«  2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 50円矯正 | メイン | 【習慣2:想像 imagination】 »

2013年2月11日

あなたは自分の心に正直に、好きな事をしていますか?

『しなければならない』や
『~してはならない』

この2つの『ない』を優先していると
辛くないでしょうか?

また、曾野綾子さんのおっしゃる『くれない族』も
同様ですね。

これはどういう事かともうしますと
『嫁が~してくれない』や
『あのクライアントが~してくれない』

といった愚痴を言ってばかりの人を『くれない族』と
言うようです。言い得て妙ですね(笑)

この両者『ないない病』を患った人たちはどうも
『負』のスパイラルに陥っているように思います。

そこで『思う事』、これは自由ですよね。

『しなければならない』よりも『したい』を優先する
『~してはならない』よりも『したい』を優先する。

そのように考える習慣を付いてくると目がキラキラしてきます。

できれば並行して『笑う』ことも習慣にすると良いですね。
最初はぎこちなくっていいんです。
引きつっててOK!!!(笑)

するとだんだん自然な笑顔が出来るようになります^^

これは表情から良い心を作ることになるからですね。

良いたとえ話があります。

北京オリンピック女子ソフトボール金メダリストの
上野由岐子選手のお話です。

彼女は3位決定戦からの連投でトータル431球を投げ切ります。
そして見事に最後のチャンス(実施競技から外れる)を
モノにして金メダルを獲得しました。

爪は剥がれ出血して、股関節は疲労性の脱臼をしている中、
普通の人であればきっと・・・

『辛い表情』をして
『なんで私だけがこんな思いをしなければならない』
と思うかもしれません。

しかし、彼女はそんな状況でも

『勝ちたい』

という思いが強く、最後の413球目を投じる頃は握力も
効かないという過酷な中、なんと

『笑顔でいる』事にのみ全力を注いでいたそうです。

強い『思い』と『笑顔』から自分の心をコントロールして
みせた上野選手は金メダルにふさわしい人物だと思います。

思いは叶うを見た瞬間でした。

書いている今も涙がこみ上げてきます。

この『強い思い』というのは、
心から『好き』だからここまで強く
思い続けられるのでしょうね。

好きから生じた思いは必ず叶うもの。

あなたは自分の心に正直に、好きな事をしていますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.ogawado.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1608

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医