«  2016年11月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2016年11月29日

もう、多くの人が氣付いていること、
それを知り手放した(禁煙した)人や手放せずにいる人、
ホントはいったいどれだけ影響があるのか?

それをリアルに示してくれているケースです。

正確には同じ個体で同一条件下で・・・・とか意識して、
比較しないとタバコの影響とは断定できない、
とか言われそうだね。

たしかにね。

でも、そんなことどうでも良くて、
ほぼほぼタバコは良くないって、
吸っている本人でも自覚しているわけだしね。

素直な氣持ちで見てください(笑)


では


きれいな状態の歯肉にインプラントのオペを
丁寧に行います。

azm1.jpg

オペ中の写真割愛。

azm3.jpg

これが縫合後の状態。
自分で言うのも手前味噌ですが、
丁寧な処置ですよ。

でもね・・・

azm5.jpg

僕だけ頑張っても治らないんですよ・・・
それだけ、ご自身の治癒能力って、
とても大切なの。

僕らが出来ることなんか、ただの、
『治癒へのお手伝い』
なんですから。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年11月28日

『前々から前歯の色が氣になってて・・・』
ということで、メインテナンスを行っている今回、
改善することとなりました。


まずは、どこを治したのか?


htr1.jpg


上の真ん中の歯、2本です。
術前の写真がクリアではありませんが、
少し黒みがかっていたんですね。


htr2.jpg


丁寧に治せばこうなりますよ。
自分の笑顔に自信を持つことで、
これからの人生を変えてしまう。


そのための自己投資です。
最小限の介入で最大限の効果を(*^_^*)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年11月26日

嬉しくありませんが歯を失ってしまったとします。
そして移植の材料となる歯(親知らずとか)が存在すれば、
迷うことなくそれを活用して移植の提案をします。

もし、それがない場合や、あるけれども妥当なサイズではない場合、
インプラントの提案をします。

TM0.jpg

まずは移植後の写真です。
根のカタチを考慮して安定の良い、
少し捻じれた位置づけをしました。

TM1111.JPG

左下に割れちゃっている歯があるので、
抜歯が必要なんですね。そこで、移植の提案をしました。

また、左上の小さい歯も同様な状態です。
この2か所を比較しながら見てくださいね。

TM2222.JPG

移植直後にみんなが氣を付けなきゃならないのは、
『うっかり、噛んだらダメ!』
ってことね(笑)

努力が水の泡になるよ~。

TM3333.JPG

左上には歯じゃないモノがあるでしょう?
それがインプラントなんだけど、このケースでは、
抜歯即時インプラント
を応用いたしました。

感染がないことが条件になりますので、
出来ることの方が少ない治療だね。

よく見ると移植した歯の周囲は
なんだから骨の支えがしっかりしてきたように、
見えるでしょ?

こうやって人の體って自然に任せた方が、
絶対にうまく治るんだよね~。

我々の介入は最小限。
これがいいんだって。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年11月24日

インプラントには機能性、それとも審美性(美しさ重視)
どちらを求めますか?

それが前歯の治療であれば両方求められますね。

それを高いレベルで達成させるには、
ノウハウとテクニックの融合が必要です。

t2.jpg

術後3年経ちますがメインテナンスにて
フォローしています。

こちらが治療前ですが、外傷(けが)にて1か所喪失し、
両隣は欠けてしまいました。

t1.jpg

インプラントとラミネートべニア、セラミック修復にて
対応しており、上下顎に対して矯正治療も
行っています。

お時間とコストをかけて今後はメインテナンスで過ごすか、
手間をかけずにてっとり早く治して再治療に追われるか、
選ぶのはみなさんなので、僕はどちらでもお付き合いします(*^_^*)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年11月23日

13238986_1136133319783570_4542162336749496183_n.jpg

これはクリニックの外で患者様ではなく一般の方に、
コーチングの現場やお茶会、食事会を通して、
お伝えしている内容をシェアしたものです。

成功出来る人は他人がくれる助言を
素直に聞き入れて行動に移します。
 
普通の人は他人がくれる助言を
どういうものなのか、これまでの
自分の経験と照らし合わせ、頭で
内容を検討して、自分が納得しないと
行動に移すことが出来ないのです。
 
だから、絶好のチャンスを
逃すことがある(笑)
 
特にですが大きな成功が出来るはずの
助言ほど、一般的には納得し難いモノ
であることが多いようです。そして、
有益な情報ほど理解しにくいモノです。
 
それはね、すぐにわかる内容であれば、
多くの人がすでに成功しているはず
でしょ?(笑)
 
ではなぜ、成功出来る人はそんな
話を聞いてすぐに行動に移せるのか?
 
それは自分自身の能力の秀でた部分を
キチンと認め、一方、そうでない部分を
謙虚に受け止めて、自分にはない能力を
持つ人の助言を素直に受け入れているので
詳細を理解せずとも行動に移せるのです。
 
上手くいかない人の共通点は
『まず頭で考えてしまう』
ということ。
 
無意識のうちに自分のこれまでの
経験の中から納得出来る答えを探し
当てはめます。
 
でもまだいいの、言われた事しか
出来なくても、普通には生きられる。
 
で救われないのが、
言われたことすら出来ない人
です。
 
何も言うまいて(笑)
 
あなたはどれだろう?
言われなくても出来る人?
言われた事しか出来ない人?
言われた事も出来ない人?
 
まずは今の自分正しくを知ろう。
スタートはそれからだ(*^▽^*)
 
今の自分を知る方法、そう、
価値観の序列を理解するワークを
お茶会や食事会でお話ししています。

患者様向けにもクリニックそばのスタバや、
僕のお氣に入りのカフェで行いますよ。

もちろん治療の相談でもいいですよ(*^_^*)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年11月22日

こんにちは。

診療とは関係ないのですが、
先日島根県の出雲大社に行ってきました。

IMG_1567.JPG

初めて訪れる土地でしたが、近いのですね。
私は沖縄から大阪に入り、メンターのご自宅にて一泊させていただき、
伊丹空港からエアで向かいましたが1時間弱のフライト。

途中いくつかの神社を案内いただきながら巡り、
祀られている神様についての解説も聞かせていただきました。

IMG_1470.JPG

また、神社とは別ですがある名所も訪れてみました。
この、手すりもない橋ですが、目をつぶったまま渡りきると、
願い事がかなうと言われています。

!cid_DDDE2DB8-1AE6-49EE-8471-EE7E4FFDF443.jpg

当日は最高のお天氣でした。
まあ、渡っている時は目をつぶっていましたので、
見えておりませんが(笑)

!cid_C691755D-84A1-43A3-A208-D968FC793AE0.jpg

無事の200メートルほどの橋を渡り切りましたが、
2度ほど橋の端の部分に、足がかかり落ちかけました(笑)

そして八重垣神社では、コレ、やりましたよ~(*^_^*)

!cid_5D468F4F-B988-4DEF-8AA4-52E2529911CC.jpg

わりかし早く沈んでくれたので、僕の思いは、
近い将来に叶うようです。

この旅から神様、つまり神道を学ぶ機会が増え、
古事記や香道に触れる機会を得たのです。
それはまたいずれ(*^_^*)

日本国内にすばらしい場所がたくさんあります。
それを体験するために日本に生を受けたものと思います。
生きてるって素晴らしい。

ご縁をいただいた皆様、感謝しております。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年11月21日

こんにちは。

成長期にアプローチさせてもらえれば、
多くのケースで抜歯は不要となります。

そう、6~8歳くらいで最初に見せていただけたら、
まず、手遅れということはないですよ。

ほとんどの歯並びの問題というのは、
顎の大きさと歯列の不調和です。

なので、成長期に顎の大きさが充分に発育しないことが、
歯列不正になる原因であるわけです。

PICT3173.JPG

顎の幅を広げる取り外し可能な『拡大床』というものを用いて、
将来予測される不調和をあらかじめ解消して、
永久歯の抜歯を避けることが可能となります。

え?抜くの?
と不安を感じたらご相談ください。
我々にできることがあるかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年11月19日

ご無沙汰してました。


さて、僕たちのモットーは
『最小限の介入で最大限の結果』を
手に入れることでした。


そこで不要な歯があり欠損が生じた場合には、
僕たちは第一のとして歯の移植を提案します。


PICT3738.JPG


もちろん、適応症がありますが、
インプラントに比べたらコストも抑えられますし、
患者様にも喜んでいただけるので、
好きな治療の一つです。


ご自分には無理かな・・・などと思わずに、
ぜひ一度ご相談くださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2015年9月 | メイン | 2016年12月 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医