、
例えばその時何をしているか、
どこに住んでいるのか、
誰と一緒にいるのか、
どんな車に乗っているのか、
そういった事を具体的なイメージをしたものが
『想像』でしょうか。


良いたとえ話があります。


ロサンゼルスオリンピック男子マラソン金メダリストの
カルロス・ロペス選手のお話です。

彼はオリンピックの期間中
ある日本人トレーナーにケアを受けます。

毎日名も告げずにマッサージを受けていたのですが、
大会期間もあとわずかと言う頃に
通訳を従えてやってきたそうです。

話を聞くと水疱が足の裏に出来てしまったとのこと。


トレーナーは手慣れた手つきであっという間に
処置を負えます。


ところが彼の元々身に着けていたシューズが合わない・・・。

そこで彼がマラソンの選手だと判明するのですが
彼らはタイトな靴を好むようで、
処置後の脚には合わないようなのです。

幸いナイキの靴は大会会場で入手できるので
ハーフサイズ大きいモノを手配します。
しかし、それでも合わない・・・


良く確認すると『ナイキジャパン』のオリジナルシューズ
だったのです。


決勝は明日・・・。

そこで現地スタッフが日本にいるナイキ・ジャパンの副社長に
『なんとかならないですか?』
『明日だろ・・・?無理じゃないか・・』
『そこをなんとかならないですか・・・』
というやり取りがその後もあったようです。


そして翌日カルロス・ロペスが呼ばれた場所に行くと
なんとそこにはナイキ・ジャパンから届いた
ジャストサイズのシューズがあったのです!


あらゆる人の手を介してキセキが起きたのです。

大会当日のロスはとても暑く、路面からの照り返しも強烈で
とても厳しい環境でした。

その時のロペスは37歳で出場者の中で最年長。
そしてライバルの中には
当時世界記録保持者だったサラザール選手
タンザニアのイカンガー選手
日本からは宗兄弟、瀬古選手。


しかし、道中先頭集団には常に彼の姿があるのです。


レースも残すところ数キロとなった時、
先頭集団は彼を含め3人となります!


そして残り3キロとなった頃、
ロペスはロングスパートをかけるのです。

直射日光がきつく、
暑く乾燥して、
アップダウンも激しい・・・

そんな中最年長のロペスですが
『焦ったのか・・・』
とか
『もう少し我慢した方がいいんじゃ・・・』
などと考えた人は少なくなったはず。


しかし競技場にはロペスが先頭で入ってきました!!!


その瞬間12万人の大観衆はスタンディング・オベーション!

ウェーブになっているスタンディング・オベーションが
彼の時速20キロでスタジアムを回り、
そのまま1位でフィニッシュします。


そしてその後、トップ争いをしていた2人がゴール。


4人目は宗さん、14人目が瀬古さん、と
我々は日本人選手に目を奪われる中、
ロペスはトラックの外の芝生の上をウィニング・ランしている。


そして、ウルトラビジョンに映る彼の足元は裸足・・
そしてその手には思いの込められた
『あの』シューズが握られているのです。

彼は何位でフィニッシュしてもこうするつもりでいたようです。


こう『想像』していたんです。


・・・

今この瞬間世界のどこにいるかわからない、
私のためにこの靴を届けてくださった方。
そのみんなに感謝を伝えたい。

もし表彰台に登ったら、金メダルを取ったら
全ての人に間違いなく見ていただけるだろう


と。


・・・


きっと、表彰台の真ん中で金メダルを手にして
ガッツポーズをしている、
そういう『像』が明確に心にあったのでしょう。


思いから想像となり、明確なビジョンとなって
心に落とし込まれた時諦めてしまう理由などなくなる。


明確なビジョンがありますか?

※.そのトレーナーとは岩崎由純先生で、このエピソードは
『ペップ・トーク』に詳しく収められています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年2月11日

あなたは自分の心に正直に、好きな事をしていますか?

『しなければならない』や
『~してはならない』

この2つの『ない』を優先していると
辛くないでしょうか?

また、曾野綾子さんのおっしゃる『くれない族』も
同様ですね。

これはどういう事かともうしますと
『嫁が~してくれない』や
『あのクライアントが~してくれない』

といった愚痴を言ってばかりの人を『くれない族』と
言うようです。言い得て妙ですね(笑)

この両者『ないない病』を患った人たちはどうも
『負』のスパイラルに陥っているように思います。

そこで『思う事』、これは自由ですよね。

『しなければならない』よりも『したい』を優先する
『~してはならない』よりも『したい』を優先する。

そのように考える習慣を付いてくると目がキラキラしてきます。

できれば並行して『笑う』ことも習慣にすると良いですね。
最初はぎこちなくっていいんです。
引きつっててOK!!!(笑)

するとだんだん自然な笑顔が出来るようになります^^

これは表情から良い心を作ることになるからですね。

良いたとえ話があります。

北京オリンピック女子ソフトボール金メダリストの
上野由岐子選手のお話です。

彼女は3位決定戦からの連投でトータル431球を投げ切ります。
そして見事に最後のチャンス(実施競技から外れる)を
モノにして金メダルを獲得しました。

爪は剥がれ出血して、股関節は疲労性の脱臼をしている中、
普通の人であればきっと・・・

『辛い表情』をして
『なんで私だけがこんな思いをしなければならない』
と思うかもしれません。

しかし、彼女はそんな状況でも

『勝ちたい』

という思いが強く、最後の413球目を投じる頃は握力も
効かないという過酷な中、なんと

『笑顔でいる』事にのみ全力を注いでいたそうです。

強い『思い』と『笑顔』から自分の心をコントロールして
みせた上野選手は金メダルにふさわしい人物だと思います。

思いは叶うを見た瞬間でした。

書いている今も涙がこみ上げてきます。

この『強い思い』というのは、
心から『好き』だからここまで強く
思い続けられるのでしょうね。

好きから生じた思いは必ず叶うもの。

あなたは自分の心に正直に、好きな事をしていますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2013年2月 2日

矯正費用は、50円になります!

では治療前の状態ですね。

PICT2000.JPG

向かって右上の前歯ですが、下の歯の裏側にあることがわかりますか???

これを改善してあげないと、どんどんゆがみが大きくなりますので
『あること』をご指導させていただきました。

お帰りになる前に『アレ』を購入してもらって・・・
はい、50円でね。

すると2か月後の来院では・・・


PICT3310.JPG

向かって右側の前歯ですが、表側にきているでしょう?

・・・

・・・

・・・


『アレ』がなんなのか、知りたいでしょう???

正解は『棒のアイスクリーム』です。

ガリガリ君と答えたあなた。おまけして、それも正解とします(笑)!

アイスの棒をナナメにくわえてもらうだけです。

※こちらの患者様はこの後も別の矯正装置が必要ですので
別途費用がかかります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2013年1月 | メイン | 2013年3月 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医