«  2019年10月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2019年10月31日

口の中に口内炎が出来て
一日2度の食事がしにくくて、
痛み止めを服用しているという
75歳の女性の患者さん。

 
それって、言葉を発せない天が、
『まだ食べすぎかもよ~』
ということを知らせてくれる、
ありがたいサインかもしれません。

 
そして痛み止めを常用するのは
とても體に負担が大きいから
やめた方がいいよと伝えても、
受け入れてくれないんだな~(´・_・`)

 
そんなもんですよね。

 
まだまだ起きている出来事の
本当の意味を受け止める準備が
出来ていない方々が多いです。

 
言葉を発せない天とか神が
ありがたいことにメッセージを
くれるとすればこういうカタチでしか
伝えられませんものね(*´▽`*)

 
日々の臨床でこのような
お話が出てくるおがわ歯科医院が
氣になる人はおいで~(笑)(≧▽≦)

 
医療法人社団Rheb おがわ歯科医院
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央1-21-1
043-291-6555

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年10月30日

審美領域と呼ばれる上顎前歯部分の
インプラント治療を成功に導くには
たくさんの工夫があります。

 
抜歯する、つまり保存が出来ない歯が、
まだ抜かれずに残っている場合は、
その根っこを利用して周囲の
骨のボリュームを増やしておきます。

 
それをエクストルージョンといいます。

 
kote.jpg

 
このようなカンジで歯が折れました。
感染もあり予後不良と判断し、
抜歯することになりました。

 
しかし向かって右隣の歯を
虫歯でもないのに削るのは
もったいないことですし、
患者様も同様にお考えだったため、
インプラントを設置する計画を
立てました。

 
kote2.jpg

 
前歯はいきなり抜歯してはいけません。
このような装置を使って
いずれは抜歯する歯であっても、
健康な歯根膜の部分を利用して
歯の周囲の骨のボリュームを
あらかじめ増やしておきます。

 
kote3.jpg

 
その後インプラントを埋入し、
最終的なセラミックの型取りの
時点での写真です。

 
kote4.jpg

 
インプラント修復が終わった段階での
レントゲン写真です。

 
適性な位置にインプラントが埋入され、
セラミックによる修復物も
緩みなく装着されているようです(´ー`)

 
そしてセラミック装着から
6年後の様子です(´-`*)

 
PICT7642.jpg

 
このようなインプラント治療の予後を
一緒に守ってくれる歯科衛生士さんを
若干名募集しています。

 
募集について

 
最小限の介入で最大限の効果を(^_-)-☆

 
医療法人社団Rheb おがわ歯科医院
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央1-21-1
043-291-6555

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年10月15日

0000004288_工藤 和子_Panorama_20190808093457.jpg

 
向かって右下の奥に
インプラントが設置されました。

 
今までは一応右側中心で
食事は出来ていたんですが、
やはり噛む力を支える場所が
減っているため揺れる歯が
出てきました。

 
そこで作っても使ってもらえない
入れ歯を何度も作り替えるより、
固定式のしっかり噛める歯を
入れませんか、と提案しました。

 
入れ歯とは違い動かない歯で
お食事をされるのは久しぶりだったようで、
とてもお喜びになっています。

 
食事は人生の樂しみの一つですが、
これが自由にならないことが
入れ歯だと多かったと聞きます。

 
ちょっとの努力で生涯
好きなモノを好きなだけ
召し上がれる環境整備を
しませんか(*´▽`*)

 
最小限の介入で最大限の効果を(^_-)-☆

 
医療法人社団Rheb おがわ歯科医院
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央1-21-1
043-291-6555

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2019年10月11日

私個人では数年前より
摂取していたCBDですが、
イマイチ体感がありませんでした。

 
効いてるのかな?
程度のカンジなので、
使ったり使わなかったり。

 
それがこの『レセプト』は
ものの数十分で効果を体感し、
それから継続使用しています。
 
 
そして『これなら』と感じたため、
当院での取り扱いを始めました。

 
特徴としてはナノ化されており
吸収がとても早いことで、
皮膚からの吸収性に優れており
肌への効果が高いこと。

 
そして、CBDの前駆物質である
CBGを含むため様々な効果が
実感できますね(´-`*)

 
また、うちのクリニックは
歯科なんですけど歯のことじゃない
お問い合わせもあるんですね。


例えば
リウマチの薬を飲んでいますが、
やめたいんです、とか。


抗鬱薬を2年ほど飲んでて、
手放せないんです、とか。


睡眠導入剤を飲まなければ
寝付けないんです、とか。


なるほど、なるほど。
みんな薬をやめたいのね?
でも、俺歯医者ですよ(笑)
昔はそう答えて話を聞きました。


これまではコーチングを通じて
依存から自立へ導くことで、
断薬のお手伝いはしていたんです。


でも、そのエネルギーったら、
相当使うし大変なのですよ(笑)


でも、このレセプトという、
CBDオイルを使ってもらうと、
驚くことにたった一回の使用で、
2年飲み続けていた抗鬱薬を
やめられました!
とか、
もう睡眠導入剤いらないです、
ぐっすり眠れました!
とか、
驚くような報告があります。


まあ、因果関係は言及しませんが、
皆様にとって良いことが続いて
起きているようですよ(*´∀`*)


オーストラリアでは
家庭での医療用大麻の栽培が
首都キャンベラから4本まで認められたり、
CBDへの理解が広まること、
これは世界的な流れと言えます(´-`*)

 
これが広まることで多くの人が
病氣から遠ざかりエネルギーが増し、
医療にかからなくなる世界が
割と近いところまでやってきたのかなと
思います(*´▽`*)

 
医療法人社団Rheb おがわ歯科医院
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央1-21-1
043-291-6555

 
71663282_669498206877286_6087727241381281792_n.jpg

 
71700011_1543088249166088_5464323351231070208_n.png

 
71097884_450324522263453_1681417419358208000_n.jpg

 
S__22609935.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2019年9月 | メイン | 2019年11月 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医