«  2019年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« インプラントは何年もつの??? | メイン | インプラント治療後13年のメインテナンス »

2019年11月11日

虫歯により歯の中の神経を取る処置を受け
その治療をした後で腫れてくるトラブルを
抱える人の来院がとても多いです。

 
XSlice_20191109_15341.jpg

 
YSlice_20191109_15341.jpg
 
 
ZSlice_20191109_15341.jpg

 
水色の点で囲んだところが、
感染による病変なのですが、
とても大きく上顎洞と一層
隔てられているだけ・・・・

 
こうなると保存の可能性は
著しく低いです( 一一)・・・・

 
そもそもは虫歯にしないことが
一番大事なことなんだけども、
その次に大事なことは
再治療が不要なように
キチンと治すこと。

 
それには・・・
①ラバーダム防湿
②マイクロスコープの使用
③CT画像で根管形態を把握する
これらは必要と思います。

 
これらを再治療になったらやってもらうのではなく、
一回目の根管治療で完璧を目指して
治療を行った方が絶対に予後がいいです。

 
それは再治療時の成功率は
どうしても劣るからです。

 
そして完璧を目指した根管治療であっても
100%ということはなく、
外科的な対応、つまり、
歯根端切除術も時と場合によっては
行なうこともあると知っておくと
イザというときに慌てないで済みますね(´ー`)

 
そしてそれでも治癒を目指せないときには
やむを得ず抜歯となるわけですが、
その時に歯根膜を残さないことが
とても大事になります。

 
歯根膜とは歯にとってとても大切なのですが、
抜歯をした後に残っていると生體が
『歯が残っている』
と判断してしまい骨の治癒が
キチンと進まないと言われています。

 
そのため徹底的に掻爬しておかないと、
治癒不全を起こして後になってわざわざ
ボーンキャビテーションという処置を
行なわないとならないこともあります。

 
そうならないように
適切なお処置を受けてくださいね。

 
最小限の介入で最大限の効果を(^_-)-☆

 
医療法人社団Rheb おがわ歯科医院
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央1-21-1
043-291-6555

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.ogawado.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1918

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
おがわ歯科医院 院長 小川宗一 http://www.ogawado.com/

おがわ歯科医院
院長 小川宗一

日本臨床歯科補綴学会
日本顎咬合学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
DGZI(Deutsche Gesellschaftfur Zahnarztliche Implantology)
OJ(Osseointegration study club of Japan)
JSCT(JIADS study club tokyo)
YSG
新潟再生歯学研究会など
DGZI(AIAI)国際インプラント学会認定指導医(Authority of Implantology)
日本顎咬合学会咬み合わせ認定医