«  2019年6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« こんな歯科衛生士さんに来てほしい | メイン | 歯周病の再生療法 »

2019年5月23日

前歯部分は抜歯とともに、
文字通り直後から周囲組織が
痩せていきます(^^;

 
なので、いきなり抜歯してしまうと、
ちょっと悲惨なことになってしまうため、
術前に1工夫ないしは2工夫が必要です。

 
PICT0698.JPG

 
このような状況で来院されましたが、
審査の結果歯根破折を起こしており、
保存が当時の僕には出来ない状況でした。

 
ここから部分的な矯正、
エクストルージョンを行います。
矯正的提出といいますが、
少し角度を工夫して、やや、
唇側に歯を傾斜させます。

 
PICT1053.JPG

 
PICT0819mr.jpg

 
こうすることで抜歯後に骨と歯肉が
痩せて行ってしまいやすい唇側に
一旦骨と歯肉のボリュームを稼いでおいて、
それから抜歯とともにインプラントを
設置します。

 
PICT1267.JPG

 
インプラント埋入直後ですが
周囲のボリュームがあることが
わかります。

 
そして頭出しの2次オペ時ですが、
さらに口蓋から結合組織を移植します。

 
PICT1775.JPG

 
こういった一つ一つの手間をかけてこそ、
良い状態が完成し維持出来ると思います。

 
この写真は終了後5年経過時です。

 
PICT0669 (2).JPG

 
最小限の介入で
最大限の効果を(^_-)-☆

 
歯科衛生士さん募集
しています。

 
当院は予防でフッ素を用いませんが、
勤務先の方針で嫌々フッ素塗布を
行っている方、苦しかったですね(´ー`)

 
思っていても本心を言えなかったり、
惡いとわかっていてしなければならなかっら。

 
おがわ歯科医院は胸を張って
フッ素は必要ないんだよ!
と患者さんに話してもらっていいんです。

 
お待ちしています(´ー`)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.ogawado.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1879

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医