«  2015年6月12日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2015年6月12日

そのケースがどのような状態であるか正しく理解して、
どのように病的な状態へ移行したのか、
そしてその崩壊の道筋を理解すること。


崩壊の道筋を辿れなければ、
治癒への道筋も辿れない。


そう教わりました。


その上で治癒までに必要なことを
1つ1つコツコツと行っていくことを、
包括的な治療とか、包括治療などと
呼びます。


それを実践しているケースを1例。


After Ope.jpg


かなりゴールが近くなってきましたが、
最小限の介入により最短で治癒する、
それが我々の目標であり理想です。


スタート時はこの状況。


PICT0059 (2).jpg


それが1年2か月でここまで
治ってきました。


PICT5119 (2).jpg


最小の介入で最短で最大の効果を
得られるよう治療の計画を立てて、
それを忠実に実行する。


それが我々おがわ歯科医院スタッフみんなの
目標であり理想です(^^)v


日々精進いたします。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2015年6月 8日 | メイン | 2015年6月24日 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医