«  2018年3月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年3月 7日

包括的ってあまり聞きなれないかもしれませんが
総合的にと思っていただいていいかもです。

 
何かに特化したクリニックもありますが
当院は総合的な視野で診断し、
包括的な治療を提供することを
開業時より念頭に置いて
日々診療にあたっております。

 
安心して高度な医療が
地元で受けることが出来たら、
みなさんにとって嬉しいことではないかな、
そう思って学び続けてきました。

 
症例を通して
見ていきましょう(´-`*)

 
H1.jpg

 
向かって左側(患者さんの右側)の
一番奥の歯の手前側に骨吸収があり、
少し周囲よりも黒くなっているのがわかりますか?
これが歯周病により骨が失われた
場所になります。

 
これを再生療法で改善させることを
計画しました。

 
また、その手前の歯の根の先にも
黒い影がありますが、根管治療だけでは
完治しなかった事情があります。

 
これを歯根端切除術によって
改善させることも計画しました。

 
そして全額に渡り欠損があり、
歯の喪失をした部分に対しては
インプラント治療により噛む力を
受け止める場所を(家の柱みたいなものですね)
設置いたしました。

 
治療が終了して1年3か月後の
レントゲン写真です。

 
H2.jpg

 
再生療法を施した部分と
その手前の歯根端切除術を施した部分が
良好に治癒していることが
確認できました。

 
また、インプラントの追加によって
食べられるか考えずに
食べられるものを選ばず
食べたいものを食べられています(´-`*)

 
とおっしゃっていただいております。
みなさまに喜んでいただき、
感謝までされてありがとうと言ってもらえ、
生活できているなんて、
まさに天職に出会えて僕は幸せです(´-`*)

 
その幸せをみなさまに
おすそ分けさせていただきます(´-`*)

 
医療法人社団Rhebおがわ歯科医院
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央1-21-1
043-291-6555

 
#歯周病
#再生療法
#インプラント
#千葉県
#千葉市
#根管治療
#マイクロスコープ
#歯科
#JIADS
#OJ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2018年3月 1日

あってはならないことですが
治療が途中で中断され、
支払った費用を返してもらえず、
二重苦でお困りの方がいらっしゃると
聞いています。

 
僕たちに出来ることとして、
①治療を完結させること
②経済的ご負担を小さくすること
③裏切られた心的負担を和らげること
このくらいは出来るかなと思います。

 
そして歯科業界の信用までも
傷付け貶めることが
これ以上ないようにします。

 
お困りの皆様、
我々がみなさんのお力になります。

 
まずは現状をお知らせいただき
お力になりたいと思います(´-`*)

 
医療法人社団Rhebおがわ歯科医院
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央1-21-1
043-291-6555

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2018年1月 | メイン | 2018年5月 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医