«  2014年5月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2014年5月12日

歯並びが狭窄していて上下でうまく噛みあっていないことがあります。
それをそのままに欠損部分だけインプラント治療にて回復させている
ケースを目にすることもありますが、はたしてそれで長持ちするのかな、と。


欠損が存在する歯列というのは、歯列ごと病んでいるわけです。
だからそれをそのまま放置して良いわけがないです。
その場合歯列ごと回復させる必要があります。


辻①.jpg


このような狭窄(狭い歯並び)していて、シザースバイト(行き違いの噛み合わせ)が
あると、噛む力を前歯と奥歯で上手に役割分担できずに、力が集中してしまう
場所ができます。


そうすると力が集中するところがダメージを受けます。


そう


歯列が病んでいるから、また病んだところを作ってしまう。
これじゃ、ダメだよね。


だから


tuji.jpg


こんなふうに、狭窄した歯列を拡大してアーチを整えて、
倒れた歯をアプライト(起こすこと)して、正常な歯列に回復させながら
インプラント治療をおこなうべきでしょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2014年4月 | メイン | 2014年6月 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医